人はなぜいつも神に要求するのか

何に直面し対処しようが

人は自分の利益を守り

いつも肉に気を配り

都合の良い言い訳を探す

彼らには微塵の真理もなく

肉を正当化し

前途だけを考える

得られるだけ得ようと

神の恵みを要求する

祈りや交わり…

説教や自分の追求…

思いや願望の中で

彼らは神に要求し物を求める

その原因は人の本性である

人はなぜ神に多くを求めるのか

これは人が生まれつき欲深く

理知がないことを示している

そう、神の前では何の理知もない

神に多くを要求するのは

持つべき理知がないことを示し

自分のためにだけ求め

言い訳を探し

理知がない

それは「自分のことが第一で

悪魔は一番遅れたものを捕まえる」

というサタンの論理を完全に証明している

人の過剰な要求が証明するのは何?

それはサタンが人をいかに堕落させた…

人が信仰の中で

神を神として扱わないということ…

あなたは上辺では神に従うが

神への態度やあなたの観点

そして多くの事柄においては

神を創造主として扱わない

人はなぜ神に多くを求めるのか

これは人が生まれつき欲深く

理知がないことを示している

そう、神の前では何の理知もない

『言葉は肉において現れる』より編集

『キリストの言葉の記録』の「人はあまりに多くを神に要求する」より編集

前へ: 人は神に多く要求しすぎる

次へ: 人には少しも理知がない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索