あなたの結末はどうなるのか

万物の終わりが近く、天と地のすべてが終結に至るからだ。どうして人間が己の存在の終結を逃れられよう。どうして神を畏れ敬い、神の現れを待ち焦がれている者たちが、神の義なる出現の日を見ることができないなどということがあろうか。どうして彼らが善への最後の報酬を受けられないなどということがあろうか。あなたは善を行う者なのか。それとも悪を行う者なのか。あなたは義なる裁きを受け入れて従う者か。それとも呪われる者なのか。あなたは、裁きの座の前で光の中に生きているのか。それとも黄泉の闇の中に生きているのか。あなたの終りは報酬を受ける終わりであるのか、それとも罰を受ける終わりであるのかを一番はっきり知っているのは、あなた自身ではないのか。神が義であることを一番明確に知り、最も深く理解している者は、あなたではないのか。そうであるなら、ほんとうに、あなたの行いはどうであり、どのような心をあなたは持っているのか。あなたは、わたしのためにどれほどの犠牲を払ったのか。どれほど深くあなたはわたしを礼拝するのか。あなたがわたしに対してどのようにふるまっているかを一番よく知っているのはあなたではないか──それは真ではないのか。あなたが最終的にどのような結末を迎えるのか、あなたはそれを他の誰よりも知っているべきである。

わたしは、まことにあなたに告げよう。わたしはただ人類を創造した。そして、あなたを創造した。しかし、わたしはあなたたちをサタンには手渡さなかった。まして、あなたたちを意図的にわたしに逆らわせ反抗させて、わたしに罰されるように仕向けたのでもない。あなたたちがこれらの災難を招いたのは、あなたたちの心があまりにも頑なで、あなたたちの行いが極めて下劣であるからではないのか。だから、あなたたちは自分自身の結末を決定することができるということは、ほんとうではないのか。自分がどんな最後を迎えるのかを、あなたたちは内心、他の誰よりもよく知っているということは、ほんとうではないのか。わたしが人々を征服している理由は、彼らを暴露するためである。またそれは、あなたの救いを確かなものにするためでもある。それは、あなたに悪を行わせるためでもなく、あなたを意図的に破滅の地獄に向かって歩ませるためでもない。その時が来れば、あなたのすべての大きな苦しみ、あなたが泣き叫び、歯ぎしりすること―─それらすべてはあなたの罪の故となるのではないのか。したがって、あなた自身の善、あるいはあなた自身の悪が、あなたへの最も正しい裁きではないのか。それが、あなたの終りがどうなるのかを示す一番の証拠ではないか。

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内幕(1)」より編集

前へ: どのような人が救いようがないのか

次へ: 誰が神の光の到来から逃れられるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索