神の業は常に新しく決して古くならない

かつてイエスは言った

ヤーウェの業は恵みの時代に古くなったと

今日イエスの業は古くなったとわたしが言うように

恵みの時代がなく

律法の時代しかなかったら

イエスは十字架につけられず

人類を贖えなかっただろう

神は同じ業を繰り返さず 変化させ

新たな言葉を語り

新たな業を為す

これがわたしの為す業であり

鍵となる言葉は

「新しい」と「奇しい」である


律法の時代だけなら

今日のように人は進歩できただろうか

歴史が進むのは神の業の掟ではないのか

宇宙で神が人を経営する描写ではないのか

神の意志は変化し続け

歴史と神の業は前進する

神の業は常に新しく

同じ業を六千年も続けない

一度は十字架にかかったが

この働きを永遠に続けられるのか?

二度十字架にかかるだろうか?

それは愚かな人間の見方だ


「神は変わらず常に神である」

これはまさに真実だ

神の本質は変わらず

サタンにはなり得ない

本質同様神の働きは常に同じではない

「神は不変だ」と言うなら

神が新しいことをどう説明するのか

神は同じ業を繰り返さず 変化させ

新たな言葉を語り

新たな業を為す

これがわたしの為す業であり

鍵となる言葉は

「新しい」と「奇しい」である

神の業は常に広がり変化する

神の意志は人に知らされ明示される


『言葉は肉において現れる』の「自己の観念で神を定義する人がどうして神の啓示を受けることができるのか」より編集

前へ: 神の本質は不変

次へ: 神は異なる名前で異なる時代を表す

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索