誰が神の光の到来から逃れられるのか

眠りこけている人間たちは、わたしの雷鳴によって、はじめて夢から醒める。目を開くと、多くの人は放たれた冷たい光の輝きに目を痛め、方向感覚を失う。どこから来て、どこへ行くのか、わからない。たいていの人はレーザーのような光線に打たれ、その結果、嵐の中、倒れてしまう。彼らの体は激しい流れにさらわれ、あとかたも残らない。光の中、生き残った者たちは、ついにわたしの顔をはっきりと見ることができる。そのときはじめて、わたしの外貌の幾分かを知り、わたしがまた彼らの肉を罰し、呪うのではないかと深く恐れて、もはやわたしの顔をまともに見ようとしない。


どれほどの人々がとどめようもなく泣くだろう。どれほどの人々が絶望にくれるだろう。どれほどの人々が川のようにその血を流すだろう。どれほどの人々があてどなく漂う死体となるだろう。どれほどの人々が光の中に自分の場所を見出し、長い年月の不幸を思い出し、突然胸に痛みを覚え、涙を流すことだろう。どれほど多くの人々が恐ろしい輝きの下、自らのけがれを告白し、行いを改めようと誓うだろう。どれほどの人々が盲い、生きる喜びを失い、そのため、もはや光に気づきもせず、よどんだ状態で終わりの時を待つだろう。そして、どれほどの人々が生活を始めるために帆を揚げ、光の導きの下、明日を待ち望むことだろう。……今日、この状態にいないものはいるだろうか。わたしの光の中にいないものなどいるだろうか。たとえ強い人であっても、あるいは自分は弱いと思っていても、どうしてわたしの光の到来を免れようか。


『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十三章」より編集

前へ: 神は人が神の言葉に対して誠実であることを望む

次へ: あなたがたの言動は神の目には穢れている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない …

神の言葉の根源を知る者はいない

世界の中で 神の恵みなしに生きている者などいるだろうか もし神によって物質的な祝福が与えられなかったら 一体誰がこの世界で満ち足りて暮し 富を楽しむだろう 神の祝福とは 神の民としてふさわしい地位につくことのできる機会を 神があなた方に与えることだけなのだろうか もしあなた方…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索