157 受肉した人の子は神自身である

1

神の神性が実在の血肉となった時

神はおぼろげでなく

人が見て近づける存在となった

人は人の子の言葉、業、行いを通じ

ご意志を吟味し

神の神性を理解できた

人間性を通し人の子は神の意志と神性を示した

そして神の意志と性質を見せて

触れられず見えない霊の世界の神を示した

人びとは肉と実在を持つ神を

見ることが出来るようになった


2

だから受肉した人の子は神の身分や地位、性質を

人間らしく形あるものにしたのだ

人間性、神性、どちらにしても

人の子が神の地位や身分を示すことを否定できない


3

この期間、ずっと神は肉を通して業を行い語った

人の子としての身分で人類の前に立ち

人間の間に御言葉と業をもたらし

神の神性と卑しさの中にある偉大さを知らせた

人は神の現実性を感じ実在を体験する

人はそれらの意味を把握する

人間性を通し人の子は神の意志と神性を示した

そして神の意志と性質を見せて

触れられず見えない霊の世界の神を示した

人びとは肉と実在を持つ神を

見ることが出来るようになった

主イエスの働き、やり方、語りの視点は

霊の世界での神の真の姿とは異なるが

今まで見られなかった神の姿を現した

これは否定できない


『神を知ることについて』「神の働き、神の性質、そして神自身 III.」(『言葉』第2巻)より編集

前へ: 156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

次へ: 158 人としての神の働きの方法と原則

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索