真の信仰とは何か

信仰とは何か?

触れたり見たりできない時

神の働きが観念と合わず

手に届かない時でも

持つべき信念 真の心だ

これが神の話す信仰で

人は精錬や苦難の中で

信仰を必要とし

信仰と精錬は切り離せない

状況や神があなたにどう働いても

真理といのちを求め

心に神の働きが為されるように努めよ

神の業を理解し

真理に従い行うことが

真の信仰と望みを失っていないことを示す

あなたが精錬される時

神について疑いを持たず

真理を追求し

神を愛することを求めなさい

神がどう働いても

神を喜ばせるために真理を実践し

神の意志を考慮することが

神への真の信仰

いつもいのちを求め

神の意志を満足させることが

真の信仰 真実で美しい愛なのだ

あなたが王として治めると神が語った時

あなたは彼を愛した

神が自身を現した時

あなたは彼を求めた

しかし今では神は隠され見ることができない

問題にぶつかった今

あなたは神への望みを失うのだろうか?

いつもいのちを求め

神の意志を満足させることが

真の信仰 真実で美しい愛なのだ

『言葉は肉において現れる』の「完全にされる者は精錬を経なければならない」より編集

前へ: 試練には信仰が求められる

次へ: 患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索