神は大きな屈辱に耐える

二千年前、神は何年も罪人たちと暮らした。それは贖いのためであった。神は今日穢れて賤しい一群の人々と共に暮らしている。それは救いのためである。もしそれが人間を救うためでなかったとしたら、神が再び肉に戻り、悪魔が集まるこの地に生まれ、サタンによりひどく堕落させられている人々と共に暮らすのは何故だろうか。この全てがことさら意味するのは、神の人間への愛は全く無私であり、神が受ける苦難と屈辱は極めて大きいということである。あなたがた全員のため、そしてあなたがたの運命のために、神はこのように大きな辱めを受けることを、あなたがたは知らないのか。

神はむしろ全人類の生存のために、穢れた地に生まれ、全ての屈辱を受けることを選ぶのだ。神は非常に現実的であり、誤った業を一切行わない。神の各段階の業は、このように実践的に行われてきたのではなかろうか。人々は皆、神を中傷して、神は罪人と共に食卓に着くと言ったり、神を嘲笑して、神は穢れた息子たちや最も賤しい者たちと共に暮らしていると言うが、神はなおも自分を無にしてその身を捧げ尽くす。そして、神は依然として人間の間で拒まれている。神が耐え忍んでいる苦難は、あなたがたの苦難よりも大きいのではないか。神の業は、あなたがたが払った代価よりも多いのではないか。

『言葉は肉において現れる』の「モアブの子孫を救うことの意義」より編集

前へ: 神の謙りはとても素晴らしい

次へ: 神の働きはなんと辛いことか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索