全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

十三番目の言葉の解釈

神は赤い大きな竜の子孫をすべて憎み、赤い大きな竜をそれ以上に憎む。これが神の心の中にある激しい怒りの根源である。神は赤い大きな竜に属するすべてのものを炎の湖、地獄の業火に投げ込み、焼き尽くしてしまいたいように思われる。神が自ら手を伸ばして直接拭い取ってしまいたいように思われるときさえある――そうしなければ心の中の憎しみを消し去ることができないかのようである。赤い大きな竜の住み家にいる者は誰でも人間性を持たない獣であり、そのため神は怒りを強く抑えて次のように言う。「わが民全員の中で、また、わたしの子ら全員の中で、つまり、全人類の中からわたしの選んだ者の中で、あなたがたは最も低いグループに属している。」神は赤い大きな竜の国で竜と決定的な戦いを開始しており、神の計画が実を結ぶとき、竜を滅ぼし、竜がこれ以上人類を堕落させたり、人類の霊を破壊したりするのを許さないだろう。眠っている神の民を救うために神が彼らに呼び掛けない日は一日としてないが、彼らは皆睡眠薬を飲んだかのように活気のない状態にいる。神が彼らを一瞬でも目覚めさせなければ、彼らは睡眠状態に戻り、まったく気づかない。神の民全員のうち、三分の二は麻痺しているようである。彼らは自分が必要とするものも、自分の欠点も知らず、何を着るべきか、何を食べるべきかさえわからない。このことから、赤い大きな竜が人々を堕落させるために努力を振り絞ってきたことが見て取れる。竜の醜さは中国の全地域に広がっており、人々は苛立ち、もはやこの退廃的で、がさつな国に留まることを望んでいない。神が最も嫌うのは、赤い大きな竜の本質であり、そのため、神は一日も欠かさず怒りの中で人々に思い出させ、人々は毎日神の怒りの眼差しにさらされて暮らしている。たとえそうであっても、大半の人々はまだ神を探し求めることがわからず、ただそこに座ってながめ、手で食べ物を与えられるのを待っている。飢え死にしそうでも、彼らは進んで自分の食べ物を探しに行こうとしない。人々の良心はサタンによってとっくに堕落させられており、本質的に冷酷な心に変わってしまっている。神が次のように言うのももっともである。「わたしが促さなければ、あなたがたはいまだに目覚めず、冬眠しているかのように、凍ったような状態のままでいただろう。」人々は冬眠して冬を過ごしており、食べることも飲むことも要求しない動物のようである。これがまさに神の民の現在の状態であり、そこで神は、肉の姿の神を光の中で知ることだけを要求する。神は人々が大いに変わること、あるいは彼らがいのちにおいて目覚ましい成長を遂げることは要求しない。それでも不潔で汚い赤い大きな竜を打ち負かし、神の偉大な力を明らかにするのに十分であろう。

人々が神の言葉を読むとき、彼らが理解できるのは文字通りの意味だけであり、その霊的意味を理解することはできない。「逆巻く波」という表現はすべての英雄を困惑させた。神の怒りが示される時、神の言葉、神の行動、神の性質は逆巻く波ではないだろうか。神が全人類に審判を下す時、それは神の怒りの現れではないだろうか。これはそれらの逆巻く波が効力を生じる時ではないだろうか。人間の堕落のために、逆巻く波の真っただ中に生きていない人がいるだろうか。つまり、神の怒りの真っただ中で生きていない人がいるだろうか。神が人類に大災害を与えたい時、人々が見るものは「渦巻く黒い雲」ではないだろうか。人間の中で大災害から逃げていない人はいるだろうか。神の怒りは豪雨のように人々に激しく降り注がれ、荒々しい風のように彼らを吹き飛ばす。人々は皆渦巻く吹雪に出会ったかのように神の言葉を通して清められる。人類にとって最も不可解なのは神の言葉である。神は言葉を通して世界を創り、言葉を通して全人類を導き、清める。そして最後に神は言葉を通して全世界の清さを取り戻すだろう。神の霊の存在が空虚でないことは、神の言葉のあらゆる部分に見て取ることができる。人々が生き残る道のほんの少しでも見ることができるのは神の言葉の中だけである。神の言葉にはいのちの糧が含まれているので、人々は皆神の言葉を大切にすることができる。人間が神の言葉に集中すればするほど、神は人間に多くの問題を提示するだろう――このため彼らはすっかり当惑し、答える時間がない。神が繰り返す質問は人々をしばらくあれこれ考えさせるに十分であり、その他の神の言葉も言うまでも無い。神においては、すべては豊かで充分であり、欠けているものは何もない。しかし、人々はあまり享受することができず、神の言葉の表面的な面を知るだけで、いわば鶏皮を見ることはできるが鶏肉を食べることはできないかのようである。これは人々の祝福があまりにも限られており、実際彼らは神を享受することができないことを示している。人々の観念では、それぞれが心の中に一定の神を抱いており、そのため、誰も漠然とした神とは何か、あるいはサタンの姿はどんなものかまったくわからない。そこで、神が「あなたの信じるものは、サタンの姿でしかなく、神自身とは何らの関わりもないからだ。」と言ったとき、人々は皆長年にわたり信じていたにも関わらず、自分たちが信じていたのが神自身ではなくサタンであったことに気づかなかったことに唖然とした。彼らは突然喪失感を感じたが、何と言ったらいいかわからなかった。その時、彼らは再び混乱し始めた。このように働くことによってのみ、人々は新しい光をよりよく受け入れることができ、その結果古いものごとを否定することができる。それらがどんなによく見えても、古いものは役に立たないだろう。人々が実践の神自身を理解すれば、それによって人々が観念を抱く状態から解放され、神自身に占領してもらうことができるようになる。このようにしてようやく受肉の意味が達成され、人々は自分自身の目で実践の神自身を知ることができる。

神は人々に何回も霊的世界の状況について語ってきた。「サタンがわたしの前に来ても、わたしは、その醜悪さに後ずさりなどしないし、そのおぞましさに怯えたりしない。ただ無視する。」このことから人々が理解したことは現状だけであり、霊的世界の真実は知らない。神は肉の姿になったので、サタンはあらゆる方法を用いて神を非難し、このように神を攻撃しようとしている。しかし、神はこのために退却したりはしない――神はひたすら人類の中で語り、働き、人々が肉となった神の姿から神を知ることを許している。サタンは怒りで目を赤くし、神の民を否定的にさせ、退却させ、迷わせようとすら考えて必死に努力した。しかし、神の言葉の効果のために、サタンは失敗し、さらに猛り狂うようになった。このため神はすべての人々に思い起こさせるために次のように言った。「あなたがたが生きている間には、このような状況に出会う日が来るだろう。あなたは進んでサタンに捕らわれるのか、それとも、わたしに得られたいのか。」人々は霊的世界で起こることに気づいていないが、このような言葉を神から聞くとすぐに、用心し、恐れる――このことはサタンの攻撃を撃退するが、それは神の栄光を示すのにふさわしいことである。人々はずっと以前に新しい働きの手段に入っていたが、まだ神の国での生活を明確に理解していない――たとえ理解しても、彼らには明瞭さが欠けている。そこで、人々に警告を発したあと、神は彼らに神の国での生活の本質を伝えた。「神の国での生活は、民と神自身との生活だ。」神自身が肉の姿なので、第三の天の生活はこの地上で達成された。これは神の計画であるだけでなく、神によって達成もされている。時が経つにつれて、人々は神自身をますます知るようになり、そのため、いっそう天の生活を味わえるようになる。彼らは、神は地上にあり、天の漠然とした神ではないことを本当に感じたからである。そこで、地上の生活は天の生活のようなものである。現実は、神が肉の姿になり、人間社会の苦しみを味わっていることであり、肉の体で苦しみを味わうことができればできるほど、実践の神自身であることが証明される。それゆえ、今日の神の実践性を証明するには以下の言葉で十分である。「わたしの住むところ、そこにわたしは隠れているのだが、それでも、その住まいですべての敵を打ち破った。わたしの住むところでは、地上に生きるということを真に体験した。わたしの住むところでは、人間のあらゆる言葉と行いとを観察し、全人類を見守り、采配を振るっている。」実際に肉の身で生活し、実際に肉の身で人間生活を経験し、実際に肉の身の中から人間性のすべてを理解し、実際に肉の身で人類を征服し、実際に肉の身で赤い大きな竜との決定的な戦いを行い、肉の身で神の働きを全て行うこと――これがまさに実践的神自身の存在ではないだろうか。しかし、人々が神のこれらの普通の言葉に才覚を見ることができるのはごくまれである。彼らはさらっと聞くだけで、神の言葉が貴重なことも、希少であることも感じない。

神の言葉はとてもうまく移行する――「眠りこけている人間たちは」という語句は神自身の説明をすべての人類の状態の説明へと移行させる。ここで「冷たい光の輝き」が表わすのは東方の稲妻ではなく、神の言葉、つまり、神の働きの新しい方法のことである。このように、人々のあらゆる種類の原動力をこの中に見ることができる。新しい方法に入ったあと、彼らは皆方向感覚を失い、どこから来て、どこへ行くのか、わからない。「たいていの人はレーザーのような光線に打たれ」という語句は、新しい方法を通じて除去された人々、試練に耐えられない人々、あるいは苦しみの精練に耐えられない人々で、そのため、底なしの穴に再び投げ込まれる人々のことを表す。神の言葉は人類をある程度まで暴露する――人々は神の言葉を見る時、恐れるようであり、銃身が直接心臓に向けられているのを見たかのようにあえて何も言わない。しかし、神の言葉には良い事柄があることも感じている。彼らの心はひどく葛藤しており、どうしたらいいかわからないが、その信仰ゆえに、神に捨てられる恐怖からひたすら自らを研ぎ澄まし、神の言葉を掘り下げる。神が次のように言う通りである。「この状態にいないものはいるだろうか。わたしの光の中にいないものなどいるだろうか。たとえ強い人であっても、あるいは自分は弱いと思っていても、どうしてわたしの光の到来を免れようか。」神が誰かを用いるなら、たとえその人が弱くとも、神は刑罰の中で彼らに光をあて、啓き、その人が神の言葉を読めば読むほど、神をいっそう理解し、ますます崇敬するようになり、向こう見ずなことをしなくなる。人々が今日まで来ることができたのはひたすら神の偉大な力があったからである。人々が神を畏れるのは、神の言葉の持つ権威ゆえ、つまり、神の言葉の中にある霊ゆえである。神が人類の真の顔を明らかにすればするほど、彼らは神に畏敬の念を抱き、神の存在の現実を確信する。これは人類が神を理解するために神が示す行路の標識である。これは人々がたどるために神が与えた経路である。あなたがたがこのことを注意深く考えれば、その通りであると思わないだろうか。

上記が示しているのは、人類の目の前にある道の標識ではないだろうか。

前へ:補遺その2:二番目の言葉

次へ:十四番目の言葉の解釈

他のお気に入り