658 真の信仰とは何か?

信仰とは何か?


1

触れたり見たりできない時

神の働きが観念と合わず

手に届かない時でも

持つべき信念 真の心だ

これが神の話す信仰で

人は精錬や苦難の中で

信仰を必要とし

信仰と精錬は切り離せない

状況や神があなたにどう働いても

真理といのちを求め

心に神の働きが為されるように努めよ

神の業を理解し

真理に従い行うことが

真の信仰と望みを失っていないことを示す


2

あなたが精錬される時

神について疑いを持たず

真理を追求し

神を愛することを求めなさい

神がどう働いても

神を喜ばせるために真理を実践し

神の意志を考慮することが

神への真の信仰

いつもいのちを求め

神の意志を満足させることが

真の信仰 真実で美しい愛なのだ


3

あなたが王として治めると神が語った時

あなたは彼を愛した

神が自身を現した時

あなたは彼を求めた

しかし今では神は隠され見ることができない

問題にぶつかった今

あなたは神への望みを失うのだろうか?

いつもいのちを求め

神の意志を満足させることが

真の信仰 真実で美しい愛なのだ


『神の出現と働き』「完全にされる者は精錬を経なければならない」(『言葉』第1巻)より編集

前へ: 657 試練には信仰が求められる

次へ: 659 患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索