神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには

外部から心を遠のかせ

神の前で静まり

集中して神に祈りなさい

神の前で心を静め

言葉を食べ享受しなさい

神の愛に思い巡らせ

心で神の働きを熟考し

祈ることから始めなさい

祈りから始めなさい

時間を決め 一心に祈りなさい

忙しく時間に追われても

何が起こっても日々祈り

神の言葉を食べ飲みなさい

神の前で心静めることは

神の言葉の中に入るための

最も重要な段階であり

皆が至急学ぶべき課題だ

あなたの心の中で神に近づき

神の愛を熟考しなさい

言葉に思い巡らせ

気が散る外部を遮断しなさい

あらゆる場合も

神の愛に思いを巡らせ熟考し

本当に彼に近づき

心に賛美が満ち溢れるほど

心静まるとき 祈りを超え

霊的背丈を得る

神の前で本当に静まることができて初めて

人は聖霊に心動かされる

神によって啓示を得て

導かれ照らされるだろう

彼と交わり 意志を把握できるだろう

この域に達するならば

人は霊的生活で正しい道を歩むことになる

神の前で心静めることは

神の言葉の中に入るための

最も重要な段階であり

皆が至急学ぶべき課題だ

『言葉は肉において現れる』の「神の前で心を静めることについて」より編集

前へ: 神の前で静まるには

次へ: 神の前に静まることの実践

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索