神は人が戻ってくるのを待っている


わたしは何度も霊で人間に呼びかけた。しかし、人間は、わたしが突き刺しでもしたかのように振る舞い、わたしが別の世界に連れて行こうとしているのではないかと、ひどく恐れ、離れた所からわたしを見ている。何度も人間の霊に問いかけてみたが、人間はまったく気づかないで、わたしが彼の家に入って、その機会に持ち物をすべて奪うのではないかと、深く恐れている。そこで、わたしを締め出すので、わたしは、冷たい、固く閉ざされた「扉」に向かい合うことになった。人間が倒れ、わたしが助けたことは何度もあるが、人間は気がつくと、すぐさまわたしを去り、わたしの愛に触れず、用心深い目を向ける。人間の心が温かくなることはなかった。


人間は感情のない冷血動物だ。わたしの抱擁に温まっても、けっしてそれで深く動かされることがない。人間は山の野蛮人のようなものだ。人間は一度たりとも、わたしの人類に対する思いを大切に思ったことがない。人間はわたしに近づきたがらず、山々の中に住むことを好む。そこでは野獣に脅かされているのだが、それでも、わたしの内に逃げ込もうとはしない。わたしは人間に強制しない。わたしの働きをするだけだ。陸地のすべての富を楽しみ、海に飲み込まれる危険から解放されようと、いつの日か人間は大海原をわたしに向って泳ぐことだろう。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十章」より編集

前へ: 神の言葉をどうしても人は実践しない

次へ: どのような人が救いようがないのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせようと…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索