終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)

目次

あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである

六千年に渡るその働き全体は、時代とともに次第に変化してきた。その働きにおける変化は、これまで世界全体の情勢に従って起こってきた。神の経営の働きは、全体として人間の発展に従って次第に移り変わってきただけである。それは創造の始まりにおいて、すでに計画されていたわけではなかった。世界が創造される前、または世界が創造された直後、ヤーウェは、働きの最初の段階である律法の時代、第2の段階である恵みの時代、または第3の段階である征服の時代をまだ計画していなかった。第3の段階である征服の時代で神は、最初にモアブの幾人かの子孫達の集まりにおいて働きを行い、そこから世界全体を征服する。神は世界の創造の後にそれらを語りはしなかった。モアブの後にもそれらを語ることはなく、ロトの前に語らなかったのは言うまでもない。神の働きは、すべて自然発生的に行われた。六千年に渡る神の経営の働きはまさにこのようにして進められてきた。神は世界の創造の前に、人間の発展のための概略図といったような計画を書き出すことは決してなかった。神は、自身の働きにおいて自身が何であるかを直接的に表現する。神は計画を立てるために知恵を絞ることはない。もちろん、多くの預言者たちが多くの予言を語ってきたが、これまで神の働きが常に明確な計画策定に基づいているとは言えない。予言は神の実際の働きに従って作られた。神の働きのすべては最も現実的である。神は時代の進展に従って自身の働きを実行し、物事の変化に従って自身の最も現実的な働きを実行する。神にとって働きの実行は、病気に薬を用いることに似ている。神は自身の働きを行う時、観察をする。神は自身の観察に従って働きを行う。神は、自身の働きのどの段階においても、自身の豊かな英知の表現と、自身の豊かな能力の表現を行える。神はその時代の働きにおいて自身の豊富な英知と豊富な権威を示し、その時代に神によって連れ戻された者ならだれでも、自身の性質を全て知ることができるようにした。神は人々の必要を満たし、それぞれの時代で実行されなくてはならない働きに基づいて自身のすべき働きを実行する。神は人々がサタンに堕落させられた程度に応じて、その必要を満たす。アダムとエバをヤーウェが最初に創造したのは、彼らが地上で神を現し、被造物の中にあって神の証となるためであったが、エバは蛇に誘惑され罪を犯し、アダムも罪を犯し、共に園で善悪の知識の木の果実を食べた。そのためヤーウェは、彼らに対して更なる働きを実行しなければならなかった。神は彼らが裸なのを見て、動物の皮でできた布で彼らの体を覆った。その後神はアダムに言った。「あなたが妻の言葉を聞いて、食べるなと、わたしが命じた木から取って食べたので、地はあなたのためにのろわれ……。ついに土に帰る、あなたは土から取られたのだから。あなたは、ちりだから、ちりに帰る。」神は女に言った。「わたしはあなたの産みの苦しみを大いに増す。あなたは苦しんで子を産む。それでもなお、あなたは夫を慕い、彼はあなたを治めるであろう。」そのときから神は彼らをエデンの園から追放し、現代人が地上でそうするように、園の外に住まわせた。はじめに神が人を創造したとき、創造した人を蛇に誘惑されるようにして、それから人や蛇を呪うことを計画してはいなかった。神は実際にその種の計画を持ってはいなかった。計画していたのは、創造において神に新しい働きをもたらす状況の進展に過ぎなかった。ヤーウェがこの世にアダムとエバにおけるその働きを実行した後、何千年もの間に渡って人間は発展し続けた。そしてその後、「主は人の悪が地にはびこり、すべてその心に思いはかることが、いつも悪い事ばかりであるのを見られた。主は地の上に人を造ったのを悔いて、心を痛め、……しかし、ノアは主の前に恵みを得た。」このときヤーウェは新しい働きをさらに行うことになったが、それは神が創造した人間が、蛇による誘惑の後、あまりに罪深くなってしまっていたからだった。そのような状況において、ヤーウェはそれらの人々からノアの家族を選んで彼らを守り、洪水で世界を滅ぼすという神の働きを実行した。人間はこのように堕落を増しながら、今日まで発展し続けている。そして人間の発展がそのピークに達するとき、それは人間の終末でもある。まさに始まりから、世界の終わりまで、神の働きの背後にある真実は常にこのようになっている。それは人がその性質に従って分類されることになる様子と同じである。一人一人が属する分類をはじめから決められているわけでは全くなく、人々は発展の過程を通った後にのみ、徐々に分類される。最後に、完全に救われることのない人はその人の先祖に戻されることとなる。人間における神の働きは、世界の創造時にまだ準備されてはいなかった。むしろ神は状況の進展を通して、人間に対してさらに現実的かつ実際的にその働きを徐々に実行した。ヤーウェが女を誘惑するために蛇を創造したわけではなかったのと同じである。それは神の特別な計画でも、神が予め決めたことでもなかった。それは予期せぬことだったとも言える。ヤーウェがアダムとエバをエデンの園から追放し、人を再び創造しないと誓ったのは、まさにそのためである。ただ、この根拠においてこそ、神の英知が人々によって見出されるのだが、そのことはわたしが最初に「わたしの英知はサタンの策略に基づいて行使される。」と言った通りだ。人間の腐敗がどれだけ進んでも、蛇がいかに人間を誘惑しても、ヤーウェは依然として神の英知を備えていた。それゆえ、神は世界の創造以来これまで新しい働きに携わり、その働きの段階はこれまで一度も繰り返されたことはない。サタンはこれまで継続的に策略を実行し続けている。人間はサタンにより堕落させられ続けており、ヤーウェ神も自身の英知の働きを継続的に実行し続けている。神は一度も失敗したことがなく、世界の創造からこれまでにおいて、自身の働きを一度もやめたことがない。人間がサタンによって堕落させられた後、神は人間を堕落させる敵を打ち負かすために、人々の間で継続的に働きを行った。その戦闘は始まりから世界の終わりまで続くだろう。この働きを行うに際して、神は、サタンによって堕落させられた人間も自身の素晴らしい救いを受けられるようにしただけでなく、自身の英知、全能性、および権威を人々が知るようにもした。そして最後に神は、人が自身の義の性質を見るようにする。つまり、邪悪な者を罰し、正しい者を報いる。神は今日まで戦ってきて、一度も負かされたことはない。それは神が知恵に満ちており、神の英知はサタンの策略に基づいて行使されるからだ。そのため、神は天のあらゆるものを自身の権威に従わせるだけなく、この世のすべてのものを自身の足台の下に置き、更には人間を侵害し悩ませる、悪事を働く者が神の刑罰の中に落ちるようにする。その働きの結果のすべては、神の英知によりもたらされる。神は人間の存在の前に自身の英知を一度も啓示したことはない。それは神には、天国、この世、または全宇宙に敵がおらず、万物の何物をも妨害し得る闇の力は存在しなかったからである。大天使が神を裏切った後、神はこの世に人間を創造したが、何千年も続く、サタンたる大天使との戦いを神が正式に始めたのは人間のためであり、その戦いは一連の段階を通して、さらに過熱を増している。神の全能性と英知は、そのそれぞれの段階で示される。このとき初めて、天と地のすべてのものは、神の英知、全能性、そして特に神の現実性を見ることができる。神は今日、依然として同じ現実的方法で自身の働きを実行している。さらに神は、自身の働きを実行するとき、自身の英知と全能性を示す。神はあなた方が、各段階の働きの背後にある真実を知るようにし、神の全能性をどう説明するかを明確に知るようにし、特に神の現実性をどう説明するかを知るようにする。

人々は、ユダがイエスを売ることになるのは、創造以前から運命づけられていたと考えている。実は、聖霊は当時の実情に従ってこれを計画した。いつも資金を着服していたユダという名前の人物は、ちょうどたまたまそこにいた。彼は、その役割を演じ、そのように役立つため、そこで選ばれた。それは、まさに現地の人材活用の例である。イエスは最初それに気づかなかった。ユダが後に明らかにされて知っただけである。もし他の誰かがその役割を演じることができていたなら、その人物がユダの代わりにその役割を演じていただろう。運命づけられていたことは、実際には当時聖霊によってなされた。聖霊の働きは常に自発的になされている。聖霊が自身の働きを計画するときはいつでも、聖霊がそれを実行する。聖霊の働きは現実的なものであり、常に新しく、決して古くなく、そして常に最も新鮮だとわたしが述べるのは、なぜだろうか。神の働きは世界が創造されたときにすでに計画されていた訳ではない―決してそうではない。働きのすべての段階は、それぞれの時期に相応の結果を得ることになり、それらは互いに干渉し合うことはない。あなたの心の中の計画が聖霊の直近の働きに単にそぐわないということは良くあることである。神の働きは人々の論理のように単純ではなく、人々が想像するように複雑でもない。それは、人々が今何を必要としているかに従って、いつでもどこでもその人々に施すことからなる。人々の本質に関して神は誰よりよく知っており、だからこそ、神の働きほど人々の現実的必要に沿うものはないのである。そのため、人間の視点から言えば、神の働きは何千年も前に計画されていたように見える。神が今、あなた方の状況に従って、あなた方の間で働いているように、神はいつでもどこでも働き、語りかける。人々がある状況にいる場合、神はその人々がその状況の中で正に必要としている言葉を語る。それは刑罰の時に行われる神の働きの最初の段階のようである。刑罰の時代の後に、人々はある振る舞いをし、反抗的な行動をとり、ある前向きの状況が生まれ、ある後ろ向きの状況も生まれ、後ろ向きの状況の上限がある水準に達した。神はそれらの事柄すべてに基づいて自身の働きを行い、それを用いてよりよい効果を得る。神は、人々が置かれる状況に応じて、人々が必要とする施しの働きをする。神は人々の実際の状況に従って、自身の働きの各段階を実行する。すべての被造物は神の手の中にある。もちろん神はそれらをよく把握している。人々の状況に応じて、神はなされるべき働きの次の段階を、いつでもどこでも実行する。この働きは、何千年も前に、前もって計画されていたものでは決してない。そのようなものは人間の考えに過ぎない。神は自身の働きの効果を見ながら働きを行い、神の働きは継続的に深まり発展する。神は自身の働きの結果を観察しながら、次の段階の働きを実行する。神は物事を徐々に推移するために多くのものを用い、時間とともに人々がその新しい働きを見るようにする。そのような働きは人々の必要に適した施しをすることができる。神がすべての人々を非常によく知っているからである。そのようにして神は天国から自身の働きを実行する。同じく、肉となった神も同じように自分の働きをするが、それは現実に沿って計画され、人の間で行われる。神の働きで世界の創造前に計画されたものはなく、神の働きは前もって慎重に計画されたものでもなかった。世界が創造された後の2千年間において人間がとても堕落してしまったのを見たヤーウェは、預言者イザヤの言葉を用いて、神は、律法の時代が終わった後の恵みの時代に、人間を罪から救う働きをすることを予言させた。もちろんそれはヤーウェの計画であったが、神が当時観察した状況に応じて作った計画だった。神は決してアダムの創造後すぐにそのことを考えたわけではなかった。イザヤは単に予言したのだが、ヤーウェは律法の時代にすぐにそのための準備を行わなかった。むしろ神は、恵みの時代の始まりにそのための準備を行ったが、そのとき、ヨセフの夢の中に使者が現れて啓示を行い、神が肉となるであろうことを告げた。そうして、神の受肉の働きは始まった。神は、人々が想像するように、世界の創造後に自身の受肉の準備をしたのではない。それは、人間の発展の程度と、サタンに対する神の戦いの状況に従って決められただけだった。

神が受肉するとき、神の霊は人に降る。言い換えれば、神の霊は肉をまとう。神は、この世で自身の働きを行うが、その働きは神が複数の制限された段階を経るのではなく、むしろ全く無制限のものとなる。聖霊が肉で行う働きは、依然として神の働きの効果によって決められる。そして神は、自身が肉で行う働きの期間を、それらの効果によって判断する。聖霊は、神の働きのそれぞれの段階を直接示す。神は働きをする中で自身の働きを検証する。それは人間の想像力の限界を超えるほど超自然的なものではない。それは天と地および万物の創造時におけるヤーウェの働きのようなものである。神はその計画と働きを同時に行った。神は闇から光を隔て、そして昼と夜が生まれ、それには1日を要した。第2日目に神は空を造ったが、それにも1日を要し、それから神は、陸、海、およびそこに生きるさまざまなものを造り、それにも1日を要した。神は、6日間を通して創造の働きを続け、6日目に人を創造し、人にこの世のすべてのものを管理させ、7日目までに万物の創造を完了し、7日目に休んだ。神は7日目を祝福し、その日を聖なる日とした。神はこの聖なる日を、万物を創造する前ではなく、創造した後に定めたのである。また、その働きは自然発生的に実行された。神は、万物を創造する前、6日間で世界を創造して7日目に休息することを決めてはいなかった。事実は決してそうではない。神はそれを口にすることも計画することもなかった。神は万物の創造が6日間で完了し、7日目に休息するとは全く言っていない。神はむしろ自身が良いと思う通りに創造した。神が万物の創造を完了したとき、すでに6日の時が経っていた。神が万物の創造を完了したのが5日目であったなら、神は6日目を休日としていただろう。けれども神は6日目に万物の創造を完了したので、7日目が休日となり、今日のように広まったのである。そのため、神の現在の働きは同じ方法で実行される。神は、状況に応じてあなた方が必要とすることを語り、必要を満たす。つまり、それぞれの状況に応じて霊は語り、働く。霊はすべてを見守り、いつでもどこでも働きを行う。わたしが行うこと、語ること、あなた方にもたらすもの、そしてあなた方に与えるものは、例外なく、あなた方が必要とするものである。わたしの働きは現実から離れたものではないというのは、そのような理由である。そのすべては現実であり、あなた方は皆、「神の霊はすべてを見守る」ことを知るのである。それがすべて前もって決められていたら、あまりに陳腐ではないか。あなたは、神が六千年間働きを行い、そして人間を反抗的、不従順、陰険、狡猾で、肉を持ち、堕落した悪の性質、目の欲望、および無節制といった性質を持つものとして運命づけたと考えている。それは運命づけられていたのではなく、むしろサタンによる堕落のためである。「サタンも神の手の中にあったのではないのか。神がサタンによるこのような人の堕落を運命づけ、その後人の間でその働きをされたのだ。」と言う者もいるだろう。神は人間を堕落させるようにサタンを実際に運命づけたのだろうか。神はあまりに熱心であるため、人間が普通の人間生活を生きることを認めていないだけである。神は人間の生活を苦しいものにするだろうか。もしそうであれば、サタンを倒して人間を救うことは無駄な努力ではないか。人間の不従順が運命づけられていたはずがない。それは実際にはサタンの悪行によるもので、神により運命づけられていたはずはない。あなた方が理解している神の手の中にあるサタンと、わたしが語っている神の手の中にあるサタンとは全く別のものである。「神は全能で、サタンは神の手の中にある」というあなた方の言葉に従えば、サタンは神を裏切ることはなかっただろう。あなたは神は全能だと言ったではないのか。あなた方の認識はあまりに抽象的で現実味がない。それは筋が通らず、意味をなさない。神は全能であり、そのことに少しも偽りはない。大天使は神を裏切った。なぜなら神は最初にその大天使に一部の権威を与えたからである。もちろん、蛇の誘惑に負けたエバのように、それは予期しない出来事だった。しかしどれほどサタンが裏切ろうとも、神と異なり、サタンは全能ではない。あなた方が述べたように、サタンは強大だが、サタンが何を行っても、神の権威はいつでもそれを打ち負かす。それが「神は全能で、サタンは神の手の中にある。」と言う言葉の裏にある真意である。そのため、神とサタンとの戦いは、一段階ずつ実行されなければならない。さらに神は、サタンの策略に対応して自身の働きを計画する。つまり神は時代に従って、人々を救い、英知と全能性を示す。同じように、終末の日における神の働きは、恵の時代以前には運命づけられてはおらず、以下のように秩序立った方法での運命付けはなかった:第一に、人の外的性質を変える。第二に、人に神の裁きと刑罰を受けさせる。第三に、人に死を経験させる。第四に、人に神を愛する時代を経験させるとともに、被造物としての決意を表明させる。第五に、人が神の心を知るようにし、完全に神を知らしめ、そして人を完全にする。神は恵みの時代にそれらの事柄を計画してはいなかった。むしろ神はこの時代にそれらを計画し始めた。サタンは神と同じように働きを行っている。サタンはその堕落した性質を表現する一方、神は直接語り、本質的なものを明示する。それが今日行われている働きであり、同様の働きの原理は、世界が創造された後のずっと昔に用いられていた。

はじめに神はアダムとエバを創造し、また蛇も創造した。全ての被造物の中で、蛇は最も有毒だった。その体は毒を含み、サタンはその毒を利用した。エバを誘惑し罪に落とし入れたのは蛇だった。アダムはエバが罪を犯した後に罪を犯した。そして2人はそれから善と悪の区別ができるようになった。蛇がエバを誘惑し、エバがアダムを誘惑することを、もしヤーウェが知っていたなら、神はなぜ彼らを園の中に置いたのだろうか。神がそれらの事柄を予測できたなら、神はなぜ蛇を創造し、それをエデンの園の中に置いたのだろうか。なぜエデンの園には善悪の知識の木の果実があったのだろうか。神は彼らに果実を食べさせようとしていたのだろうか。ヤーウェがやって来たとき、アダムとエバはヤーウェに会おうとしなかった。ヤーウェはそのときに初めて、彼らが善悪の知識の木の果実を食べて蛇の策略に陥ったことを知った。結局、神は蛇を呪い、そしてアダムとエバを呪った。彼ら2人が木の果実を食べたとき、ヤーウェはそれを知らなかった。人間は堕落し、邪悪で性的に乱れたものとなり、その心に抱くものはすべて邪悪と不正というほどまでになった。人間は皆汚れたものとなった。そのため、ヤーウェは人間を創造したことを悔いた。その後に神は、世界を洪水で破壊するという自身の働きを実行し、ノアとその息子たちが生き残った。実は、人々が想像するほど高度であったり超自然的であったりはしない部分もある。以下のように尋ねる者もいる。「神は、大天使が神を裏切ると知っていながらなぜ創造したのか。」以下はそれに対する事実である、この世がまだ存在していなかったとき、大天使は天国の天使の中で最も偉大だった。大天使は、天国のすべての天使に対する権限を握っていた。それは神から大天使に与えられた権威だった。神を除いて、大天使は天国の天使の中で最も偉大だった。神が後に人間を創造したとき、大天使はこの世において神に向けて大きな裏切りを行った。大天使は、人間を支配し、神の権威を超越したかったため、神を裏切ったと言われるのである。エバを誘惑して罪に陥れたのは大天使だった。大天使が神を裏切ったのは、この世に自分の王国を建設し、人間に神を裏切らせて、代わりに自分に従わせたかったからである。大天使は自分に従う者がたくさん存在することを知った。天使たちは、地上の人々と同じく、大天使に従った。鳥と獣、木々、森、山、川、およびこの世のあらゆるものは、人であるアダムとエバの管理下にあり、アダムとエバは大天使に従った。大天使はそのようにして神の権威を超越し、神を裏切ろうと考えた。後に大天使は多くの天使たちに神を裏切らせ、それが汚れた霊となった。今日までの人間の発展は、大天使の堕落に影響されているではないか。人間が今日あるような状態なのは、大天使が神を裏切り、人間を堕落させたからである。その一歩一歩の働きは、人々が想像するほど抽象的であったり単純であったりしない。サタンが神を裏切ったのには理由がある。人々は、そのような単純なことを理解できない。神はなぜ天と地と万物を創造し、そしてまたサタンも創造したのか。神はサタンをとても軽蔑し、サタンが神の敵であるなら、神はなぜサタンを創造したのか。サタンを創造することにより、神は敵を創造したのではないのか。神は実際には敵を創造しなかった。神は天使を創造し、そして後に天使が神を裏切ったのだ。その地位はとても偉大であったので、大天使は神を裏切ることを望んだ。それは偶然の一致であったとも言えるが、避けられないことでもあった。それは人がある年齢で死を避けられないのと似ている。状況はすでに一定の段階に進展している。以下のようなことを言う不届きな者もいる。「サタンがあなたの敵であるなら、あなたはなぜそれを創造したのですか。あなたは大天使があなたを裏切るようになることを知らなかったのですか。あなたは永遠から永遠までを見られるのではないのですか。あなたはその性質を知らないのですか。あなたは、大天使があなたを裏切るとはっきり知っていたのに、なぜそれを大天使として創造されたのですか。たとえ裏切りの問題を無視するとしても、大天使は数多くの天使を率いて、人間を堕落させるために人間の世界へ降りてきたのです。今日まで、あなたは六千年に渡る自身の経営計画を完成させることができずにいる。」そういうことなのですか?あなたは必要以上に問題を自身に課しているのではないですか。そして次のように言う者もいる。「サタンが現在まで人間を堕落させていなかったなら、神はそのように人間を救うことはなかったのです。その場合、神の英知と全能性を見ることはできなかったのです。神の英知はどこに現されたのでしょうか。神はこうしてサタンのために人類を創造したのです―将来神が自身の全能性を示すために。そうでないなら、人は神の英知をどのようにして見出せるでしょうか。人が神に抵抗したり、神に反抗的に行動したりしていなかったのなら、神の行為を表すこと自体不要だったのです。すべての創造が、神を崇拝し、神に従うためのものだったなら、神は何も働きを行う必要はなかっただろう。」これは現実から更にかけ離れている。なぜなら神には汚れた部分はなく、神は汚れたものを創造しえないからである。神が今その働きを現しているのは、ひたすら、自身の敵を倒し、自身が創造した人間を救い、はじめは神の支配下にあり神に属していたにもかかわらず神を憎み、裏切り、拒絶した悪霊とサタンを打ち倒すためである。神はそれらの悪霊を倒し、そうすることで、万物に自身の全能性を示したいと思っている。この世の人間と万物は今、サタンの支配下にあり、邪悪な者の支配下にある。神は自身の行為を万物に示し、そうすることで人々がみな神を知ることを望んでおり、それによりサタンを倒し、神の敵を徹底的に滅ぼしたいと考えている。神が自身の行為を示すことでこの働き全てが成し遂げられる。神の創造物のすべてはサタンの支配下にあり、そのため神はそれらに自身の全能性を啓示し、それによりサタンを倒すことを望んでいる。もしサタンがいなかったなら、神は自身の行為を示す必要はなかっただろう。もしサタンの妨害がなかったなら、神は人間を創造してエデンの園で生活するように導いていただろう。神は、サタンの裏切りの前に、天使や大天使のために自身の行為を決して啓示しなかったが、それはなぜだろうか。天使や大天使が神を知り、始まりにおいて神に従ってもいたなら、神はそれらのむなしい行為の働きを実行していなかっただろう。サタンと悪霊の存在のために、人々は神を拒絶し、反抗的な性質があふれんばかりに満ちているため、神は自身の行為を示すことを望む。神は、サタンと戦うことを望むため、神はサタンと戦うことを望むため、自らの権威を用い、自らのあらゆる働きを用いて、サタンを倒さなければならない。そうすることで、神が人間の中で遂行する救いの働きは、人々に神の英知と全能性を知らしめるものとなる。神が今日行う働きは意義深く、一部の人々が述べる以下のようなものとは一線を画している。「あなたのなさる働きは矛盾していませんか。この一連の働きは、あなたご自身を困らせているだけではないですか。あなたはサタンを創られてそのサタンにあなたを裏切らせ、反抗させた。あなたは人間を創造し、その人間をサタンに手渡し、アダムとエバが誘惑されることを許された。あなたが意図的にこれらのことを行ったのなら、あなたはなぜ人間を嫌うのですか。なぜサタンを嫌うのですか。あなたがこれらをみな創られたのではないのですか。なぜ嫌うのですか。」多くの愚か者がそのような事を言うだろう。彼らは神を愛することを望みながら、心の中では神に不満を述べている。何という矛盾であろうか。あなたは真理を理解せず、あまりに多くの超自然的思考を持ち、そしてそれが神の誤りと主張しさえする。何と愚かなことか。真理をもてあそんでいるのはあなたである。神の誤りではない。ある者は何度も何度も不満を次のように言う。「サタンを創造したのはあなたで、サタンに人間を手渡したのはあなたでした。人間はサタンの性質を持っています。あなたはその人間を赦すかわりに大いに憎んだ。はじめ、あなたは人間を大いに愛された。あなたはサタンを人間の世界に追いやり、そして今、あなたは人間を憎まれる。人間を憎み、また愛されるのはあなたです。それをどう説明されますか。矛盾していませんか。」あなた方がどう解釈するかに関係なく、天で起こったことはこうである。大天使がこのように神を裏切り、人間はこのように堕落し、今日まで続いた。あなた方がそれをどう表現しようと、これが事のてんまつである。しかしあなた方は、神が今日の働きを行うのは、あなた方を救うためであり、サタンを倒すためであることを理解しなければいけない。

天使は特に脆弱で能力を持たなかったため、もし権威を与えられれば傲慢になった。他の天使より地位が高い大天使の場合は、特にそうだった。大天使は、すべての天使の王だった。大天使は何百万もの天使を率い、ヤーウェの下で、その権威は他のすべての天使の権威を超えていた。大天使は、さまざまなことに手を出し、天使を人の世界に率い、世界を統治することを望んだ。神は宇宙を支配すると言った。大天使は宇宙が自分の支配下にあると言って神を裏切った。天国では、神がもう一つの世界を創造していた。大天使は、この世を管理し、人の領域に降りることも望んだ。神がそのような行いを認めるはずがなかった。そのため神は大天使を宙に討ち倒した。大天使が人間を堕落させたときからこれまで、人間を救うため、神は大天使と戦いを続けている。神は大天使を倒すためにこれまで六千年を費やしている。あなた方の全能の神に関する考えは、神がこれまで続けている働きと相容れるものではない。その考えは実際に役に立たず、非常に不届きである。実際に神は、神を裏切った大天使に対して、神の敵であるとする宣言を行い、そしてそれがすべてである。大天使が人の世界にたどり着いて人間を踏みにじったのは、裏切りのためでしかなかった。そして人間がこの段階に進んだのは、そのためであった。その後、神はサタンに誓いを立てて言った。「わたしはお前を倒し、わたしが創造した人間を救う。」サタンは初めは納得できず、次のように言った。「実際に私に対してどんなことができるというのか。本当に私を宙に討てるというのか。本当に私を倒せるというのか。」神は、大天使を宙に討った後、サタンの妨害は続いていたにもかかわらず、それ以上大天使に気を配ることはなく、人間への救いと自らの働きを始めた。サタンが行えたことはすべて、神がサタンに与えた力によるものだった。サタンは宙の中にそれらのものを携えて行き、今日までそれらを備え続けている。神は大天使を宙に討ったが、大天使の権威を取り上げなかったため、大天使は人間を堕落させ続けた。一方で神は、創造後にサタンによって堕落させられた人間を救い始めた。神は天にいる間、自らの行為を現わさなかった。ただ、この世の創造に先立って神は、自らが天に創造した世界で自らの行為を人々が見られるようにし、そのため天上に人々を導いた。神は英知と知性を人々に与え、人々がその世界で生きるように導いた。もちろん、あなた方は誰も以前にそのことを聞いたことがない。後に、神が人間を創造すると、大天使は人間を堕落させ始めた。地上のあらゆる人間は大混乱に陥った。神がサタンに対して戦いを始めたのは、まさにこのときであり、人々が神の行為を見たのはまさにこのときだった。最初、神の行為は人間から隠されていた。サタンが宙に討たれた後、サタンは自分のことに関わり、神は自らの働きに関わり、サタンに対する戦いを継続し、それは終末の日までずっと続く。現在はサタンが粉砕されるべき時である。始まりにおいて神はサタンに権威を与えた。そして後に神はそのサタンを宙に討ったが、サタンは挑戦的な態度を続けた。後に、サタンはこの世で人間を堕落させたが、神は実際には人間の管理をこの世で行っていた。神はサタンを倒すために人々の管理を使う。人々を堕落させることにより、サタンは人々の運命を終わらせ、神の働きを阻害する。一方、神の働きは人間への救いである。神自身の働きの中で人間を救うためでないものは、どの段階にも存在しない。人々を清め、彼らに正しいことを行わせ、愛されうるイメージを生む形で生きさせることを目的としないものは、どの段階にも存在しない。けれどもサタンの場合は、そうではない。サタンは人間を堕落させる。サタンは全世界において人間を堕落させる働きを継続的に実行する。もちろん、神も自らの働きを行う。神はサタンを顧みない。サタンがどれだけ権威を持っていようと、その権威は依然として神によって与えられたものだった。実際には神はサタンに自らの権威のすべてを与えはしなかった。だからどんなことをサタンが行っても、サタンは神を超えられず、常に神の手の中にある。神は天にいる間、自らの行為を少しも現わさなかった。神はサタンに小さい部分の権威を与えて、天使への支配を行使できるようにしただけだった。だからサタンは、どんなことをしても、神の権威を超えることはできない。神が元々サタンに与えた権威は限られているからである。神は働きを行い、サタンは阻害を行う。終末の日にサタンの妨害は終わるだろう。同様に神の働きは終えられるだろう。そして神が全き者としたい人間は全き者となるだろう。神は人々を肯定的側面から導く。神のいのちは生ける水であり、測ることができず、終わることがない。サタンはある程度まで人を堕落させた。最後に、そのいのちの生ける水は人を完全にし、サタンが邪魔したり、その働きを実行したりすることは不可能となるだろう。そのようにして、神はそれらの人々を完全に自らのものとすることだろう。サタンはそれを受け入れることを今、依然として拒んでいる。サタンは神に対して継続的に反抗しているが、神はサタンを気に留めない。神は述べた、「わたしはサタンの暗い力のすべてと暗い影響のすべてに勝利するだろう。」と。それは肉で今なされなければいけない働きであり、受肉の意味するものでもある。それは終末の日においてサタンを倒すという働きの段階を完成させ、サタンの側にいるすべてのものを滅ぼすことである。サタンに対する神の勝利は、避けられない流れなのである。サタンは実際に昔、敗北した。福音が大きな赤い竜の土地を通して広がり始めたとき、つまり、受肉した神が働きを始め、その働きが引き起こされたとき、サタンは完全に倒されることとなった。その受肉はサタンを倒すためのものだったからである。サタンは、神がもう一度肉となり、また神の働きを遂行し始めたのを見た。そして、どんな力もその働きを止められないことを理解した。そのため、その働きを見たときにサタンは愕然とし、サタンの働きをあえてそれ以上続けなかった。最初にサタンは、自らが多くの英知も持つものと思っていて、神の働きを中断させてその阻害を行った。けれどもサタンが予想していなかったのは、神がもう一度肉となり、神自らの働きにおいて、サタンの反抗性を用いて、人間のための啓示と裁きを行い、それにより人間を征服してサタンを打ち負かすということだった。神はサタンより賢明で、神の働きはサタンをはるかに凌ぐ。だから、わたしは以下を前に述べた。「わたしが行う働きはサタンの策略に対応して実行される。最後にわたしは、自らの全能性とサタンの無力さを示す。」神が自らの働きを行うとき、サタンは自分が最後に結局粉砕されるまで神の後ろについてゆく。サタンは自分を討ったものを知ることさえないだろう。サタンはすでに打ち破られ、砕かれて初めて、真実に気づく。そのときサタンは、すでに火の湖で焼かれてしまっている。サタンはそのとき完全に確信する。自分が、もうどうすることもできない。

人間のための悲しみにより神の心をしばしば消沈させるのは、段階的で現実的なその働きであり、そうしてサタンに対する神の戦いは六千年間続いている。神は以下のように語った。「わたしは人間を再び創造することはないであろうし、天使に再び権威を授けることもないであろう」。あれから天使が働きを行うために地上に来るときは、ある働きを行うために神に従うようになるだけだった。神は決して天使に権威を与えることはなかった。ユダヤ人が見た天使は、どのように自らの働きを遂行していたのか。天使たちは夢の中に現れ、ヤーウェの言葉を伝えた。イエスが十字架に張り付けにされてから3日目に復活したとき、大きな石を傍らに押したのは天使だった。神の霊自体がその働きを行ったのではなかった。天使はただそのような働きを行うだけだった。彼らは支える役割を果たしていたのであり、権威は持っていなかった。神には彼らに再び権威を授けるつもりが決してなかったからである。神がこの世で用いた人々は、ある期間において働きを行った後、神の立場を想定し、そして言った。「自分は全世界を超越したい。私は第三の天に立ちたい。我々は主権を握って統治したい」。彼らは数日間の働きの後に傲慢となる。彼らはこの世での主権を求め、新しい国の建国を求め、自分の足元にすべてをひれ伏させることを求め、第三の天に立つことを求める。あなたは神によって使われる人に過ぎないことを知っているか。あなたがどうやって第三の天に昇れるのか。神は、働きを行うために、静かに、声を上げることもなくこの世にやって来て、自らの働きをひそかに完遂してから去ってゆく。神は人間のように声を上げることはなく、むしろ現実的に自らの働きを実行する。神は教会へ入って行って、「わたしはあなた方を全員消し去る。あなた方を呪い、罰する」と叫んだりすることもない。神は自らの働きを実行し、それが終われば去ってゆくだけである。病を治し、悪霊を追い払い、講壇から講義し、長くて大げさな演説を行い、非現実的な事柄を討議する宗教指導者たちは、芯まで傲慢である。彼らは大天使の子孫なのだ。

現在まで六千年に渡る神の働きの実行の後、神は自らの行為の多くをすでに示しているが、それは主にサタンを倒し、すべての人間を救うためだった。神は、その機会を通して、天のすべてのもの、大地のすべてのもの、海の中のすべてのもの、および、神が創造した地上のあらゆる最終物が、神の全能を知り、神のすべての行為を知るようにする。神はサタンを倒すための機会を捕らえ、人間に自らのすべての行為を示し、人々が神を褒めたたえ、サタンを倒す神の英知を賛美できるようにする。大地に、天に、そして海の中にあるすべてのものは、神に栄光をもたらし、神の全能性を褒めたたえ、神のすべての行為を褒めたたえ、神の聖なる名前を叫ぶ。それは神がサタンを倒した証である。神がサタンを征服した証である。さらに重要なこととして、神が人間を救った証である。神の創造したすべては、神に栄光をもたらし、敵の打倒と勝利の帰還において神を褒めたたえ、偉大な勝利の王として神を褒めたたえる。神の目的はサタンの打倒だけではないため、神の働きは六千年間続いている。神はサタンの打倒を通して人間を救う。神はサタンの打倒を通して自らのすべての行為を現わし、自らの栄光のすべてを現わす。神は栄光を手にするだろうし、天使たちすべては神のすべての栄光に出会いもするだろう。天の使者たち、地上の人間たち、そして地上のすべての創造物は、創造主の栄光を見るだろう。これが神の行う業である。天と地上における神の創造物は、すべて神の栄光を目の当たりにし、神はサタンを完全に倒した後、意気揚々と帰還し、人間に神を褒めたたえさせる。こうして神は、これらふたつの側面を勝利の中に成し遂げる。最後にすべての人間は神によって征服され、拒否したり反抗したりする者、つまり、サタンに属する者すべてを、神は一掃する。あなたは今、神のそれらの行為をすべて見ているが、依然として拒否し、反抗的になり、服従しない。あなたは自分の心の中に多くの考えを抱いており、自分が望むことは何でも行う。あなたは自分自身の欲望と好みに従っている。それは反抗であり、抵抗である。肉のため、自分の欲望のため、および自分自身の好みのため、俗世間のため、そしてサタンのために神を信仰することは、不浄である。それは反抗であり、抵抗である。現在、さまざまな種類の信仰がある。ある者は災害からの避難所を求め、ある者は祝福を得ることを求め、ある者は奥義を理解することを望み、またある者はお金を得ようとする。それらはみな抵抗のさまざまな形である。それらはすべて神への冒とくである。人が抵抗したり反抗したりすることは、そのような事柄と関係しているのではないか。現在、多くの人々が不平を言い、不満を並べ、裁く。それらはすべて、邪悪な者がすること、人間の抵抗と反抗である。そのような邪悪な者たちはサタンに所有され、占有されている。神のものとなる人々は、完全に神に従う人々であり、サタンに堕落させられたものの、現在神の働きにより救われ征服され、苦難に耐え、そして最後に完全に神のものとされ、もはやサタンの領域で生きることはなく、不義から解き放たれ、聖く生きることを望む人々である。それらが最も高潔な人々であり、聖なる者たちである。あなたの現在の行為が神の要求されることの一部に沿わない場合、あなたは除外されるだろう。そこに論争の余地はない。すべてのものは今日に基づいてなされる。神が運命づけてあなたを選んだが、あなたの今日の行為は依然としてあなたの結果を定めることだろう。もし今あなたがあるべき状態を維持できないなら、あなたは除外されるだろう。あなたは今維持できないのであれば、後で維持することを望むこと[a]すらできないはずだ。そのようなすばらしい奇跡があなたの前に現れているのに、あなたは依然として信じていない。後になって、神が自らの働きを終え、もうそのような働きを行わないというときに、あなたはどうして神を信じるだろうか。その時になってあなたが神に従うのは、さらに不可能になるだけだ。後に神は、あなたが罪深いか義かを判断するため、または、あなたが全き者か除外された者かを判断するため、受肉した神へのあなたの態度や認識、およびあなたの経験に依存することになるだろう。あなたは今明確に理解しなければならない。聖霊は以下のように働きを行う。神は今日のあなたの振る舞いに従ってあなたの結末を判断する。誰が今日の言葉を語るのか。誰が今日の働きを行うのか。誰が今日あなたは除外される存在であることを決めるのか。誰があなたを全き者とすることを決めるのか。それはわたしが自ら行うことではないのか。わたしがそれらの言葉を語るのである。わたしがその働きを実行するのである。人々を呪い、罰し、裁くことは、すべてわたし自身の働きの一部である。最後にあなたを除外することも、わたし自身の働きとなるだろう。すべてはわたし自身が行うことである。あなたを全き者とすることはわたし自身が行うことであり、あなたが祝福を享受するようにするのもわたしが行うことである。それはすべてわたし自身の働きである。あなたの結末はヤーウェが運命づけたことではなかった。それは今日の神によって決められる。それは今決められる。それは世界が創造される前に決められはしなかった。ある不届きな者は、「あなたの目は何かおかしいです。見るべきように見ていません。」などと言う。最後にあなたは、霊がすべてのものをいかに明示するかを理解するだろう。イエスは元々、ユダを自分の弟子として選んだ。人々はイエスがユダに関して過ちを犯してしまったと考えている。イエスがイエス自身を裏切ることになる弟子を選ぶはずがない。最初、ユダはイエスを裏切る意図はなかった。裏切りは後になって初めて起こったことだった。当初イエスは、ユダをかなり好意的に見ていた。イエスはユダを自身に従わせ、ユダに財務を任せた。ユダがお金を使い込むと知っていたなら、イエスはお金をユダに委ねたままとしなかっただろう。イエスは、ユダが不正直で、ずるがしこく、兄弟姉妹を騙していたことを元々知らなかったと言うことができる。後に、ユダが一定の期間付き従った後、イエスはユダが兄弟姉妹を騙し、神を騙すのを見た。人々もユダがいつも金袋のお金を使っていることに気づき、イエスにそれを告げた。イエスは、そのとき初めてそのすべてに気づいた。イエスは十字架による張り付けの働きを実行することになっており、自分を裏切る者を必要とし、ユダがその役割にちょうどぴったりと合った。そうしてイエスは、「この中にわたしを裏切る者がいます。人の子は、張り付けにされて3日後に甦るためにこの裏切りを用いるのである。」と言ったのである。当時、実際には、イエスは自身を裏切るようにユダを選んだわけではなかった。その逆で、イエスはユダが忠実な弟子となることを望んでいた。イエスが驚いたことに、ユダは主を裏切る強欲で堕落した人物となり、イエスはその状況を用いてユダを裏切りの働きをする者に選んだ。もしイエスの12人の弟子のすべてが忠実であり、ユダのような者が誰一人いなかったら、イエスを裏切る者は結局その弟子以外の者となっていただろう。けれどもちょうどそのとき、彼らの中に賄賂を喜んで受け取る者、ユダがいた。だからイエスは自身の働きを完成させるためにユダを使ったのだ。何とわかりやすいことか。イエスはその働きを始める前に、予めそれを決めてはいなかった。イエスは、物事がある段階に差し掛かったときに、その判断を行っただけだった。それはイエスの判断であり、すなわち神の霊自身の判断である。そのときユダを選んだのはイエスだった。ユダは後にイエスを裏切ったが、それはイエス自身の最後をもたらすために聖霊が行ったことだった。それはその時点での聖霊の働きだった。イエスがユダを選んだとき、イエスは自らをユダが裏切るとは全く考えていなかった。イエスが知っていたのは、彼がイスカリオテのユダであるということだけだった。あなた方の結果もまた、今日のあなた方の従順の程度に従って、そして、あなた方のいのちの成長の程度に従って判断されるのであり、それは世界の創造の時点で運命づけられていたというような人間の考えに従ったものではない。あなたはそのことを明確に認識しなければならない。その働き全体は、あなたの想像するように実行されるものではない。

脚注:

a. 原文では「を望むこと」を省略。