658 真の信仰とは何か?

信仰とは何か?

1

触れたり見たりできない時

神の働きが観念と合わず

手に届かない時でも

手に届かない時でも

持つべき信念 真の心だ

これが神の話す信仰で

人は精錬や苦難の中で

信仰を必要とし

信仰と精錬は切り離せない

信仰と精錬は切り離せない

状況や神があなたにどう働いても

真理といのちを求め

真理といのちを求め

心に神の働きが為されるように努めよ

神の業を理解し

真理に従い行うことが

真の信仰と望みを失っていないことを示す

真の信仰と望みを失っていないことを示す

2

あなたが精錬される時

神について疑いを持たず

真理を追求し

神を愛することを求めなさい

神がどう働いても

神を喜ばせるために真理を実践し

神の意志を考慮することが

神への真の信仰

いつもいのちを求め

神の意志を満足させることが

真の信仰 真実で美しい愛なのだ

3

あなたが王として治めると神が語った時

あなたは彼を愛した

神が自身を現した時

あなたは彼を求めた

しかし今では神は隠され見ることができない

問題にぶつかった今

あなたは神への望みを失うのだろうか?

いつもいのちを求め

神の意志を満足させることが

真の信仰 真実で美しい愛なのだ

『言葉は肉において現れる』の「完全にされる者は精錬を経なければならない」より編集

前へ: 657 試練には信仰が求められる

次へ: 659 患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索