神の本質は尊厳に満ちている

神の本質には愛があり

憐れみは全てに及ぶが

尊厳も神の本質であることを

人々は忘れている

愛の神だが

人に侵害されても

何も感じず反応しない訳ではない

人間の想像で神を定義したり

勝手な願いを押し付けたり

人の考えや様式を用いて

人類を取り扱うよう

神に強いてはならない

さもなければ

あなたは神を怒らせ 神の憤りを誘い

その尊厳に挑んでいることになる


神は憐れみ深いが

それは何の原則もなく 人間を取り扱うということを

意味している訳ではない

神は生きており、まことに存在する

決して操り人形や物ではない

人間の想像で神を定義したり

勝手な願いを押し付けたり

人の考えや様式を用いて

人類を取り扱うよう

神に強いてはならない

さもなければ

あなたは神を怒らせ 神の憤りを誘い

その尊厳に挑んでいることになる


神は確かに存在する

だからこそ私達は

神の心の声に耳を傾け

神の態度に注意を払い

神がどのように感じているか

ああ、理解しなくてはならないのだ

人間の想像で神を定義したり

勝手な願いを押し付けたり

人の考えや様式を用いて

人類を取り扱うよう

神に強いてはならない

さもなければ

あなたは神を怒らせ 神の憤りを誘い

その尊厳に挑んでいることになる

ああ、神の尊厳に挑んでいることになる


『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より編集

前へ: 神の性質は崇高で偉大である

次へ: 神の性質の象徴

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすることは…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  神…

神は決意のある者を好む

我らは一つの決意をするべきだ 我らは一つの決意をするべきだ たとえ状況や問題が厳しく 消極的になったり弱くなったりしても 我らは古い性質の変化において 信仰を失ってはならない 神の語ってきた言葉の中で 確信を失ってはならない 神は人に約束を与えた 人がそれを受けるためには決意…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索