643 モアブの子孫への神の働きの意義

1

神はモアブの子孫に働き

闇に落ちた者を救う

呪われた彼らから神は栄光を得ることを望む

初め彼らの心には神がなかったから

彼らは卑しい者だが救いを得ることができる

それは神に高められることで

この働きには深い意味がある

裁きによって神は彼らを自分のものとする

神は罰するつもりはなく救うために来る

終わりの日に神がイスラエルを征服するのは

実りが多くても価値はなく

全ての栄光を得る術もなく

無駄なことである

神は堕落し闇にいる者に働く

真の征服は心に神がない者を

神を愛する者に変えることで

その成果は貴重で説得力がある

これが終わりの日に神が望む栄光であり

モアブの子孫への神の働きの意義である

2

この民は神の存在を認めず 知りもしない

サタンにより堕落して彼を忘れ 盲目にされ

天に神がいることも分らない

サタンや偶像を礼拝するあなた方は

肉なる者の中でもっとも卑しい者ではないか?

自由は無く 苦難に遭い

社会の底辺にいて信仰の自由もない

それ故神はあなた方に働くのだ

真の征服は心に神がない者を

神を愛する者に変えることで

その成果は貴重で説得力がある

これが終わりの日に神が望む栄光であり

モアブの子孫への神の働きの意義である

『言葉は肉において現れる』の「モアブの子孫を救うことの意義」より編集

前へ: 642 モアブの子孫がなすべき決意

次へ: 644 引き立て役として奉仕することは一生の祝福だ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索