全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

救いを得る人とは真理を進んで実践する者である

かなり以前、いくつかの説教で適切な教会生活を送る必要性についてすでに触れた。それでも未だに教会生活が改善されておらず、相変わらず昔のままであるのは何故だろうか。教会に全く異なる新しい生活が無いのは何故だろうか。90年代の人間が、過ぎし時代の帝王のように生きているというのは、適切であろうか。現代の食べ物や飲み物は、前の時代には希にしか味わえなかったものかも知れないが、教会の状況には何ら大きな転換がないままである。それは、あたかも古い葡萄酒を新しい瓶に入れたままにしているようなものである。そんなことでは、神がどんなに沢山語ったとしても、それがなんの役に立つというのか。ほとんどの地域で教会は全く変わっていない。わたしは自分の目でそれを見たので、それはわたしの心の中ではっきりとしている。わたし自身は教会生活を経験したことがないが、わたしは教会の集まりのことは、自分の手の甲のように知り尽くしている。教会はあまり前進していない。それは、先に述べたとおり、あたかも古い葡萄酒を新しい瓶に入れたようである。どう見てもまったく何も変わっていない。誰かが教会の人々を牧している時は、彼らは炎のように熱く燃えるが、彼らを助ける者が誰もいない時は、氷の塊のようである。実践的なことについて語ることのできる者はあまり多くないが、舵を取ることのできる者は極めて希である。説教は高尚であるが、実践の中へ入る者はほとんどいない。神の言葉を大切にする人はほとんどいない。彼らは、神の言葉を受け取ると涙し、神の言葉を取り除くと陽気になり、神の言葉から離れると陰気で不機嫌になる。率直に言って、あなたがたはまったく神の言葉を大切にしておらず、今神自身の口から出る言葉を宝であると見なすことはまったくない。あなたがたは、神の言葉を読む時は、ただ不安になり、神の言葉を覚える時は、たいへん骨が折れると感じ、神の言葉を実践することに至っては、あたかもシーシュポスが果てしなく続く労役に向かうように、まったくやる気がない。あなたがたは神の言葉を読む時は、常に活気に溢れているが、それを実践する時になると、何もかも忘れてしまう。実際のところ、これらの言葉を、こんなにも苦心して、辛抱強く繰り返し語る必要はないのである。人々は言葉をただ聞くだけで、実行に移すことがないので、その結果それは神の業への妨げとなっている。わたしは、そのことを採り上げて話したくはないが、話さざるをえない。しかしそれは、わたしが人間の欠点を暴露することを楽しんでいるからではない。あなたがたは、自分はもう充分過ぎるほど実践したと思い込み、啓示がもう頂点に達したので、あなたがた自身も頂点に達したと考えているのではなかろうか。それは、それほど単純なことであろうか。あなたがたは、自分の数々の経験が最終的に建て上げられる基礎を検討することがまったくない。現時点では、あなたがたの集まりを適切な教会生活と呼ぶことも、正しい霊的生活であると言うこともできない。それは、雑談しては歌って楽しんでいる連中の集まりでしかない。厳密に言えば、そこにはあまり現実性が見られない。もう少しはっきり言うと、あなたが実践しないなら、現実性はどこにあるのか。あなたは、現実性があると言うが、それは誇張ではなかろうか。常に業を行う者たちは傲慢であり、自惚れている。その一方、常に従っている者たちは、実践の機会が全くなく沈黙し、うつむいている。業を行う者たちのやることといえば、ひたすら話すことだけで、高尚に聞こえる説教を延々と続け、従う者たちはただ聞いているだけである。そこには言及するに値する変化はない。それらは単なる過去の産物である。今日、あなたが服従することができ、干渉したり、自分勝手に行動したりすることがないのは、神の統治法令の到来のおかげであり、あなたの体験を通して得られた変化ではない。あなたが、過去にやっていた多くのことを今しなくなったのは、神の業が実現し、人間を征服したからである。一つ尋ねるが、あなたが今日達成したことのうち、自らの労苦の汗によって獲得したものは、どのぐらいだろうか。そのうち、神から直接伝えられたものは、どれほどあるのか。あなたは何と答えるだろうか。あなたは、唖然として言葉を失うであろうか。舌を突き出してごまかすのだろうか。他の者たちは自分たちの多くの経験について発言して、あなたに糧を与えることができるのに、あなたは、他人が作った料理をただ味わうだけなのは何故だろうか。あなたは、恥ずかしいと思わないのか。きまり悪く感じないのか。

あなたがたは、幾分優れた高い段階にある者たちについて、次のような事実的検証を行えばよい。真理をどれだけ理解しているのか。最終的に、どれほどのことを実行に移すのか。神と自分自身のどちらをより愛しているのか。与えることの方が多いか、それとも受けることの方が多いのか。自分の意図が間違っていた時、何度古い自分を捨て去り、神の意志を満たすことがあったろうか。これらの僅かな質問だけでも、多くの人は困惑するであろう。ほとんどの人たちは、自分の意図が間違っていることに気付いても、故意に間違った行いを続けるので、自分の肉を捨て去るには程遠い。ほとんどの人々が、自分の中に罪をはびこらせ、罪の性質が彼らの一つひとつの行動を支配するままにしている。彼らは自分の罪を克服できず、罪の中で生き続ける。このような段階に至った今、自分が何度邪悪な行為をしたのかを知らない者がいるであろうか。あなたが知らないと言うならば、あなたは嘘をついているとわたしは言わなければならぬ。率直に言って、それはすべて、あなたが古い自分をどうしても捨て去ろうとしないからである。価値の無い「心からの悔い改めの言葉」をいくら述べたところで、何の意味があるのだろうか。それは、あなたのいのちにおける成長に役立つであろうか。己を知ることは、あなたの本業である。わたしは、人々の服従と、彼らによる神の言葉の実践を通して彼らを完全にする。ちょうど垢抜けて洒落た外観を装うために衣服を着るように、あなたが神の言葉をただ着用しているだけなら、あなたは自分自身と他人を騙しているのではないのか。話をするだけで、それを実践しないのであれば、あなたは何を成し遂げるというのか。

多くの者たちが、実践について多少は話すことができる。また、自分の個人的な感想も述べることができる。しかし、その大部分は、他人の言葉から得た明察である。そこには、自分自身の個人的な実践からもたらされたものも、自分自身の体験から知ったことも、まったく含まれていない。わたしは以前この問題を分析したことがある。あなたは、わたしが何も知らないと思ってはならない。あなたはただの張子の虎に過ぎないが、サタンに打ち勝つことについて、勝利の証しをすることについて、また、神の似姿を実際に生きることについて語るというのか。それは全く馬鹿げた話である。あなたは、今日神によって語られた言葉の全てが、ただ聞いて感心するためだけのものだと思っているのか。あなたの口は、古い自分を捨て去り真理を実践することを語っているが、あなたの手は、それと違うことをしており、あなたの心は他のことを企んでいる。あなたは一体どういう人間であるのか。あなたの心と手が一致しないのは何故だろうか。多くの説教が空虚な言葉となってしまった。それは何と心が痛むことではないか。あなたが神の言葉を実行に移すことができないのであれば、それは、あなたが未だに聖霊の働く道に入っておらず、あなたの中に聖霊の働きを備えておらず、また、あなたが聖霊の導きを授かっていない証拠である。神の言葉を理解することはできるが、それを実行に移すことはできないと言うのであれば、あなたは真理を愛する者ではない。神はそのような人間を救うために来るのではない。イエスは、罪人や貧しい者や卑しい者を救うために十字架に架けられた時、途方もない苦痛を受けた。イエスの十字架は、罪のための捧げものをもたらした。神の言葉を実践できないのであれば、できるだけ早く立ち去るがよい。のらりくらりと神の家に居候していてはならない。明らかに神に背くことだと分かっているのに、それを止めるのが困難だと思っている多くの人々がいる。彼らは死を招こうとしているのではなかろうか。どうして彼らが神の国に入ることについて語れるだろうか。彼らは、ずうずうしくも神の顔を見ることができるというのか。神が与える食物を食べながら、神に反する曲がったことを行い、神が祝福を授け、あなたにそれを享受させているにもかかわらず、悪意を持ち、陰険になり、陰謀を企てている。あなたは、それらを受けとる時、自分の手が焼かれるように感じないのか。あなたは、自分が赤面するのを感じないのか。神に反することを行い、「謀反」の企みを成し遂げた今、あなたは恐れを感じないのか。あなたが何も感じないのであれば、どうして将来を語ることができようか。もうずっと前からあなたには将来などなかったのだ。あなたは、それ以上何を期待できるというのか。何か恥知らずなことを言っても、何の罪責感もなく、あなたの心が何も認識しないのなら、それは、あなたが既に神に見捨てられていることを意味するのではなかろうか。気ままに何の自制心もなく話し行動することがあなたの性質となった今、どうして神により完全にされることがあろうか。あなたは世の中をそうしてのうのうと歩いて行けるであろうか。誰があなたの言うことを信じるであろうか。あなたの本性を知る者は、あなたと距離を置くであろう。それは神の罰ではなかろうか。いずれにせよ、話ばかりで行動が伴わないのであれば、決して成長はありえない。あなたが話している間は聖霊があなたの上に働いているかも知れないが、あなたが実践しないのであれば、聖霊はその働きをやめるであろう。あなたがこのまま続けてゆくのであれば、どうして将来のことや、自分の全存在を神の業に捧げる話などできようか。あなたは、自分の全存在を捧げる話しかしないが、神を真に愛する心を神に捧げていない。これまで神が受けてきたのは、あなたの言葉の心だけであって、あなたの実践の心ではない。これがあなたがたの真の器であり得るだろうか。このまま続けてゆくなら、あなたが神に完全にされるのは何時になるのか。あなたは、自分の暗く陰鬱な将来に不安を感じないであろうか。神があなたへの望みを捨てたのを感じないのか。神はもっと他の新たな人々を完全にすることを望んでいるということをあなたは知らないのか。古いものがそのまま持ち堪えられるだろうか。今日、あなたは神の言葉に注意を払っていない。あなたは明日を待っているのか。

前へ:真理を理解したらそれを実行せよ

次へ:適切な牧者が備えておくべきもの

他のお気に入り