病のときは神の意志を求めなければならない

病に苦しむときは、どのように経験すべきか。神の前に出て祈り、神の意志を理解するよう努め、自分がどんな過ちを犯したか、どんな堕落が解消されていないか省みるべきである。あなたは肉体的に苦しまずにはいられない。苦しみを通じて鍛えられることでのみ、人は放蕩をやめ、常に神の前で生きるようになる。人は心が乱れると常に祈り、自分は何か悪いことをしたのか、何をして神に背いたのかと反省する。それは人にとって有益である。大きな痛みや試練に苦しむとき、それは決して偶然の出来事ではない。

病気であろうと健康であろうと、そこには神の意志が働いている。病んでも神の意志を知らなければ、どう実践すべきかわからず、病は自分の愚かさの結果だと考える。これでは、そこに神の善意が働いているとどうして気づけないのだろうか。死んだほうがましだと思えるほどの大病に苦しんでも、それは偶然生じたのではない。神が人類を救うあいだ、聖霊はただ人の生活に寄り添い、人を啓いて光で照らすだけか。神は人を試し精錬する。人は大きな苦しみを経なければ清められず、そうして初めていのちの性質が変わるのである。

神はどのように人を試練に晒すか。神は苦しみを通して人を精錬する。試練とは苦しみであり、試練のときは必ず苦しみが伴う。試練がなければ人はどうやって苦しむか。苦しむことがなければ、人はどうやって変わることができるか。試練には苦しみが付きものであり、それは聖霊の働きである。人間は深く堕落しており、苦しみがなければ宇宙における自分の居場所を忘れてしまう。苦しみがなければ、人は心に神をもたない。真理について交わるだけでは、人の堕落した性質は解消できない。試練と精錬を経る必要があるのである。

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 刈り込みと取り扱いを経験するのは最も有意義なこと

次へ: 病気の始まりは神の愛

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索