モアブの子孫への神の働きの意義

神はモアブの子孫に働き

闇に落ちた者を救う

呪われた彼らから神は栄光を得ることを望む

初め彼らの心には神がなかったから

彼らは卑しい者だが救いを得ることができる

それは神に高められることで

この働きには深い意味がある

裁きによって神は彼らを自分のものとする

神は罰するつもりはなく救うために来る

終わりの日に神がイスラエルを征服するのは

実りが多くても価値はなく

全ての栄光を得る術もなく

無駄なことである

神は堕落し闇にいる者に働く

真の征服は心に神がない者を

神を愛する者に変えることで

その成果は貴重で説得力がある

これが終わりの日に神が望む栄光であり

モアブの子孫への神の働きの意義である


この民は神の存在を認めず 知りもしない

サタンにより堕落して彼を忘れ 盲目にされ

天に神がいることも分らない

サタンや偶像を礼拝するあなた方は

肉なる者の中でもっとも卑しい者ではないか?

自由は無く 苦難に遭い

社会の底辺にいて信仰の自由もない

それ故神はあなた方に働くのだ

真の征服は心に神がない者を

神を愛する者に変えることで

その成果は貴重で説得力がある

これが終わりの日に神が望む栄光であり

モアブの子孫への神の働きの意義である


『言葉は肉において現れる』の「モアブの子孫を救うことの意義」より編集

前へ: モアブの子孫がなすべき決意

次へ: 引き立て役として奉仕することは一生の祝福だ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

神のあなたがたへの期待を感じたことがあるか

誰がこの終わりなき世で神に吟味されるのか? 誰が神の霊の言葉を聞いたのか? 誰がヨブに答えられるのか? 皆の中にペテロはいるか? 神はなぜ幾度もヨブとペテロのことにふれたのだろう? 皆、神からの期待に気づいたか? もっと熟考することに時間を割くべきだ 大勢が闇の中を探り、逆境の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索