赤い大きな竜の国での神の終わりの日の働きの意義

終わりの日に、

神は赤い大きな竜の地で受肉し、

すべての被造物の神として、

その働きを成し遂げた。

神はその経営の働きをすべて終え、

異邦人の国と呼ばれる地、

赤い大きな竜の国での、

働きの大部分を終わらせる。

前の二つの時代で神が行った働きは、

人間の異なる観念に対してなされた。

だが、神が完全に人間を征服できるよう、

この段階ではそれらの観念は排除される。

モアブの子孫への征服の働きを使い、

神は全人類を征服する。

これが、人間へのこの段階の働きの

主な意義、そして価値ある側面。

前の二つの段階はイスラエルでなされた。

この段階がイスラエル人になされたなら、

皆自分たちだけが神の選民だと思い、

神の計画の期待された効果は現われない。

神の働きがイスラエルでなされていた間、

異邦人には新しい働きは何も為されず、

異邦人の国々での、時代を始める神の働きは

決して行われなかった。

終わりの日に、

神は赤い大きな竜の地で受肉し、

すべての被造物の神として、

その働きを成し遂げた。

神はその経営の働きをすべて終え、

異邦人の国と呼ばれる地、

赤い大きな竜の国での、

働きの大部分を終わらせる。

時代を始める神の働きのこの段階は、

まず異邦人の国、

モアブの子孫の間でなされ、

時代全体が始まる助けとなる。

終わりの日に、

神は赤い大きな竜の地で受肉し、

すべての被造物の神として、

その働きを成し遂げた。

神はその経営の働きをすべて終え、

異邦人の国と呼ばれる地、

赤い大きな竜の国での、

働きの大部分を終わらせる。

神は人の観念の中にある知識を粉砕し、

どれも存在できないようにした。

征服するとき、神は人の観念、

旧来の人間的な知識を粉砕した。

神は民に、神には決まりや、

古いものが一切ないことを見せ、

神の全ての働きは解放されて自由で

神のすることはすべて正しいと分からせる。

神は働き、その意味と目的に基づいて

働きのために、受ける者と場所を選ぶ。

神は過去の決まりにこだわらず、

古い手法に従わない。

神は意義に基づいてその働きを計画し

働きの真の効果と

神の働きの期待された目的を達成する。

そう、神の働きの期待された目的を。

終わりの日に、

神は赤い大きな竜の地で受肉し、

すべての被造物の神として、

その働きを成し遂げた。

神はその経営の働きをすべて終え、

異邦人の国と呼ばれる地、

赤い大きな竜の国での、

働きの大部分を終わらせる。

『言葉は肉において現れる』の「神はすべての被造物の主である」より編集

前へ: 神が中国で征服の働きをする意義

次へ: 終わりの日における神の働きの目的

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索