神の人類への意志は決して変わらない


神は何年もこの世にいるが

誰が神を知っているだろうか?

神が人々を罰するのは当然だ

彼らは神の権威の対象であるらしい

彼らは神の銃の弾であり

神が発砲すると

彼らは皆一人ずつ逃げていくらしいが

それは本当ではない

それは全て彼らの想像にすぎない

人は神の救いの資本だから

神は彼らを宝のように愛する

神は彼らを取り除かない

神は彼らへの意志を変えない


神はいつでも人間を尊重し

一度も奴隷のように利用したり売買したことはない

神と人は離れることができないからだ

こうして生と死の絆が生まれ

神は人を大切にし愛する

それは相互の愛ではないが

彼らが神を仰ぐので

神はなお 彼らのために努力する

人は神の救いの資本だから

神は彼らを宝のように愛する

神は彼らを取り除かない

神は彼らへの意志を変えない


人は神の誓いを信頼できるのか?

どのように神を満足させられるのか?

これは全ての人の課題

神が彼らに残した宿題だ

それを完成するために懸命に働くこと

それが神の望みだ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第三十五章」より

前へ: 闇の中にいる者は起き上がるべきだ

次へ: 神は人を救うために大いに苦しむ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせようと…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶまで…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索