895 神の人類への意志は決して変わらない

1

神は何年もこの世にいるが

誰が神を知っているだろうか?

神が人々を罰するのは当然だ

彼らは神の権威の対象であるらしい

彼らは神の銃の弾であり

神が発砲すると

彼らは皆一人ずつ逃げていくらしいが

それは本当ではない

それは全て彼らの想像にすぎない

人は神の救いの資本だから

神は彼らを宝のように愛する

神は彼らを取り除かない

神は彼らへの意志を変えない

神は彼らへの意志を変えない

2

神はいつでも人間を尊重し

一度も奴隷のように利用したり売買したことはない

神と人は離れることができないからだ

こうして生と死の絆が生まれ

神は人を大切にし愛する

それは相互の愛ではないが

彼らが神を仰ぐので

神はなお 彼らのために努力する

人は神の救いの資本だから

神は彼らを宝のように愛する

神は彼らを取り除かない

神は彼らへの意志を変えない

3

人は神の誓いを信頼できるのか?

どのように神を満足させられるのか?

これは全ての人の課題

神が彼らに残した宿題だ

それを完成するために懸命に働くこと

それが神の望みだ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第三十五章」より編集

前へ: 894 神は人間を救うために人間のもとに来る

次へ: 896 神は人が戻ってくるのを待っている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索