言葉は肉において現れる

目次

真理を理解した後は、それを実践せよ

神の御業と御言葉は、あなたがたの性情に変化をもたらすためのものである。神は、あなたがたが単にそれらを理解し、確認して、それで終わりとすることを目的とはされていない。あなたがたは、授かることが出来る者として、神の御言葉を理解する上で困難は無いはずである。なぜなら、神の御言葉の殆どが人間の言葉で書かれ、理解する上でそれ以上容易なことは無いからである。たとえば、あなたがたは、神は自分が何を理解することを求めておられるかを知る事が出来る。これは、理解力のある者が出来て然るべきことである。現在において神が言われている事は、特に明瞭であり、神は、人間にとって未検討の事柄や人間の様々な状況について、数多く指摘されている。神の御言葉は全てを包括するものであり、満月の光のように明るい。ゆえに、今人間は様々な問題を理解している一方、神の御言葉を実践することが不足している。人間は、単に何かが与えられるのを待ち、それを受け取るだけでなく、真理のあらゆる側面を詳細に経験し、調査し、追求する必要があり、さもなければ、人間は、たかり屋にほぼ等しい存在となるであろう。そうした者は神の御言葉を知っているが、それを実践しない。そうした者には真理への愛が無く、究極的には排除されるであろう。90年代のペトロのような様式を採るということは、あなたがたひとりひとりが神の御言葉を実践し、自分の経験に対する真摯な取り組みを行い、神との協力のなかで、より多くの啓きを得て、自分の人生に一層多くの神の支援を得なければならないことを意味する。あなたがたは、これまで神の御言葉を大量に読んで来たが、文章の意味を理解するだけで、神の御言葉に関して自分の経験から得た直接的な知識が無かったとしたら、神の御言葉を知ることは無いであろう。あなたがたに関しては、神の御言葉はいのちではなく、単なる死んだ手紙に過ぎない。また、あなたがたは、死んだ手紙に固執するのみであれば、神の御言葉の真髄を得ることも、神の御旨を理解することも出来ないであろう。あなたがたが神の御言葉を実際に経験して初めて、あなたがたに対して神の御言葉の霊的な意味が開かれ、あなたがたが数多くの真理の霊的な意味を把握出来るのは、経験においてのみであり、神の御言葉の奥義の鍵を開けることが出来るのは、経験のみである。あなたがたが御言葉を実践しなかったならば、神の御言葉がいかに明瞭であったとしても、あなたがたが把握したのは、無意味な手紙と教義だけであり、それはあなたがたの宗教的な規制となっている。それはパリサイ人が行った事ではなかろうか。あなたがたが神の御言葉を実践し、経験するならば、御言葉は自分にとって実践的なものになり、第三の天の逸話以上のものとなる。事実、神を信じる過程は、神の御言葉を経験する過程であるとともに、神により得られる過程でもあり、より明確に言うと、神を信じることは、神の御言葉に関する知識を得て、御言葉を経験し、行動で示すことである。これがあなたがたの神への信仰の現実である。あなたがたが神の御言葉を、それが自らの中にあるものとして実践することを求めずに、神を信じ、永遠のいのちを望むのであれば、あなたがたは愚かである。それは、あたかも用意された食べ物を、実際に食べることなく、確認するためだけに宴会へと出向くようなものである。そうした者は愚かではなかろうか。

人間が得るべき真理、人類にとって最も有益で役立つ真理は、神の御言葉の中にある。神の御言葉こそが、あなたがたの身体に必要とされる薬であり、糧であり、正常な人間性の回復に役立つものであり、あなたがたが備えるべき真理である。あなたがたが実践する神の御言葉が多ければ多いほど、あなたがたの生活が開花するのが一層早まるであろう。また、あなたがたが実践する神の御言葉が多ければ多いほど、真理が一層明瞭となる。あなたがたは、成熟度が高まるに従って霊的世界を一層明瞭に理解し、より強力になってサタンに勝利するであろう。あなたがたが神の御言葉を実践する時、現在理解できない真理の殆どが明瞭となるであろう。殆どの者が神の御言葉の文章を理解するだけで満足し、その深遠を実践で経験せずに、自分が教義を得ることに重点を置くが、それはパリサイ人の道ではなかろうか。それならば、こうした者にとって、どうして「神の御言葉はいのちである」という言葉が正しいことがあり得ようか。 人間が神の御言葉を実践してはじめて、人間の生活が真に花開くのであり、単に神の御言葉を読むだけでは、人間は成長できない。あなたがたが、いのちを得て、成熟するために必要とされるのは、神の御言葉を理解することだけであると考えているのであれば、それは曲解である。神の御言葉の真の理解は、あなたがたが真理を実践した時に実現するので、あなたがたは「真理は、それを実践することのみにより理解される」ということを理解する必要がある。今、あなたがたが神の御言葉を読んでも、自分が神の御言葉を知っていると言えるが、自分がそれを理解したとは言えない。真理を実践する唯一の方法は、まず真理を理解することであると言う者も居るが、それが正しいのは半分のみであり、完全に正確であるとは言えない。あなたがたは、自分が真理の知識を得るまでは、その真理を経験したことが無い。聞いたことを理解したという感覚は、真の理解と同じものではない。文章から理解した真理を身に付けることは、その文章の真の含意を理解することとは同じではない。単に真理に関する表層的知識があることは、それを実際に理解あるいは認識していることを意味するものではない。真理の本当の意味は、それを経験することから知ることが出来る。真理、そして真理の隠された部分は、真理を経験して初めて理解できると私が述べているのは、そのためである。真理の含意を把握し、真理の真髄を理解する方法は、真理を深く経験することのみである。したがって、あなたがたは、自分に真理があればどこへでも行けるが、自分の中に真理が無いのであれば、宗教関係者を説得しよう、ましてや自分の家族を説得しようなどと考えてはならない。真理無しでは、あなたがたはひらひらと舞う雪のようであるが、真理があれば、幸福で自由になることが可能となり、自分を攻撃出来る者は居ない。理論がいかに強かったとしても、それが真理に勝ることは無い。真理があれば、世界全体を揺るがし、山や海をも動かすことが出来るが、真理の欠如は、うじ虫により滅ぼされる原因となる。それが事実にほかならない。

現在重要な事は、まず真理を知り、その後それを実践すること、そしてさらに真理の本当の意味を身に付けることである。それが、あなたがたが目指すべきものである。すなわち、単に自分の言葉に他人を従わせるのでなく、自分の行動に他人を従わせることであり、そうしてはじめて、あなたがたは何かしら有意義な事を見出すであろう。あなたがたは、自分に真理がある場合のみ、自分に何が起きようと、誰に会おうと、揺るぎなく耐えることが出来る。神の御言葉が人間にもたらすのは、いのちであって、死ではない。神の御言葉を読んだ後、あなたがたがいのちを得ず、依然として死んでいるのであれば、あなたがたには何らかの問題がある。あなたがたが神の御言葉を多く読み、実践的説教を多く聞いた後暫くしても、自分が死んだ状態にあるとき、それは、あなたがたが真理を重視する者でも、真理を求める者でもないことを示している。あなたがたは、真剣に神を得ようとしているのであれば、高尚な教義を身に付けてその教義で他人に勧告することに重点を置かず、神の御言葉を経験し、真理を実践することに重点を置くであろう。それは、あなたがたが今真摯に取り組むべき事ではなかろうか。

神があなたがたに御業を行われる時間は限られているが、神に協力しなければ、どのような結末となり得るであろうか。神があなたがたに対して、神の御言葉を理解し、その後それを実践することを常に求められているのは、何故だろうか。なぜなら、神は神の御言葉をあなたがたに示され、あなたがたの次の段階は、それを実践することであり、あなたがたが御言葉を実践する際に、神は啓示と導きの御業を行われるからである。これが、その状況である。神の御言葉は、人間が逸脱や否定性を引き起こすこと無く、生活の中で開花できるようにするためのものである。あなたがたは神の御言葉を読み、実践したと言うが、未だに聖霊の御業を享受していない。したがって、あなたがたの言葉は、子どもしか騙せないであろう。人間は自分の意図が適切であるかどうかを知ることはできないが、しかしあなたがたは、神もまたそれを知ることが出来ないと思うだろうか。他の者が神の御言葉を実践して聖霊の啓きを授かっているのに対し、自分もそれを実践しているのに聖霊の啓きが得られないのは、何故だろうか。神は感情的であられるだろうか。あなたがたの意図が真に善良であり、あなたが協力的であれば、神の御霊はあなたがたと共にあられるであろう。一部の人々は常に他人から注目されたがるが、神がその者を立たせて教会を主導させられないのは何故だろうか。一部の人々は自分の務めを果たしているだけで、気付かぬうちに神の承認を得ているのは、何故だろうか。そのようなことがあり得るのは、何故だろうか。神は心を調べられるが、真理を求める者は、それを善意で行う必要がある。善意の無い者は、真理を得られない。あなたがたの目的の核心は、神の御業があなたがたの中で効力を発揮するようにすることである。つまり、それは神の御言葉を実践するなかで、御言葉を真に理解することを目的とする。おそらく、あなたがたが神の御言葉を授かる能力は乏しいであろうが、あなたがたが御言葉を実践する時、神は自分の乏しい能力の欠点を補うことが出来るので、あなたがたは数多くの真理を知るだけでなく、それらの真理を実践する必要もある。これが無視出来ない最大の重点である。イエスは、33年半の間に大いに苦難を受けられたが、それは主が真理を実践されたからである。記録では、主が迫害されたと常に記されているのは、何故だろうか。それは、主が真理を実践され、神の御旨を行われていたために、主がどれほど苦しまれたかを説明することを目的とする。仮に、主が真理を実践されることなく、真理を知ることが出来ていたとすれば、主は苦難を受けることが無かったであろう。仮に、イエスがユダヤ人の教訓に従い、パリサイ人に従っていたとすれば、主は苦難を受けることが無かったであろう。神の人間に対する御業の効力は、人間の協力から生まれるということを、イエスの実践から学ぶことが出来る。このことは、あなたがたが確認しなければならない事である。仮に、イエスが真理を実践されていなかったとしたら、主は十字架に架けられた時と同様に苦しまれていたであろうか。仮に、イエスが神の御旨に従って行動されていなかったとしたら、主はこれほどまで悲しみに満ちた祈りを捧げられていたであろうか。したがってそれは、人間が受けるべき苦難は、このようなものであることを意味する。