キリスト教映画「待つ」 予告編 日本語吹き替え

2019年7月27日

ヤン・ホウエンは、中国にある「家の教会」の牧師です。彼と彼の父、ヤン・ショウダオは、主イエスが雲に乗って来られ、彼らを天国に引き上げて下さることを待ちわびていました。そのため、彼らは主に仕え、主の御名に忠実であり続け、雲に乗って来られる主イエス以外の者は誰であっても偽キリストであると信じていました。そのため、主の再臨の知らせを受けた時、彼らはそれに耳を掛けようも、受入れようとせず、それだけは「目を覚まして待つ」だと考えた。

彼らが受動的に待っている間に、ヤン・ホウエンのいとこであるリ・ジャインは全能神の終わりの日の働きを受入れ、彼らに福音を伝えました。いくつもの激しい議論の末、ヤン・ホウエンはようやく「目を覚まして待ちなさい」の本当の意味を理解し、全能神の言葉真理であり、道であり、いのちであること、これらが主の御声であること、全能神こそが、彼らは長年待ち望んでいた主イエスの再臨だということがわかったのでした。

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル