真理をもつ人だけが真の人生を生きられる

サタンの支配下にある今日の世界で、また数千年にわたる人類の歴史において、全人類の中で誰がいのちを得たか。誰もいない。人間はすべて神に抵抗してきた者だからである。彼らが人生を送り、生き延びる上で頼ってきたものは、どれもサタンから生じるもの、サタンから受け入れたものであり、まさに神の言葉に反している。ゆえに彼らは神に抵抗して神の呪いに苦しむ者たちであり、語るべき人生がない。

神の性質を真に理解し、神の聖さと義を心から讃えられたなら、人は真に神を知り、真理を自分のものにするだろう。そのとき初めて人は光の中で生きている。世界観と人生観が変わらなければ、人は根本的に変化しない。人生の目標をもり、真理にしたがって振る舞い、絶対的に神に服従して神の言葉によって生き、魂の奥底で安らぎと光を感じ、心に闇がなく、神の前で完全に自由に、何にも縛られず生きるとき、人は初めて真の人生を送り、真理をもつ人になる。

あなたが自分のものにしているすべて真理は、神の言葉と神自身に由来する。全宇宙と万物の支配者たる至高の神が、真の人生を送る真の人間であると、あなたを認めるのである。それ以上に有意義なことがあり得るだろうか。そのような者が真理をもつ人である。神だけが真理である。神は天地とそこにある万物を支配し、そのすべてを統治する。神を信じず、神に服従しなければ、真理は得られない。神の言葉にしたがって生きれば、あなたは澄んだ心をもち、心の奥底で安らぎと比類なき甘美を感じる。そのときあなたは真に人生を得ているはずだ。

『キリストの言葉の記録』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より編集

前へ: これが真の人間らしさである

次へ: 神を証しするには性質の変化がなければならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索