モアブの子孫への神の働きの意義

神はモアブの子孫に働き

闇に落ちた者を救う

呪われた彼らから神は栄光を得ることを望む

初め彼らの心には神がなかったから

彼らは卑しい者だが救いを得ることができる

それは神に高められることで

この働きには深い意味がある

裁きによって神は彼らを自分のものとする

神は罰するつもりはなく救うために来る

終わりの日に神がイスラエルを征服するのは

実りが多くても価値はなく

全ての栄光を得る術もなく

無駄なことである

神は堕落し闇にいる者に働く

真の征服は心に神がない者を

神を愛する者に変えることで

その成果は貴重で説得力がある

これが終わりの日に神が望む栄光であり

モアブの子孫への神の働きの意義である


この民は神の存在を認めず 知りもしない

サタンにより堕落して彼を忘れ 盲目にされ

天に神がいることも分らない

サタンや偶像を礼拝するあなた方は

肉なる者の中でもっとも卑しい者ではないか?

自由は無く 苦難に遭い

社会の底辺にいて信仰の自由もない

それ故神はあなた方に働くのだ

真の征服は心に神がない者を

神を愛する者に変えることで

その成果は貴重で説得力がある

これが終わりの日に神が望む栄光であり

モアブの子孫への神の働きの意義である


『言葉は肉において現れる』の「モアブの子孫を救うことの意義」より編集

前へ: 征服の働きの主な目的

次へ: 征服の働きには最も深い意義がある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなかっ…

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと 行…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索