神はより多くの人が救いを得ることを願う

より多くの人が神の言葉と業に出会った時

よく調べ

神に適う心で重要な言葉に臨むことを神は願う

罰を受ける者を真似てはならない

真理の道をはっきり知りつつも

故意に背き 罪のための捧げものを失った

パウロのようであってはならない

神の新しい業を受け入れ

神が与える真理を受けなさい

そうすれば神の救いを得られる


神はさらに多くの人が罰せられることを望まず

逆により多くの人が救われることを願う

そしてより多くの人が遅れずに

神の足跡をたどり

神の国に入ることを望む

神の新しい業を受け入れ

神が与える真理を受けなさい

そうすれば神の救いを得られる


神は人の年齢・地位・苦しみに関係なく

全ての人を公平に扱う

神の性質は永遠に変わらず

それらの事に関わらず 義である

神は誰もえこひいきしないが

もし全てを捨て

神の真理と新しい業を受け入れるなら

その人を思い遣る

神の新しい業を受け入れ

神が与える真理を受けなさい

そうすれば神の救いを得られる


『全能神に抵抗することによる懲罰の代表的な事例』の「あとがき」より

前へ: 神は人がパリサイ人にならないことを望む

次へ: 人を罪に定める神の根拠

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索