機会を逃せば永遠に後悔する

神の言葉の飲食、祈りの実践、神からの重荷の受け容れ、神が自分に委ねる物事の受け容れといった事柄は、すべてあなたの前途を得ることを目的とする。あなたが神のために担う重荷が大きければ大きいほど、あなたは神により完全にされやすくなるであろう。神に召し出されている場合であっても協力したがらない者もいるが、そうした者は怠惰で快楽に耽溺することを望む者である。あなたは、神に仕える上で協力を求められれば求められるほど、得られる経験も多くなるであろう。あなたが担う重荷が大きく、経験が豊富であるので、あなたが完全にされる機会も増えるであろう。したがって、あなたが誠意を持って神に仕えられるならば、あなたは神の重荷に配慮し、よってあなたは神により完全にされる機会を一層多く得るであろう。現在完全にされているのは、そうした者の集団である。聖霊があなたを動かせば動かすほど、神の重荷に配慮するために自分が割く時間も増え、あなたは一層神により完全にされ、神のものとされ、最終的にあなたは神により用いられる者となるであろう。

あなたがたは直ちに神の重荷に配慮すべきである。神の義なる性質が全ての人間に現れて、それから自分が神の重荷に配慮しようと待っていてはならない。それでは手遅れではなかろうか。今が神により完全にされる好機である。もしこの機会を逃したならば、あなたは良きカナンの地に入れずに一生後悔して良心の呵責のうちに死んだモーセのように、一生後悔するであろう。神の義なる性質が全ての人々に現れた後になって、あなたはそれを後悔するであろう。神があなたを罰しなかったとしても、あなたは自らの良心の呵責で自らを罰するであろう。完全にされる絶好の機会、絶好の時は、今である。あなたが神による完全化を熱心に追求しないならば、神の業が完了した時には手遅れで、あなたはその機会を逸したことになる。あなたの望みが如何に強かったとしても、神が業を行わなくなった場合、あなたが重ねてきた努力を問わず、あなたは決して完全にされ得ないであろう。

『言葉は肉において現れる』の「完全にされるべく、神の旨に配慮せよ」より編集

前へ: 神によってより容易に完全にされるようもっと重荷をにないなさい

次へ: 心から神のために尽くす者は幸い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索