信仰への鍵は神の言葉を命の現実として受け入れること


神を信じるということは

不思議やしるしを見るためではなく

自分の肉体のためでもなく

神を理解することを追求し

出来る限り神に従うこと

ペテロのように死ぬまで神に従いなさい

これが今達成すべきこと

神を信じるということは

神の言葉を命の現実として受け入れること

神の言葉を実行し

自身で実践しなさい

それが神の目標の達成


神の言葉を食べ飲むことは

神を知り満足させるため

神の言葉を食べ飲むことは

神について多く認識するため

その時初めて神に従い 愛すことが出来る

それを神への信仰の目標とするべきことだ

神を信じるということは

神の言葉を命の現実として受け入れること

神の言葉を実行し

自身で実践しなさい

それが神の目標の達成


神への信仰とは神によって完全にされ

神への忠誠を追求すること

不満なく神に従い 全ての望みを心に留め

ペテロのような背格好ならば

信仰は成功し あなたは神のものとなる

不思議としるしを見るだけならば

信仰の観点は間違っている

神を信じるということは

神の言葉を命の現実として受け入れること

神の言葉を実行し

自身で実践しなさい

それが神の目標の達成

『言葉は肉において現れる』の「すべては神の言葉が達成する」より編集

前へ: 信仰において人が持つべき目的

次へ: 真理の実践が神への信仰の鍵

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

神は天地万物を人のために創造した

すべてのものは互いに繋がって依存し これを通して人の環境は守られている この原則のもとでその環境は守られ存続し この生存環境により人は増え そして栄えることができる 神はこの原則を使って 万物の命を維持し 奇しい業で全ての存在を保つ 神はこうして万物に与え 同じように人類にも与え…

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいる…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索