クリスチャンの証し「空を眺めて本当に主をお迎えできるのか」日本語吹き替え

クリスチャンの証し「空を眺めて本当に主をお迎えできるのか」日本語吹き替え

389 |2021年1月9日

主を信じる多くの人は、災害に先立ち天国へ引き上げてもらえるよう、主イエスが雲に乗って戻られるのを待っています。この動画の主人公チン・チェンも例外ではありません。彼はぼんやり空を眺め、二十年以上も主を待ってきましたが、主がすでに戻られて多くの真理を表わし、神の家から始まる裁きの働きをなさっているという証しを聞いても、主は雲に乗って来られるという考えに固執します。そのため求めて調べようとせず、あやうく主の再臨を逃してしまいます。最終的に、彼はいかにして自分の観念を捨て、神による終わりの日の働きを受け入れたのでしょうか? 主の御声に耳を澄ませることなく、ぼんやり空を眺めるだけで主をお迎えすることができるのでしょうか? チン・チェンの経験を見てみましょう。

さらに表示
信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

コメントを残す

シェアする

キャンセル