聖霊の働きには原則がある

聖霊の働きには原則と条件があります。通常、聖霊はどのような人の中で働きますか。聖霊の働きを得るにあたり、人は何を有していなければなりませんか。人は自身の信仰において、少なくとも良心と正直な心をもつ必要があることをはっきり認識しなければなりません。正直な心に加え、人間性に備わっているべき良心と理知がある場合にのみ、聖霊はあなたに働きを行なうことができます。

あなたがたは聖霊の働き方の規則性を理解していますか。通常、心の正直な人が困難に見舞われ真理を求めているとき、聖霊はその人に働きを行ないます。人間の理知や良心をもたない人に対し、神はまったく注意を払いません。では、そのような人はどうすべきですか。心から悔い改めなければなりません。まずは神に心を開き、神から真理を求める必要があります。いったん真理を理解すると、それを実践できるようになります。そうして神の采配に服従し、神に自分を委ねることができるのです。そのような形でのみ、あなたは神のお褒めにあずかれます。

あなたはまず面子と虚栄心を捨て、個人的利益を控えなければなりません。その後、自分の本分と神を証しする働きに全身全霊を傾けなさい。まずは自分を明け渡して神に心を開き、自分が愛し大切にしているものを捨てなければなりません。これらのものにしがみつきつつ神に要求するなら、聖霊の働きを得ることができますか。聖霊の働きには条件があり、神は悪を憎む聖なる神なのです。これらのものに絶えずしがみつき、いつも神に心を閉ざして神の働きと導きを拒むなら、神はそのような人への働きをやめます。ゆえに、人間の理知や良心がない人は心から悔い改めなければなりません。さもないと聖霊はその人に働きを行ないません。

『キリストの言葉の記録』の「真心を神に捧げると真理を得ることができる」より編集

前へ: 聖霊の働きの原則

次へ: 聖霊は完全にされることを切望する者に働く

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索