625 神を知らないならあなたはたやすく神に背く

1 指導者として仕える人は、より大きな才能を有すること、人より勝っていること、また自分が本当にどれほど有能かを神にわかってもらえるように新しい巧妙なやり方を見つけ出すことを常に望んでいます。それなのに、真理を理解することや神の言葉の現実に入ることに集中しません。いつも自分を誇示したいと思っています。これはまさに傲慢な本性の表われではないですか。心に浮かんだことを何でも無闇に行なってはいけません。自分の行為の結果を考えなくても大丈夫ということがあり得ますか。神の性質や行政命令に背いて淘汰されると、あなたが言うことは何も残っていません。あなたの意図が何であれ、それを意図的に行なうか否かにかかわらず、神の性質も神の旨も理解していないなら、あなたは簡単に神を侮辱し、簡単に神の行政命令に背いてしまいます。これは誰もが用心して避けなければならないことです。

2 いったん神の行政命令や性質にひどく背けば、意図的にそうしたのか否かを神は考慮しません。このことははっきり理解する必要があります。この点を理解できなければ、あなたは間違いなく問題を抱えることになります。神に仕えるとき、人は大躍進を遂げ、偉大な物事をなし、偉大な言葉を語り、偉大な働きを行ない、大著を著わし、大集会を催し、偉大な指導者になりたいと望みます。あなたがいつも大それた野心を抱いているなら、きっと神の偉大な行政命令に背くことになります。神に仕えるにあたり、正直でも、敬虔でも、思慮深くもなければ、遅かれ早かれ神の行政命令に背くことになるのです。あなたが軽率な態度をとって何事にも注意を払わず、神を恐れず、はっきり知っていながら神の行政命令に背くなら、あなたは必ずや罰されます。

『キリストの言葉の記録』の「真理がなければ、神を侵すのは簡単である」より編集

前へ: 624 神はパウロのように仕える者を称賛しない

次へ: 626 人間性のない者は神に仕えるに値しない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索