神の言葉は光

東方からの雷光に目覚めさせられ

私は神の言葉が肉となり現れるのを見た

今や裁きと刑罰の言葉に

私は征服され救われた

失敗と試練と患難に引き裂かれ

私の堕落はあらわになり

傲慢な私は頭を垂れた

汚れの中で自分の無価値さを知った

この境遇と過去の負い目を思えば

卑しく堕落したこの私が

神に仕えるに値するだろうか?

つまずきと失敗が私を正しい信仰の道へ導く

打撃と精錬と患難は私の贖いの鎖

私を神の愛にしっかり結びつける

神の義なる性質を知ることは祝福だ

神の言葉に私は清められ、救われ

真の人生を生きられるようになった

私は神を知り、証し人となって

永遠に神を愛し、仕えよう

肉なる神、救い主は再来される

私は裁きと患難、試練により神と対面した

救いを味わい、実際の神を知り

暗闇の生き地獄を通して

何を憎み、愛すべきか私は知った

御言葉により啓示を得て

人生の奥義を理解した

堕落した人類の肉はサタンの化身だ

私が神を愛し、証しできるのは

神からの格別な称賛だ

私は神の愛に報いたい

裁きと刑罰には意味があり

神の愛を明らかにする

神を畏れつつ従い愛することは私の本分

証し人となり 神に忠実になるべきだ

自分を神の御心と栄光のため捧げよう

神の言葉に私は清められ、救われ

真の人生を生きられるようになった

私は神を知り、証し人となって

永遠に神を愛し、仕えよう

前へ: もうろうとした中で目覚めて

次へ: 真理の追求には大きな意義がある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索