人間に対する創造主の真情

創造主はいつも人の間で

人と全ての被造物と話し

日々新しい業を為している

神の本質と性質は

人との対話の中で伝えられる

神は思いや考えを行いによって完全に明かし

いつも人と共にいて見守り

声にならぬ言葉で人と全被造物に静かに語る

神は天にまた被造物の間にいて

見守り 待っている

神はあなたのすぐ側にいる

温かく力強い手

軽い歩み

恵みに満ちた優しい声

その姿は人とすれ違い

振り向いて人類を抱く

美しく柔和な表情の

神は決して去らず 消えず

昼も夜も共にいる

神は人の変わらぬ唯一の友

神がニネベの町を救った時

全人類へ献身的な世話と特別な情

真の思いやりと愛の全てが徐々に示された

特に神ヤ-ウェとヨナの対話によって

創造主なる神が人類に感じた哀れみの程が

さらに明らかとなった

あなたは彼らの対話を通して

神の真情を知るだろう

神は天にまた被造物の間にいて

見守り 待っている

神はあなたのすぐ側にいる

温かく力強い手

軽い歩み

恵みに満ちた優しい声

その姿は人とすれ違い

振り向いて人類を抱く

美しく柔和な表情の

神は決して去らず 消えず

昼も夜も共にいる

神は人の変わらぬ唯一の友

神は天にまた被造物の間にいて

見守り 待っている

神はあなたのすぐ側にいる

温かく力強い手

軽い歩み

恵みに満ちた優しい声

その姿は人とすれ違い

振り向いて人類を抱く

美しく柔和な表情の

神は決して去らず 消えず

昼も夜も共にいる

神は人の変わらぬ唯一の友

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より編集

前へ: 人間への神の憐れみは止んだことはない

次へ: 神の愛と本質にはいつも私欲がない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

闇の中にいる者は起き上がるべきだ

幾千年もこの地はひどく汚れ悲惨で 幽霊がうろつき 人を騙し欺き 根拠無く人を告発していた 彼らは冷酷で残忍で この地を踏み荒らし死骸で汚す 腐敗した悪臭が充満する 厳重に守られている この地で誰に空の向こうの世界が見えるのか? ゴーストタウンの人々が どうして神を…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索