神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには

外部から心を遠のかせ

神の前で静まり

集中して神に祈りなさい

神の前で心を静め

言葉を食べ享受しなさい

神の愛に思い巡らせ

心で神の働きを熟考し

祈ることから始めなさい

祈りから始めなさい

時間を決め 一心に祈りなさい

忙しく時間に追われても

何が起こっても日々祈り

神の言葉を食べ飲みなさい

神の前で心静めることは

神の言葉の中に入るための

最も重要な段階であり

皆が至急学ぶべき課題だ


あなたの心の中で神に近づき

神の愛を熟考しなさい

言葉に思い巡らせ

気が散る外部を遮断しなさい

あらゆる場合も

神の愛に思いを巡らせ熟考し

本当に彼に近づき

心に賛美が満ち溢れるほど

心静まるとき 祈りを超え

霊的背丈を得る

神の前で本当に静まることができて初めて


人は聖霊に心動かされる

神によって啓示を得て

導かれ照らされるだろう

彼と交わり 意志を把握できるだろう

この域に達するならば

人は霊的生活で正しい道を歩むことになる

神の前で心静めることは

神の言葉の中に入るための

最も重要な段階であり

皆が至急学ぶべき課題だ


『言葉は肉において現れる』の「神の前で心を静めることについて」より編集

前へ: 神と協力する者に神は倍の報いを与える

次へ: 神の言葉への接し方

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせようと…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の心…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索