赤い大きな竜の国での神の終わりの日の働きの意義

終わりの日に、

神は赤い大きな竜の地で受肉し、

すべての被造物の神として、

その働きを成し遂げた。

神はその経営の働きをすべて終え、

異邦人の国と呼ばれる地、

赤い大きな竜の国での、

働きの大部分を終わらせる。


前の二つの時代で神が行った働きは、

人間の異なる観念に対してなされた。

だが、神が完全に人間を征服できるよう、

この段階ではそれらの観念は排除される。

モアブの子孫への征服の働きを使い、

神は全人類を征服する。

これが、人間へのこの段階の働きの

主な意義、そして価値ある側面。


前の二つの段階はイスラエルでなされた。

この段階がイスラエル人になされたなら、

皆自分たちだけが神の選民だと思い、

神の計画の期待された効果は現われない。

神の働きがイスラエルでなされていた間、

異邦人には新しい働きは何も為されず、

異邦人の国々での、時代を始める神の働きは

決して行われなかった。


終わりの日に、

神は赤い大きな竜の地で受肉し、

すべての被造物の神として、

その働きを成し遂げた。

神はその経営の働きをすべて終え、

異邦人の国と呼ばれる地、

赤い大きな竜の国での、

働きの大部分を終わらせる。


時代を始める神の働きのこの段階は、

まず異邦人の国、

モアブの子孫の間でなされ、

時代全体が始まる助けとなる。


終わりの日に、

神は赤い大きな竜の地で受肉し、

すべての被造物の神として、

その働きを成し遂げた。

神はその経営の働きをすべて終え、

異邦人の国と呼ばれる地、

赤い大きな竜の国での、

働きの大部分を終わらせる。


神は人の観念の中にある知識を粉砕し、

どれも存在できないようにした。

征服するとき、神は人の観念、

旧来の人間的な知識を粉砕した。

神は民に、神には決まりや、

古いものが一切ないことを見せ、

神の全ての働きは解放されて自由で

神のすることはすべて正しいと分からせる。


神は働き、その意味と目的に基づいて

働きのために、受ける者と場所を選ぶ。

神は過去の決まりにこだわらず、

古い手法に従わない。

神は意義に基づいてその働きを計画し

働きの真の効果と

神の働きの期待された目的を達成する。

そう、神の働きの期待された目的を。


終わりの日に、

神は赤い大きな竜の地で受肉し、

すべての被造物の神として、

その働きを成し遂げた。

神はその経営の働きをすべて終え、

異邦人の国と呼ばれる地、

赤い大きな竜の国での、

働きの大部分を終わらせる。


『言葉は肉において現れる』の「神はすべての被造物の主である」より編集

前へ: 神が中国で征服の働きをする意義

次へ: 終わりの日における神の働きの目的

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索