221 新たな人となる

1

かつての自分の信仰のことを思うと、心にひどい負い目を感じる

真理を求めなかったため、実に多くの悔いが残る

本分を尽くすように神に高く上げられても、

神の御心を思いやらなかった

働き、説教したのはただ自分を人と比べるためだった

人に仰がれ、尊敬されるのを喜び

神に仕えるといいながら実は自分を立てていた

神は何度も注意し、警告したが、私は聞く耳を持たなかった

執拗に報酬と冠を求めて奔走し

名声と地位のために奮闘した。神には実に厭わしいことだ

2

神が御顔を隠し、私は闇に落ち、行くべき道がなかった

歩く屍のように生き、日々が年月のように感じた

試練の中、自分の行ない、ふるまいを省みると

神の愛をたくさん受けながらも、

それに報いることは考えていなかった

本分を尽くす機会は、自慢のために利用していた

私の本性は大天使のように神に呪われるべきもの

恐怖で震え、後悔の中、私は神の前にひれ伏した

ここまで神に背き抵抗していながら、

どうして人間と呼ばれるに値するだろう

神の裁きを受け入れて、性質を変えようと願う

3

神の裁きを経験して、私は神の性質が義であることを知り、

心から神を畏れ、従い、ある程度は人間らしく生きるようになった

性質が変わらなければ、神に仕える資格がないと今初めて知った

時に適って神の裁きによって守られたことを感謝する

今や神の愛を味わった。真なる現実の愛を

ああ神よ、私は二度とあなたに逆らい、あなたを悲しませない

ただこの最後の時を惜しみ、新たな人になろうと願う

人の評価は求めず、ただあなたの心を満足させ

万事において、あなたの言葉で生き、あなたを高く上げ証しようと

前へ: 220 昔の生き方に戻って再び神を傷つけるのは嫌だ

次へ: 222 私は神の麗しさを見た

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索