地位の祝福は脇に置き、人に救いをもたらす神の心意を理解するべきである

 人の視点からは、モアブの子孫たちが完全にされるのは不可能であり、彼らには完全にされる資格はない。一方、ダビデの子孫たちには確かに希望があり、完全にされるのは確かに可能である。誰かがモアブの末裔であるならば、完全にされることはできない。今日になってもまだあなたがたは、自分たちのもとで行われている働きの意義を知らない。この段階に及んでも、まだ自分の将来の展望を心に抱いており、それを断念することをひどく嫌悪している。今日、一体なぜ神があなたがたのように最も無価値な集団を選んで働きかけるのか、誰も気にも留めない。それでは、この働きにおいて神は間違ったということなのか。この働きはうっかりした見落としなのか。神はなぜ、あなたがたがモアブの子孫だということをずっと知っていたのに、他でもないあなたがたのただ中で働くために地上に降りて来たのだろうか。あなたがたはこのことをまったく考えないのか。神は働きを行う時、このことをまったく考慮しないのか。神は軽率に振る舞うだろうか。そもそも最初から神はあなたがたがモアブの子孫であることを知らなかったのか。あなたがたはこのようなことを考慮することを知らないのか。あなたがたの観念はどこへ行ってしまったのか。あなたがたのあの健全な思考力は適応がうまくできていないのか。あなたがたの賢さと英知はどこへ行ってしまったのか。あなたがたの度量はとても寛大なので、そのような些細なことには留意しないということなのだろうか。あなたがたの知性は、自分の将来の展望や運命などには非常に敏感だが、そのほかのことについては無感覚で、鈍感で、まったく無知である。信じているのは一体何なのか。自分の将来の展望か。それとも神か。信じているのは自分の美しい終着点だけではないのか。自分の将来の展望ではないのか。あなたは今いのちの道についてどのくらい理解しているのか。どれほどのことを達成したのか。今モアブの子孫になされている働きはあなたがたに恥をかかせるためだと思っているのか。それはあなたがたの醜さをさらけ出すために意図的に行われているのか。あなたがたに刑罰を受け入れさせ、次に火の池に投げ込むために意図的になされているのか。あなたがたに将来の展望はないなどとわたしは決して言わなかったし、ましてやあなたがたは滅ぼされなければならない、あるいは永劫の罰を受けなければならないなどとは言わなかった。わたしはそのようなことを公表したのか。自分には希望がないとあなたは言うが、それは自分で引き出した結論ではないのか。自分の考え方の影響ではないのか。あなたの結論が重要なのか。あなたは祝福されていないとわたしが言ったら、あなたは確かに破滅の対象になる。またわたしがあなたは祝福されていると言ったら、あなたは確かに滅ぼされない。わたしはいまあなたがモアブの子孫だと言っているだけである。あなたは滅ぼされるとは言わなかった。ただモアブの子孫は呪われてきて、堕落した人類の一種なだけである。罪については以前に言及されている。あなたがたはみな罪深いのではないか。罪人はみなサタンに堕落させられたのではないのか。罪人はみな神に逆らい、反抗するのではないのか。神に逆らう者は呪われないのか。罪人はみな滅ぼされなければならないのではないのか。その場合、肉と血を持つ人間のうちで誰が救われることができるのか。どうしてあなたがたは今日まで生き延びることができたのか。あなたがたはモアブの子孫なので消極的になってしまったが、同時に人間、すなわち罪人ではないのか。どうしてあなたがたは今日まで存続してきたのか。完全になることの話になると、あなたがたは嬉しそうにする。大きな患難を経験しなければならないことを聞くと、あなたがたは、これによりいっそう祝福されることになると感じる。あなたがたは患難から抜け出した後は勝利者になることができ、さらにこれは神のあなたがたへの偉大なる祝福であり、あなたがた称賛であると考える。モアブが言及されると、あなたがたのあいだに動揺が生じる。大人も子供も同様に言葉では表せない悲しみを感じ、あなたがたの心には全く喜びがなく、あなたがたはみな生まれてきたことを後悔する。あなたがたはこの段階の働きがモアブの子孫になされることの意義を理解しない。あなたがたは高い地位を求めることしか知らず、何の希望もないと思うたびに、後戻りする。完成と将来の終着点の話になると、あなたがたは幸せを感じる。あなたがたが神を信じるのは祝福を得るためであり、良い終着点を得るためである。自分の地位のせいで今不安を感じている人もいる。彼らの価値や地位は低いので、彼らは完全にされることを願い求めない。まず初めに完全にされることが語られ、その後モアブの子孫が言及されたので、人は前に言及された完全への道を否定した。これは初めから最後まで、あなたがたがこの働きの意義を知らず、その意義について関心がないからである。あなたがたの霊的背丈は小さすぎて、ごく些細な動揺にさえ耐えることができない。自分の地位があまりにも低いとわかると、あなたがたは消極的になり、求め続ける自信を失くす。人はただ恵みの獲得と平安の享受を信仰の象徴と見なし、祝福を求めることが自分の神への信仰の基礎であると考えている。神を知ることを求め、自分の性質の変化を求める人はごく僅かである。信仰において人が求めるのは、自分に適切な終着点と、自分に必要なあらゆる恵みを神が与えるようにさせ、神を召使にし、神に自分との平和で友好的な関係を維持させ、いかなるときも両者の間に決して対立がないようにさせることである。すなわち、聖書で読んだ「わたしはあなたがたのすべての祈りに耳をかたむける」という言葉通りに、人の神への信仰は、神が人のすべての要求を満たすことを約束し、祈り求めるものは何でも人に与えることを要求するのである。人は神が誰も裁かず、誰も取り扱わないことを期待する。神とはいつも憐れみ深い救い主イエスであり、いつでもどこでも人と良い関係を保つ方だからである。人は次のように神を信じている。いつも臆面もなく神に要求するばかりで、自分が反抗的であろうと従順であろうと、神はなんでも見境なく自分に授けてくれると信じている。絶えず神から「負債を回収」し、神はまったく抵抗せずに「返済」しなければならず、そのうえ二倍の額を払わなければならない。人から何かを得ていようといまいと、神はただ人に操られるだけで、思いのままに人を指揮することはできず、ましてや人の許可なく神が望む時に、長年隠されてきた神の英知や義なる性質を人に現すことはできない。人はただ自分の罪を神に告白し、神はただそれを赦すだけで、そうすることにうんざりもせず、これが永久に続くと信じている。人は神に命令するばかりで、神は自分にただ従うと信じている。なぜなら、神は人間に仕えられるためではなく、仕えるために来たとか、神がここにいるのは人間の召使になるためだなどと聖書に記されているからである。あなたがたはいつもこのように信じてきたのではないのか。神から何か得られないと、あなたがたは必ず逃げたがる。何か理解できないことがあると、ひどく憤慨し、あらゆる種類の悪態を神に浴びせかけさえする。あなたがたは神自身が知恵と不思議を充分に表現することをどうしても許そうとせず、その代わりにただ一時的な気楽さと心地よさを楽しむことを望む。今まで、自分の神への信仰におけるあなたがたの態度は相変わらずの古い見解からなるだけである。神があなたがたにほんの少しでも威厳を見せれば、あなたがたは不機嫌になる。あなたがたにはいま自分の霊的背丈がどれほど低いのか正確にわかっているのか。あなたがたの古い見解は実のところ変化していないのに、自分たちは皆神に忠実だなどと思い込んではいけない。何も自分に降りかからなければ、あなたはすべてが順調に進んでいると考え、神への愛は高まる。しかし、些細なことが起こると黄泉の国にまで落ちる。これは神に忠実であることだろうか。

 もし征服の働きの最終段階がイスラエルで始まることになっていたら、そのような働きには何の意味もないだろう。中国で行われる時、またあなたがたに行われる時、その働きは最も意義深いのである。あなたがたは最も卑しい人、地位も最低である。あなたがたはこの社会の底辺にあり、最初は神を誰よりも否定していた。あなたがたは神から最も遠く離れてしまった人で、最もひどい害をこうむった。この段階の働きは征服のためだけなので、将来の証しをするのにあなたがたが選ばれるのは最適ではないだろうか。征服の働きの第一段階があなたがたに行われないならば、来るべき征服の働きを進めることは困難になるだろう。後に続く征服の働きは、今日行われるこの働きの事実に基づいて成果を達成するからである。現在の征服の働きは、征服の働き全体の始まりにすぎない。あなたがたは征服される最初の集団である。あなたがたは征服される全人類の代表である。本当の認識力がある人には、神が今日為す働きは全て偉大であり、神は人にその反抗的な態度をわからせるだけでなく、人の身分も明らかにするということがわかる。神の言葉の目的と意味は人を消極的にすることでも、倒すことでもない。それは人が神の言葉を通じて啓示と救いを得られるようにすることである。神の言葉で人の霊を覚醒させることである。世界の創造の時以来、人はいつもサタンの支配下に生き、神がいることを知らず、信じていなかった。このような人が神の偉大な救いの中に含まれることができ、神に大いに引き上げられることは正に神の愛を示している。真の認識をもつ人は、みなこれを信じる。そのような認識のない人はどうなるのか。彼らは言う。「ああ、神は私たちがモアブの子孫だと言う。神が自らの言葉でそう語った。私たちはそれでも良い結末を得られるだろうか。誰が私たちをモアブの子孫にしたのだろう。誰が過去に私たちにそれほど神に抵抗させたのだろう。神は私たちを罪に定めるために来た。神がいつも、始めからどのように私たちを裁いてきたか知らないのか。私たちは神に抵抗してきたので、私たちはこのように罰せられるべきである」。この言葉は正しいだろうか。今日、神はあなたがたを裁き、あなたがたを罰し、あなたがたを罪に定めるが、罪に定めることの要点はあなたが自分を知るためであることを知らなければならない。神は罪に定め、のろい、裁き、刑罰を与えるが、これはあなたが自分を知るため、あなたの性質が変わるためである。そしてさらに、あなたが自分の価値を知り、神の行動はすべて義であり、それは神の性質と神の働きが要求することに適っていること、神は人を救う計画に従って働くこと、神は人を愛し、救い、裁き、罰する義なる神であることを理解するためである。もしあなたが、自分は地位が低く、堕落して、不従順であることだけを知り、神が今日あなたに行う裁きや刑罰を通して救いを明らかにしようと望んでいることを知らないならば、あなたは経験を得るすべがなく、ましてや前に進み続けることはできない。神は人を殺したり、滅ぼしたりするためにではなく、裁き、のろい、罰し、救うために来た。神の六千年の経営(救いの)計画が終了するまで、つまり神が範疇ごとの人間の結末を明らかにするまでは、地上における神の働きは人の救いのためであり、その目的は神を愛する人を純粋にすっかり完全にし、神の統治の下に服従させることである。神がどのように人を救おうとも、そのすべては人を古いサタン的な性質から脱却させることによってなされる。すなわち、神は人にいのちを求めさせることで救うのである。人がそうしなければ、神の救いを受け入れることはできない。救いは神自身の働きであり、いのちを求めることは救いを受け入れるために人が負わなければならないものである。人の目から見れば、救いは神の愛であり、神の愛は刑罰、裁き、呪いであるはずがない。救いは愛、憐れみ、さらには、慰めの言葉を含んでいなければならず、神から授けられる無限の祝福も含んでいなければならない。神が人を救う時は、神は人を祝福と恵みで動かし、人が心を神に捧げることによって救うのだと人は信じている。すなわち、神が人を動かすのは神が人を救うことなのである。このような救いは取引によって行われる救いである。神が人に百倍のものを授けて初めて、人は神の名の前に服従し、神のために尽くして栄光をもたらそうと努力する。これは人類のための神が意図することではない。神は堕落した人類を救うために地上で働きに来た。このことに嘘はない。もしあれば、神が働きを行うために自ら来ることは絶対になかっただろう。過去において、神の救いは最大限の慈愛と憐れみを見せることで、神は全人類と交換するために自らのすべてをサタンに与えたほどであった。現在は過去とはまったく違っている。今日、あなたがたに与えられる救いは終わりの日に、各人を種類ごとに分類するときに起こる。あなたがたの救いの手段は愛や憐れみではなく、人が徹底的に救われるための刑罰と裁きである。従って、あなたがたが受けるのは刑罰、裁き、容赦のない鞭だけである。知りなさい。この無情な鞭打ちの中に罰はほんの少しもない。わたしの言葉がどんなに辛辣であったとしても、あなたがたに降りかかるのは、あなたがたにはまったく無情だと思われるかもしれないほんの数語だけであり、わたしがどれほど怒っていようとも、あなたがたに注がれるのは教えの言葉であり、わたしはあなたがたに危害を加えるつもりはないし、あなたがたを殺すつもりもない。これはすべて事実ではないのか。今日、義の裁きであろうと、無情な精錬や刑罰であろうと、すべては救いのためであることを知りなさい。今日各人が種類に応じて分類されようと、人の範疇が露わにされようと、神の発する言葉と働きのすべての目的は本当に神を愛する人を救うことである。義の裁きは人を清めるためにもたらされ、無情な鍛錬は人を浄化するために行われる。厳しい言葉、あるいは懲らしめはどちらも純化のためであり、救いのためである。従って、今日の救いの方法は過去のものとは違う。今日、義の裁きを通してあなたがたに救いはもたらされ、これは種類に応じてあなたがたを分類するためのよい道具である。さらに、無情な刑罰はあなたがたに最高の救いとして機能する。このような刑罰と裁きに直面して、あなたがたは何と言うのか。あなたがたはいつも、初めから終わりまで救いを享受してきたのではなかったのか。あなたがたは受肉の神を見たし、神の全能と知恵も悟った。そのうえ、あなたがたは繰り返し鞭打たれ、訓練も経験した。しかし、あなたがたは最高の恵みも受けたのではないのか。あなたがたの祝福は他の誰のものより大きくないのか。あなたがたの恵みはソロモンが享受した栄光や富よりも遥かに豊富である。考えてもみなさい。もしわたしが来た意図があなたがたを救うことではなく、罪に定め、罰することであったなら、あなたがたはこのように長く生き続けていただろうか。肉と血から成る罪深い存在であるあなたがたは今日まで生き残れていただろうか。もしわたしの目的がただあなたがたを罰するためであったなら、なぜわたしは肉となり、そのような大きな事業に着手していたのか。ただの人間にすぎないあなたがたを罰するには、わずか一言発するだけで済んだのではないのか。わたしはあなたがたをわざわざ罪に定めた後でもなお滅ぼす必要があるのだろうか。あなたがたはわたしのこの言葉をまだ信じないのか。わたしには愛と憐れみだけで人を救うことができるだろうか。それともわたしは人を救うために十字架しか使えないのだろうか。わたしの義なる性質は人を完全に従順にさせるのをさらに促進しないだろうか。それは人を完全に救うことがさらにできるのではないのか。

 わたしの言葉は厳しいかもしれないが、それはすべて人を救うために語られる。わたしは言葉を語っているだけで、人の肉を罰しているのではない。この言葉により、人は光の中で生きるようになり、光が存在すること、その光は貴重であること、またこの言葉が人にとっていかに有益であるか、そして神は救いであることを知る。わたしは刑罰と裁きの言葉を数多く語ったが、それが表現することは実際にあなたがたに行われてはいない。わたしは働きを行うために、言葉を話すために来たのであり、わたしの言葉は厳しいかもしれないが、あなたがたの堕落と反抗を裁くために語られる。わたしがこれを行う目的は依然として人をサタンの支配下から救うことである。人を救うためにわたしは言葉を使う。わたしの目的は言葉で人を傷つけることではない。わたしの言葉が厳しいのは、働きから成果を達成するためである。このような働きを通してのみ、人は自分自身を知ることができ、反抗的性質を断つことができる。言葉の働きで一番大きな意義は、真理を理解した人に真理を実践させ、人の性質において変化を達成させ、自分自身および神の働きについての認識を獲得させることである。言葉を話すことで働くことのみが神と人の意思疎通を可能にし、言葉のみが真理を説明できる。このような方法で働くことは、人を征服する最善の手段である。言葉を発すること以外では、真理や神の働きを明確に人に理解させることのできる手段は他にない。そこで神の働きの最終段階において、神は人に話しかけ、人がまだ理解していないすべての真理や奥義を明らかにして、それにより人が神から真理の道といのちを得て、神の心を満足させることができるようにする。神が人に働きかける目的は、人が神の心を満足させることができるようにするためであり、それは人に救いをもたらすために行われる。従って、神による人の救いの期間においては、神は人を罰する働きはしない。人に救いをもたらしつつ、神は悪を罰したり、善人に報いたりせず、さまざまな種類の人の終着点を明らかにすることもない。その代わり、神の働きの最終段階が完了して初めて、神は悪を罰し、善に報いる業を行い、そこで初めてさまざまな種類の人々の最後を明らかにする。罰せられるのは実際に救いようのない人である。一方、救われる人は神が人を救う間に神の救いを獲得した人である。神による救いの働きが行われている間、救われることが出来る人はすべて、最大限まで救われ、誰ひとりとして見捨てられることはない。神の働きの目的は人を救うことだからである。神による人の救いの期間に、自分たちの性質の変化を達成できない者、また、完全に神に従うことのできない者はみな懲罰の対象となる。この段階の働き、すなわち言葉の働きは、人が理解していないあらゆる道と奥義を人に明らかにし、人が神の心意と神が人に要求することを理解できるようにし、神の言葉を実行に移すための前提条件を人が備えられるようにし、性質の変化を達成できるようにする。神は働を行うためにだけ言葉を使い、人が少し反抗的だからといって罰したりすることはない。今は救いの働きの時だからである。もし反抗的に振舞えば誰でも罰せられるとしたら、誰にも救われる機会がないだろう。誰もが罰せられ黄泉の国に落ちるだろう。人を裁く言葉の目的は、人が自分自身を知り、神に従うようになることである。それはそのような裁きによって人を罰することではない。言葉の働きの期間、多くの人がその反抗性と反逆性を、また受肉の神への不服従を露わにする。しかし、神はこのためにこれらの人をすべて罰したりはしない。そうではなく神は心の芯まで堕落して、救いようのない人を取り除くだけである。神はそのような人の肉をサタンに与え、数は少なくとも場合によっては肉を始末する。残っている者は従い続け、取り扱いと刈り込みを経験する。従っている間もなお取り扱いと刈り込みを受け入れることができず、ますます堕落していくならば、そのような人は救いの機会を失っている。言葉による征服を受け入れた一人ひとりには救いの機会が豊富にある。これら一人ひとりの神による救いは、彼らへの神の最大限の情け深さを示している。つまり、彼らには最大限の寛容さが示されるのである。人が間違った道から引き返し、悔い改めることができる限り、神は人に神の救いを受ける機会を与える。人が初めて神に反抗した時、神には人を殺そうなどという願望はない。それよりは、神は人を救うためにできる限りのことをする。本当に救う余地がない人であれば、神は取り除く。神がある種の人をすぐには罰しないのは、救われることができる人をすべてを救いたいからである。神はただ言葉によって人を裁き、啓き、導くのであって、杖で人を殺さない。人に救いをもたらすために言葉を使うことは、神の働きの最終段階の目的と意義である。

前へ: 完全にされた者だけが意義ある人生を生きられる

次へ: 自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の国の時代に神に選ばれた人々が従わなければならない行政命令十項目

1.人は自分を大きく見せてはならないし、崇めてもいけない。人は神を崇め、賛美するべきである。 2.あなたは神の働きのためになることは何でもするべきであり、神の働きに有害なことは一切してはならない。神の名、神の証し、神の働きを守るべきである。 3.金銭、物質、神の家のすべての財産は…

キリストと相容れない人は疑いなく神の敵である

すべての人はイエスの真の顔を見たい、イエスと共にいたいと思っている。イエスを見たいとも、イエスと共にいたいとも思わない兄弟姉妹がいるとはわたしは思わない。イエスを見る前には、つまり、受肉した神を見る前には、たとえばイエスの外観、話し方、生き方などについて、あなたがたはあらゆる考え…

千年神の国は訪れた

この一団に神が行おうとしている働きが何かを見ただろうか。千年神の国にあってもなお、人々は神の言葉に従い続けなければならず、将来も神の言葉はカナンの良き地で人々の生活を直接導くであろうと、かつて神は言った。モーセが荒野にいたとき、神は直接彼に指示を与え、語った。神は天から人々に食べ…

唯一無二の神自身 5

神の聖さ(2) 兄弟姉妹の皆さん、きょうは讃美歌を歌いましょう。皆さんが好きで、よく歌っている歌を一つ選んでください。(神の御言葉の歌「汚れなき純粋な愛」を歌いたいです。) 1.「愛」とは、純粋で汚れのない感情を指し、心をもって愛し、感じ、思いやりをもつということである。愛におい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索