質問 7:多くの者は私たちが信仰により罪を既に赦されて主の恵みと慈悲を授かったと信じています。主イエスに罪人とみなされていないのだからそのまま天国に招かれはずだと。主が戻られたのならなぜ我々を天国に招かずに、終わりの日の裁きの働きをする必要があるのです? 終わりの日の神様の裁きは人類を清めて救うことですか?それとも断罪して滅ぼすことですか? 私達にはわかりません具体的にお話しいただけますか。

回答:ご質問はとても現実的です。主を信仰することで罪は赦され救われるとしても、神様の目には私達はまだ汚れて堕落しており、罪から逃れ清められてないのです。罪を赦されたとは、単に律法において罪に問われないということで「恵みによって救われた」という事になるのです。神様に罪を赦され祝福をどれだけ授かり罪を赦された事で安心して幸せに過ごし、神様に祈り会話することができても、人は今だに罪を犯し続け神様に逆らい、聖なるものには程遠いのです。終わりの日に神様がお戻りになり、人類を清め救う働きをする必要があります。主イエスの贖いの働きは終わりの日の神様の裁きの働きの基礎を築いたに過ぎず、神様の人類の救いはまだ終わっていなかったことは認識すべきです。主を信じることで罪が赦されたのに罪を犯し続け、罪深い生き方から抜け出せないのはどうしてなのか不思議でしょう? サタンによる堕落が余りにも深いので、サタンの本性を持ちサタンの性質に満ちてしまったのです。だから罪を犯してしまうのです。サタンの本性が潜んでいるから罪が赦されてもまた罪を犯して神様に逆らってしまうのです。神様に認めてもらえるには程遠いのです。だから主イエスは戻ってくると言われ終わりの日に裁きの働きをして、人類を徹底的に清めて救われるのです。全能神が言われます。「人が贖われる前、サタンの害毒の多くがすでに人の中に植え付けられていた。そしてサタンによって何千年も堕落させられてきた人間には、神に抵抗する本性がすでに定着していた。だからこそ、人が贖われたとき、それは人が高い代価で買い取られるという贖い以上のものではなく、人の中の害毒に満ちた本性は取り除かれていなかった。ここまで汚れた人は、神に仕えるのにふさわしくなる前に変化を経なければならない。この裁きと刑罰の働きによって、人は自分の中の汚れて堕落した本質を完全に知るようになる。そして完全に変わり、清くなることができる。この方法でしか、人は神の玉座の前へと戻るのにふさわしくなることができない。今日なされるすべての働きは、人が清められて変わるためのものである。言葉による裁きと刑罰、そして精錬を通じ、人は自分の堕落を一掃して清められることが可能になる。この段階の働きを救いの働きと考えるよりは、むしろ清めの働きと言ったほうが適切だろう。事実、この段階は救いの働きの第二段階であるとともに征服の段階でもある。人は言葉による裁きと刑罰を通じて神のものとされる。また言葉を用いて精錬し、裁き、露わにすることで、人の心にある汚れ、観念、動機、そして個人的な願望がすべて完全に暴かれる」(「受肉の奥義(4)」『言葉は肉において現れる』)。「人の罪は神の受肉を通じて赦されたが、それはその人の中にもはや罪がないという意味ではない。人の罪は、罪の捧げ物を通じて赦されることができたものの、どうすれば人がこれ以上罪を犯さないようになり、その罪深い本性が完全に根絶され、変化するかということについて言えば、人にはその問題を解決する術がないのである。人の罪は神による磔刑の働きゆえに赦されたが、人は以前の堕落したサタン的性質の中で生き続けた。そのため、人は堕落したサタン的性質から完全に救われなければならない。そうすることで、その人の罪深い本性が完全に根絶され、二度と芽生えなくなり、かくして人の性質が変わるのである。そのためにも、人はいのちの成長の筋道、いのちの道、そして性質を変える道を把握しなければならない。さらに、人はこの道に沿って行動することが求められる。その結果、人の性質は次第に変わり、その人は光の輝きの下で生き、何事も神の旨に沿って行ない、堕落したサタン的な性質を捨て去り、サタンの闇の影響から自由になることができ、それにより罪から完全に抜け出せるのである。このとき初めて人は完全なる救いを受けることになる。……したがって、その段階の働きが終わったあとも、依然として裁きと刑罰の働きが残っているのである。この段階は言葉によって人を清めるものであり、それによって人に従う道を与える。……この段階は前の段階よりもさらに有意義であり、いっそう有益である。と言うのも、今、人に直接いのちを施し、人の性質を完全に一新させられるのは言葉だからである。それははるかに徹底的な働きの段階である」(「受肉の奥義(4)」『言葉は肉において現れる』)

全能神の言葉はとてもわかりやすいですね。恵みの時代に主イエスは贖いの働きだけをされ主を信仰することで罪は赦されましたが、罪深い本性はそのままで人の罪深い本性はサタンの本性なのです。人に奥深く根付き人の命となったので、罪を犯し神様に逆らってしまうのです。サタンの本性こそ神様に抵抗する原因です。罪が赦されてもサタンの本性は赦されますか? サタンの本性は神様と真理に真っ向から反するので、神様は赦されませんですから、人類をサタンの本性の束縛から救い裁き罰せねばならないのです。終わりの日の神様の裁きと刑罰は人に潜むサタンの本性と性質が対象です。サタンの本性は裁きと刑罰でしか除去できないのか? 苦しんで肉欲を克服し強い意志で自らを抑制すればサタンの本性を除去できますか? 絶対にできないのです。歴史上の聖徒達は体を苦しめ抑制してまで罪の束縛から解放され肉を超越しようとしましたが、サタンに勝って真に神様に服従できた者がいますか? 殆どいません。いたとしたら神様に完全にされた人ですので、そう多くはないでしょう? 神様の裁きと刑罰がなければ、人が持つサタン的な性質は清められません。人のいのちの性質は変わらないままで、サタンの本性は人間の方法では消せないことがわかります。真理と命を得て永遠に生きるには神様の裁きと刑罰、刈り込み、取り扱い、試練と精錬を受けるのです。そこで初めてサタンの本性は消えてなくなります。主イエスの贖いの働きをもとに全能神は終わりの日に裁きと刑罰の働きをされサタンの本性による束縛や支配から人類を救い清め救われ神のものにされるのです。終わりの日の神様の裁きと刑罰こそ人類を清め救うのです。これが事実です。

神様の裁きと刑罰は堕落した人類にとっては最高の救いで、それを経験しなければサタンの本性は消えて無くならないし、神様に向き直って神様のものになることも神様の約束を享受し素晴らしい終着点に着くこともできません。これは誰も否定できない事実です。神様の裁きと刑罰が人間にとって何を意味するのか理解できる人は少ないし、その働きで人類は断罪されるのか救われるのか? 神様の働きと人類の救いという神様の意向を理解する必要があります。御言葉を少し読んでみましょう。

全能神は言われます。「神はどのような手段で人を完全にするのか。それは神の義なる性質によって成し遂げられる。神の性質はおもに義、怒り、威厳、裁き、呪いから成り立っており、神はおもに裁きという手段で人を完全にする。中にはそれが理解できず、なぜ神は裁きと呪いによってしか人を完全にできないのかと問う人がいる。そのような人は「神が人を呪ったら、人は死ぬのではないか。神が人を裁いたら、人は断罪されるのではないか。それにもかかわらず、人はどうして完全になれるのか」と言う。神の働きを理解しない人はこのように言うのである。神が呪うのは人間の不従順であり、神が裁くのは人間の罪である。神の言葉は厳しく容赦がないものの、人の中にあるあらゆるものを明らかにし、そうした厳しい言葉を通じて人の中にある本質的な物事を露わにするが、神はそのような裁きを通じて肉の本質に関する深遠な認識を人に授け、そうして人は神の前で服従する」(「辛い試練を経験することでのみ、神の素晴らしさを知ることができる」『言葉は肉において現れる』)

あなたがたはみな罪と放蕩の場所で生きており、あなたがたはみな淫らで罪深い。今日、あなたがたは神を見ることができるだけではなく、もっと重要なことに、刑罰と裁きを受け、真に深い救い、つまり、神の最大の愛を受けた。することすべてにおいて、神はあなたがたに真に愛情深く接している。神に悪意はまったくない。神があなたがたを裁くのは、あなたがたの罪ゆえであり、それはあなたがたが自省し、このすばらしい救いを受けられるようにするためである。これはみな人間を完全にすることを目的として行われる。始めから終わりまで、神は人間を救うために全力を尽くしており、神が自らの手で創造した人間を完全に破壊したいという願望はない。今、神は働くためにあなたがたのもとに来ており、このような救いはもっと偉大ではないのか。もし神があなたがたを憎んでいるのなら、あなたがたを直接導くためにそれ程大きな働きをするだろうか。なぜ神がそのように苦しむ必要があるのか。神はあなたがたを憎んでいないし、あなたがたに何の悪意ももっていない。あなたがたは神の愛が最も真実な愛であることを知らなければいけない。神が裁きを通して人を救わなければならないのは、唯一人が不服従だからである。そうでなければ、人を救うのは不可能であろう」(「征服の働きの内幕(4)」『言葉は肉において現れる』)

時代を終わらせる神の最後の働きにおいて、神の性質は刑罰と裁きであり、神はその中で不義なるすべてのものを暴き、それによってすべての人を公然と裁き、真摯な心で神を愛する人たちを完全にする。このような性質だけが時代を終わらせることができる。終わりの日はすでに来ている。すべての被造物は種類ごとに選り分けられ、その本性を基にして異なる種類に分けられる。その瞬間、神は人の結末と終着点を明らかにする。もし人が刑罰と裁きを受けなければ、その人の不従順と不義を暴く術はない。刑罰と裁きを通じてでなければ、すべての被造物の結末を明らかにすることはできない。罰せられ、裁かれて初めて、人は本当の姿を示す。悪は悪と共に、善は善と共に置かれ、すべての人は種類ごとに選り分けられる。刑罰と裁きを通じ、すべての被造物の結末が明らかにされ、それによって悪人は罰せられ、善人は報いられる。そして、すべての人が神の支配に従属することになる。この働きのすべては義なる刑罰と裁きを通じて達成されなければならない。人の堕落は頂点に達し、人の不従順は極度に深刻になってしまったので、おもに刑罰と裁きから成り、終わりの日に明らかにされる神の義なる性質だけが、人をすっかり変えて完全な者とすることができる。この性質だけが悪を暴き、よってすべての不義なる者を厳しく懲罰することができる。……終わりの日には、義なる裁きだけが人を種類ごとに選り分け、新しい領域に連れて行くことができる。このように、裁きと刑罰から成る神の義なる性質を通じ、時代全体に終わりがもたらされるのである」(「神の働きのビジョン(3)」『言葉は肉において現れる』)

全能神の言葉を聞くと、神様の御言葉から真実を見ることができます。神様の裁きと刑罰を受けなければ堕落した人類は真理も命も得られず、罪深い本性を消し去り救われることもなく、神様の義の性質や神様そのものを知ることもないでしょう。人類はサタンによって何千年も堕落させられ、すべてサタン的な性質を持ち傲慢でうそつきで無謀です。神様を信じていても罪を犯してしまい、神様にも逆らいます。人間は神様を知らず畏れていないのは間違いありません。サタンの性質を持つ人間が完全に神様に服従し認められるためにはどうしたらよいのでしょう? 神様の義と威厳と怒りの性質を理解し、神様が人類を裁いて清めるために示す真理をすべて理解して神様に裁かれ刑罰を受ける必要があります。そこで初めて神様に征服され御前に跪いて真から懺悔でき真理を理解して実践すると徐々に性質が変り神様に認められる者になれます。恵みの時代の主の信者はなぜ自分自身を知ることができず、神様を畏れず罪に生き神様に逆らって反抗しても気にしなかったのでしょう? 神様は終わりの日の裁きの働きをされなかったからです。神様の裁きと刑罰を受けなければ人間は自分のサタンの本性に気づかず傲慢なままで変らず本当に神様に従い畏れることもないのです。主に従わないなら十字架を背負い主に付いて行くことはできないと言われるかもしれません。恵みの時代に何もかも犠牲にして主のために働いたのは栄光を手にして報われ、天国に入るためで心から主を愛し従ったわけではないでしょう? いのちの性質も根本から変りましたか? 本当に主の御心に叶う者になりましたか? なぜ私達は主のために尽くしながら主と取引きしようとして主を利用し騙そうとするのでしょう? 神様は人間の本心を観察します。人は外面神様は内面を見るのです。外面がいかに良くても神様の御心に叶っているとは限りません。神様の家で始まる終わりの日の裁きの働きは人間のサタンの本性を徹底的に清め救うことなのです。終わりの日の神様の裁きと刑罰を受けてこそ、自分の本性や本質やサタンに堕落させられた状態も人間らしくない悪魔サタンのように生きてきた事が自覚できるのです。恥を知り神様の前に跪き悔い改め深く反省し、自分が誰よりも強いとか優れているとか思えなくなります。自分を嫌悪し呪い堕落した生き方を捨て無意識に謙虚になり横柄さも無くなります。同時に神様の性質が義にして聖であり不可侵であることも判るので自ずと神様への畏敬の念を抱きます。好き勝手な言動を慎むようになり、肉を捨て真理を実行し視点に変化が生じます。いのちの性質が変り始め神様の采配と定めに従い、未来や運命や欲望に惑わされず、本当の人間として生きられるのです。神様の裁きと刑罰を受けた後は全能神が言葉で裁き刑罰をくだすのは人間をこらしめ滅ぼすためではなく、清めて完全にするためだということがわかります。これこそが神様の慈悲と救いで神様は私達を本当に純粋に愛しておいでです。神様の家から始る裁きの働きは終わりの日の神様の働きを受け入れた者全員を対象としています。災害の前に勝利者の一団が造られます。これは神様の約束通り天国に招かれる人達です。神様に逆らう邪悪な者には神様は裁きも刑罰も与えず、大災害で滅ぼされるのを待つばかりなのです。神様の選民は裁きと刑罰を受けて清められ救われ完全にされて真理を憎み神様に逆らう反キリスト、邪悪な者は断罪され滅ぼされることは間違いないのです。

映画『勝利の凱歌』より引用

前へ: 質問 5:人の子として神様の家から始る裁きの働きをするということですが、これは聖書の預言と完全に一致しています! 神様の家から始まる裁きはヨハネの黙示録にある大きな白い玉座での裁きの事ですか? 大きな白い玉座での裁きは悪魔サタンに属する未信者が対象で、主が戻られた時信者は天国に招かれ、未信者を滅ぼすため災害を呼ぶのだと思っていました。それが大きな白い玉座の前での裁きなのです。終わりの日の神様の裁きは既に始まったと言われますが、未信者を滅ぼすための災害はまだ起きていません。それが大きな白い玉座の前での裁きでしょうか? 終わりの日の神様の裁きとは何ですか? はっきり説明していただきたいですな。

次へ: 質問 8:どのように裁きの働きをされ人類を救い清めるのですか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 8:どのように裁きの働きをされ人類を救い清めるのですか?

回答:真の道を求め調べている人なら終わりの日の全能神の裁きの働きを理解したいですよね。それについては全能神が語っておられますから、御言葉を少し読んでみましょう。 「神の今回の受肉において、神の働きは主に刑罰と裁きを通して神の性質を表すことである。これを基礎として、神は人により多く…

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

質問 1:あなたは、主イエスが中国に再臨され、その働きをなされている、と証しをされていますが、これは主イエスが聖書の中で預言していますので、私は本当だと思います。「いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう」(マタイによる福音書 24:27)。でも私たちは、主が終わりの日に再臨され、私たちを天の国に連れて行ってくださるか、少なくとも、雲まで引き上げられて空中で神様に会えるものと思っています。パウロも聖書の中で言っています。「それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう」(テサロニケ人への第一の手紙 4:17)。しかしなぜ主は、聖書に記されているように来られないのですか? 終わりの日の全能神の裁きの働きは私たちが天国に連れて行かれることと何の関係があるのですか?

主イエスは再臨についてこう言われました。「その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。」(マタイによる福音書 24:36) 主が再臨されても誰も気づきません。神以外には分からないのです。たとえ天使であってもです。あなた方は信者たちが空に持ち上げられ、雲の中で主に会うと言います。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索