全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

なぜ引き立て役になる覚悟がないのか

征服された者は引き立て役であり、完全にされて初めて、終わりの日の働きの規範や見本となる。完全にされる前は、征服された者は引き立て役であり、道具であり、奉仕のためのものである。神によりすっかり征服された者は神の経営(救いの)計画の結晶であるとともに、規範や見本である。人々に与えられるこのような数少ない慎ましい肩書きにより、数多くの興味深い物語が見えてくる。あなたがたのうちで信仰があまりない者は、取るに足りない肩書きについて顔が赤らむまで常に口論し、時にはそのために人間関係に影響を及ぶのをいとわない。単なる肩書きであっても、あなたがたの思考、あなたがたの信じることにおいては、それはちょっとした名前ではなく、運命に関する重要事項である。そのため、分別のない者は、往々にしてこのような些細な事に大いに敗北感を感じる。これは爪で拾って箕でこぼすようなものであり、あなたがたは単なる肩書きのために逃げ去り戻って来ないであろう。なぜなら、いのちは取るに足らないものであると考え、自分の呼称を重要視し過ぎるからである。それゆえ、あなたがたは自分の霊的生活や実生活においてさえも、地位に関する観念のせいで、複雑で奇妙な物語を展開させることになる。おそらくあなたがたは認めないであろうが、そうした者は実生活に本当に存在する。単に、あなたがたがひとりずつ正体を明らかにされていないだけである。こうした事は一人ひとりの生活において既に発生している。信じないのであれば、ある姉妹(あるいは兄弟)の生活における出来事を次に挙げるので読むとよい。この人が実はあなた自身であったり、あなたの人生で親しい人物であるかもしれない。わたしが勘違いしていなければ、あなたはすでに同じような出来事を経験しており、この描写に足りない事は一切なく、欠けている思いや考えも一切なく、この話に全て記録されている。信じないというのであれば、とにかく読んで欲しい。

ここに記すのは、ある「霊的人物」の経験談である。この人が教会へ行き兄弟姉妹の状況を見た際、不安を感じた。「あなたがたは、なぜ神の御旨を全く満たそうとしないのか。全く良心のない人たち(兄弟姉妹を叱責している)。確かに、あなたがたは自分の良心を無視して獣のような事をしている。私があなたがたにこう言うのは、私自身に対する憎しみでもある。神がしびれを切らされて燃えるように激怒されているのが見える。足許で炎を感じる。私は神の御業を十分に行う意志が本当にあり、私の奉仕をとおしてあなたがたに奮起して欲しいと本当に思っている。ただ、私の現在の力は極めて弱い。神は私達に対して長い時間を費やされ、極めて多くの御言葉を述べられたが、私達は依然としてこのような状態である。神に対する負債が大きすぎると常に心の中で感じる」(すすり泣いて話を続けられない。)そしてその人は祈った。「神よ、どうか私に力を与え、私をさらに動かして下さい。あなたの御霊が私の中で御業を行いますように。私はあなたに協力する意志があります。あなたが最後に栄光を得るのならば、私はあなたに今、自分の全てを捧げることを、たとえそれが生命を捨てなければならないことを意味するとしても、望みます。私達が大いなる讃美をあなたに捧げることが出来る限り、兄弟姉妹が喜びをもって歌い踊り、あなたの聖なる御名を讃美し、あなたを讃え、表し、あなたの御業を確信し、あなたの重荷に思いを馳せることが出来る限り、そうすることを望みます[a]」その人は熱心にこのように祈り、実際に聖霊がその人に重荷を与えた。この期間、その人は極めて重い重荷を負い、一日中読み書きをし聴き続けた。その人は多忙を極めた。霊的状態は極めて良好で、心の中は常に活力に満ち、重荷を負っていた。時折弱くなり、壁にぶち当たったが、すぐに正常な状態に戻った。そのようにして暫く過ごした後、その人は急速に進歩し、神の言葉の数多くを理解することが出来るようになり、讃美歌を覚えるのも早かった。霊的状態は、総じて極めて良好であった。教会内の多くの物事が神の御旨に則していないことに気付いた時、その人は不安になった。カセットテープをコピーすることを誰も真剣に捉えていないことを知ると、その人は取り乱した。「これが神の御業への献身であるというのか。これが神の御旨を満たしているというのか。あなたがたはこれほどの僅かな実質的な代償も払えないというのか。あなたがたがしたくなくても、私はする…」

その人は重荷がある時、聖霊が動けば動くほど、調子が良かった。時折否定的な物事や困難に遭遇したが、克服出来た。つまり、その人が聖霊の働きを経験した時、状態が極めて良好であったとしても、何らかの困難や多少の弱さを経験することは避けされなかったということである。そうした物事は不可避であるが、その人はそうした状態からすぐに回復出来た。弱さを経験している時、その人は一旦祈ると、自分の霊的背丈は本当に不十分と感じるものの、それでも神と協力する覚悟であった。神が何をしようと、その人は神の心を満たし、神の采配全てに従う覚悟であった。その人に関して、何らかの意見や先入観をもつ人々がいた。その人は自分のことを脇へ置き、積極的にそうした人々とも交わることが出来た。これらはすべて、聖霊の正常な働きの間における状態である。一定期間後、働きが変化し始め、人間に対して異なる要求がなされる別の段階へと人々は皆移行していった。その時、人間に対する要求を高める新たな言葉があった。それは以下の通りである。「…わたしはあなたがたに対して、祝福ではなく憎しみしかない。わたしはあなたがたを祝福しようとも、完全にしようとも考えた事は全くない。わたしがあなたがたに対してもつのは、憎しみだけである。なぜなら、あなたがたは皆反抗的であり、歪んで不正直であり、能力が乏しく、地位が低いからである。だからあなたがたがわたしの視野や心にあったことはこれまで一度もない。わたしの働きはあなたがたをとがめることをただ意図するものである。わたしの手や刑罰があなたがたから遠く離れたことは決してない。わたしはあなたがたを裁き、呪い続けて来た。あなたがたはわたしに関する認識が一切ないからである。わたしの怒りが常にあなたがたに降りかかってきたのは、そのためである。わたしは常にあなたがたのもとで働きを行ってきたが、わたしのあなたがたに対する態度を知るべきである。それは嫌悪以外の何ものでもない。それ以外の態度や意見はない。わたしが望んでいるのは、あなたがたがわたしの知恵と大いなる力の引き立て役になることだけである。あなたがたはわたしの引き立て役以外の何物でもない。なぜなら、わたしの義はあなたがたの反逆性を通して明らかにされるからである。わたしはあなたがたをわたしの働きの引き立て役、わたしの働きへの付随者とする」その人は、「付随者」と「引き立て役」という言葉[b]を見るとすぐに考え始めた。「どうしてこれが私を付き従わせるだろうか。これほど代償を支払ってきたのに、私は未だに引き立て役だ。引き立て役とは単なる効力者ではないのか。以前は、私達は効力者であることはなく、神の民となるだろうと言われていた。だが現在も依然として同じ役割のままではなかろうか。効力者には、いのちが欠けているのではないだろうか。私がこれ以上苦難を受けても、神はそれを讃美されない。私が神の大いなる力の引き立て役を果たし終えたら、それで終わるのではないか」その人は、このことを考えれば考えるほど落胆した。教会へ行き、兄弟姉妹の状況を見ると、気持ちは一層落ち込んだ。「あなたがたは駄目です。私も駄目。私は否定的になっています。ああ。何が出来るでしょうか。神は依然として私達を求めておられない。神がこのような御業を行いながら、私達を否定的になさらないということはない。私の何が間違っているのか分かりません。祈ることさえしたくありません。とにかく、私は現在駄目であり、この状態から抜け出すことが出来ません。何度も祈ってきましたが、それでも出来ません。もう続けていく覚悟がありません。これが私の考えです。神は私達が引き立て役であると述べられましたが、『引き立て役』とはただの効力者ではないでしょうか。神は、私達が神の子でも神の民でもなく、引き立て役であると述べられたのです。私達は神の子ではなく、いわんや神の長子でもない。私達は単なる引き立て役でしかない。そのようなことを言われて、はたして私達は好ましい結末に到達することが出来るでしょうか。引き立て役には望みがない。いのちがないからです。私達が神の子であり、神の民であるならば、そこには望みがあり、完全にしていただけるかもしれません。引き立て役は、自分の中に神のいのちを得ることが出来るでしょうか。神に奉仕する者に神はいのちを吹き込んでくださるでしょうか。神が愛するのは、神のいのちを備えた者であり、神のいのちを備えているのは神の子であり、神の民です。私は否定的で弱いですが、それでもあなたがた全員が否定的でないことを願っています。このように及び腰で否定的になると、神の御旨を満たすことが出来ないことは分かっていますが、私は引き立て役になる覚悟がありません。引き立て役になるのが怖いのです。いずれにせよ、私の活力には限度があり、今は続けてゆくことが出来ません。あなたがたは皆、私からは学ばず、しかし私から何らかの啓示を得ることが出来るよう願っています。私は死んだほうがよいでしょう。死ぬ前に、あなたがたに最後の言葉を残します。あなたがたは最後まで引き立て役として行動出来ることを願います。もしかしたら、最後には神が引き立て役を称賛されるかも知れません…」兄弟姉妹はこれを知ると不思議に思った[c]。この人は、なぜこれほどまでに否定的なのだろうか。この二日間ほどは全く問題無かったではないか。なぜ突然冷淡になったのだろうか。なぜ正常でなくなってしまったのだろうか。その人はこう言った。「私が正常ではないと言わないでください。実のところ、私は心の中ではあらゆる物事を明瞭に理解しています。私は神の御旨を満たしていないことを知っています。それは私が神の引き立て役として行動する覚悟がないからではないでしょうか。それ以外に私は何も特に深刻なことをしていません。いつか神が引き立て役という肩書き[d]を、神に重用される神の被造物へと変更されるかも知れません。その事に何かしら希望はないでしょうか。あなたがたが否定的になったり落胆したりせず、引き続き神に付き従い、より優れた引き立て役となることを願います。いずれにせよ、私は続けられません」他の者はこれを聞いて、あなたが駄目でも私達は引き続き付き従い、あなたが否定的だからといって、私達が無理をすることはないでしょうと述べた[e]

しばらくこのような状態が続き、その人は引き立て役であることについて依然として否定的であったので、わたしはその人にこう言った。「あなたはわたしの働きを一切理解していません。わたしの言葉の内面的真理や本質、目指す成果を一切理解していないのです。あなたはわたしの働きの目的やその知恵を知りません。わたしの心を全く理解していません。退散することしか知らないのは、あなたが引き立て役だからです。あなたの地位への欲望は強すぎます。あなたは愚か者です。わたしは過去にあなたに多くを語り、あなたを完全にすると言いました。忘れたのですか。引き立て役について話す前に、完全にすることについて話さなかったでしょうか」「待って下さい。考えさせてください。引き立て役についてお話しになる前に、確かにそのことについてお話しになりました。そのとおりです」「完全にされることについて話した時、人間は征服された後になって初めて完全にされるであろうとわたしは話しませんでしたか」「その通りです」「わたしの言葉は誠意あるものではなかったですか。誠実に述べなかったでしょうか」「誠実にお述べになりました。あなたは神で、決して偽りをお述べになったことはなく、それは誰も否定できないことです。でも、お話の仕方が多すぎます」「わたしの話し方は働きの段階に従って変わるのではないのですか。わたしの言葉は、あなたの必要に合わせて行われ、言われるのではないのですか」「あなたは人間の必要に合わせて御業を行い、人間が必要とするものをお与えになります。それは間違いありません」「それでは、わたしの言葉は、わたしがあなたに述べた事は有益でなかったですか。わたしの刑罰はあなたのためではないのですか」「まだ私のためだとおっしゃいます。私はあなたの刑罰を受けて死のうとしています。私はこれ以上生きていたくありません。今日あなたはこう仰り、明日は別のことを仰います。あなたが私を完全にしてくださるのは、私のためだということは知っていますが、まだ私を完全にしてくださっていません。あなたは私を引き立て役にして、私にいまだに刑罰をお与えになります。私を憎んでいらっしゃるのではないのですか。御言葉をあえて信じる者はおらず、それは御心の憎しみを解消するためでしかなく、私を救うためではない事が今はよく分かります。以前はそれを私からお隠しになって、私を完全にすると仰り、また刑罰は私を完全にするためのだと仰いました。それゆえに私は常にあなたの刑罰に従ってきました。今になって引き立て役の肩書きを得るだろうとは決して想像しませんでした。私に別の役割を担わせになった方が良いのではないでしょうか。あなたは私に引き立て役の肩書きをお与えになる必要があるのでしょうか。私が天の門番であったなら良かったでしょう。私は方々へ出向き、私の手は今では空っぽです。私は全てを犠牲にしました。それなのに今あなたは私にあなたの引き立て役を担わせると仰います。どうして私が顔を隠さずにいることが出来ましょうか」「わたしは過去に極めて多くの刑罰の働きを行いましたが、あなたには認識がないのですか。あなたには自分自身に関する認識がないのですか。刑罰は言葉による裁きではなかったのですか。『引き立て役』の肩書きもまた、言葉による裁きではないのですか」「そのように言われると、あなたのおっしゃる引き立て役もまた、ひとつの手法なのでしょうか。その肩書きは私を裁くためのものでしょうか。そうであるならば、私は従います」「それでは、今、どのようにわたしに従うつもりですか」「あなたに従うということについて、どのように従うかはまだ決めていません。手法でない御言葉を述べていただきたいです。私は引き立て役なのでしょうか、そうではないのでしょうか。引き立て役も完全にしていただくことが出来ますか。『引き立て役』という名前は変わることがあるでしょうか。引き立て役であることで、明白な証に立ち、その後完全にされる者となり、神を愛する者の規範となり、神と親しい者となることが出来るでしょうか。私は完全にしていただけるでしょうか。真実をお教えください」「物事は常に進化し、変化しているということを知らないのですか。現在、引き立て役として従う意志がある限り、変化することが出来るでしょう。引き立て役であるかないかは、あなたの運命とは無関係です。重要なのは、あなたが自分のいのちの性質に変化のある者となれるかどうかです」「教えてください。私を完全にしていただけるのでしょうか、それともいただけないのでしょうか」「最後まで付き従う限り、わたしはあなたを完全に出来ると保証します」「それでは、私はどのような苦難を経験しなければならないのでしょうか」「逆境、そして言葉による裁きと刑罰、とりわけ言葉による刑罰、引き立て役と同じ刑罰です」「引き立て役と同じ刑罰ですか。けれど逆境に耐えることであなたに完全にしていただけるのならば、そして希望があるのならば、それで構いません。それがほんの僅かな望みであったとしても、引き立て役であるよりはましです。『引き立て役』という肩書きの響きは酷すぎます。私は引き立て役になりたくありません」「引き立て役に何の問題があるのですか。引き立て役も非常に良いのではないですか。引き立て役は祝福を受ける価値がないでしょうか。引き立て役が祝福を受けられるとわたしが言うならば、あなたは祝福を受けらます。人々の肩書きはわたしの働きのために変わらないでしょうか。ただの肩書きがそこまであなたを煩わせているのですか。この種の引き立て役になるのは相応しいことです。付き従う意志があるのですか、ないのですか」「それでは、あなたは私を完全にしてくださることが出来るのでしょうか、出来ないのでしょうか。私があなたの祝福を受けることを可能にしてくださるのでしょうか」「最後まで付き従う意志があるのですか、ないのですか。自分の全てを捧げる覚悟があるのですか」「もう一度考えさせてください。引き立て役もあなたの祝福を受け、完全にしていただくことが出来る。完全にしていただいた後は、私は神と親しい者となり、あなたの御旨を全て理解し、あなたがお持ちの全てを私も持つことになる。あなたがご享受なさることを私も享受し、あなたがご存知のことを私も知ることが出来る。…逆境に耐えて完全にしていただいた後、私は祝福を受けられる。それでは、私は実際にどのような祝福を受けるのでしょうか」「どんな祝福を受けられるかは心配しなくてよろしい。わたしがあなたに述べたとしても、それを想像することもできないでしょう。良い引き立て役として務めた後、あなたは征服され、引き立て役として成功するでしょう。これが征服された者の規範であり見本ですが、もちろん征服された後でなければ、それにはなれません」「規範や見本とは何でしょうか」「全異邦人、すなわち征服されていない人々のための規範と見本です」「何人ぐらいの人々ですか」「多数。四千人、五千人程度ではありません。世界全体でこの名前を受け容れた人々は征服されます」「それでは、五から十都市程度ではないのですね」「今そのことは心配しなくてよろしい。あまり気をもまなくてよろしい。今はいかに入っていくべきかだけに重点を置くように。あなたが完全にされ得る事をわたしは保証します」「どの程度まででしょうか。また、私はどのような祝福を受けられますか」「何をそんなに心配しているのですか。あなたが完全にされることは保証します。わたしが信頼に値する者であることを忘れたのですか」「確かにあなたは信頼できる方ですが、お話しの仕方がいくつか常に変化しています。今日は私が完全にされ得ることを保証してくださいますが、明日はそれは確かではないと仰るかもしれません。また、ある人々に対しては『あなたのような者は完全にされることがないと確約する』と仰います。私は御言葉がどうなっているのか分かりません。私はどうしても御言葉を信じることができないのです」「それでは、あなたは自分自身を全て捧げることが出来るのですか、出来ないのですか」「何を捧げるのですか」「あなたの将来と希望です」「ああ、それは捨て去ることが出来ます。一番問題なのは『引き立て役』という肩書きです。これは本当に欲しくありません。私から『引き立て役』の肩書きを取り除いてくださるならば、何でも受け入れる覚悟があり、何でも出来るでしょう。これは些細な事ではないでしょうか。その呼称を取り除いていただけませんか」「それは本当にそれほど簡単なことでしょうか。わたしがあなたに肩書きを与えられるならば、それを取り除くこともできます。しかし、今はそうする時ではありません。あなたは働きのこの段階の経験を完了しなければなりません。その後に、初めて新しい肩書きを得られます。あなたのような人ほど、引き立て役になる必要があります。引き立て役になることを恐れれば恐れるほど、わたしはその人に引き立て役の標示を付けます。あなたのような者は、厳しく鍛錬され、取り扱われなければなりません。反抗的な者はそうであればあるほど、徹底して奉仕者となり、最終的には何も得ないでしょう」「このように追い求める中、なぜ『引き立て役』の呼び名を払拭することができないのでしょうか。私達は今まで何年もあなたに付き従い、少なからず苦難を受けてきました。私達は、あなたのために、あれやこれを行い、風雨の中を進んで来ました。私達は皆、二十代後半です。若者時代終盤に入っています。未婚で、自分の家族ももうけていませんし、結婚して家庭をもうけた者もいますが、結局は戻ってきました。私は高校まで学校に通いましたが、あなたが来たと知って大学進学を断念しました。しかし、あなたは私達が引き立て役であると仰います。私達は甚大な損失を被りました。私達はこのようにしていますが、結局あなたの引き立て役です。このために、私の職場の人たち、同僚、同世代の人々は私のことをどう思うでしょうか。この人たちが私の地位や身分を尋ねても、どうして恥ずかしがらずに答えることができるでしょうか。この人たちは私のことをどう思うでしょうか。当初、私はあなたへの信仰のためにいかなる代償も払いましたが、他人は私が愚かであると嘲笑しました。それでも私は付き従い、終わりの日、不信心な人々に証明できる日が来るのを待ち望みました。ところが、今日あなたは私が引き立て役だと仰います。あなたが私に最も低い肩書きをお与えになり、私が神の国の民のひとりとなることをお許しになるのであれば、それで十分でしょう。あなたの弟子や腹心の友となれなかったとしても、あなたに付き従う者であるだけで十分です。私達は現在まで長年にわたって、あなたに付き従い、自分の家族を捨てました。そして現在まで求め続けるのは極めて困難でした。しかし、私達には『引き立て役』の肩書きしかありません。私はあなたのために全てを捨て去りました。私はあなたのために俗世の富を全て捨て去りました。おととし、ある人が私を婚約者候補に紹介しました。その男性は容姿も身なりも良く、政府高官の息子でした。職業はそれほど良くなく、運転手でしたが、極めて美形で、当時の私はこの男性に関心をもちました。けれど、あなたが私達を御国へと導いてくださり、私達を完全にしてくださり、そのために決意を固めて全てを速やかに捨て去るようにとあなたが私達にお求めになっていると聞いてすぐに、私は自分にまったく決意がないことを知りました。私は決心して、縁談を断りました。男性は何度か私の家族に贈り物をしましたが、私はそれに見向きもしませんでした。その時私が狼狽していたと仰いますか。そのような素晴らしい事も無に帰したのです。どうして狼狽せずにいられましょうか。私は数日間狼狽して、夜眠れない程でしたが、それでも最終的には諦めました。祈る時、毎回私は聖霊に動かされていました。聖霊は『あなたは、全てをわたしのために犠牲にする覚悟があるか。自分自身をわたしのために費やす覚悟があるか』と言いました。この御言葉のことを考えるたびに、私は泣いていました。私は感動して悲しくて泣き出すことが何度もあり、自分でも覚えていないくらいです。その後、男性は何度か私の家に来ましたが、私は一度も会いませんでした。今では男性の容姿さえ忘れてしまい、会っても気付かないでしょう。一年後、男性は結婚したと聞きました。言うまでもなく、私は悲しみに暮れましたが、あなたのためにそれも振りきりました。私はその結婚を諦めました。私の食生活や衣服があまり良くないことは言うまでもありませんが、私はこのようなことの全てを諦めましたので、あなたが私を引き立て役になさるのはあまりです。男性の父親は政府高官だそうで、私達が結婚していれば、私に仕事を見つけてくれていたでしょう。このことについて、私は半月間にわたり自分を責め、苦悶しましたが、最終的に克服しました。私はあなたに自分の全てを捧げるために、私の人生で最も大切な事である結婚を諦めました。人の生涯は、良い結婚相手を見つけて幸福な家庭生活を送ることでしかありません。私は最も素晴らしい事を諦めたのに、私の手はからっぽで、私は独りきりです。あなたは私をどこへ向かわせようとなさるのでしょうか。あなたに付き従い始めて以来、私は苦難を受け続けています。私は良い生活を送って来てはおりません。自分の家族や職生活、肉の悦楽を捨て去って来ましたが、私達全員が払ってきた大きな代償は、あなたの祝福を得るにはまだ十分ではないのでしょうか。そして今や『引き立て役』です。神よ、これは本当に限界をお超えになりました。私達を見てください。私達にはこの世で頼るものが何もありません。私達の中には、子を諦めた者や、仕事を捨て去った者、配偶者[f]を捨て去った者などがいます。私達は肉の享楽を全て捨て去ったのです。それ以外に何に希望を託すことができるでしょうか。私達はどうすればこの世で生き残って行けるでしょうか。私達が払った代償は一銭の価値もないのでしょうか。このことがお分かりにならないのでしょうか。私達の地位は低く、能力が不足していることは認めますが、私達がするようにあなたがお望みになったことに私達が留意しなかったことがいつあったというのでしょうか。今あなたは、引き立て役になるという『報い』だけを残して私たちを冷酷に見捨てようとしています。払った代償により私達が得たのは『引き立て役』の肩書き[g]だけだというのでしょうか。最後には、私が神への信仰から得たものは何かと人々は尋ねるでしょう。『引き立て役』という言葉[h]を人々に示すことが出来るでしょうか。どうすれば私は引き立て役です、と言うために口を開くことができるというのでしょうか。自分の両親にも、元婚約者候補の男性にも説明出来ません。私が同窓生と交流していないのは、あなたのためです。同窓生は贈り物をしてきますが、私はそれを全て送り返しました。私に色々な物を送ったのに私が受け取らないので、私に連絡しなくなった人たちもいます。私はそうした物事を捨て去り、俗世の付き合いには一切関わっていません。大きな代償を払ってきたのに、その代わりに得るのは、引き立て役となることです。ああ。とても惨めに感じます」(ももを打ち、泣き出す。)「もし、あなたに引き立て役の肩書き[i]を与えず、代わりにあなたをわたしの民のひとりとし、福音を広めるため遣わすと言い、働きを行わせるための地位を与えたならば、あなたはその働きを行えるでしょうか。この働きの各段階において、あなたは実際に何を得たでしょうか。あなたは自分の身の上話までしました。恥知らずです。あなたは代償を払ったが何も得なかったと言います。もしや、わたしが人間を得るための条件をあなたにまだ述べていなかったというのですか。わたしの働きは誰のためのものでしょうか。知っているのですか。あなたは古傷を広げています。あなたは人間として数に入るでしょうか。苦難はあなた自身の意志によるものではなかったのですか。あなたの苦難は祝福を得るためではなかったのですか。あなたはわたしの要求を満たしましたか。あなたが望むのは祝福を得ることのみです。全くの恥知らずです。わたしのあなたに対する要求が義務であったことがありますか。あなたがわたしに付き従う覚悟があるのであれば、あらゆる物事においてわたしに従わなくてはなりません。条件を述べてはなりません。確かにわたしはあなたにこの道は苦難の道であると前もって言いました。この道は危険をはらんでおり、幸福は殆どありません。忘れたのですか。わたしは何度もそう言いました。苦難を受ける覚悟があるならば、わたしに付き従いなさい。苦しむ覚悟がないのであれば、止めなさい。わたしは強制しません。来るのも去るのもあなたの自由です。しかし、これがわたしの働きの行い方であり、あなたの個人的な反逆性のためにわたしの働き全体を遅らせることは出来ません。あなたには服従する意志がないかも知れませんが、他にはその意志をもつ者がいます。あなたがたは皆、必死です。何も恐れていない。わたしと条件を交渉しています。あなたは生き続けたいのですか、生き続けたくないのですか。あなたは自分のために計画を立て、自分の名声や利益のために這い回っています。わたしの働きは全てあなたがたのためではないのですか。あなたは盲目ですか。わたしが受肉する前は、あなたはわたしを見ることが出来なかったので、そうした言葉は赦すことが出来ますが、現在わたしは受肉し、あなたがたのもとで働きを行っているにもかかわらず、未だに見えないままなのですか。何が理解できないのですか。あなたは損失があったと言います。そこでわたしはあなたがたのような必死の人々を救うために受肉して、多くの働きを行ってきました。それでもあなたは依然として不満を言っています。あなたはわたしが苦難を受けたと言いますか。わたしが行ってきた働きは、全てあなたがたのためではなかったでしょうか。わたしが人間に対して与える肩書きは、人間の現在の霊的背丈に基づいています。わたしがあなたを『引き立て役』と呼べば、あなたは即座に引き立て役になります。わたしがあなたを『神の民』と呼べば、即座に神の民になります。わたしがあなたをどう呼ぼうと、あなたはわたしが呼ぶとおりの者です。わたしが言う通りではありませんか。わたしの一言が、あなたにとってそこまで腹立たしいと言うのですか。そうならば失礼しました。あなたが今従わないのであれば、最後に呪われるでしょう。そのときあなたは幸せでしょうか。あなたはいのちのありかたを気にかけず、自分の地位や肩書きに重点を置きます。あなたのいのちとはどのようなものですか。あなたが大いなる代償を払ったことは否定しませんが、自分の能力と実践を御覧なさい。それでも未だに条件について話をしている。これがあなたが決心して得た背丈ですか。あなたにはまだ誠意があるのですか。良心があるのですか。何か悪いことをしたのはわたしでしょうか。あなたに対するわたしの要求が誤っていたのでしょうか。それは何ですか。わたしはあなたを数日間引き立て役として働かせようと思うものの、あなたにはその意志がありません。これは一体どんな決意でしょう。あなたがたは皆、意志の弱い臆病者です。あなたのような人間を罰するのは当然のことです」わたしがこう述べると、その人はもう何も言わなかった。

このような働きを経験しているのであれば、働きの段階と人間を変化させる方法について、あなたがたはある程度把握している必要がある。これが変化において成果を得る唯一の方法である。あなたがたは追求において、個人的な観念や希望や未来を多くもちすぎる。現在の働きは、あなたがたの地位に対する欲望やとりとめもない欲望を取り扱うためのものである。望み、地位に対する欲望[j]、そして観念はどれも典型的なサタン的な性質の表れである。これらが人々の心に存在する理由は、サタンの毒が常に人間の考えを腐敗させており、サタンの誘惑を人間が決して払いのけることができないことにある。このような人々は罪のただ中で生活しているが、それを罪と考えず、「私達は神を信じているので、神は私達に祝福を与え、万事私達のために適切に手配してくださるに違いない。私達は神を信じているので、他人よりも優れているに違いない。私達は他の誰よりも地位と将来性が高いはずである。私達は神を信じているので、神は私達に無限の祝福を与えるであろう。そうでなければ、神への信仰とは呼ばれないであろう」と考える。人間の心は、長年にわたり人間が生存のために依存してきた思想により腐敗させられ、その結果人間は不誠実で臆病で卑劣になった。人間は意志の力や決意が欠落しているだけでなく、貪欲で傲慢で強情になった。人間には、克己的決意が完全に欠乏している上、闇の影響による呪縛を払いのける少しの勇気もない。人間の考えと生活は腐敗し、神への信仰に対する人間の考え方は依然として耐えがたいほどに醜悪であり、人間が自分の神への信仰に対する考え方について語る時、それはただ聞くに堪えない。人間は皆、臆病で無能で卑劣であるが、また傷付きやすい。人間は闇の勢力に対して嫌悪感を覚えず、光と真理への愛を感じず、それらを排除しようと最大の努力をする。あなたがたの現在における考え方や見方は、このようなものではないだろうか。「私は神を信じているのだから、ひたすら神の祝福を浴び、地位は決して下がらず、不信心者の地位よりも高いと保証されているはずだ」このような見方が、あなたがたの心の中に抱かれているのは、一、二年間のことではなく、もう長年にわたってである。あなたがたの取引的な考え方はあまりに発達している。あなたがたは現在の段階まで達したが、依然として地位を捨て去れないままであり、いつか地位がなくなり、名前が汚されるのではないかという強い恐怖を感じて、地位について調べ、観察しようと日々奮闘している。人間は、安楽に対する欲望を決して捨て去らなかった。あなたがたは現在このような罰を受けているが、最終的にどの程度の理解を得るであろうか。あなたがたは自分の地位は高くないが、神の高尚さを享受したと述べるであろう。あなたがたに地位がないのは卑しい者として生まれたからで、地位を得たのは神により高く引き上げられたためである。すなわちそれは、神があなたがたに与えたものである。現在、あなたがたは神の訓練、刑罰、そして裁きを直に授かることが出来る。これはさらなる神による引き上げである。あなたがたは神の清めと炎を直に授かることが出来る。これは神の大いなる愛である。時代を通して、神の清めと炎を授かった者は一人としておらず、神の言葉により完全にされることが出来た者も一人もいない。神は現在あなたがたと面と向かって話し、あなたがたを清め、あなたがたの内面の反逆性を暴いている。これはまさに神による引き上げである。人間には何が出来るだろうか。ダビデの子であれ、モアブの子孫であれ、人間は概して何も誇るべき事がない創造物である。あなたがたは神の創造物であるのだから、創造物の本分を尽くさなければならない。あなたがたに要求されていることは、それ以外にない。そして、あなたは祈り、このように言うであろう。「神よ、私に地位があるかないかに係わらず、私は自分を理解しました。私の地位が高いのであれば、それはあなたに引き上げられたからであり、私の地位が低いのであれば、それはあなたにそのように定められたからです。全てはあなたの御手の中にあります。私には選択肢も不満も一切ありません。あなたは私がこの国で、この民のもとに生まれること、そしてあなたの支配に完全に服従すべきであると定められました。なぜなら万事はあなたの定めの中にあるからです。私は地位に重点を置きません。つまるところ私は創造物のひとつでしかないからです。あなたが私を底なし穴や、火と硫黄の池に落とされたとしても、私は創造物に過ぎません。あなたが私を用いられるとしても、私は創造物です。あなたが私を完全にされるとしても、それでも創造物です。あなたが私を完全にされなかったとしても、それでも私はあなたを愛するでしょう。なぜなら、私は創造物でしかないからです。私は創造の主により造られた極めて小さな創造物、造られた人間の一人でしかありません。私を造られたのはあなたであり、あなたは私を再度あなたの御手に取られ、あなたの慈悲のままにされます。私はあなたの道具となり、引き立て役となる事をいといません。何故なら、全てはあなたが定めたことだからです。それは誰も変えられません。全てのものと出来事は、あなたの御手の中にあります」その時になると、あなたは地位に重点を置かなくなり、それを払いのけるであろう。あなたはその時初めて確信を持って堂々と求めることが出来、そうして初めてあなたの心はあらゆる束縛から自由になることが出来る。人間がひとたび解放され、そうした状態から抜け出すと、懸念を抱かなくなる。現在あなたがたの大部分が懸念していることは何であろうか。あなたがたは常に地位に束縛され、自分の将来の展望を探し求めている。あなたがたは書籍を取ってページをめくるが、人間の終着点について書いてあることを見つけることが出来ず、更に探し続けても見つけることはない。「どうして将来の見通しがないということがありえるのだろうか。神が将来の見通しを取り去られたということだろうか。それはありえない。それでは、なぜ何もないのだろうか。神は引き立て役のことしか話さないが、それならばそれ以外に何もないのだろうか」とあなたがたは考える[k]。あなたがたは今や信者であり、この働きの段階に関する認識が多少ある。しかし依然として地位への欲望を脇に置いていない。あなたがたは自分の地位が高いと、しっかり追求するが、身分が低いと追求しなくなる。地位の祝福のことを常に考えている。なぜ大部分の人が否定的な状態から脱出できないのであろうか。それは常に厳しい将来の見通しのためではないだろうか。神の言葉が述べられるとすぐに、あなたがたは自分の地位と身分が実際にどのようなものであるかを知ろうと急ぐ。あなたがたは地位と身分を第一とし、ビジョンを第二とする。第三は何に入っていくべきかであり、現在の神の心が第四である。あなたがたは、神があなたがたに与えた「引き立て役」の肩書きが変更されたかどうかをまず調べる。あなたがたはひたすら読み、「引き立て役」の肩書きが取り除かれたのを見ると、満足して神に感謝し続け、神の大いなる力を讃える。しかし自分が依然として「引き立て役」であると知るとすぐに取り乱し、心の中のやる気は即座に消滅する。あなたがたの追求がこのようなものであればあるほど、刈り入れる物は少なくなるであろう。ある人の地位に対する欲望が強ければ強いほど、それだけ深刻に取り扱われ、重大な精錬を受けなければならない。この種の人は無価値過ぎる。このような人は地位に対する欲望を完全に捨て去るため、適切な取り扱いと裁きを受ける必要がある。あなたがたが最後までこのようにして追求するならば、何も刈り入れないであろう。いのちを追求しない者は変化させされることは出来ない。真理を渇望しない者は、真理を得られない。あなたは自分の変化の追求といのちに入ることに重点を置かず、度を越した欲望や、神への愛を閉じ込め、あなたが神に近付くことを阻む物事に常に重点を置く。そのような物事があなたを変化させることが出来るであろうか。あなたを神の国へと導くことが出来るであろうか。あなたの追求の目的が真理を求めることでないならば、これを機に俗世に戻ってそこでの成功を目指せばよいであろう。このようにして時間を無駄にするのは全く無価値である。なぜ自分を苦しめるのか。美しい世界であらゆる物事を楽しめないことがあろうか。金銭、美女、地位、虚飾、家庭、子供など、このような俗世の産物はどれもあなたが享受できる最高の物ではないのか。幸せになれる場所を探して、ここをさまようことが何の役に立つというのか。人の子が枕する所がないのであれば、どうしてあなたが安住の地を得る事が出来ようか。どうして主があなたのために美しい安住の地を造ることが出来ようか。それは可能であろうか。わたしの裁き以外に、現在あなたは真理に関する説教を受けることしか出来ない。あなたはわたしから安楽を得ることも、日夜思い描いているような幸福の巣を得る事も出来ない。わたしはあなたにこの世の富を与えない。あなたが真に追求するならば、わたしはあなたにいのちの道の全てを与え、あなたを水を得た魚のようにすることをいとわない。あなたが真に追求しないのであれば、わたしはそれを全て取り上げるであろう。安楽に貪欲で豚や犬のような者にわたしの口から言葉を与えるつもりはない。

脚注

a. 原文では「そうすることを望みます」が省略されている。

b. 原文では「という言葉」が省略されている。

c. 原文では「不思議に思った」が省略されている。

d. 原文では「という肩書き」が省略されている。

e. 原文では「~と述べた」が省略されている。

f. 原文では「妻」となっている。

g. 原文では「~の肩書き」が省略されている。

h. 原文では「という言葉」が省略されている。

i. 原文では「~の肩書き」が省略されている。

j. 原文では「~に対する欲望」が省略されている。

k. 原文では「~とあなたがたは考える」が省略されている。

前へ:実践 (7)

次へ:征服の働きの第二段階はどのように実を結ぶか

他のお気に入り