補遺:第二章

人々が実践の神を見る時、そして直接神自身と共に生活を送り、共に並んで歩み、共に住む時、彼らは長年にわたり心に抱いていた好奇心を脇へ押しやる。過去に語られた神に関する認識は、第一段階にすぎない。人々は神に関する認識を持っているが、心の中には多くの根強い疑問が残っている。すなわち、神はどこから来たのだろう。神はものを食べるのだろうか。神は普通の人々とはかなり異なっているのだろうか。神にとって、すべての人々との関わりは容易く、子供の遊びのようなものだろうか。神の口から語られることはすべて天の奥義なのだろうか。神が語るすべては、すべての創造された者が語ることよりも高度なのだろうか。光は神の目から輝くのだろうか、などなど──これは、人々の概念で思いつくことである。これらのことはほかのすべてのことに先立ってあなた方が成長しなければならない事柄である。人々の概念では、受肉した神はいまだに漠然とした神である。実践的認識によらなければ、人々は決してわたしを理解できないだろう。そして決してわたしの行いを彼らの経験の中で見ることはないだろう。人々がわたしの旨を「把握できない」のは、わたしが肉の姿になったからである。わたしが肉の姿にならなかったら、そして、まだ天に、つまりまだ霊の領域にいたら、人々はわたしを「知り」、頭を垂れ、わたしを崇め、彼らの経験を通して、わたしに関する彼らの「認識」を語っただろう──しかし、そのような認識が何の役に立つだろうか。参考になるような価値があっただろうか。人々の概念によって得られる認識は現実となり得るだろうか。わたしは人々が頭で考えだす認識など欲しくはない──わたしが欲しいのは実践的認識である。

わたしの旨はいつでもあなた方の間で明らかにされ、そこにはいつもわたしの照らしと啓きがある。そしてわたしが神性によって直接行動する時、人間の頭を通してフィルターをかけられることがない。「味付け」する必要がないのだ──これは神性の直接的な行いなのである。人々には何ができるのだろう。創造の時から今日に至るまで、すべてはわたしが直接行ってきたのではないだろうか。かつて、わたしは七つの強化された霊について話したが、誰もその本質を理解できなかった──霊に気づいた時でさえ、彼らは完全に理解することはできなかった。わたしが神性に支配されて人々の中で働きを行う時、この働きは、人々が超自然的ではなく、普通だと信じている状況の中で実行されるので、聖霊の働きと呼ばれる。わたしが直接神性によって働く時、わたしは人々の概念に拘束されず、人々の概念の中にある「超自然的」なものによる制限の影響を受けないので、この働きはすぐに効果を表し、問題の核心に触れ、すぐに核心を突く。結果として、この段階の働きはより純粋なものとなり、倍の速度で進み、人々の認識は加速し、わたしの言葉は増加するので、すべての人々は大急ぎでついて来ようとする。その効果はさまざまで、わたしの働きの手段、性質、内容は同じではないので──そしてさらに、わたしは正式に肉の姿で働き始めているので、前記のことを考慮して、この段階の働きは七つの強化された霊の働きと呼ばれる。それは抽象的なものではない。わたしがあなた方の中で働くやり方の変化に続いて、そして神の国の出現に続いて、七つの強化された霊が働き始め、この働きは絶えず深まっていき、いっそう強まる。すべての人々が神を見て、神の霊が人々の中にあるとわかると、わたしの受肉の意味が完全に明確にされる。要約する必要はなく──人々はこのことを自然に理解する。

多くの側面を考慮すると──わたしの働き方、わたしの働きの段階、今日のわたしの言葉の調子等々──今、わたしの口から出るものだけが真の意味で「七つの霊の言葉」なのである。わたしは過去にも語ったが、それは教会建設の段階におけるものであった。いわば小説の序文や目次であり、本質はなかった。今日語られる言葉のみが、真の本質の観点から、七つの霊の言葉と呼ぶことができる。「七つの霊の言葉」とは玉座から発せられる言葉を表す。すなわち、それらは神性によって直接発せられる。わたしの言葉が天の奥義を明らかにし始める瞬間は、わたしが直接神性によって話した瞬間であった。言い換えれば、人間性に拘束されずに、わたしは直接霊的領域の神秘や状況のすべてを明らかにした。かつては人間性の限界に左右されていた、とわたしが言うのはなぜか。これには説明が必要である。人々の目から見れば、誰も天の奥義を明らかにすることはできない。神自身でなければ、地上にいるものは誰も、これらの奥義について知ることはできない。このようなわけで、わたしは人々の概念に向かって言う。かつて、わたしは人間性の限界に縛られていたから、どんな奥義も明らかにしなかった。しかし、さらに厳密にいえば、そうではない。わたしの働きが変わればわたしの言葉の内容も変わるのだ。このようなわけで、わたしが神性によってわたしの働きを実行し始めた時、わたしは奥義を明らかにした。かつて、わたしはすべての人々が普通とみなす状況で働かなければならなかった。そして、わたしが語る言葉は人々の概念で到達することができた。わたしが奥義を明らかにし始めた時、そのうち一つでも人々の概念で到達できるものはなかった──わたしの奥義は人間の考えとは異なっていたからである。それで、わたしは正式に神性によって話し始めた。それが真の意味での七つの霊の言葉である。過去の言葉は玉座から発せられたものであったが、人々が到達できることに基づいて語られたので、神性によって直接発せられたものではなかった──その結果過去の言葉は真の意味で七つの霊の言葉ではなかった。

前へ: 第十一章

次へ: 第十二章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

キリストの本質は父なる神の心への従順

受肉した神をキリストと呼ぶ。キリストは神の霊が肉をまとった姿である。この肉はいかなる肉ある人間とも異なる。キリストは肉と血でできているのではなく、神の霊が受肉したものだからである。キリストは普通の人間性と完全なる神性の両方を持っている。キリストの神性はいかなる人も持っていないもの…

第二十九章

すべてのものがよみがえりを受けた日、わたしは人間の中に来て、すばらしい日と夜を過ごした。そのとき初めて、人間は、わたしの親しみやすさを少し感じるのである。交流が頻繁になり、わたしの所有しているもの、わたしであるものの幾分かを知るようになった結果、人間はわたしについて、何らかの認識…

聖書について(1)

神への信仰において、どう聖書に接するべきか。これは原則の問題である。なぜ私たちはこの問いについて話し合っているのか。それは、将来あなたが福音を広め、神の国の時代の働きを広げるからであり、単に今日の神の働きについて話せるだけでは不十分なのである。神の働きを広げるには、人々の古い宗教…

神の前で心を静めることについて

神の面前にて心を静めることほど、神の言葉に入っていくための重要な手順はない。それはすべての人が緊急に入っていくべき課題である。神の前で心を静めることに入っていく道は次のようになっている。 1. 外部の物事から心を取り戻す。神の前で安らかになり、神に祈ることに集中する。 2. 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索