神の人類への意志は決して変わらない

神は何年もこの世にいるが

誰が神を知っているだろうか?

神が人々を罰するのは当然だ

彼らは神の権威の対象であるらしい

彼らは神の銃の弾であり

神が発砲すると

彼らは皆一人ずつ逃げていくらしいが

それは本当ではない

それは全て彼らの想像にすぎない

人は神の救いの資本だから

神は彼らを宝のように愛する

神は彼らを取り除かない

神は彼らへの意志を変えない

神はいつでも人間を尊重し

一度も奴隷のように利用したり売買したことはない

神と人は離れることができないからだ

こうして生と死の絆が生まれ

神は人を大切にし愛する

それは相互の愛ではないが

彼らが神を仰ぐので

神はなお 彼らのために努力する

人は神の救いの資本だから

神は彼らを宝のように愛する

神は彼らを取り除かない

神は彼らへの意志を変えない

人は神の誓いを信頼できるのか?

どのように神を満足させられるのか?

これは全ての人の課題

神が彼らに残した宿題だ

それを完成するために懸命に働くこと

それが神の望みだ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第三十五章」より

前へ: 神は人間を救うために人間のもとに来る

次へ: 神は人が戻ってくるのを待っている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索