神の本質は尊厳に満ちている

神の本質には愛があり

憐れみは全てに及ぶが

尊厳も神の本質であることを

人々は忘れている

愛の神だが

人に侵害されても

何も感じず反応しない訳ではない

人間の想像で神を定義したり

勝手な願いを押し付けたり

人の考えや様式を用いて

人類を取り扱うよう

神に強いてはならない

さもなければ

あなたは神を怒らせ 神の憤りを誘い

その尊厳に挑んでいることになる

神は憐れみ深いが

それは何の原則もなく 人間を取り扱うということを

意味している訳ではない

神は生きており、まことに存在する

決して操り人形や物ではない

人間の想像で神を定義したり

勝手な願いを押し付けたり

人の考えや様式を用いて

人類を取り扱うよう

神に強いてはならない

さもなければ

あなたは神を怒らせ 神の憤りを誘い

その尊厳に挑んでいることになる

神は確かに存在する

だからこそ私達は

神の心の声に耳を傾け

神の態度に注意を払い

神がどのように感じているか

ああ、理解しなくてはならないのだ

人間の想像で神を定義したり

勝手な願いを押し付けたり

人の考えや様式を用いて

人類を取り扱うよう

神に強いてはならない

さもなければ

あなたは神を怒らせ 神の憤りを誘い

その尊厳に挑んでいることになる

ああ、神の尊厳に挑んでいることになる

『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より編集

前へ: 神の怒りの象徴的な意味

次へ: 神の性質は侵害を許さない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索