神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには

外部から心を遠のかせ

神の前で静まり

集中して神に祈りなさい

神の前で心を静め

言葉を食べ享受しなさい

神の愛に思い巡らせ

心で神の働きを熟考し

祈ることから始めなさい

祈りから始めなさい

時間を決め 一心に祈りなさい

忙しく時間に追われても

何が起こっても日々祈り

神の言葉を食べ飲みなさい

神の前で心静めることは

神の言葉の中に入るための

最も重要な段階であり

皆が至急学ぶべき課題だ


あなたの心の中で神に近づき

神の愛を熟考しなさい

言葉に思い巡らせ

気が散る外部を遮断しなさい

あらゆる場合も

神の愛に思いを巡らせ熟考し

本当に彼に近づき

心に賛美が満ち溢れるほど

心静まるとき 祈りを超え

霊的背丈を得る

神の前で本当に静まることができて初めて


人は聖霊に心動かされる

神によって啓示を得て

導かれ照らされるだろう

彼と交わり 意志を把握できるだろう

この域に達するならば

人は霊的生活で正しい道を歩むことになる

神の前で心静めることは

神の言葉の中に入るための

最も重要な段階であり

皆が至急学ぶべき課題だ


『言葉は肉において現れる』の「神の前で心を静めることについて」より編集

前へ: 神の前で静まるには

次へ: 神の前に静まることの実践

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせよう…

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索