1. なぜ神には名前があるのか、ひとつの名前は神の全体を表すことができるのか

関連する神の言葉

「神は私たちと共におられる」というイエスの名は神の性質の全体を表すことができるであろうか。それは神をはっきりと表現することができるであろうか。もし人が神はイエスとだけ呼ばれ、神はその性質を変えることができないので、他の名前を持つことはないと言うなら、そのような言葉は神への冒涜である。あなたがたは、「神は共におられる」というイエスの名が神の全体を表すことができると信じてるのだろうか。神は多くの名前で呼ばれることができるが、それらの多くの名前の中に、神がもっているすべてを要約できる名前はひとつとしてなく、神を完全に表すことができる名前はひとつもない。そして神は多くの名前を持っているが、これらの多くの名が神の性質を余すところ無く明確に表現することはできない。というのは神の性質はあまりにも豊かで、人の認識をはるかに越えているからである。人間の言語は、神を余すところ無く要約することができない。神の性質について人間が知っていることすべてを要約するには、人間には限られた語彙しかない。偉大な、りっぱな、驚くべき、計り知れない、至高の、聖なる、義なる、知恵に満ちたなど、言葉が多すぎる。このように限られた語彙では、人間が神の性質に関して目の当たりにしたことのほんの少しでも記述することは不可能である。もっと最近になって、多くの人々が心の中の熱情をもっと上手に記述しようと、さらに言葉を追加した。神は偉大すぎる。神は神聖すぎる。神は美しすぎる。今日、このように言うことはその頂点に達しているが、それでも人間は神を明確に表現できずにいる。だから、人間にとって神には多くの名前があるが、神には名前がない。これは神の存在はあまりに豊富で、人間の言語は不十分すぎるからである。ひとつの特定の言葉あるいは名前では神のすべてを表すにはあまりにも不十分である。では神はひとつの決まった名前を持つことができるだろうか。神はあまりにも偉大で聖であるのに、なぜ神がそれぞれの新しい時代に名前を変えてはいけないのか。それだから、神が自ら働きを行なうそれぞれの時代に、神が行なう働きを要約するその時代に合った名前を用いるのである。神はその時代における神の性質を表すために、その時代の意義を反映する特定の名前を用いる。神は自身の性質を表現するために人間の言葉を用いる。それでも、霊的な体験をし神をじかに見たことのある多くの人々が、ひとつの特定の名前が神のすべてを表現することはできないといまだに感じている。これはなんと残念なことであろうか。それで人間は神を名前で呼ぶことはなく、ただ「神」と呼ぶのである。人間の心は愛であふれているようでありながら、それはまた矛盾に悩まされているようでもある。人間は神をいかに説明するべきかが分からないからである。神であるものは豊かすぎて、それを表現する方法などどうしても存在しないのである。神の性質を要約できるひとつの名前はなく、神がもつもの、神であるもののすべてを表現できるひとつの名前もないのである。もしも誰かがわたしに「正確には何という名前を使いますか」と尋ねるならば、こう言うであろう。「神は神である。」これこそが神にとって最良の名前ではないのか。神の性質の最高の要約ではないのか。神の名を求めてなぜそんなに骨をおるのか。名前のことで寝食を忘れて、なぜそこまで熱心に考えるのか。神がヤーウェ、イエス、メシヤと呼ばれない日がやって来るだろう――神はただ創造主と呼ばれるであろう。その時、神が地上で呼ばれたすべての名前は終わりを迎える。というのは神の地上での働きは終わり、その後神は名前を持たなくなるからである。すべての物が創造主の支配下に入るときに、何故神を適切ではあるが不完全な名前で呼ぶのか。今も神の名を求めているのか。未だに神はヤーウェとしか呼ばれないと敢えて言うのであろうか。未だに神はイエスとしか呼ばれないと敢えて言うのであろうか。神を冒涜する罪を負うことができるのか。神は本来どんな名前も持たなかったということを知るべきである。神にはするべき働きがあり、人類を経営しなければならなかったので、一、二の、あるいは多くの名前を持っただけであった。どのような名で呼ばれるにしても、それは神自身が自由に選んだのではないだろうか。神はそれを決めるのに被造物を必要とするだろうか。神が呼ばれる名前は人が理解できること、人の言葉にそったものであるが、その名前は人によって要約されることはできない。ただ天には神がいて、それは神と呼ばれ、それは偉大な力を持った神であり、あまりにも知恵があり、あまりにも崇められ、あまりにも素晴らしく、あまりにも神秘的で、あまりにも全能で、そしてそれ以上言うことはない。それがあなたが知っていることのすべてである。このように、イエスの名だけで神を表すことができるだろうか。終わりの日が来ると、神の働きは依然として神が行なうが、時代が異なるので神の名は変わらなければならない。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(3)」より

各時代、各段階の働きにおいて、わたしの名前は根拠のないものではなく、代表的意味を持っている。それぞれの名前は一つの時代を表す。「ヤーウェ」は律法の時代を表し、イスラエルの人々が崇拝した神の敬称である。「イエス」は恵みの時代を表し、恵みの時代に救われたすべての人々の神の名前である。人が終わりの日に救い主イエスが到来することをまだ望み、ユダヤの地にいたときの姿で到来することをまだ期待するなら、6000年の経営(救いの)計画全体は贖罪の時代に停止し、それ以上進展することはできないだろう。そのうえ、終わりの日は決して来ることはなく、時代にピリオドが打たれることはないだろう。救い主イエスは人類の贖罪と救済のためだけにあるからである。わたしは恵みの時代のすべての罪人のためにイエスの名を名乗ったのであり、わたしが人類全体を終らせるのはこの名においてではない。ヤーウェ、イエス、メシアはすべてわたしの霊を表すが、これらの名前は単にわたしの経営(救いの)計画の異なる時代を示すものであり、わたしの全体を表すものではない。地上の人々がわたしを呼ぶ名前のどれも、わたしの性質全体、わたしであるすべてを明確に示すことはできない。それらは単に異なる時代にわたしが呼ばれる異なる名前にすぎない。だから最後の時代――終わりの日の時代――が来た時、わたしの名前はまた変わるのである。わたしはヤーウェやイエスとは呼ばれないし、ましてやメシアとは呼ばれないが、力ある全能の神自身と呼ばれ、この名前の下でわたしは時代全体を終らせるだろう。

『言葉は肉において現れる』の「救い主はすでに『白い雲』に乗って戻って来た」より

前へ: 3. 救いは全能神への信仰を通してのみ達成される

次へ: 2. なぜ神は異なる時代に異なる名前で呼ばれるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

1.天と地と万物を創造した真の神は唯一なのか、三位あるのか。

参考聖書箇所 「ピリポはイエスに言った、『主よ、わたしたちに父を示して下さい。そうして下されば、わたしたちは満足します』。イエスは彼に言われた、『ピリポよ、こんなに長くあなたがたと一緒にいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのである。どうして、わたしたち…

4.宗教を放棄して神のもとに戻るためには、信者は偽羊飼いたちと反キリストたちを見分けられなければならない。

参考聖書箇所 「ヤーウェ神はこう言われる、わざわいなるかな、自分自身を養うイスラエルの牧者。牧者は群れを養うべき者ではないか。ところが、あなたがたは脂肪を食べ、毛織物をまとい、肥えたものをほふるが、群れを養わない。あなたがたは弱った者を強くせず、病んでいる者をいやさず、傷ついた者…

質問30:受肉した全能神として主イエスがすでに再来なさり、全能神は人類を清め救うためにすべての真理を表現し、神の家から始まる裁きの働きをなさるとあなたがたは証を立てていますが、それならば私たちはどのように神の声を聞き分け、全能神が本当に再来した主イエスであるとどのように確認するべきなのでしょうか。

回答 その問題は極めて重要です。終わりの日の神の働きを受け入れ、神の出現を見るには御声の聞き分け方を知らねばなりません。御声を聞き分けるとは、実際は発せられた御言葉を認識することであり、その特徴を認識することです。肉となった神の御言葉も、神の霊の語りかけもすべて高いところから人類…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索