神は人から何を得るのか

神が人類を救うのは、愛と慈悲ゆえであり、また経営のためである。人類が神の救いを受けるのは、神が直接に話さずにはいられないところまで人類が落ちたからである。人間が神の救いを受けるのは、最も偉大な恵みであり、また特別な好意でもある。つまり、神が直接に声を出して言葉を発していなければ、人類の運命は絶滅であったであろう。神が人類を嫌悪するのと同時に、神はまだ人間の救いのために代価を払う準備も覚悟もある。一方、人間は自らの神への愛やいかに人間がすべてを神に奉献するかをしつこく繰り返しつつ、神に反抗したり、あらゆる種類の恵みを神からゆすりとったり、同時に神を傷つけたり、言いようのない痛みを神の心に与えている。これが神と人間の関係における利他的なものと利己的なものの際立った対照である。


人にとっては、神を被造物である人間のうちの一人と捉えるのは簡単である。人類が神に与える最大の痛みと屈辱はまさに、神が公然と出現し働いていても、いまだに人間に拒絶され、忘れられさえするということである。神は人類を救済するためにこの最大の屈辱に耐える。すべてを与えることにおいて、神の目的は人間を救い、人間の承認を得ることである。これらのことすべてのために神が払った代価は、良心をもつ人ならば本当によくわかるはずのものである。人類は神が話し働くということと、神の救いを得た。しかし同時に、では神が人類から得たものは何であろうか、と尋ねようとは誰も思っていない。神の言葉の一つひとつから、人類は真理を得、変化することに成功し、人生の方向性を見出した。しかし、神が得たものは、人が神に対する負債を表現するために用いる言葉と、消え行きそうな数少ない讃美のささやきだけである。まさかこれが神が人間に要求する恩返しではあるまい。


『言葉は肉において現れる』の「序論」より編集

前へ: 神の言葉に背く者をどうして神は赦せようか

次へ: 神を神として扱わない人

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索