人が真理を持っているかどうかによって神は人の行く末を決定する

人に働きかける段階ではなく

神がそれぞれの行く末を決定する時が来た

神は手帳にそれぞれの人の全ての言葉と行動を書き

その一つひとつを記録する

神は一人ひとりの行く末を

年齢や年功序列ではなく

苦しみや不幸の度合いでもなく

真理を持っているかどうかによって決める

神は神に従う人々の道や内在する性質

最終的行いを記録する

神の手を逃れる者は誰もいない

全てのものが神の割り当てる種類ごとに集められる

神は一人ひとりの行く末を

年齢や年功序列ではなく

苦しみや不幸の度合いでもなく

真理を持っているかどうかによって決める

神の意志に従わない者は罰せられるだろう

これは誰にも変えることが出来ない事実である

だから罰せられる人は皆神の義の故であり

無数の悪の行為への報復なのである

神は一人ひとりの行く末を

年齢や年功序列ではなく

苦しみや不幸の度合いでもなく

真理を持っているかどうかによって決める

『言葉は肉において現れる』の「終着点のために、善行を十分積まなければならない」より編集

前へ: 人間の結末への神の采配

次へ: 神の道に従わない者は罰されなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索