神の業は常に新しく決して古くならない

かつてイエスは言った

ヤーウェの業は恵みの時代に古くなったと

今日イエスの業は古くなったとわたしが言うように

恵みの時代がなく

律法の時代しかなかったら

イエスは十字架につけられず

人類を贖えなかっただろう

神は同じ業を繰り返さず 変化させ

新たな言葉を語り

新たな業を為す

これがわたしの為す業であり

鍵となる言葉は

「新しい」と「奇しい」である

律法の時代だけなら

今日のように人は進歩できただろうか

歴史が進むのは神の業の掟ではないのか

宇宙で神が人を経営する描写ではないのか

神の意志は変化し続け

歴史と神の業は前進する

神の業は常に新しく

同じ業を六千年も続けない

一度は十字架にかかったが

この働きを永遠に続けられるのか?

二度十字架にかかるだろうか?

それは愚かな人間の見方だ

「神は変わらず常に神である」

これはまさに真実だ

神の本質は変わらず

サタンにはなり得ない

本質同様神の働きは常に同じではない

「神は不変だ」と言うなら

神が新しいことをどう説明するのか

神は同じ業を繰り返さず 変化させ

新たな言葉を語り

新たな業を為す

これがわたしの為す業であり

鍵となる言葉は

「新しい」と「奇しい」である

神の業は常に広がり変化する

神の意志は人に知らされ明示される

『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を定義する人がどうして神の啓示を受けることができるのか」より編集

前へ: 神の本質は不変

次へ: 神は異なる名前で異なる時代を表す

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神の権威は独特なもの

神の権威は独特で それは特有の表現と本質 神に造られたものであれなかれ 誰もこのような本質を持っていない 創造主だけがこの権威を有する 唯一神がこの本質を持つ 神はあらゆるものを創造し その全てを支配する 単に天体を支配するだけでなく 被造物や人類の一部だけでなく 万物を全能…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索