誰が神の心を理解したことがあるのか

神は自らの全てをあなたがたに授けた。あなたがたは本当に今なお彼を生きたまま食べたいというのか。彼は自らの全てを少しも余すこと無く、またこの世の栄光や人間の温もり、人間の愛、あるいは人間の祝福を享受すること無く、あなたがたに与えた。人間は彼に対して極めてさもしく、彼は決して地上の富を享受せず、彼はその誠実で熱意ある心の全てを人間に捧げた。彼は自身の全てを人類に捧げた。それで、彼に対して温もりを与えた者がいるだろうか。誰が彼に慰めを与えたというのか。人間は彼にあらゆる圧力をかけ、あらゆる不幸を与え、人間の中で最も不幸な経験を押し付け、あらゆる不義を彼のせいにし、そして彼はそれを無言で受け容れてきた。かつて彼が誰かに反抗したであろうか。かつて彼が誰かから少しの返報を求めたことがあるだろうか。彼に同情を示した者がこれまでいるであろうか。

普通の人間として、あなたがたの中で、ロマンに満ちた幼年期を過ごさなかった者がいるであろうか。色鮮やかな青春を過ごさなかった者がいるであろうか。愛する者の温もりを知らない者はいるであろうか。誰が親類や友人の愛を知らないというのか。誰が他人に尊敬されていないというのか。暖かい家庭が無いというのか。誰が腹心の友をもつ慰めを知らないというのか。しかるに、そうした事のうちのどれかを神は享受したであろうか。誰が彼に少しでも温もりを与えたというのか。誰が彼に少しでも慰めを与えたというのか。誰が彼に少しでも人間の倫理を示したというのか。かつて誰が、彼に対して寛容であったというのか。かつて誰が、困難な時に彼と共にあったというのか。かつて誰が、彼と共に困難な生活を過ごしたというのか。人間は、彼に対する要求を少しも和らげたことがない。人間は何の良心の呵責も無く、彼に対して要求を突き付けるのみである。霊に由来し受肉した神を、肉にある人間が神として扱うことが、どうして出来ようか。人間のうち、誰が神を知ることが出来るというのか。

真理は人間たちの間のどこにあるのか。真の義はどこにあるのか。誰が神の性質を知り得ようか。誰が天の神と争うことが出来ようか。神が人間のもとに来た時、誰も神を知らず、神は拒まれたのも不思議では無い。人間が神の存在を容認することが、どうして出来るだろうか。光がこの世の闇を追い払うことを、どうして人間が許すことが出来ようか。これら全ては人間の貴ぶべき献身では無いのか。それは人間がいのちに入る公正な道では無いのか。そして、神の働きは人間がいのちに入ることを中心としているのではなかろうか。あなたがたが神の働きを人間がいのちに入ることと融合し、人間と神の良好な関係を築き、人間が行うべき本分を能力が及ぶ限り尽くすことを、神は望む。このようにして、神が栄光を受けることを結びとして、神の働きは完了するであろう。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(10)」より編集

前へ: 神の意志を気づかえるのは誰

次へ: なぜ人は心から神を愛さないのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索