第十二章

すべての人々が注意を払い、すべてのものが再び新たにされて復活し、あらゆる人がためらわずに神に服従し、神の重荷の重い責任を負おうとするとき、東から稲妻が現れ、東から西を照らし、この光の到来で地のすべてを畏怖させるのである。この瞬間、神は再び神の新しい生活を始める。つまり、この瞬間、神は地上で新しい働きを始め、宇宙すべての人々にこう布告する。「東から稲妻が走るとき──これはまた、わたしが話し始める、まさにその瞬間である──稲妻が光るその瞬間、天空全体が照らされ、すべての星々が変化し始める」。それでは稲妻が東から現れるのはいつか。天が暗くなり地が暗くなるのは神が顔を世界から隠すときであり、そして天の下のすべてが激しい嵐に苦しむ時である。この時、すべての人は恐怖に襲われ、雷鳴を恐れ、稲妻の明るさを恐れ、洪水の猛襲にはそれ以上に怯え、ほとんどの人々は目を閉じて、神が怒りを放ち人々を打ち負かすのを待つようである。さまざまな事態が発生する中、東の稲妻はすぐ現れる。すなわち、東の世界では、神自身が証しされ始める時から、神が働きを始め、神性が地上で主権を発揮し始めるまでである。これは東の稲妻の輝く矢であり、宇宙全体をいつも照らしていた。世の国々がキリストの国になる時は、宇宙全体が照らされる時である。東の稲妻が現れ、受肉した神が働きを始め、さらには神性の中で直接語るのは今である。神が地上で語り始めるときは、東の稲妻が現れるときと言える。正確に言えば、生ける水が玉座から流れるとき――玉座から言葉が発せられ始めるとき――それはまさに七つの霊の言葉が正式に発せられ始めるときである。このとき東の稲妻が出現し始め、その継続時間から照らしの程度も変わり、その輝きの範囲にも限界がある。しかし、神の働きが進むにつれ、神の計画が変わると、つまり、神の子らや神の民への働きが変わるにつれ、稲妻は次第にその本来の機能を果たし、宇宙すべてのものが照らされ、くずやかすは残らない。これは神の六千年間の経営(救いの)計画の結晶であり、神が享受した果実である。「星々」は空の星を指すのではなく、神のために働くすべての神の子らや神の民を指す。この子らや民は神の国で神の証しとなり、神の国で神を象徴しており、そしてこの子らや民は被造物であるため、「星々」と呼ばれる。「変化」は身分と地位の変化を指す。つまり、この子らや民は地上の人々から神の国の民に変わり、そしてさらに神は人々と共にあり、神の栄光はそのような子らと民にある。その結果、そのような子らと民は神の代わりに主権をふるい、その中の毒と不純物は神の働きのために清められ、最終的に神に用いられるために適切なものとなり、神の心に適うものとなる。それは、こうした言葉の意味の一面である。神からの光の矢がすべての地を照らすと、天と地のすべてのものが様々に変化し、空の星もまた変わり、太陽と月は新しくなり、地上の人々もその後新しくなるだろう。これは天と地の間で神によって行われたすべての働きであり、驚くことではない。

神が人々を救うとき、そこには当然選ばれた人々以外は含まれていないが、それは神が人を清め、裁き、神の言葉のために人々がみな激しく泣き、寝床で病に伏し、倒れ、死の地獄へ落ちるまさにその時である。人々が自らを知り始めるのは神の発言のためのみである。もしそうでなければ、人々の目はヒキガエルの目であろう。人々は見上げ、一人として信ぜず、自らを知る者はおらず、どれほどの重さがあるかを知らないであろう。人々はまさにサタンによって極度に堕落させられている。人の醜い顔がはっきりと描き出されるのは正に神の全能の故であり、それを読んだ後で、人は自分の真顔と比較するようになる。人々の醜い顔や心の奥の考えは言うまでもなく、頭の中にどれだけ多くの脳細胞があるのかも神には明白であると、人々は知っている。「全人類はあたかも選り分けられ、整理されたかのようである。東からの光芒の下、人間はみな本来の形を現し、目がくらみ、混乱し、動きがとれずにいる」という言葉から、神の働きが終わるとき、すべての人が神によって裁かれるという事が分かる。誰も逃げることはできず、神はすべての人々を、ひとりも見落とすことなくひとりずつ扱い、そうして初めて、神の心は満たされる。そして、神はこう言う。「また、彼らはわたしの光から逃げて山の洞窟に隠れようと逃げる動物のようだ。しかし、わたしの光の中では、彼らの一人も姿を消せない」。人々は卑しく劣等な動物である。サタンの手の中に住み、彼らはあたかも山の奥深くの古代の森に避難したかのようであるが、すべてのものは神の炎によって焼かれることから逃れられないので、たとえサタンの勢力の「保護」の下にあっても、神に忘れられることなどあろうか。人々が神の言葉の出現を受け入れるとき、神のペンはすべての人々のさまざまな奇妙な形やグロテスクな状態を描く。神は人の必要と心理にふさわしいように語る。したがって、人々にとって、神は心理学に精通しているように思われる。それは神が心理学者であるかのようであり、神が内科の専門家であるかのようでもある。「複雑」な人間を神が理解しているのも不思議ではない。人々がこのことをさらに考えると、神に対する大切さの感覚は大きくなり、そして人々は神が深遠であり、計り知れないとさらに感じるようになる。あたかも人と神の間には越えることができない天の境界があるように、しかし人と神はまるで楚河[a]の対岸からそれぞれを見ていて、お互いを見ること以外できないかのようである。言い換えれば、地上の人々は目で神を見るだけで、神を精査する機会はなく、人々が持つのは愛着感だけである。心の中で、人々はいつも神は美しいと感じているが、神はとても「つれなく無情」なので、神の前で心の苦しみを語る機会がなかった。人々は夫の前の美しい若い妻のようである。夫の高潔ゆえに、彼女は本当の気持ちを打ち明ける機会が一度もなかった。人々は自らを蔑む卑しい存在である。人々はそのはかなさ、自尊心の欠如のため、人に対するわたしの憎しみは無意識のうちに幾分増え、わたしの心の怒りは爆発する。わたしの心は、まるでトラウマを負ったかのようである。わたしは随分前に人に対して希望を失ったが、「再び、わたしの日が人類の上に迫り、再び、人類を目覚めさせ、人類は新たな始まりを迎える」ため、わたしは再度勇気をふりおこし、すべての人を征服し、赤い大きな竜を捕らえて敗北させる。神の本来の意図は以下の通りである。中国にいる赤い大きな竜の子孫を征服する以上のことは何もしない。これだけのことでも赤い大きな竜の敗北とみなされ、赤い大きな竜の征服であり、地上の王として神が君臨することを証明するのに十分なのはこれのみであり、神の偉業の達成を証明し、そして神は新たな始まりを迎え、地上で讃えられる。最後の場面の美しさ故に、神は心の中の熱情を表現せずにはいられない。「わたしの心臓が拍動し、その鼓動にしたがって、山々が喜びに飛び上がり、水が喜びに踊り、波が律動し、岩礁を叩く。わたしの心にあるものを言い表すのは困難だ」。これにより、神が計画したことを、神がすでに達成したことが分かる。それは神によって事前に決められていて、そしてそれはまさに神が人々に体験させ見させるものである。神の国の展望は美しく、神の国の王は勝者であり、頭からつま先に至るまで肉や血の痕跡がなく、そのすべては神聖である。その全身は神聖な栄光で輝き、人の考えで汚されておらず、上から下に至るまでその全身は義と天のオーラに満ちあふれ、魅力的な香りを放つ。「雅歌」の愛された人のように、神はあらゆる聖人よりもさらに美しく、古代の聖人よりも気高く、神はすべての人の中の模範であり、人に比べられない。人々は神を直接見るには堪えない。誰も神の輝かしい顔、神の姿、または神の形になることはできず、誰も神と競うことはできず、誰も口で軽々しく神の輝かしい顔、神の姿、または神の形を賞賛することはできない。

神の言葉には終わりがない。泉から湧き出る水のように、神の言葉は尽きることがなく、神の経営(救いの)計画の奥義を推測することは誰にもできない。しかし、神にとってそのような奥義は無限である。異なった方法と言葉を使って、宇宙全体の再生と完全なる変容について神は何度も語り、そのたびに深遠さは増していった。「わたしは、わたしの視線ですべての穢れたものが燃えて灰となり、不従順の子らがみな、わたしの目の前から一掃され、もはや存在しなくなることを望む」、なぜこのようなことを神は繰り返して言うのか。人々がこうしたことにうんざりするのを神は恐れていないのか。人々は神の言葉のただ中で模索するのみで、このようにして神を知りたいと願い、しかし人々自らを考察することを決して思い起こさない。それゆえ神はこの方法を用いて、人々自身を知るように思い起こさせ、そうして人々が自らを通して人の不従順を知るようになり、自らの神に対する不従順を根絶するようになる。神が「清めと分類」を望んでいることを読んで知ると、人々の気分はすぐに不安になり、筋肉も動きを止めるようである。人々はすぐに神の前に戻り、自分自身を批判し、神を知るようになる。このあと、人々が態度をはっきりさせると、神は機会を利用して、人々に赤い大きな竜の本質を示す。そうして、人々は霊的領域に直接関わり、人々の決意が演じる役割によって人々の心も役割を担うようになり、人と神の間の感情も増す。これは肉における神の働きにはより大きな利益である。このようにして、人々は無意識のうちに過ぎ去った日々を振り返りたいと願う。過去、何年ものあいだ、人々は漠然とした神を信じ、何年ものあいだ、決して心の中で自由になることはなかった。大いなる喜びを持てず、神を信じているものの、人々の生活に秩序はなかった。人々が信仰を持つようになる前と変わらないかのように、人々の生活はやはり空しく絶望的で、当時の信仰は一種のもつれであり、信じていない方が良かったかのようであった。人々は今日の実際の神自身を見たので、天と地が再び新たにされたかのようであった。人々の生活は輝き、もはや希望がないということはなくなり、実際の神の到来のために、人々は心の中で不動を感じ、霊には平安を感じる。もはや人々は自らの行いに風を追わず、影を掴まず、人々の探求は無意味ではなく、ばたばたすることはない。今日の生活はさらに美しく、人々は思いがけなく神の国に入り、神の民の一人となり、そしてその後は……心の中で人々が思うほど甘美は大きくなり、人々が思うほど人々はさらに幸せになり、神を愛するようさらに鼓舞される。それだから、人々が気づかないうちに、神と人の間の友情は強くなる。人々は神をさらに愛し、神をさらに知り、人の中の神の働きはますます容易になり、もはや人々を強制することはなく、自然の流れに従い、そして人は自分固有の機能を果たす。こうして初めて、人々はしだいに神を知ることができるようになる。これは神の知恵以外の何物でもない。それはわずかな努力も伴うものではなく、人の本性にふさわしいものとして力を発揮する。それだから、この瞬間に神は言う。「わたしが人間の世界で受肉したとき、人間はわたしの導きの手に従って、知らず知らずのうちにこの日に至り、それと知らぬうちに、わたしを知るようになった。しかし、前に続く道をどう歩むかということは、誰にもわからない、誰も知らない。まして、その道がどこに続いているかは、誰も見当がつかないのだ。全能者の見守りがあってはじめて、人はその道を最後まで歩むことができる。東の稲妻に導かれてはじめて、人はわたしの国の敷居を跨ぐことができる」。これは上述の人の心の中に関して書いたことの要約ではないか。ここに神の言葉の秘密がある。人が心の中で考えることはまさに神の口から語られたものであり、神の口から語られるものはまさに人が渇望するものである。これはまさに人の心を露わにするのに神が熟達しているところである。もしそうでなければ、どうすれば人々がみな心から信じるだろうか。これは、神が赤い大きな竜を征服する際に達成したいと望んでいる効果ではないか。

実際、神の意図がそれらの表面的な意味を示すものではない言葉が数多くある。神の多くの言葉で、神はただ意図的に人々の観念を変えて、人々の注意をそらしている。神はこれらの言葉にいかなる重要性も付加しておらず、それだから多くの言葉は説明に値するものではない。神の言葉による人の征服が今日到達したところに到達すると、人々の力はある点に達し、神はその後、さらに多くの警告の言葉を発する。それは神の民に発する憲法である。「地上に生きる人間は星の数ほど多いが、わたしは全員を自分の手のひらのように、よく知っている。また、わたしを『愛する』人間もまた海の砂のように多いが、わたしに選ばれたものはごく少数だ。わたしを『愛する』人々とは違い、まばゆい光を追い求める者だけだ」。神を愛していると言う人は確かに多いが、心で神を愛する人はほとんどいない。それは目を閉じていても明確に分かるかのようである。これが神を信じる人々の世界全体の実際の状況である。これにより、今や神は「人々を分類する」働きを始めたことがわかり、それは神が求めるもの、そして神を満足させるものが今日の教会ではなく、分類の後の神の国であることを示している。今の時点で、神はすべての「危険物」にさらなる警告を発する。神が行動しない限り、神が行動するやいなやこれらの人々は神の国から拭い去られる。神は物事をおざなりに行わない。神は常に「ひとつはひとつ、ふたつはふたつ」という原則に従って行動し、見たくない人々がいればそうした人々を除去すべくあらゆることを行い、そうした人々が将来問題を起こさないようにする。これは「ごみの除去と徹底的な清掃」と呼ばれている。神が人に対する行政を発表するのは、神が神の奇跡的な行いを示し、神の中にあるすべてのことを示すその時である。そして、神はこう述べる。「山々には無数の獣がいる。しかし、彼らはみな、わたしの前では羊のように穏やかだ。海の底には計り知れない神秘が潜んでいる。しかしそれらは、わたしには地上のすべての物事同様、明瞭に見える。天には人間がけっして到達できない領域がある。しかし、わたしはそうした到達不能の場所を自由に歩き回る」神の意味は次ようである。人の心はすべてのものよりも偽るものであり、人々の観念にある地獄のように、一見すると無限に怪しげであるとしても、神は人の実際の状態を神の手の甲のように知っている。すべてのものの中で、人は野生の獣よりも激しくて残忍な動物だが、神が人を征服したため、誰もあえて立ち上がり反抗しようとはしない。実際、神の意味として、人々が心で考えることはあらゆる事柄の中のすべてのものよりも複雑で、推測できないが、神は人の心を気にかけない。神は神の目の前の小さな虫として人を扱う。自らの口から発せられる言葉をもって、神は、望むならいつでも人を征服し、その手のわずかな動きで人を打ち、人を罰し、意のままに人を断罪する。

今日、人々はみな暗闇の中にあるが、神の出現のために神を見た結果、人々は光の本質を知るようになる。世界のいたるところで大きな黒い鍋が地上でひっくり返ったようである。誰も息をすることはできず、人々は皆状況を元に戻したいと思うが、黒い鍋を持ち上げた人はいない。これはひとえに神の受肉のためであり、それにより人々の目が突然開かれ、人々は実際の神を目撃し、そうして神はいぶかしげに人々に尋ねる。「人間はけっして光の中でわたしを認識しておらず、闇の世界でだけ、わたしを見ている。あなたがたは、今も同じ状況にあるのではないか。赤い大きな竜が最大の猛威を振るっているときに、わたしは働きを始めるために正式に受肉した」霊的な領域で何が起こっているのかを神は隠さず、人の心に起こっていることを隠さず、そうして神は繰り返し人々に思い出させる。「わたしは、わが民が受肉した神を知ることができるようにしているだけではなく、わが民を清めるためにそうしているのである。わたしの行政の厳しさにより、大多数の人々はまだ、わたしに除かれる危険がある。あなたがたが精一杯自分を取り扱い、自分の体を抑制する努力をしない限り、そうしない限り、必ずわたしの嫌い捨てる存在になり、地獄に投げこまれる。パウロがわたしの手から直接刑罰を受けたのと同様、それは逃れようがない」そのように神が言うほど人々は自らの歩みに慎重になり、人々は神の行政を恐れる。このようにして初めて神の権威は力を発揮し、神の威厳が明白になる。ここで再びパウロが言及され、それにより人に神の意志を理解させる。人々は神に罰せられる人々であってはならず、しかし神の心を大切にする人々でなければならない。そうすることが唯一、恐れの中にあって、神の前での人々の決心が神を完全に満足させなかったと人々に思い至らせ、そして人々にさらに大きな後悔をもたらし、実際の神に関するより多くの認識を与え、そうして初めて人々は神の言葉に疑いを持たなくなる。

「人間は単に肉におけるわたしを知らないだけではなく、さらに悪いことに、肉の体をもつ自分というものを理解することができずにいる。何年もの間、人間はわたしを欺き、わたしをよそから来た客人として扱ってきた。何度……」こうした「何度」により、神に対する人の抵抗の現実が列挙され、人々に刑罰の実例を示す。これは罪の証であり、再び論駁することは誰もできない。人々はみな日常的なもののように神を使い、それはあたかも神は人々が望むままに使うことのできる日用品のようである。誰も神を大切にしない。誰も神の美しさと栄光に満ちた顔を知ろうとしたことはない。ましてや、神に服従しようとする者などいない。心で愛するものとして神を見た者もいない。人々はみな必要なときに神を引きずり回し、必要でないときには傍らに投げつけて神を無視する。まるで人にとって神は人形であり、人が自由に操作できるもので、人が望み希望する何であれ、要求できるかのようである。しかし神は言う。「わたしが受肉していた間、人間の弱さに同情していなければ、すべての人間は、わたしが受肉したというだけで怯えきり、その結果、ハデスに落ちていただろう」これは、神の受肉の意義がどれほど大きいかを示す。肉となった神は、霊的な領域から全人類を根絶するのではなく、人を征服するために来た。そのため、言葉が肉となった時、それを知る者はひとりとしていなかった。もし神が人の弱さを気遣わず、神が受肉した時に天と地が逆さまになったなら、すべての人々は絶滅しているだろう。新しいことを好み古いことを嫌うのは人の本性であり、物事がうまくいっていると悪い時を忘れがちで、どれほど祝福されているのか分からないため、神は繰り返し、今日に至ることがどれほど大変なことであるかを心に銘記するよう、人々に思い出させる。明日のために人々は今日をさらに大切にしなければならず、動物のように高いところへ登り、主人を認めないことがあってはならず、人々が受けている祝福を知らないことがあってはならない。こうして人々はよく振る舞い、もはや傲慢でも高慢でもなくなり、人の本性が良いのではなく、神の憐れみと愛が人に与えられていることを知るようになる。人々は刑罰を恐れ、あえてそれ以上何もしようとはしない。

脚注

a.中国語で、「楚河」は歴史上の出来事に由来する言葉で、国境や戦線を指すために使われる。

前へ: 補遺:第二章

次へ: 第十三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

道……(3)

わたし自身の生活において、わたしは常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすればわたしの良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これが前提条件である。わたしは兄弟姉妹がわたしと共に「神よ、わたしの心が…

第二十八章

わたしがシオンから来た時、あらゆるものがわたしを待っていた。そして、わたしがシオンに戻る時、すべての人間に迎えられた。わたしが往来する時、けっして敵意あるものに歩みを妨げられることがない。したがって、わたしの働きは滞りなく進んだ。今日、わたしがすべての被造物の間に来ると、すべての…

第十二章

東から稲妻が走るとき──これはまた、わたしがわたしの言葉を口にし始める、まさにその瞬間である──稲妻が光るそのとき、天空全体が照らされ、すべての星々に変化が起こる。全人類はあたかも選り分けられ、整理されたかのようである。東からの光芒の下、人間はみな本来の形を現し、目がくらみ、混…

実践(2)

過去において人は神と共にあり、一瞬一瞬を霊の中で生きるために自分を訓練した。それは今日の実践に比べると単純な形態の霊的訓練である。それは人がいのちの正しい軌道に乗る前に行われる最も浅く単純な実践方法であり、人の神への信仰における実践の第一段階を成す。人が常にこのような実践に頼るな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索