新たな人となる

かつての自分の信仰のことを思うと、心にひどい負い目を感じる

真理を求めなかったため、実に多くの悔いが残る

本分を尽くすように神に高く上げられても、

神の御心を思いやらなかった

働き、説教したのはただ自分を人と比べるためだった

人に仰がれ、尊敬されるのを喜び

神に仕えるといいながら実は自分を立てていた

神は何度も注意し、警告したが、私は聞く耳を持たなかった

執拗に報酬と冠を求めて奔走し

名声と地位のために奮闘した。神には実に厭わしいことだ


神が御顔を隠し、私は闇に落ち、行くべき道がなかった

歩く屍のように生き、日々が年月のように感じた

試練の中、自分の行ない、ふるまいを省みると

神の愛をたくさん受けながらも、

それに報いることは考えていなかった

本分を尽くす機会は、自慢のために利用していた

私の本性は大天使のように神に呪われるべきもの

恐怖で震え、後悔の中、私は神の前にひれ伏した

ここまで神に背き抵抗していながら、

どうして人間と呼ばれるに値するだろう

神の裁きを受け入れて、性質を変えようと願う


神の裁きを経験して、私は神の性質が義であることを知り、

心から神を畏れ、従い、ある程度は人間らしく生きるようになった

性質が変わらなければ、神に仕える資格がないと今初めて知った

時に適って神の裁きによって守られたことを感謝する

今や神の愛を味わった。真なる現実の愛を

ああ神よ、私は二度とあなたに逆らい、あなたを悲しませない

ただこの最後の時を惜しみ、新たな人になろうと願う

人の評価は求めず、ただあなたの心を満足させ

万事において、あなたの言葉で生き、あなたを高く上げ証しようと

前へ: 裁きを経験して後悔する

次へ: 心から悔い改めたい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。神…

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを衰…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索