真の信仰とは何か

信仰とは何か?


触れたり見たりできない時

神の働きが観念と合わず

手に届かない時でも

持つべき信念 真の心だ

これが神の話す信仰で

人は精錬や苦難の中で

信仰を必要とし

信仰と精錬は切り離せない

状況や神があなたにどう働いても

真理といのちを求め

心に神の働きが為されるように努めよ

神の業を理解し

真理に従い行うことが

真の信仰と望みを失っていないことを示す


あなたが精錬される時

神について疑いを持たず

真理を追求し

神を愛することを求めなさい

神がどう働いても

神を喜ばせるために真理を実践し

神の意志を考慮することが

神への真の信仰

いつもいのちを求め

神の意志を満足させることが

真の信仰 真実で美しい愛なのだ


あなたが王として治めると神が語った時

あなたは彼を愛した

神が自身を現した時

あなたは彼を求めた

しかし今では神は隠され見ることができない

問題にぶつかった今

あなたは神への望みを失うのだろうか?

いつもいのちを求め

神の意志を満足させることが

真の信仰 真実で美しい愛なのだ


『言葉は肉において現れる』の「完全にされる者は精錬を経なければならない」より編集

前へ: あなたは喜んで心の中の愛を神に与えるのか?

次へ: ペテロに倣いなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよう…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索