神はより多くの人が救いを得ることを願う

より多くの人が神の言葉と業に出会った時

よく調べ

神に適う心で重要な言葉に臨むことを神は願う

罰を受ける者を真似てはならない

真理の道をはっきり知りつつも

故意に背き 罪のための捧げものを失った

パウロのようであってはならない

神の新しい業を受け入れ

神が与える真理を受けなさい

そうすれば神の救いを得られる

神はさらに多くの人が罰せられることを望まず

逆により多くの人が救われることを願う

そしてより多くの人が遅れずに

神の足跡をたどり

神の国に入ることを望む

神の新しい業を受け入れ

神が与える真理を受けなさい

そうすれば神の救いを得られる

神は人の年齢・地位・苦しみに関係なく

全ての人を公平に扱う

神の性質は永遠に変わらず

それらの事に関わらず 義である

神は誰もえこひいきしないが

もし全てを捨て

神の真理と新しい業を受け入れるなら

その人を思い遣る

神の新しい業を受け入れ

神が与える真理を受けなさい

そうすれば神の救いを得られる

『全能神に抵抗することによる懲罰の代表的な事例』の「あとがき」より

前へ: 神は人がパリサイ人にならないことを望む

次へ: 人を罪に定める神の根拠

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索