神は人から何を得るのか

神が人類を救うのは、愛と慈悲ゆえであり、また経営のためである。人類が神の救いを受けるのは、神が直接に話さずにはいられないところまで人類が落ちたからである。人間が神の救いを受けるのは、最も偉大な恵みであり、また特別な好意でもある。つまり、神が直接に声を出して言葉を発していなければ、人類の運命は絶滅であったであろう。神が人類を嫌悪するのと同時に、神はまだ人間の救いのために代価を払う準備も覚悟もある。一方、人間は自らの神への愛やいかに人間がすべてを神に奉献するかをしつこく繰り返しつつ、神に反抗したり、あらゆる種類の恵みを神からゆすりとったり、同時に神を傷つけたり、言いようのない痛みを神の心に与えている。これが神と人間の関係における利他的なものと利己的なものの際立った対照である。


人にとっては、神を被造物である人間のうちの一人と捉えるのは簡単である。人類が神に与える最大の痛みと屈辱はまさに、神が公然と出現し働いていても、いまだに人間に拒絶され、忘れられさえするということである。神は人類を救済するためにこの最大の屈辱に耐える。すべてを与えることにおいて、神の目的は人間を救い、人間の承認を得ることである。これらのことすべてのために神が払った代価は、良心をもつ人ならば本当によくわかるはずのものである。人類は神が話し働くということと、神の救いを得た。しかし同時に、では神が人類から得たものは何であろうか、と尋ねようとは誰も思っていない。神の言葉の一つひとつから、人類は真理を得、変化することに成功し、人生の方向性を見出した。しかし、神が得たものは、人が神に対する負債を表現するために用いる言葉と、消え行きそうな数少ない讃美のささやきだけである。まさかこれが神が人間に要求する恩返しではあるまい。


『言葉は肉において現れる』の「序論」より編集

前へ: 神の本質は無私

次へ: 神は静かにすべての人を満たす

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索