882 神は全ての愛を人類に与えた

1

神は愛により人を救う 救いの計画 成し遂げる

たとえ義を表すにせよ

たとえ威厳を表すにせよ

そして怒りを表すにせよ

どれほど大きな愛なのか?

たとえ人が尋ねても

大きさは答えではない

なぜなら神のその愛は100パーセントなのだから

神は与えた人類のため

全ての愛を少しでも愛が欠けたなら

人は救われないだろう

2

なぜ神は肉となったのか

人類を救うためならば

どんな代価も惜しまない

神のその受肉には全ての愛が宿っている

人類は神に抗った

人の抵抗はあまりにも極端なものであり

救いの限度 超えてしまった

すでに超えてしまっていたのだ

だから神は人類のため肉となった

自らを犠牲にするしかなかったのだ

神は全ての愛を与える

神は全ての愛を与える

神は全ての愛を人類に与える

神は全ての愛を与える

3

神にもし愛がなかったら

稲妻により怒りを注ぎ

滅ぼすこともできただろう

神が肉となる辱めに耐える必要はなかっただろう

神は人のため犠牲を払い

人類に対し愛を与えた

神はあえて選んだのは痛みや迫害 受けること

辱めと拒絶に耐えること 

それでもなお神は人類を救ったのだ

まさしくこれが神の愛の定義だ

神は全ての愛を与える

神は全ての愛を与える

神は全ての愛を与える

神は全ての愛を与える

神は全ての愛を人類に与える

神は全ての愛を与える

神は愛を与える

神は全ての愛を与える

神は愛を与える

『キリストの言葉の記録』の「神の人類に対する真の愛」より編集

前へ: 881 神は人を救うために苦心する

次へ: 883 神が肉となって初めて人は救いの機会を得る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索