受肉した人の子は神自身である

神の神性が実在の血肉となった時

神はおぼろげでなく人が

見て近づける存在となった

人は人の子の言葉、業

行いを通じ、ご意志を吟味し

神の神性を理解できた


人間性を通し人の子は神の

意志と神性を示した

そして神の意志と性質を見せて

触れられず見えない霊の世界の神を示した

人びとは肉と実在を持つ

神を見ることが出来るようになった


だから受肉した人の子は神の身分や地位、性質を

人間らしく形あるものにしたのだ

人間性、神性、どちらにしても人の子が

神の地位や身分を示すことを否定できない


この期間、ずっと神は肉を通して業を行い語った

人の子としての身分で人類の前に立ち

人間の間に御言葉と業をもたらし

神の神性と卑しさの中にある偉大さを知らせた

人は神の現実性を感じ実在を体験する

人はそれらの意味を把握する


人間性を通し人の子は神の

意志と神性を示した

そして神の意志と性質を見せて

触れられず見えない霊の世界の神を示した

人びとは肉と実在を持つ

神を見ることが出来るようになった


主イエスの働き、やり方、語りの視点は

霊の世界での神の真の

姿とは異なるが

今まで見られなかった神の姿を現した

これは否定できない


『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 3」より編集

前へ: キリストは聖霊が何であるかを表す

次へ: 人としての神の働きの方法と原則

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神と親しい者だけが神に仕えるに値する

神に仕える者は 神と親しく 神に仕える者は 神から愛され 神に忠実でなければならない あなたが人の前であるいは陰で 行動したとしても 神の喜びを得て 神の前に立つことができるだろう 他人があなたをどのように扱おうと あなたは自分の道を歩み 神の重荷を思いやるだろう これこそが…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索