病のときは神の意志を求めなければならない

病に苦しむときは、どのように経験すべきか。神の前に出て祈り、神の意志を理解するよう努め、自分がどんな過ちを犯したか、どんな堕落が解消されていないか省みるべきである。あなたは肉体的に苦しまずにはいられない。苦しみを通じて鍛えられることでのみ、人は放蕩をやめ、常に神の前で生きるようになる。人は心が乱れると常に祈り、自分は何か悪いことをしたのか、何をして神に背いたのかと反省する。それは人にとって有益である。大きな痛みや試練に苦しむとき、それは決して偶然の出来事ではない。

病気であろうと健康であろうと、そこには神の意志が働いている。病んでも神の意志を知らなければ、どう実践すべきかわからず、病は自分の愚かさの結果だと考える。これでは、そこに神の善意が働いているとどうして気づけないのだろうか。死んだほうがましだと思えるほどの大病に苦しんでも、それは偶然生じたのではない。神が人類を救うあいだ、聖霊はただ人の生活に寄り添い、人を啓いて光で照らすだけか。神は人を試し精錬する。人は大きな苦しみを経なければ清められず、そうして初めていのちの性質が変わるのである。

神はどのように人を試練に晒すか。神は苦しみを通して人を精錬する。試練とは苦しみであり、試練のときは必ず苦しみが伴う。試練がなければ人はどうやって苦しむか。苦しむことがなければ、人はどうやって変わることができるか。試練には苦しみが付きものであり、それは聖霊の働きである。人間は深く堕落しており、苦しみがなければ宇宙における自分の居場所を忘れてしまう。苦しみがなければ、人は心に神をもたない。真理について交わるだけでは、人の堕落した性質は解消できない。試練と精錬を経る必要があるのである。

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 真理を求めて困難を解決せよ

次へ: 万事において真理を求め進歩せよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解している…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を見…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索