いのちへの入り(1)

日々の神の御言葉 抜粋 374

万物の長である全能神は、玉座から王としての権力を振るう。神は宇宙と万物を支配し、全地で私たちを導いている。私たちはどの瞬間にも神に近づき、静まって神の前に出て、一瞬の時も逃さず、またそこには学ぶべき教訓がある。私たちの周りの環境、人々、事柄、事物のすべては神の玉座によって許可されている。心に不平不満を持ってはならない。さもなければ、神はあなたに恵みを授けない。病を患うとき、それは神の愛によるもので、神の善意が必ずその背後にあるのだ。たとえあなたの体が苦しみに耐えている時でも、サタンによる思いを受け入れてはならない。病気の只中で神を賛美し、あなたの賛美の只中で神を楽しみなさい。病気に直面しても心を失ってはならない。求め続けなさい。決してあきらめてはならない。そうすれば、神はあなたの上に光を輝かせるだろう。ヨブはどれほど忠実だっただろうか。全能神は全能の医者である。病の中に留まれば、病気になる。しかし霊の中に留まれば、健やかになるのだ。あなたに最後の息があるかぎり、神はあなたを死なせはしない。

私たちの内にはキリストの復活したいのちがある。神の前で私たちは本当に信仰に欠けている。神が私たちの内に真の信仰を与えて下さるように。神の言葉はまことに甘美である。神の言葉は良く効く薬だ。悪魔とサタンを恥じ入らせよ。私たちが神の言葉を把握すれば、私たちは支えられ、神の言葉は即座に私たちの心を救うだろう。それはすべてのものを一掃し、すべてに平和をもたらす。信仰とは一本の丸太橋のようものである。卑屈になって命にしがみつく者がそれを渡るのは困難だが、自らを進んで犠牲にする者には不安なく渡ることができる。臆病と恐怖を抱いている者はサタンに騙されているのだ。サタンは私たちが信仰の橋を渡って神の中に入ることを恐れている。サタンはあらゆる手段を講じて、私たちにサタンの考えを送り込もうとする。私たちは神の光が私たちを照らすよう、常に祈らなければならない。そして、私たちがサタンの毒から清められるために、いつも神に拠り頼まなければならない。私たちは神に近づくために、常に霊において実践しなければならない。私たちは、神が私たちの全存在を支配するようにしなければならないのである。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第六章」より

日々の神の御言葉 抜粋 375

我々の周りの状況は、我々が急いで霊に戻るよう促す。頑な心で行動してはならない。聖霊が心配しているかどうかを無視してはならない。利口ぶったり、独り善がりになったり、自己満足してはならない。また、あなたは自分の苦難を誇張してはならない。唯一行うべきことは、霊と真理によって神を礼拝することである。神の言葉を等閑にしたり、聞く耳を持たなかったりすることは許されない。慎重にそれらを解き明かし、デボ-ションを繰り返し、言葉の中にある命を把握しなければならない。それらを消化する時間を持たず、それらをただ丸呑みするというような無益なことはしてはならない。あなたが行うあらゆることにおいて、あなたは神の言葉に拠り頼んでいるだろうか。子供のように得意そうに話して、それから何か問題が生じる度、全くの混乱に陥るというようなことはあってはならない。あなたの霊を毎日毎時間、鍛錬しなければならない。一瞬たりとも気を緩めてはならない。鋭い霊を持たなければならない。誰に遭遇しようと、何があなたに降りかかろうと、神の前に来さえすれば、辿るべき道が見つかるだろう。あなたは神の言葉を日々飲食し、怠ることなく神の言葉を解き明かし、さらに努力し、細部に至るまで理解し、神の旨を誤解しないように、完全なる真理を身に着けなければならない。あなたは自分の経験の幅を広げ、神の言葉を経験することに焦点を当てなければならない。あなたは経験を通して、神についてより確信することができるようになる。経験がないのに、神について確信している、と言うのは空しい言葉である。我々は明晰な頭を持たなければならない。目を覚ませ。もう気を緩めていてはならない。ずさんな仕方で物事に対処し、進歩するために尽力しないなら、あなたは実に盲目である。あなたは聖霊の働きに焦点を当て、聖霊の声に注意深く耳を傾け、神の言葉に耳を開き、残された時間を大切にし、どんな代価でも払わなければならない。鋼を持っていれば、ここぞというときにそれを使って強力な刃にしなさい。大切なものをしっかりと握り、神の言葉を実践することに重点を置きなさい。神の言葉を後にしてから、あなたがどんなに外見上は良く行っても、そのすべては無駄である。口先だけで実践することは神には受け入れられない。変化はあなたの振る舞い、性質、信仰、勇気そして識見を通してもたらされなければならない。

時は迫っている。この世の物がどんなに良くても、すべて投げ捨てなければならない。多くの困難も危険も我々をひるませることはできない。また、空が落ちてきても我々を圧倒することはできない。このような決意がなければ、意味のある者になるのはあまりにも難しいだろう。意気地がなく、臆病にも命にしがみついている者たちは神の前に立つに値しない。

全能神は実践の神である。我々がどんなに無知であっても、神は我々になおも憐みを示し、神の手は必ず我々を救い、神はなおも我々を完全にするだろう。我々が本当に神を欲する心を持っている限り、しっかりと従って落胆しない限り、また、切迫感を持って探求する限り、神は絶対に我々を不当に扱ったりはしないだろう。神は必ず我々の不足を補い、我々を満足させるだろう。このすべては全能神の優しさである。

貪欲で怠け者で、飽き足りた怠惰な生活を送り、すべてのことに無関心な者がいるならば、彼らは、損失を被るのは避け難いことであるのを思い知るだろう。全能神は万物とすべての事象の上に君臨している。我々がいかなる時も心の中で神を仰ぎ、霊に入って神と交わる限り、神は我々が求めるすべてのことを示し、神の旨が必ず我々に明らかにされる。そうすれば我々の心は喜びと平安を得、完全な明晰さによって安定するだろう。神の言葉に従って行動できることが肝心である。神の旨を把握することができること、神の言葉に頼って生きること──これのみが真の経験である。

神の言葉を理解することによってのみ、神の言葉の真理が我々の中に入り、我々のいのちになることができるだろう。何の実践経験もなしに、あなたはどのようにして神の言葉の現実の中に入ることができるのか?神の言葉を自分のいのちとして受けることができないなら、あなたの性質は変化することができないだろう。

聖霊の働きは今や飛躍的に前進している。しっかり従わず、訓練を受けないなら、そのような聖霊の歩調に遅れずについて行くのは難しいだろう。サタンによって踏みにじられないように、また、逃れることのできない火と硫黄の池の中へ落ちないように、急いで急激な変化をもたらしなさい。投げ捨てられることがないように、最善を尽くして今求め始めなさい。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第七章」より

日々の神の御言葉 抜粋 376

あなたに思い起こさせるためにもう一度言っておくが、あなたはわたしの言葉についてほんの僅かでも曖昧であってはならない。また、どんな不注意も許されない。あなたはわたしの言葉に注意を払い、従い、わたしの意図に沿って事を行わなければならない。あなたは常に注意を怠らないようにしなければならない。また、傲慢で独善的な性質を決して持ってはならない。そして、あなたの中に内在する生来の古い性質を振り捨てるために、いつもわたしに拠り頼まなければならない。あなたはわたしの前で常に正常な状態を維持し、安定した性質を備えているべきである。あなたの思考は冷静かつ明晰でなければならず、どんな人間や出来事やものにも左右されたり、支配されたりすることがあってはならない。あなたはわたしの前で常に心を静め、わたしとの絶え間のない親交と交わりをいつも保つべきである。あなたは強さと気骨を示し、わたしへの証しにおいて固く立たねばならない。立ち上がってわたしのために語れ。他の人間たちが言うことを恐れるな。わたしの意図を満たすことに集中しなさい。他の者たちに支配されてはならない。わたしがあなたに明らかにすることは、わたしの意図に沿って遂行しなければならず、それを遅らせてはならない。あなたは内心どう感じているのか。あなたは不快か。やがて分かるだろう。どうしてあなたはわたしのために立ち上がって語ることができず、わたしの重荷に気を配ることができないのか。あなたはけちな策略を巡らしてばかりいるが、わたしはすべてを見透している。わたしはあなたの支えであり、あなたの盾であり、すべてのことはわたしの手中にあるのに、あなたは何を恐れているのか?あなたは感情的になり過ぎているのではないのか。感情は今すぐ捨て去らなければならない。わたしは感情は考慮せず、ただ義を行うのだ。あなたの両親が全く教会のためにならないことをするのであれば、彼らは逃げられない。わたしの意図はあなたに現されたのだから、あなたはそれを無視してはならない。むしろあなたのすべての注意をそれに注ぎ、他のあらゆるものを投げ捨てて一心に従わなければならない。わたしはあなたをいつもわたしの手の中で守っている。臆病になってあなたの夫や妻に支配されてはならない。あなたはわたしの意志が成し遂げられるようにしなければならない。

信仰を持ちなさい!信仰を持ちなさい!わたしはあなたの全能である。あなたはこのことを何とか悟るかもしれないが、なおも注意して見張っていなければならない。教会とわたしの意志とわたしの経営のために、完全に献身しなければならない。そうすればすべての奥義と結末があなたにはっきりと示されるであろう。もう遅れることはなく、終わりの日が来ようとしている。だからあなたはどうするのか。あなたのいのちをより早く成長させるようどう求めればよいのか。どうすればあなた自身をわたしのために速やかに役立てることができるのか。あなたはどのようにしてわたしの意志が成し遂げられるようにするのだろか。そうすることには、念入りな熟考とわたしとのより深い交わりが要求される。わたしに拠り頼み、わたしを信じなさい。決して油断してはならない。そして、わたしの導きに従って事を行うことができるようになりなさい。しっかりと真理を身に着け、もっと頻繁にそれを飲み食いしなければならない。それぞれの真理をはっきりと理解できるようになる前に、あなたはまずそれを実行しなければならない。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第九章」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 377

あなたは、あれやこれやと恐れてはならない。どれだけ多くの困難や危険に直面しようと、あなたはわたしの前に固く立ち続けなければならない。わたしの旨が遂行されるためには、何によっても妨害されてはならない。これをあなたの本分としなければならない。さもないと、あなたはわたしの怒りに直面し、わたしの手が……。そして、あなたは終わりの無い精神的苦痛に耐えなければならないだろう。あなたはすべてに耐えなければならない。わたしのために、自分が持つ全てのものを捨て、自分にできるあらゆることをして、何としてもわたしに従わなければならない。これはわたしがあなたを試す時である。あなたはわたしへの忠誠を尽くすか。忠誠心を持って道の終わりまでわたしに従うのか。恐れるな。わたしの支えがあれば、誰にその道を塞ぐことができようか。このことを覚えよ。覚えよ。起こることのすべてはわたしの善意によるものであり、すべてはわたしの観察下にある。あなたの一つひとつの言動がわたしの言葉に従えるか。火の試練があなたに臨むとき、あなたはひざまずいて叫ぶだろうか。それとも臆病になって前進できなくなるだろうか。

あなたは自分の内にわたしの勇気を持たなければならない。そして、未信者の親戚に直面するときは、原則を持たなければならない。しかしわたしのために、あなたはどんな暗闇の勢力にも屈してはならない。完全な道を歩むためにわたしの知恵に頼りなさい。サタンの陰謀に支配させてはならない。わたしの前にあなたの心を置くことに全力を尽くしなさい。そうすればわたしはあなたを慰め、あなたの心の中に平安と幸福を与える。他人の前でどうにかなろうとしてはならない。わたしを満足させることのほうが、より価値と重みがあるのではないか。わたしを満足させることに、より多くの永遠かつ生涯続く平安と幸福があるのではないか。現在の苦しみは、あなたの将来の祝福がどんなに大きいかを示している。それは言葉では言い表せない。どれほど大いなる祝福を受けるのか、あなたは知らない。あなたはそれを夢見ることさえできない。今日、それは現実となる。ほんとうに現実となるのだ。それはもう遠くない。あなたにはそれが見えるか。すべてはわたしの中にあり、前途は何と明るいことか。自分の涙を拭い去り、痛みも悲しみも感じるな。すべてはわたしの手で采配され、わたしの目標はあなたがたをすぐに勝利者にし、わたしとともにあなたがたを栄光へと導くことである。自分に何が起きようとも、あなたはそれに感謝し、讃美で満ちていなければならない。それはわたしに大きな満足をもたらす。

すべてを超越するキリストのいのちがすでに現れた。あなたが恐れることは何もない。サタンはわたしたちの足の下にあり、彼らの時間はもう限られている。目を覚ませ。放縦の世界を捨て去り、死の淵から自分を解き放ちなさい。何があろうとわたしに忠誠を尽くし、勇敢に前進しなさい。わたしはあなたの強固な岩である。だからわたしに拠り頼みなさい。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第十章」より

日々の神の御言葉 抜粋 378

あなたが不安定な性質で、風か雨のように気まぐれならば、前へ進み続けることができないならば、わたしの懲らしめの鞭を避けることはできないだろう。あなたが取り扱いを受けている時、周囲の環境が不利であればあるほど、そしてあなたが迫害されていればいるほど、神に対するあなたの愛はいっそう強くなり、世の中には執着しなくなる。別の道はないので、あなたはわたしのもとに来て、力と自信を取り戻す。しかし、安易な環境にあると、ぼんやり過ごしてしまうだろう。あなたは前向きに道を求め、消極的にならず、積極的にならなければならない。そうすれば、どのような状況においても、誰にも、また何事にも動揺することはないだろうし、いかなる人の言葉にも影響されることはない。安定した性質を持たなければならない。そして人々が何と言おうとも、自分が真理だとわかっていることをすぐに実行しなさい。誰と向かいあっていようとも、わたしの言葉が常に心の中に働いているようにしなければならない。堅く立ってわたしへの証しとなり、わたしが担っている重荷に配慮を示さなければならない。混乱して、自分の考えを持たずに、人々に盲目的に同意するようなことはせず、立ち上がって、わたしから出たものではない事柄には反対する勇気を持たなければならない。何かが間違っているとはっきりわかっているのに沈黙しているならば、あなたは真理を実行する人ではない。何かが間違っていると気づいていて、話しの方向を変えようとしても、サタンに行く手を阻まれ、話しの効果もなく最後までやり抜くことができない。そうなればあなたは依然として恐れを抱いてサタンの思いに満たされているのではないか。

勝利者とは何か。キリストの良き兵士たちならば、勇敢であってわたしを信頼し、霊的に強くなければならない。戦士になるために戦い、決死の覚悟でサタンと戦わなければならない。あなたはいつも目を覚ましていなければならない。だからわたしはあなたに、絶えずわたしと積極的に協力し、わたしに近づくことを学びなさいと言うのだ。いつでも、どのような状況でも、わたしの前で静まっていることができ、わたしの話に耳を傾け、わたしの言葉と行動に留意するならば、揺らぐことはなく、地歩を失うこともないだろう。わたしが語ることから受け取るものは何であれ実践可能である。わたしの言葉の一つ一つがあなたの状況に向けられている。わたしの言葉はあなたの心を突き刺し、たとえ口でそれらを拒絶しても、心で拒絶することはできない。わたしの言葉を調べるならば、あなたは裁かれる。つまり、わたしの言葉は真理であり、いのちであり、道である。それらは鋭いもろ刃の剣であり、サタンを打ち負かすことができる。わたしの言葉を理解し、実践する道を持っている人は幸いであり、実行しない人は間違いなく裁かれるであろう。これは非常に実践的なことである。今、わたしが裁く人々の範囲は広がっている。わたしの前で裁かれるのは、わたしを知っている人々だけではない。わたしを信じない人々や、聖霊の働きに抵抗し、妨害するために全力を尽くす人々も裁かれるだろう。わたしの前でわたしの足跡をたどる人々はすべて、神が燃え盛る炎であることを知るだろう。神は権威者である。神は裁きを行い、死の宣告をしている。教会で、聖霊の働きに従うことに意を払わない人々、その働きを妨害する人々、自己顕示する人々、正しくない意図や目標を持っている人々、神の言葉を飲み食いすることに努力を傾けない人々、間抜けで疑い深い人々、聖霊の働きを調べる人々──これらの人々にはいつでも裁きの言葉が下されるだろう。人々の行いはすべて明らかにされる。聖霊は人々の心の奥深くを探るのだから、ぼんやりしていてはならない。くれぐれも用心し、むやみに勝手な行動をしてはならない。あなたの行動がわたしの言葉に従っていなければ、あなたは裁かれるだろう。模倣したり、もっともらしくしたりしても無駄であるし、本当に理解しない場合も同様である。わたしの前に出て、頻繁に交わらなければならない。

あなたがわたしの教えから受け取るものは何であれ、あなたに実践の道を与えるだろう。あなたにはわたしの力が伴い、わたしの存在があり、あなたはいつもわたしの言葉の中を歩み、世のすべてのものを超越し、復活の力を持つだろう。あなたの言葉、態度、行動にわたしの言葉と存在がなければ、あなたがわたしから離れ、自分自身の内に生き、自分の心の抱く観念の中で生き、教義と規則の中で生きるならば、それはあなたが罪に心を向けている証拠である。言い換えれば、あなたは古い自分に固執し、他人が少しでもあなたを害したり、あなたの魂に損害を与えたりするのを許さない。そのような人はあまりにもお粗末な力量しか持っておらず、あまりにも愚かで、神の恵みを見ることも、神の祝福に気付くこともない。わたしを避け続けるならば、いつわたしはあなたの中に働くことができるのか。わたしが話し終えたとき、あなたは聞いていたはずなのに覚えていない。自分の問題が指摘されると、あなたは特に弱くなる。何と霊的背丈のないことか!いつもあなたをなだめていなければならないのなら、わたしはいつになればあなたを完全にすることができるだろう。瘤やすり傷ができるのを恐れているならば、急いで行って他の人々にこう言って警告すべきである。「私は誰にも自分を取り扱うことをさせない。自分の生来の古い性質は自分で取り除くことができる。」そうすれば、誰もあなたを批判したり、あなたに触れたりしなくなり、あなたは誰にも心配されずに、自由になんでも自分の望むやり方を信じることができる。そのようなことであなたはわたしの足跡をたどることができるだろうか。わたしがあなたの神、あなたの主であることをあなたが確信しているなどと言っても、その言葉はむなしい。あなたが本当に疑いを抱いていないのなら、これらのことは問題にはならず、あなたはそれがあなたに与えられる神の愛と神の恵みであると信じるだろう。わたしが語る時、わたしの言葉はわたしの息子たちに向けられ、それは感謝と称賛で迎えられるべきである。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第十二章」より

日々の神の御言葉 抜粋 379

今日、人々は自らを譲ることができず、常に自分が正しい者であると考える。彼らは自分の小さな世界から抜け出すことができず、彼らは正しい人たちではない。間違った目的を持つことに固執するなら、彼らは必ず裁かれ、もし深刻であれば、取り除かれるであろう。また、自分が好む者とだけ交わるのでなく、わたしと絶えず交わりを持つことに、もっと努力を注がなければならない。あなたは自分が交わる人々を理解し、いのちの中の霊的なことについて交わらなければならない。そのとき初めて、あなたは他の人たちにいのちを与え、彼らの不足を補うことができるのだ。あなたは説教するような口調で彼らに接するべきではない。それは根本的に間違った立ち場である。交わりにおいては、霊的なことへの理解がなければならない。あなたは知恵を持ち、他の人たちの心の中にあるものを理解できなければならない。他の人たちに仕えるのなら、あなたは正しい人でなければならず、自分が持っているもので交わらなければならない。

今最も重要なことは、あなたがわたしと交わり、わたしと親しく交流し、自分で飲み食いし、そして神のもとへ近づくことができるようになることである。あなたは早く霊的なことを理解し、状況とあなたの周りに配置されているものとを見抜けるようにならなければならない。あなたはわたしが何であるか理解することができるか。自分に欠けているものに応じて飲み食いし、わたしの言葉によって生きることは、極めて重要である。わたしの手を認識しなさい。不平を言ってはならない。もし不平を言い、抜け出すなら、あなたは神の恵みを受ける機会を失うかもしれない。わたしのもとへ近づくことから始めなさい。あなたに欠けているのは何であるのか。どのようにしてわたしに近づき、わたしの心を理解すべきか。人々は、自己を手放すことができないので、わたしに近づくのが困難である。彼らの性質は、熱くなったり冷たくなったりで、いつも一貫性がなく、彼らは少し甘さを味わった途端、思い上がって、自分に満足する。まだ目を覚ましていない人々がいる。あなたが言うことの中には、どれだけあなたの存在そのものが含まれているのか。そのうちのどれだけが、自分を守ること、他人を真似ること、あるいはただ規則に従うことであるのか。聖霊の働きを把握、あるいは理解できないのは、あなたが、どのようにしてわたしに近づけばよいか知らないからである。外面では、あなたは、自己の観念とあなたの頭脳に頼って、常にものごとを思い巡らしている。あなたは密かに研究し、幾つかのつまらない策略に従事し、それを明るみに出すことさえできない。このことは、あなたが真に聖霊の働きを理解していないことを示している。何かが神から出ていないことが本当に解かったのなら、なぜあなたはあえて立ち上がって、それを拒まないのか。わたしのために立ち上がり、話すことができる者が何人いるだろうか。あなたには男児としての気骨がまったくない。

今定められているすべてのことは、あなたかたを訓練することが目的であり、それによって、あなた方がいのちにおいて成長し、あなた方の霊を鋭敏かつ鋭くし、あなた方の霊の目を開いて神から出るものごとを認識させるためである。神から出るものは、あなたが力と重荷を持って仕え、霊において不動になることを可能にする。わたしから出ていないものはすべて空である。それはあなたに何ももたらさず、あなたの霊を沈ませ、あなたの信仰を失わせ、あなたとわたしの間に距離を置き、あなたを自分の心の中に閉じ込めてしまう。霊の中に生きるとき、あなたは今、この世のすべてのことを超越することができる。しかし、自分の心の中で生きることは、サタンの虜となることであり、それは行き止まりである。これは今とても簡単なことである。あなたの心でわたしを見上げなさい。そうすれば、あなたの霊はすぐに強くなり、あなたは実践するための道を持ち、わたしはあなたを一歩一歩導くだろう。わたしの言葉は、あらゆる時にあらゆる場所で、あなたに明らかにされる。それがどこであれ、いつであれ、またどんなに状況が不利であれ、あなたの心でわたしを見上げるなら、わたしはあなたにはっきりと示し、わたしの心はあなたに現される。このようにして、あなたは前に延びる道を走り抜き、自分の道を見失うことは決してないだろう。表面上は自分の道を手探りで求めようとするが、自分の霊の中からは決してそうしない人々がいる。彼らは多くの場合、聖霊の働きを把握することができない。他の人々と交わると、彼らは行くべき道を失って更に混乱し、どうすればよいのか分からなくなってしまう。このような人は、何が原因で自分が病むのか分からない。彼らは多くのものを持ち、彼らの心は満たされているように見えるかもしれないが、それが何の役に立つというのか。あなたは、ほんとうに行くべき道を持っているか。あなたには何らかの啓示や照らしがあるか。あなたは何か新しい識見を持っているか。あなたは前進したのか。それとも後退したのか。あなたは、新たなる光に追いつけるか。あなたにはまったく服従がない。あなたがいつも口にする従順は、話に過ぎない。あなたは従順な人生を生きてきたのか。

人間の独善、無頓着、自己満足、そして傲慢による支障はどれくらい大きいのだろうか。あなたが現実において成長できないのは、誰のせいなのか。あなたは正しい人間であるかどうか、慎重に吟味しなければならない。あなたの目的は全てわたしのためなのか。あなたの言葉と行動はわたしの前に立つことができるか。わたしは、あなたのすべての思いと考えを調べる。あなたは罪責感を感じないのか。あなたは他人が見ることができるように偽りの姿を装い、落ち着いて独善的なそぶりを見せる。自身を守るためにそうするのだ。あなたは自分の悪を隠すためにこれを行い、さらにその悪を他の誰かに押しつける方法を探すことさえする。あなたの心には何という欺瞞が宿っていることか。自分が言ったことをすべて思い返してみなさい。自分の魂が害を受けることを恐れてサタンを隠し、自分の兄弟姉妹から飲み食いを無理やり奪ったのは、あなた自身の利益のためではなかったのか。あなたは自分のことをどう説明するつもりなのか。あなたは、サタンが今回奪った飲み食いを次回に償うことができるとでも思っているのか。あなたには今それがはっきり見えている。これはあなたに償えるものだろうか。あなたは失われた時間を償うことができるか。あなた方は入念に自分を調べて、なぜ最近の数回の集会において飲み食いすることがなかったのかを知り、誰がこの問題を引き起こしたのかを見つけ出さなければならない。それがはっきりするまで、あなた方は一回一回交わりを持たなければならない。そのような人が厳しく拘束されなければ、兄弟姉妹たちは理解しないし、そういうことがまた起こるだろう。あなた方の霊の目は開いておらず、あなた方のあまりにも多くが盲目である。そして見える者たちは、そういうことに不注意である。彼らは立ち上がって抗議しない。だから、彼らも盲目であるのだ。見ているのに抗議しない者は口が利けない者である。ここには障害を持っている者がたくさんいる。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第十三章」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 380

ある人々は、真理が何であるか、いのちが何であるか、道が何であるかを理解しておらず、彼らはまた霊を理解していない。彼らはわたしの言葉を一つの公式に過ぎないと見なしているが、これはあまりにも固いとらえ方である。彼らは本当の感謝と讃美が何であるか理解していない。ある人たちは重要なこと、また主要なことを把握することができず、代わりに補足的なことだけを把握する。神の経営を妨げるとはどういう意味なのか。教会建設を破壊するとはどういう意味なのか。聖霊の働きを妨げるとはどういう意味なのか。サタンのしもべとは何なのか。これらの真理をはっきりと理解しなければならず、曖昧にごまかしてはならない。今回は飲み食いがなかった理由は何か。今日は大声で神を賛美すべきだと感じている人たちもいるが、彼らはどのようにして神を賛美すべきなのか。彼らは聖歌を歌い踊って神を賛美すべきなのか。他の方法は賛美のうちに入らないのだろうか。ある人たちは、歓喜して誉め讃えることが神を賛美する方法であるという観念を持って集会に来る。人々はこれらの観念を持っており、聖霊の働きに注意を払わないので、それは妨げになるという結果に終わる。この集会では飲み食いはまったくなかった。すべての者が神の重荷を考慮し、教会の証しを守ると言った。いったい誰が本当に神の重荷を考慮したのか。自問してみるがよい。あなたは神の重荷への配慮を示したことがある者か。あなたは神のために義を実践することができるか。あなたは立ち上がってわたしのために話すことができるか。真理をしっかりと実行に移すことができるか。あなたはサタンのすべての業に大胆に立ち向かうことができるのか。あなたはわたしの真理のために、感情を脇に置き、サタンを暴露することができるだろうか。あなたはわたしの旨をあなたの中で成就させることができるか。あなたは重要な時が来たとき、自分の心を捧げたのか。あなたはわたしの旨を行う者であるか。それを頻繁に自問し、考えなさい。サタンの賜物があなたのうちにある。そして、あなたは人々を理解せず、サタンの毒を識別することができないので、それはあなたの責任である。あなたは自分を死に導いている。あなたが完全に困惑してしまうまで、サタンは完璧にあなたを欺いたのだ。あなたは淫乱のぶどう酒に酔っており、揺るぎない観点を持つことができず、実践の道もなく、前後に揺れ動いているのだ。あなたは正しく飲み食いすることがなく、やみくもに争い口論し、正しいことと間違っていることの区別がつかず、導く者には誰にでもついてゆく──あなたはいったい真理を持っているのか。ある人たちは自分自身を弁護し、欺瞞に加わることさえし、他の人たちと交わるが、それは彼らを窮地に追いやるだけである。これらの人々が彼らの意図、目標、動機、および源を得るのは、わたしからだろうか。あなたは、兄弟姉妹たちから奪われた飲み食いを償うことができると思っているのか。何人かの人々を見つけて交わりを持ち、彼らに尋ね、話させなさい。彼らには何かが与えられたのだろうか。それとも、汚れた水を腹いっぱい飲まされ、ゴミを詰め込まれ、行くべき道をもう持っていないのか。それは教会を破壊するのではないだろうか。兄弟姉妹たちの間の愛はどこにいってしまったのか。あなたは秘かに誰が正しく、誰が間違っているかを研究するが、なぜ教会の重荷を負わないのか。あなたは通常、キャッチフレーズを叫ぶのはうまいが、何かが実際に起こったときは、あなたはそれらについて曖昧である。ある人たちは理解しているが、静かに呟くだけである。一方、他の人たちは自分が理解していることを話すが、他の者は一言も話さない。彼らは神から来るものが何であるか、またサタンの業が何であるかを知らない。いのちについてのあなた方の内なる感覚はどこにあるのか。あなたはまったく聖霊の働きを理解することができず、聖霊の働きを認識しないので、新しいことを受け入れるのは難しい。あなたは人々の観念に従う宗教的および世俗的なことだけを受け入れる。だから、あなたは勝手きままに争うのだ。聖霊の働きを把握することができる人は何人いるのか。本当に教会の重荷を背負った者は何人いるのか。あなたはそれを把握しているか。聖歌を歌うことは神を賛美する一つの方法であるが、あなたは神を賛美することに関する真理をはっきりと理解しておらず、神を賛美することについてのあなたの対処の仕方は、柔軟性に欠けている。それはあなた自身の観念ではないのか。あなたは常に自分の観念に頑なにしがみ付き、聖霊が今日行うことに集中できず、あなたの兄弟姉妹たちが感じていることを感じることができず、静かに神の旨を求めることができない。あなたは盲目的にものごとを為し、歌はうまく歌うが、その結果はまったくの混乱である。これが本当に飲み食いすることなのか。あなたは誰が実際に妨げを引き起こしているのか分かるか。根本的にあなたは霊の中に生きてはおらず、代わりに、さまざまな観念にしがみ付いている──それがどうして教会のために重荷を負うことなのだろうか。あなた方は、聖霊の働きが今、ますます迅速に進展しつつあるのを見なければならない。ゆえに、自分の観念に堅くしがみ付いて聖霊の働きに抵抗しているなら、あなた方は盲人ではないのか。それは、ハエが壁にぶつかり、うるさく飛び回るようなものではないか。あなたがこのように頑なに続けるなら、あなたは放り出されるだろう。

災害の前に完全にされる者たちは神に従順である。彼らはキリストに拠り頼んで生活し、キリストを証しし、キリストを崇める。彼らは勝利した男児たちであり、キリストの良き兵士たちである。あなたが自分を静まらせ、神の近くに来て、神と交わることは今最も重要である。神のもとへ近づくことができないなら、あなたはサタンによって捕らえられる危険にさらされる。あなたがわたしのところに近づき、わたしと交わることができれば、すべての真理があなたに明らかにされ、あなたの生活と行動のために、従うべき基準を持つだろう。あなたはわたしの近くにいる者なので、わたしの言葉はあなたの側を決して離れず、あなたは生活の中で、わたしの言葉から迷い出ることはない。サタンはあなたを利用するすべを持たず、代わりに、恥をこうむり、敗北して逃げ出すだろう。あなたの内に欠けているものを、外に探し求めるなら、その一部を見つける時があるかもしれないが、その多くは規則であり、あなたが必要とするものではないだろう。あなたは自分を解き放ち、わたしの言葉をもっと飲み食いし、わたしの言葉を熟考する方法を知らなければならない。何かが理解できないなら、わたしに近づき、頻繁にわたしと交わりなさい。そうすれば、あなたが理解することは現実的で真実になるだろう。あなたはわたしの近くにいることから始めなければならない。これは最も重要である。さもなければ、あなたは飲み食いの方法を知ることがないだろう。あなたは自分で飲み食いできない──あなたの霊的背丈は本当に低過ぎるのである。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第十三章」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 382

教会が建てられつつあり、サタンはそれを必死に破壊しようとしている。サタンはわたしの建設するものを何としても破壊したがる。ゆえに教会は急いで清められなければならない。くずや邪悪なものは一切残っていてはならない。完璧であり、以前と同じように清くありつづけるために清められなければならない。あなたがたは常に目を覚まし、待っていなければならない。わたしの前にて、さらに祈らなければならない。いくつも存在するサタンの企てやずる賢い策略を見極め、霊を知り、人々を知り、どのような人や物事をも見分けることができなくてはならない。わたしの言葉をもっと飲食し、さらに重要なこととして、自分でそれを飲食できなければならない。あらゆる真理を身に付けてわたしの前に来なさい。わたしがあなたがたの霊の目を開き、霊の中に存在する全ての奥義を見ることができるようにするために……教会がその建設段階に入ると、聖徒が戦いに向かって行進する。サタンのさまざまな忌まわしさがあなたがたの前に明らかになる。あなたは進むのを止めて後ずさりするのか、それとも、わたしにより頼んで立ち上がり、歩き続けるのか。サタンの堕落した醜い素性を全て露わにしなさい。情に流されたり、憐れみをかけたりすることが一切あってはならない。死ぬまでサタンと戦いなさい!わたしがあなたの後ろ盾であるから、男子の精神を持たなければならない。サタンは死の苦しみの中で暴言を吐いているが、わたしの裁きを逃れることはできない。サタンはわたしの足の下にいて、またあなたがたの足に踏みつぶされているのだ。これは事実である!

全ての宗教的な妨害者と教会建設を破壊するものには微塵も寛容を示してはならない。私は彼らをすぐに裁く。サタンを曝き、踏みつけ、完全に破壊し、隠れる場所もないようにしなさい。どのような悪魔も幽霊も、全て必ずその姿を私の前に露わにし、わたしはそれらを地獄に落とし、それらはそこから二度と解放されることはない。みなわたしたちの足の下にあるのだ。真理のために善き戦いを戦おうとするならば、まずサタンに働く機会を与えないこと。そのためには、心をひとつにして協力して使え、自分独自の観念、意見、視点、物事のやり方を全て捨て、わたしにおいて心を静め、聖霊の声に焦点を合わせ、聖霊の働きに心を傾けて神の言葉をつぶさに経験しなければならない。あなたの意図は一つだけでなければならない。つまり、わたしの旨が行われることである。それ以外に意図するものがあってはならない。心をこめてわたしを見上げ、わたしの行いとわたしのやり方をしっかりと見つめ、怠ることがあってはならない。霊を研ぎ澄まし、しっかりと目を開いていなさい。通常、意図と目的が正しくない者、周りに注目されたい者、何かやりたくてたまらない者、妨げになりやすい者、宗教的教義を得意とする者、サタンの追従者などが何かしようと立ち上がるなら、教会にとってやっかいな存在となって兄弟姉妹の言葉の飲食が無駄になる。そのような者が芝居気に振舞うのを見たならば、即刻止めなくてはならない。度重なる忠告にもかかわらず変わることがなければ、彼らは大いに苦しむこととなる。決して譲ることなく頑なに自分達のやり方を通す者たちが自らを弁護して罪を覆い隠そうとするなら、教会はすぐにそのような者たちを排除し、巧みに動けるような余裕を一切与えてはならない。僅かなものを惜しんで多くを失ってはならない。視点を全体像に合わせなさい。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第十七章」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 383

聖霊の働きは前進を続けるので、神はもう一度わたしたちを新しいやり方による聖霊の働きに導いた。その結果、わたしを誤解し、わたしに不平を言う者たちが出てきたのはやむを得ない。わたしに抵抗し、反対し、詮索する者たちもいる。しかし、それでもわたしは、あなた方が悔い改め、改心するのを寛大な気持ちで待つ。聖霊の働き方の変化は、神自身が公然と現れることに見られる。わたしの言葉はそのままで変わることはない。わたしはあなたを救っているのだから、途中で見放すことはない。しかし、あなた方の心の中には疑念があり、手ぶらで引き返したがる。前進するのをやめてしまった人もいれば、じっと見て待っている人もいる。さらに、消極的にその場の状況に対処している人もいれば、物真似ばかりしている人もいる。あなた方は本当に心を頑なにしてしまった。あなたは、わたしがあなた方に向かって言ったことを受け取って、自分自身の傲慢さと自慢に変えてしまった。このことをさらによく考えなさい──これはあなた方に与えられる憐れみと裁きの言葉に他ならない。あなた方が実に反抗的なのを見た。聖霊は直接話しかけて分析する。あなた方は恐れなければならない。無謀な行動をしたり、何事も性急に行ったりしてはいけない。うぬぼれたり、傲慢になったり、意固地になったりしてはいけない。わたしの言葉を実践することにもっと集中し、どこへ行こうともわたしの言葉を生きなさい。そうすれば、わたしの言葉は本当にあなたを内側から変え、あなたはわたしの性質を持つようになるだろう。このような結果だけが本物である。

教会が建てあげられるために、あなたには特別な霊的背丈が必要であり、心から、止むことなく求めなければならない。同時に聖霊の燃える炎と清めを受けて生まれ変わらなければならない。教会が建てあげられるのは、このような状況下である。聖霊の働きが今やあなた方を教会建設に着手する方向に導いている。あなた方がこれまでと同じく混乱したままのろのろと振る舞い続けるならば、あなたに希望はない。あらゆる真理を身にまとい、霊的な判断力を持ち、わたしの英知に従って完全な道を歩かなければならない。教会が建て上げられるためには、表面的に模倣するだけではなく、いのちの霊の中にいなければならない。あなたのいのちの成長過程は、あなた自身が建て上げられる過程と同じである。しかし、注意しなければならないのは、賜物に頼る人々、霊的なものが理解できない人々、あるいは実践力に欠ける人々が建て上げられていくことはできず、つねにわたしに近づいて語ることのできない人々も同様だということである。さまざまな観念に心を奪われている人々や教義に従って生きる人々は建て上げられることはできないし、自分の感情に導かれている人々も同様である。神があなたをどのように取り扱おうと、あなたは神に完全に従わなければならない。そうでなければあなたは建て上げられない。尊大さ、独善性、誇り、満足感に凝り固まっている人々や、見下すような態度をとり、目立とうとするのが好きな人々も建て上げられることはない。他の人々と協力して奉仕することのできない人々は建て上げられることができない。霊的識別力がなく、導いてくれるなら誰にでも盲目的に従う人々は建て上げられることができないし、わたしの意図が理解できず、古いままの状態で生活する人々も建て上げられることはできない。新しい光について行くのが遅すぎて、基礎となるビジョンを持たない人々も建て上げられることはできない。

教会は即刻建てられるべきであり、わたしは、そのことを差し迫った問題として非常に心配している。あなたは積極的に始めるべきであり、全力で自分を捧げることで教会建設の流れに加わるべきである。そうしなければ、あなたは見捨てられるだろう。あなたは断念すべきものは完全に断念し、飲み食いすべきものは適切に飲み食いすべきである。わたしの言葉の真実を生きるべきであり、表面的で取るに足らないものに重点を置くべきではない。あなたはわたしの言葉をどのくらい受けいれたか、自問してみるがよい。わたしの言葉をどのくらい生きているだろうか。つねに冷静に対処し、何事も性急に事を進めるのは控えるべきである。そうでなければ害になるだけで、あなたのいのちの成長を助けることにはならないだろう。あなたは真理を理解し、それをどのように実践するかを知り、わたしの言葉が本当にあなたのいのちになるように努力すべきである。これが問題の核心なのだ。

教会建設は今や極めて重大な時期に到達したので、サタンはさまざまな計画を立てており、建設をやめさせるために全力を尽くしている。あなた方は注意を怠らず、用心して進み、優れた霊的判断力を働かせるべきである。そのような判断力がなければ、あなた方は大損害を被るだろう。これは些細なことどころではない。重要問題として考えるべきである。サタンは偽の外観を作り出し、中身の品質が劣る偽物を売ることができる。人々は実に愚かしく、不注意な行動をし、識別力に欠けている。つまり、あなた方はつねに頭脳明晰でいることができず、穏やかな状態を保つことができないのだ。あなた方の心がどこにも見つからないのだ。奉仕は名誉でもあり同時に損失でもある。祝福につながることもあれば災難につながることもある。わたしの前では静まり、わたしの言葉に従って生きなさい。そうすれば本当に注意深さが保たれ、目を覚ましていて、霊の識別力を働かせるだろう。サタンがやってきたら、すぐに身を守ることができるだろうし、やって来ることを感知することができるだろう。あなたは本当の霊的不安を感知するだろう。今のサタンの働き方は人々の動向に適応する。人々が混乱したまま振る舞い、注意深さに欠けている時には、サタンに捕らわれたままになってしまう。あなたはいつでも注意深くし、目を凝らして見なければならない。自分の損得を口やかましく言ってはいけない。自分の利益になるように計算してはいけない。それよりむしろわたしの旨が行われることを求めなさい。

物体は同じに見えても、その品質は異なるかもしれない。だから、あなたは個人だけでなく霊を識別するべきである。あなたはすぐれた識別力を働かせ、霊的にも明晰でいなければならない。サタンの毒素が現れても、すぐにそれを認識できなければならない。サタンの毒素は神の裁きの光を逃れることはできない。あなたは霊の中で、聖霊の声により注意を払ってじっくり耳を傾けるべきである。他の人々に盲目的に従って、誤っているものを真実と誤解してはいけない。大損害を被ることのないように、誰であれ主導権を握っている者に単純に従ってはいけない。そのことを、あなたはどのように感じるだろうか。あなた方はその重要性を感じたことがあるだろうか。でたらめに奉仕の邪魔をしたり、自分の意見を差し挟んだりするべきではない。さもないと、わたしはあなたを打ち倒すだろう。さらに悪いことに、あなたが従うことを拒絶し、好きなように語ったり、行なったりすれば、わたしはあなたとの関係を打ち切るだろう。教会はさらに多くの人々をかき集める必要はない。教会が求めるのは心から神を愛し、本当にわたしの言葉に従って生きる人々である。あなたは自分の真の現状に気づくべきである。自分たちは金持ちだと貧しい人々が考えるのは自己欺瞞ではないだろうか。教会を建てるためには聖霊に従わなければならない。盲目的に行動して前進するのではなく、自分の場所にとどまって、自分がするべき働きを遂行しなさい。自分の役割から逸脱することなく、自分が実行できるどんな働きでも全力で果たすべきである。そうすれば、わたしの心は満足するだろう。あなた方全員が同じ働きに奉仕するということではない。むしろ、それぞれが自分の役割を遂行し、教会で他の人々と協力して自分の奉仕に専念するべきである。あなたの奉仕はどちらの方向にも逸脱してはならない。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第十九章」より

日々の神の御言葉 抜粋 384

聖霊の働きはあなた方を新しい天地へと招き入れた。全てが新たにされており、全てがわたしの手の中にある。全てが新たに始まったのである!人々はその概念ゆえに考え抜くことができず、それが理解できない。しかし働きをしているのはわたしであり、その働きにはわたしの知恵がある。だからあなた方は自分の概念や意見をすべて脇に置くとよい。神に委ねて何事も心配することなく、神の言葉を飲み食いすることを考えるとよい。わたしはこのように働いているのだから、神聖な責任をこの肩に背負う。実際、人々がこうでなければならないというようなものはない。むしろ、神が驚くべきことをするのであって、それにより神自身の全能性を示している。人々は神のことでなければ、自慢してはならない。さもなければ、あなたは損失を被るだろう。神は貧しい人を塵から引き上げ、謙虚な人は必ずや高く上げられる。わたしは自分の知恵をあらゆるかたちで用いて宇宙教会を支配し、全ての国々と全ての人々を支配する。それら全てがわたしの中にあり、教会にいるあなた方がみな私に従うようになるためである。これまで従わなかった者も今わたしの前に従順でなくてはならず、互いに従い、互いに慎み、いのちにおいて互いに繋がり、互いに愛し合い、他人の長所によって自分の短所を補い、協力しあって仕えなければならない。そうすれば教会は建てられ、サタンに手柄を立てる隙を与えない。そうして初めて、わたしの経営(救いの)計画は失敗することなく達成されるであろう。ここでもうひとつ覚えておいて欲しいことがある。誰々はこういう人だからとか、こんな事をしたからといってあなた方のうちに誤解を生じさせて、霊的に衰退することのないようにしなさい。わたしにとって、それは不適切で無意味なことである。あなたが信じるのは、人間ではなく神ではないのか。役割が全く違うのである。からだはひとつ。それぞれが自分の本分を尽くし、それぞれの持ち場で最善を尽くし――幾分熱があれば、その分光を発する――いのちの成長を求めなさい。そうすれば、わたしは満足する。

あなた方が考えるべきことは、わたしの前で心静かにしていることだけである。わたしと親しく交わりなさい。そして理解できないことについては更に追い求め、祈りを捧げ、わたしの時間を待ちなさい。全てのことを霊により明確に理解しなさい。向こう見ずな行動を避け、道から外れないようにしなさい。そのようにして初めて、あなたがわたしの言葉を飲食することで真の実りがある。頻繁にわたしの言葉を飲食し、わたしの言ったことを思い巡らし、わたしの言葉を実践することに注意を向け、わたしの言葉の現実に生きなさい。これが重要なことである。教会を建て上げることはいのちの成長の過程でもある。もしいのちが成長しなくなれば、あなたは建て上げられることはない。ありのままに任せたり、肉、熱意、寄付、資格に頼ったりするなら、どんなに善良でも、建て上げられることはない。いのちの言葉の中に生き、聖霊の啓きと照らしの中に生き、自分の実状を知り、人として変わらなくてはならない。霊にあって同じ識見を持ち、新たな啓きを持ち、新たな光に遅れずに進まなければならない。絶えずわたしの近くにいてわたしと交わり、日常生活の様々な行動の基準をわたしの言葉とし、わたしの性質を生き、あらゆる種類の人や出来事、ものをわたしの言葉を基準として適切に対処できるようにしなければならない。

もしあなたがわたしの旨を理解し、配慮したいと願うなら、わたしの言葉に留意しなければならない。慌てて物事を行なってはならない。わたしが認めないものは悲惨な結末を迎える。祝福はわたしの賞賛したことにおいてのみ来る。わたしが語ることは、そのようになる。わたしが命じることは確定する。あなたがたはわたしが許可していないことは決して行なってはならない。怒りを避けるためである。そのような事になってからでは手遅れとなるであろう。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第二十一章」より

日々の神の御言葉 抜粋 385

教会建設の期間はサタンにとっても熱狂する時である。サタンは僅かの人間を通して妨害することがよくあるが、一番簡単にサタンの役を演じてしまうのは、霊を知らない者や新たに信者となった者たちである。聖霊の働きを知らないために、両手を前へ差し出して、まったく自分の思うままに、自分のやり方や観念に沿って、思いつきで行動する人は多い。黙っていなさい。これはあなたを守るためである。良く聞いて従いなさい。教会と社会は異なる。自分の思うままを話してはならず、考えていることを何でも口にだしてはならない。ここは神の家なのだから、それでは上手くいかない。神は人のやり方は受け入れない。霊に従って物事を行い、神の言葉を生きるならば、他の人達はあなたに敬服するだろう。まず自分自身の中にある困難を神に頼って解決しなさい。自分の堕落した性質に終わりを告げ、自分の状態を真に理解し、どうすべきかを知りなさい。分からないことは交わって話し合いなさい。自分を知らないままではいけません。まずは自分の病を癒し、そしてわたしの言葉をより頻繁に飲み食いし、それらを熟考することにより、わたしの言葉を基に自分の人生を生き、自分の物事を行ないなさい。家にいるか他の場所にいるかに関わらず、神があなたの中で力を振るえるようにしなさい。肉とありのままのあり方を捨てなさい。常に神の言葉があなたの中にあって支配するようにしなさい。いのちに変化がないと心配するには及ばない。徐々に、自分の性質が大きく変わったと感じるようになる。以前、あなたは注目を浴びることに熱心で、誰の言葉にも従わないか、あるいは野心的で、独善的で、横柄だった。あなたはそれらを徐々に取り除くだろう。今すぐにそれらを捨てたいと思っても、それは不可能である。なぜなら、古い自我が他人にそれらに触れさせず、あなたの中に深く根付いているからである。ゆえに、あなたは自ら努力する必要があり、前向きに、そして積極的に聖霊の働きに従い、意志を用いて神に協力し、わたしの言葉を進んで実践しなければならない。罪を犯せば神があなたを鍛錬する。戻って来て理解するとき、あなたの中で全てがすぐよくなる。自分の好きなように話しているなら、すぐに内面で鍛錬されることになる。知っての通り、神はそのようなものを喜ばないので、すぐに止めるならば、あなたは心の中の平安を取り戻す。新信者の中には、いのちがどのように感じるもので、いのちを感じて生きるということがどのようなことか理解できない者もいる。あなたも、口に出さないだけで、なぜこのように内面が落ち着かないのか疑問に思うことがある。そのような時は、あなたの思いや心があるべき状態でないのである。あなたは自分で選択し、自分の観念と意見を持つ時がある。他の人が自分に劣ると考える時がある。時には自分勝手な計算をして、祈ったり自分を省みることを怠る。あなたが内面の平安を感じられないのはそれが理由である。あなたは問題が何であるかを分かっているのだろう。直ちに心の中で神の名を呼び求め、神に近づけばよい。そうすれば回復する。心が動揺して平安を欠いている時に、神があなたに語らせてくれるなどと決して思ってはならない。新信者は特に、このことに関して神に聞き従わなければならない。神が人の内面に与えるのは平安、喜び、明瞭さ、確信である。人はそれを理解できず、混乱して思うにまかせて物事をしてしまうことが多いが、そのようなものはどれも妨害となるので、よく注意しなければならない。もしそのような傾向があるならば、まずそうならないように予防薬が必要である。そうでなければ、妨害行為を行なってしまい、神に打たれることになる。独善的になってはならない。他の人達の長所を用いて自分の弱さを正し、他の人達がどう神の言葉によって生きているかを良く見て、その人達の生き方と言動が学ぶに値するものであるかどうかを見極めなさい。他の人達が自分より劣ると考えるなら、あなたは独善的であり、慢心しており、誰のためにもなっていない。大切なのはいのちに焦点を当て、わたしの言葉をもっと飲食し、経験し、知り、純粋にあなたのいのちとすることである。これが重要なことである。神の言葉によって生きることのできない人のいのちが成熟できるだろうか。いや、できない。常にわたしの言葉によって生きなくてはならない。生活において、わたしの言葉が行動規範でなければならない。わたしの言葉により、あるやり方で物事を行なうことで神が喜び、別のやり方で物事を行なうことを神は嫌うことを感じるようになる。あなたは徐々に、正しい道を歩くようになる。神から出るものは何で、サタンから出るものは何かを理解しなくてはならない。神から出るものはあなたのビジョンをさらに明確にし、神にますます近づかせ、兄弟姉妹と心から愛を分かち合うようにさせる。そして神の重荷に対して配慮を示すことができ、神を愛する心は止むことがなく、目の前には進む道がある。サタンから出るものはあなたのビジョンも、それまで持っていたもの全てをも失わせる。神から離れ、兄弟姉妹に対する愛も失せ、憎しみの心を持つようになる。絶望し、もはや教会生活を望まなくなり、神を愛する心が失せる。それがサタンの働きであり、邪悪な霊の働きがもたらす結末である。

今が正念場である。あなた方は最後の一瞬まで懸命に働かなくてはならず、霊の目を澄み切らせ、善悪が見分けられるようにし、教会建設のために努力の限りを尽くさなければならない。サタンの虜とならないようにし、宗教的な妨害や邪悪な霊の働きを避けなさい。教会を清め、わたしの旨が妨げられずに実行されるようにしなさい。そうすれば災いに先立つこの短い時間に、わたしはできる限り迅速にあなたを真に完全にし、栄光へと連れて行く。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第二十二章」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 386

時が迫り、聖霊の働きが躍進し、このような大いなる祝福をあなたに得させ、宇宙の王、輝く太陽、神の国の王である全能神をあなたが受け入れるように促しているのをあなたは見ている――これはすべてわたしの恵みと慈悲である。あなたをわたしの愛から切り離すことができるものが何かあるだろうか。慎重に熟考しなさい。逃げようとしてはならない。あらゆる時にわたしの前で静かに待ちなさい。いつも外へさまよい出てはならない。あなたの心はわたしの心の近くに寄りそっていなければならない。また、どんなことが降りかかっても、盲目的に、あるいは自分勝手に物事を行ってはならない。あなたはわたしの旨に注意を払い、わたしが望むことは何でも行い、わたしが望まないものは捨てる決意がなければならない。あなたはあなたの感情によって行動してはならない。代わりに、わたしのように義を実践しなさい。あなたの母や父に対してさえ感傷的になることは許されない。真理と一致しないものはすべて放棄し、自分自身を捧げ、わたしを愛する純粋な心でわたしのために尽くさなければならない。どんな人間や事物の支配も受けてはならない。わたしの旨に一致する限り、わたしの言葉に従って実践しなさい。わたしの手があなたを支えているのだから、恐れてはならない。わたしはあなたをすべての悪い者たちから必ず守ろう。あなたの命はわたしの命に依存して生かされているのだから、あなたは自分の心を守り、いかなる時にもわたしの中に留まっているべきである。あなたがわたしから離れるなら、あなたはすぐに枯れてしまうだろう。

あなたは今が終わりの日であることを知るべきだ。悪魔サタンは吠えたける獅子のように、食い尽くすべき人々を探し求めて歩き回っている。あらゆる種類の疫病が今蔓延し、多くの異なる種類の悪霊どもがいる。唯一わたしだけが真の神である。唯一わたしだけがあなたの避難所である。あなたは今わたしの秘密の場所、わたしの内にだけ隠れることができ、災害はあなたに降りかからず、どんな災難もあなたの幕屋には近づかないだろう。あなたはもっとわたしに近づき、隠れた場所でわたしと交わらなければならない。他の人々と勝手に交わってはならない。あなたはわたしの言葉の中にある意味を把握しなければならない――わたしはあなたが交わりを持つことを許さないと言っているのではない。あなたにはまだ識別力がないというだけのことである。この期間、悪霊によって行われた働きが蔓延している。彼らはあらゆる種類の人々を通してあなたに交わりを与える。彼らの言葉はとても心地よく聞こえるが、中には毒がある。彼らの言葉は砂糖で覆われた弾丸であり、あなたが気付かぬ間に、あなたの内部に毒を注入するだろう。大部分の人々は今日、酔っているかのように不安定であることをあなたは知るべきである。あなたが困難にぶつかり、他の人々と交わりを持つとき、彼らがあなたに言うことは規則や教義だけであり、それはわたしと直接交わることほど良くはない。わたしの前に来て、あなたの中にある古いものをことごとく注ぎ出し、あなたの心をわたしに開きなさい。そうすれば、わたしの心は必ずあなたに明らかにされるだろう。あなたの心はわたしの前に勤勉でなければならない。怠けてはならない。むしろ、絶えずわたしに近づかなければならない。これがあなたのいのちが成長する最もはやい道である。あなたはわたしの中で生きなければならない。そうすればわたしはあなたの内で生き、あなたの中で王として君臨し、すべてのことにおいてあなたを導く。そうすれば、あなたは神の国にあずかることができる。

あなたは、若いからといって、自分を過小評価してはならない。あなたはわたしに自身を捧げるべきである。わたしは人々の外見や年齢は気に掛けない。わたしが心に留めるのは、彼らが心からわたしを愛するかどうか、他のすべてを無視して、わたしの道に従い真理を実践するかどうかである。明日がどうなるか、また将来がどのようになるかを心配するな。あなたが日々わたしに依り頼んで生きる限り、わたしは必ずあなたを導く。「私のいのちはあまりにも未熟だ。私は何も理解していない」というような思いに囚われるな。それはサタンによって送られた思いである。絶えずわたしに近づき、道の終わりまでわたしの足跡をたどるために、ただあなたの心を用いなさい。わたしの非難と警告の言葉を聞いて、目を覚ますとき、あなたは即座に前へ走らなければならない。わたしに近づくことを止めてはならない。群れの歩みに遅れないようにし、目を前に向け続けなさい。わたしの前であなたは心と魂のすべてを尽くして、あなたの神を愛さなければならない。奉仕の道において、わたしの言葉をもっと理解しようとしなさい。真理を実践する際、あなたは心弱くなってはならない。強い心を持ちなさい。男児の覚悟と気骨を持ち、そして強靭な心を持っていなさい。あなたがわたしを愛したいなら、わたしがあなたの中に達成することを望むすべてのことでわたしを満足させなければならない。あなたがわたしに従いたいなら、あなたが持っているもの、愛するものをすべて捨て、わたしの前にへりくだって従い、単純な心を持たなければならない。そして無作為に物事を研究したり考慮したりしてはならない。あなたは常に聖霊の働きについて行かなければならない。

ここでわたしはあなたに助言を与える。あなたはわたしがあなたの内に啓示したすべてのことを固く放さず、実践しなければならない。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第二十八章」より

日々の神の御言葉 抜粋 387

兄弟たちよ、目覚めなさい!姉妹たちよ、目覚めなさい!わたしの日は遅れることはない。時は命であり、時を掴むことは命を救うことである。その時はそう遠くない。大学の入学試験を受けて不合格であれば、猛勉強して再挑戦することができる。だがわたしの日にはそのような先延ばしはない。覚えておきなさい。もう一度言う、覚えておきなさい。これらの善き言葉をもって強く説く。あなたの目の前でこの世の終わりが始まり、大きな災害が急速に迫る。あなた方にとって、いのちが大切か、それとも寝ること、食べること、飲むこと、着ることが大切か。あなた方がそれらのものを慎重に推し量る時が来た。これ以上疑っていてはならず、確信することを避けてはならない。

何と惨めなことか。何と哀れなことか。どこまで盲目なのか。どこまで人類は非情なのか。わたしの言葉に耳を貸さないとは。わたしは無駄に話しかけているのか。なぜそれほどまでに不注意なのか。どういうことなのか。これまでその事を考えたことはあるのか。わたしは誰のためにこれらの言葉を語っているのか。わたしを信じなさい。わたしはあなた方の救い主である。わたしはあなた方の全能者である。見なさい。しっかり見ていなさい。失われた時は二度と戻らないことを覚えておきなさい。悲嘆を和らげる薬など、地球上をくまなく探しても見つからない。それならば、あなた方にどう伝えればよいのか。わたしの言葉はあなた方が熟考し、繰り返し思い巡らすには値しないのか。あなた方はわたしの言葉に対してあまりに不注意で、自分のいのちに対して無責任過ぎる。それをわたしが我慢しろというのか。我慢などできるだろうか。

この間ずっと、正しい教会生活があなた方の間で生じられなかったのはなぜか。それはあなた方が信仰に欠け、代価を払う覚悟がなく、自分を捧げる意志がなく、わたしの前で努力したがらないからである。息子たちよ、目を覚ましなさい!息子たちよ、わたしを信じなさい。愛するものたち、なぜわたしの心の中にあるものを考慮できないのか。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第三十章」より

日々の神の御言葉 抜粋 388

教会内で起こる問題に関しては、あまり多くの疑惑を抱いてはならない。教会が建て上げられるなら、過ちが起こることは避けられない。だが問題に直面しても、慌ててはいけない。落ち着いて、冷静でいなさい。あなた方には以前そう言ったではないか。わたしに頻繁に祈りなさい。そうすればわたしはわたしの意図をはっきりあなたに示そう。教会はわたしの心であり、わたしの究極の目標なのだから、愛さずにいられようか。恐れてはならない。教会でこのような事が起こるとき、すべてわたしがそうなることを許しているのである。立ち上がってわたしのために語りなさい。すべての物事はわたしの玉座によって許されており、その全てにわたしの意図があるという信仰を持ちなさい。あなたが自分勝手に交わり続けるならば、問題が起こるだろう。その結末を考えたことがあるだろうか。サタンが利用するのはこの種のことである。わたしの前に頻繁に来なさい。わたしは率直に話す。あなたがわたしの前に来ることなく何かをするのであれば、完成できるなどと思ってはならない。わたしをこの立場に置いたのはあなた方なのだ。

落胆してはならない。弱ってはならない。わたしはあなたに明らかにする。神の国への道は平坦ではない。何事もそう簡単ではないのだ。あなたはたやすく祝福を得たいのであろうか。今日、だれもが苦しい試練に直面しなければならない。そうでなければ、あなた方のわたしに対する愛の心がさらに強いものとなることはなく、わたしに真実の愛を抱くこともないであろう。たとえそれが些細な状況であっても、誰もがそれを通らねばならない。ただそれぞれ度合いが違うというだけのことである。その状況はわたしからの祝福のひとつなのだ。わたしの祝福を求めてわたしの前に頻繁に跪く者がどれだけいるだろうか。愚かな子たちだ。あなた方はいつでも、少しの幸運な言葉がわたしからの祝福であると感じるが、苦しみがわたしからの祝福の一部だとは感じない。わたしからの苦しみにあずかる者は、必ずわたしの甘美さにもあずかるだろう。これがわたしの約束であり、あなた方に対するわたしからの祝福である。食べて飲み、享受することをためらってはならない。闇が過ぎ去れば光が訪れる。夜明け前が一番暗いのだ。その後徐々に明るくなり、やがて日が昇るのである。恐れたり、臆病になったりしてはならない。今日、わたしはわたしの子たちを支え、彼らのために力を発揮する。

教会の問題に関しては、自分の責任を逃れようとしてはならない。誠実を尽くして問題をわたしの前に持ってくるならば、あなたは道を見出すだろう。このように些細なことが起きると、あなたは恐れ、慌て、どうしてよいか分からなくなる。わたしは何度も言ったではないか。「頻繁にわたしに近づきなさい。」と。わたしがあなた方に言ったことを、あなた方は誠実を尽くして実践しただろうか。あなた方は何度わたしの言葉を思い巡らしただろうか。それだから、あなた方は明確な識見を得ないのだ。それは身から出た錆ではないのか。あなた方は他の者たちを責めるが、なぜ自分を憎まないのか。あなた方は自分が面倒を引き起こしたのに、いまだに誠実を尽くさず、相変わらずいいかげんである。あなた方はわたしの言葉に注意を払いなさい。

従順で服従するものは大きな祝福を得る。教会では、わたしへの証しとして堅く立ち、真理を掲げなさい。正しいことを正しいとし、間違っていることは間違っているとしなさい。黒と白を混同してはならない。サタンと戦い、サタンが二度と立ち上がることのないよう、完全に打ち負かさなければならない。わたしの証しを守るべく、全てを犠牲にしなければならない。これを目標として行動しなさい。これを忘れてはならない。だが今、あなた方は信仰に欠けており、物事を見分ける力にも欠けており、また、いつもわたしの言葉とわたしの意図を理解できずにいる。だが心配してはならない。全てはわたしの段階に応じて進行する。不安は問題を生じさせるだけである。わたしの前でもっと時間を過ごしなさい。そして肉体的な体のために食べるものや着るものに注意を払わないようにしなさい。わたしの意図を頻繁に求めなさい。そうすれば、わたしはそれが何であるかをはっきりとあなたに示そう。あなたは徐々にわたしの意図を全てのことに見出すようになり、その結果、わたしは何の妨害もなく、全ての人々の中で働くことができる。そうすれば、わたしの心は満足し、あなた方はわたしとともに、とこしえまでも祝福を受けるのであろう。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第四十一章」より

日々の神の御言葉 抜粋 389

ペテロは長年わたしに忠実であったが、けっして不平を言わず、恨みがましい心をもたず、ヨブでさえペテロには及ばなかった。長い年月にわたって、聖徒たちもみなペテロには遠く及ばなかった。ペテロはわたしについての認識を求めただけではなく、サタンが欺きに満ちた策略を実行していた時にも、わたしを知るようになった。それが、長年のわたしの心にかなう奉仕をすることにつながり、その結果、サタンに利用されることがついになかった。ペテロはヨブの信仰から学んだが、明らかに彼の短所をも知っていた。ヨブは深い信仰の持ち主だったが、霊的領域のものごとに関する認識を欠いていた。そのため、現実に沿わないことを数多く言っていた。このことから、彼の認識がまだ浅く、完全には至ることができなかったことがわかる。そこで、ペテロは常に霊を理解しようとし、いつでも心して霊的領域の動態を観察していた。その結果、わたしの望みの何かを確信することができただけでなく、サタンの欺きに満ちた策略についても多少理解していた。そのため、ペテロの認識はいつの時代の誰よりも豊かだった。

ペテロの経験から、人間がわたしを知りたければ、霊において注意深く考察することに集中しなければならないということは、容易にわかるだろう。わたしはあなたがたに、外面的に多くのものをわたしにささげることを要求しない。それは二義的な懸念である。わたしを知らないなら、あなたの語る信仰や愛、忠実はすべて幻想にすぎない。それは中身のないものであり、あなたはわたしの前で大いに自慢するが、自分を知らず、そのため再びサタンの罠にかかり、自由になることができないという破目になるのは確実である。あなたは地獄の子になり、破滅の対象となる。しかし、わたしの言葉に冷淡で無関心であるなら、その人は必ずわたしに敵対している。これは事実であり、あなたは霊的領域の門の向こう側に大勢の多様な霊がわたしの刑罰を受けているのを見るとよい。彼らの中に、わたしの言葉に受動的でなく、冷淡でなく、わたしの言葉を拒まなかった者がいるだろうか。彼らの誰がわたしの言葉に冷笑的でなかっただろうか。彼らの誰がわたしの言葉に対抗するものを見つけようとしなかっただろうか。彼らの誰が自分を守るためにわたしの言葉を防御武器として用いなかっただろうか。彼らはわたしの言葉を通じて、わたしについての認識を求めず、単に玩具としてもてあそんだに過ぎない。そうすることで、彼らはわたしにじかに敵対したのではないのか。わたしの言葉とは誰のことなのか。わたしの霊とは誰のことなのか。わたしは何度も、こうした言葉をあなたがたに繰り返してきた。しかし、あなたがたの理解がさらに高度で明瞭であったことがあるか。経験が真実であったことがあるか。もう一度言う。わたしの言葉を知らず、受け入れず、実践しないのなら、必ずわたしの刑罰の対象となる。必ずサタンの餌食になる。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第八章」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 390

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神を知らないすべての人々がでたらめな信仰に取りつかれているのは無理もない。人々は神への信仰を真剣には受け止めない。なぜなら神を信じることは彼らにとってあまりにもなじみのないものであり、あまりにも不慣れなことだからである。これでは、彼らが神の求めに応えることなどできない。言い換えれば、人々が神を知らなければ、神の働きを知らなければ、神に使われるには適さないし、ましてや神の望みに応じることなどできない。「神への信仰」とは神の存在を信じることを意味し、これは神に対する信仰の最も単純な考えである。さらに、神の存在を信じることは、真に神を信じることと同じではない。むしろそれは強い宗教的含みを持つ単純な信仰である。神への真の信仰とは、神はすべてのことに支配権を持つという信念に基づいて神の言葉と働きを経験することを意味する。堕落した性質から解放され、神の望みに応じ、神を知ることができる。そのような道程を経てのみ、神を信じていると言える。しかし、人々はしばしば神に対する信仰を、何か単純で取るに足らないものだと考える。このような形で神を信じる人は、神を信じることの意義を失っており、最後の最後まで信じ続けるかもしれないが、神の承認を得ることは決してない。なぜなら、彼らは間違った道を歩んでいるからである。今日でも、文字上でだけ、空しい教義上でだけ神を信じている人々がいる。彼らは自分たちの信仰には本質がないことや、自分たちが神の承認を得られないことに気が付かず、依然として平安と神からの十分な恩恵を願って祈っている。私たちは立ち止まって次のように自問するべきである。神を信じることは本当に地上で最も容易なことなのだろうか。神を信じることは神から十分な恩恵を得ることでしかないのだろうか。神を信じているが神を知らない人々、神を信じているが神に反抗している人々は本当に神の望みを満たすことができるのだろうか。

『言葉は肉において現れる』の「序文」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 391

初めて神を信じたあと、人が得てきたものは何か。あなたは神について何を知るようになったのか。神への信仰により、あなたはどれほど変わったのか。今日、あなたがたはみな、人による神への信仰は単に魂の救いと肉の幸福のためではなく、神の愛を通して自分の人生を豊かにさせるためなどでもないことを知っている。そのように、もしあなたが肉の幸福や一時的な快楽のために神を愛するなら、たとえ最後に神に対するあなたの愛が頂点に達し、あなたがそれ以上何も求めないとしても、あなたが求めるこの愛は依然として不純な愛であり、神には喜ばれない。自分のつまらない存在を豊かにし、心の空虚さを埋めるために神を愛する人は、楽な生き方に貪欲な人であって、神を真に愛することを求める人ではない。このような愛は強いられたものであり、精神的満足を追求するものであって、神はそれを必要としない。では、あなたの愛はどのようなものか。あなたは何のために神を愛するのか。まさにいま、あなたの中には神に対する真の愛がどれほどあるのか。あなたがたの圧倒的多数が抱いている愛は先に述べた通りのものである。このような愛は現状を維持することしかできず、不変性を得ることも、人に根づくこともできない。この種の愛は、花が咲いても実をつけず、そのまましおれてしまう花のようでしかない。言い換えると、そのような形で神を愛しても、誰かがその道を導いてくれなければ、あなたは崩れ落ちてしまう。神を愛する時代に神を愛せるだけで、その後もいのちの性質が変わらないままなら、あなたは引き続き暗闇の力に覆われ、そこから逃れることができず、サタンの束縛とたくらみから自由になることもできないままである。そのような人が完全に神のものとなることはできない。最終的に、その人の霊、魂、体は依然としてサタンに属している。このことに疑いの余地はない。完全に神のものとされることができない人は、残らず自分の本来の場所に戻る。つまり、サタンの所に戻り、神による次の段階の懲罰を受けるため、火と硫黄の池に落ちるのである。神のものとされる人は、サタンを捨て去ってその支配下から逃れる人のことである。そのような人は正式に神の国の民として数えられる。神の国の民はこのようになるのである。あなたはこの種の人になりたいのか。進んで神のものになりたいのか。進んでサタンの支配下から逃れ、神の元に戻りたいのか。あなたはいまサタンに属しているのか、それとも神の国の民として数えられているのか。これらのことはすでに明白であるべきで、これ以上説明する必要はない。

『言葉は肉において現れる』の「信者はどのような観点をもつべきか」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 392

かつて、多くの人が並外れた野心と観念を胸に、自分の希望のために追い求めた。こうした問題はしばらく脇にのけよう。いま極めて重要なのは、あなたがた一人ひとりが神の前で正常な状態を維持することができ、サタンによる支配の足かせから次第に自由になることができる実践の道を見つけることである。そうすれば、あなたがたは神のものとされ、神があなたがたに求める地上での生き方ができる。そのような形でのみ、あなたは神の旨を満たせるのである。多くの人が神を信じているが、神が望むものは何か、サタンが望むものは何かを知らない。彼らはばかげた、混乱した信じ方をし、ただ流れに乗るだけなので、クリスチャンとしての正常な生活を送ったことがない。さらに、彼らは正常な人間関係をもったことがなく、ましてや神との正常な関係をもったこともない。このことから、人間の問題と欠点、および神の旨を邪魔し得るその他の要因が数多くあることがわかる。そのことは、人がいまだ神への信仰の正しい軌道に乗っておらず、真の人生経験に入っていないことを証明するのに十分である。では、神への信仰の正しい軌道に乗るとはどういうことか。正しい軌道に乗るとは、あなたが神の前で常に心を静め、神との正常な交わりを享受することができ、人間には何が欠けているかを次第に知るようになり、神に関するさらに深い認識を徐々に得ることである。これにより、あなたの霊は日々新たな洞察と啓きを得るのである。そしてあなたの切望も膨らみ、真理に入ることを求めるとともに、新しい光と認識が日々存在するようになる。この道を通じ、あなたは次第にサタンの支配から自由になり、いのちにおいて成長を遂げる。このような人は正しい軌道に入ったのである。自分の実体験を評価し、信仰において自分が追求した道を検証しなさい。そのすべてと自分を照らし合わせなさい。あなたは正しい軌道に乗っているか。どのような事柄において、サタンの足かせと支配から自由になったのか。いまだ正しい軌道に乗っていないなら、あなたとサタンのつながりは切れていない。そうであれば、神を愛そうと求めたところで、本物で、純真で、純粋な愛へと導かれるだろうか。神に対する自分の愛はゆるぎなく、心からのものだとあなたは言うが、あなたはまだサタンの足かせから自由になっていない。あなたは神をからかおうとしているのではないか。神に対する自分の愛が不純でない状態へと至り、完全に神のものとされ、神の国の民として数えられたいなら、あなたはまず自分自身を神への信仰の正しい軌道に乗せなければならない。

『言葉は肉において現れる』の「信者はどのような観点をもつべきか」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 393

すべての人に共通する問題は、真理を理解していても実践しないことである。これは、一方では代償を払う意志がないためであり、他方では、識別が足りなすぎるためである。そうした人は日常生活の困難の多くをあるがままに見ることができず、正しく実践する方法を知らない。人の経験は浅すぎ、素質が不足しすぎ、真理の理解度が限られているため、日常生活で遭遇する困難を解決するすべがない。口先だけで神を信じており、日常生活に神を入れることができない。つまり、神は神であり、生活は生活であり、人は生活の中で神とは関係ないかのようである。誰もがそう考えている。このように神を信じているので、現実には人が神に得られ、完全にされることはない。実のところ、神の言葉が完全に現れなかったということではなく、むしろ人が神の言葉を受け取る人の力が単に足りなすぎるのである。神の本来の意図に従って行動する人はほとんどいないと言える。むしろ、自分自身の意図、過去に持っていた宗教的観念、物事のやり方にしたがって神を信じている。神の言葉を受け入れた後に変容を遂げ、神の心意に従って行動し始める人はほとんどいない。その代わり、誤った信念に固執する。人が神を信じるようになるとき、宗教の慣例に基づいて信じ、自分の処世哲学だけに基づいて生き、他者と関わる。これは十人のうち九人に当てはまると言える。神を信じるようになってから別の計画を立て、改心する人はほとんどいない。人類は神の言葉を真理と見なさず、または真理として受け取り実践しなかった。

たとえば、イエスを信じることを考えてみよう。信じ始めたばかりの人でも、非常に長い間信じてきた人でも、みな自分が持つ何らかの才能を使い、自分が有する何らかの技能を見せただけである。人は単純に「神を信じる」という五文字を自分の通常の生活に加えただけで、自分の性質は変えず、また、神への信仰は少しも増大しなかった。そうした人の追求は熱くも冷たくもない。自分の信仰をあきらめるとは言わなかったが、すべてを神に捧げることもなかった。神を本当に愛したことも、従ったこともなかった。彼らの神への信仰は本物と偽物の混合であり、片目を開き、もう片方を閉じたまま対処し、信仰を実践することに熱心ではなかった。このような困惑した状態を続け、最終的には混乱したまま死んだ。こんなことをして何の意味があるのか。今日、実際的な神を信じるには、正しい道を歩まなければならない。神を信じるなら、祝福を求めるだけでなく、神を愛し、神を知るべきである。神の啓きを通して、自己による追求を通して、神の言葉を飲み食いし、神についての真の認識を育て、心の底から真に神を愛することができる。言い換えれば、神への愛がまことに真実なもので、神への愛を誰も破壊したり邪魔したりすることができないとき、あなたは神を信じる正しい道を進んでいる。これは、あなたが神に属していることを証明する。なぜならあなたの心はすでに神が所有し、それ以外はあなたを所有できないからである。経験を通して、払った代償を通して、神の働きを通して、あなたは神への不断の愛を育てることができる。そうすれば、あなたはサタンの影響から解放され、神の言葉の光の中に生きるようになる。闇の影響から自由になって初めて、あなたは神を得たと言うことができる。あなたは、神の信仰において、この目標を追求しなければならない。これは、あなたがた一人一人の本分である。あなたがたは一人として現状に満足するべきではない。あなたは神の働きに対して迷うことはできないし、それを軽視することもできない。あらゆる点において、常に神を思い、何をするにも神のために行わなければならない。そして、話したり行動したりするときはいつでも、神の家の利益を優先すべきである。そうしてはじめて、神の心に叶うことができる。

『言葉は肉において現れる』の「神を信じるなら真理のために生きるべきである」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 394

神の信仰において、人の最大の欠点は、言葉でしか信じないことであり、日常生活に神が完全に不在であることである。実際、人はみな神の存在を信じるが、神は日常生活の一部になっていない。人は口で神に多くの祈りを捧げるが、心に神の居場所はほとんどないので、神は何度も人を試す。人は不純であるため、人がこうした試練の中で恥ずかしく思い、自己を知ることができるように、神は人を試すしかない。そうでなければ、人類は大天使の子孫に姿を変え、ますます堕落するであろう。神の信仰の過程では、神の絶え間ない浄化の下で、人はそれぞれの個人的な意図や目的の多くを捨て去る。そうでなければ、神は誰かを使うことも、神が為すべき働きを人において為すこともない。神はまず人を清め、この過程を通して、人は自身を知るようになり、神が人を変えることがある。そうしてはじめて、神はそのいのちを人に注ぎ入れ、そうすることでのみ、人の心は完全に神に向けられる。だから、神を信じることは人が言うほど単純ではないとわたしは言うのである。神の視点からは、あなたに認識はあっても神の言葉をいのちとしていなければ、そして自分の認識だけに制限され、真理を実践することも神の言葉を生きることもできないなら、それはやはりあなたに神を愛する心がないことの証明であり、あなたの心が神のものではないことを示している。人は神を信じることで神を知ることができる。これが最終的な目標であり、人が追求するべき目標である。あなたの実践において神の言葉が実を結ぶように、神の言葉を生きる努力をしなければならない。教義的な認識しかなければ、あなたの神の信仰は無駄になる。あなたが神の言葉を実践し、神の言葉を生きる場合にのみ、信仰は完全で、神の心意に一致するとみなされる。この道では、多くの認識を語ることができる人は多いが、彼らが死ぬ時、その目は涙で溢れ、人生を無駄にし、高齢まで無用に生きたことを恨む。彼らは単に教義を理解しているだけで、真理を実践することも、神に証しをすることもできない。代わりに、あちこちをハチのように忙しく駆け回るだけで、死の寸前でようやく真の証しがないこと、神を全く知らないことを悟る。これでは手遅れではないか。なぜ今を生き、愛する真理を追い求めないのか。なぜ明日まで待つのか。人生において真理を求めて苦しむことも、真理を手に入れようとすることもないなら、今際の際に後悔したいということではないのか。もしそうなら、なぜ神を信じるのか。実際、ほんのわずかな努力をすれば、真理を実践し、それによって神を満足させることができる事柄は多くある。人の心が悪魔に取りつかれているからこそ、神のために行動することはできず、肉のために絶えず駆け回り、最終的に達成するものは何もない。このため、人は常に苦しみや困難に悩まされる。これはサタンによる責め苦ではないのか。これは肉の堕落ではないのか。あなたは調子のよいことを言って神をだまそうとするべきではない。むしろ、具体的な行動を取らなければならない。自分を欺くな。それに何の意味があるのか。自分の肉のために生き、利益と名声を得るために奮闘することで何を得ることができるのか。

『言葉は肉において現れる』の「神を信じるなら真理のために生きるべきである」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 395

現在、あなたがたは神の民になることを追い求め、正しい道への全面的な入りを始めるべきである。神の民になることは、神の国の時代へ入ることを意味する。今日、あなたがたは神の国の訓練へと正式に入り始め、あなたがたの未来の生活は以前のように怠慢でいい加減なものではなくなる。以前のように生きるならば、神が求める基準に達することはできない。緊迫感がないのであれば、それはあなたに自分を改善する願望がなく、あなたの追求はまごつき混乱しており、あなたは神の旨を満足させられないことを示している。神の国の訓練に入ることは、神の民の生活を始めることを意味する。あなたはそうした訓練を受け入れる覚悟があるか。緊迫感をもつ覚悟があるか。神の鍛錬の下で生きる覚悟があるか。神の刑罰の下で生きる覚悟があるか。神の言葉があなたに臨み、あなたを試すとき、あなたはどう行動するのか。あらゆる事実に直面したとき、あなたは何をするのか。過去において、あなたはいのちに重点を置いていなかった。そして今日、あなたはいのちの現実に入り、いのちの性質の変化を追い求めなければならない。それが神の国の民によって達成されなければならないことである。神の民である者はみないのちをもち、神の国の訓練を受け入れ、いのちの性質の変化を追い求めなければならない。それが神の国の民に対して神が求めることである。

神の国の民に対する神の要求は次のとおりである。

1.神が託す任務を受け入れなければならない。つまり、神による終わりの日の働きで語られた言葉をすべて受け入れなければならない。

2.神の国の訓練に入らなければならない。

3.自分の心が神によって感動することを追い求めなければならない。あなたの心が完全に神へと立ち返り、正常な霊的生活があれば、あなたは自由の領域で生きることになり、それは神の愛の配慮と加護のもとで生きることを意味する。神の配慮と加護のもとで生きて初めて、あなたは神のものになる。

4.神によって得られなければならない。

5.地上における神の栄光の顕示とならなければならない。

以上の五点があなたがたに託すわたしの任務である。わたしの言葉は神の民に向けて語られており、もしもあなたにこれらの任務を受け入れる気がないのであれば、わたしは強制しない。しかし、もしも誠実に受け入れるなら、あなたは神の旨を行なうことができる。今日、あなたがたは神が託す任務を受け入れ始め、神の国の民になること、そして神の国の民であるために求められる基準に達することを追い求める。これが入りの第一歩である。神の旨を完全に行なうことを望むなら、これら五つの任務を受け入れなければならず、これらを達成することができれば、あなたは神の心にかない、神は必ずやあなたを大いに用いるだろう。今日重要なことは、神の国の訓練に入ることである。神の国の訓練への入りには、霊的生活が関わっている。これまで、霊的生活について語られたことはなかったが、今日、神の国の訓練に入り始める中、あなたは霊的生活へと正式に入ることになる。

『言葉は肉において現れる』の「神の最新の働きを知り、神の歩みに従え」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 396

霊的生活とはどのような生活なのか。霊的生活とは、あなたの心が神へと完全に立ち返り、神の愛に思いを馳せることができる生活である。それは神の言葉の中で生きる生活であり、心を占めるものは他になく、今日の神の旨を把握することができ、そして自分の本分を尽くすべく、今日の聖霊の光によって導かれる生活である。人と神とのそのような生活こそが霊的生活である。もしも今日の光に従うことができなければ、神との関係において距離が開いたのであり、関係が絶たれたことさえあり得る。そして、あなたには正常な霊的生活がないのである。神との正常な関係は、今日の神の言葉を受け入れるという基盤の上に築かれる。あなたには正常な霊的生活があるのか。神との正常な関係があるのか。あなたは聖霊の働きに従う人なのか。今日の聖霊の光に従うことができ、神の言葉の中にある神の旨を把握し、これらの言葉に入ることができるなら、あなたは聖霊の流れに従う人である。聖霊の流れに従わなければ、あなたは間違いなく真理を追求しない人である。自分を改善する願望がない人の中で聖霊が働く機会はなく、その結果、そうした人たちは決して力を奮い起こせず、常に消極的である。今日、あなたは聖霊の流れに従っているか。聖霊の流れの中にいるか。消極的な状態から脱したか。神の言葉を信じる人、神の働きを基盤とする人、今日の聖霊の光に従う人はみな聖霊の流れの中にいる。神の言葉は疑問の余地なく真実で正しいと信じるなら、そして神が何を言おうとその言葉を信じるなら、あなたは神の働きへの入りを追い求める人であり、このようにして神の旨を成就させる。

聖霊の流れに入るには、神との正常な関係をもたなければならず、まずは消極的な状態から抜け出さなければならない。常に群衆に従い、心が神からあまりに遠く離れた人がいる。そのような人には自分を改善したいという願望がなく、追い求める基準はあまりに低い。神を愛し、神に得られるのを追い求めることだけが神の旨である。自分の良心だけを使って神の愛に報いようとする人もいるが、それでは神の旨を満たせない。追い求める基準が高ければ高いほど、よりいっそう神の旨にかなう。正常な人、神への愛を追い求める人として、神の国に入って神の民の一人になることは、あなたがたの真の未来であり、それはこの上ない価値と意義をもつ人生であって、あなたがた以上に祝福されている人はいない。なぜわたしはそう言うのか。それは、神を信じない人は肉のために生き、サタンのために生きているが、今日あなたがたは神のために生き、神の旨を行なうために生きているからである。あなたがたの人生にはこの上ない意義があるとわたしが言うのはそのためである。神によって選ばれたこの人々の集団だけが、この上なく有意義な人生を生きることができる。地上の誰もそのような価値と意義のある人生を生きることはできない。神に選ばれ、神に引き上げられているために、またそれ以上に、あなたがたに対する神の愛ゆえに、あなたがたは真の人生を把握しており、この上なく有意義な人生をどう生きるかを知っている。これはあなたがたの追求が優れているからではなく、神の恵みのためである。あなたがたの霊の目を開いたのは神であり、あなたがたの心を感動させ、神の前に出るという幸運を与えたのは神の霊だった。神の霊があなたがたを啓いていなければ、あなたがたは神のどこが美しいかがわからず、神を愛することもできないだろう。人々の心が神へと立ち返ったのは、ひとえに神の霊が彼らの心を感動させたからである。神の言葉を享受しているとき、あなたの霊が感動し、自分は神を愛さないわけにはいかない、あるいは自分の中に大きな力があり、自分に捨てられないものは何もないと感じることがある。このように感じるならば、あなたは神の霊によって感動し、心が神へと完全に立ち返ったのである。そしてあなたは神に祈り、このように言うだろう。「神よ。私たちは本当にあなたによって予定され、選ばれました。あなたの栄光は私に誇りを与え、自分が神の民の一人であることを光栄に感じさせます。私はあらゆるものを費やし、あらゆるものを捧げてあなたの御旨を行ない、私のすべての年月と一生の努力をあなたに献上します」。このように祈るとき、あなたの心には神への果てしない愛と真の服従がある。あなたはこのような経験をしたことがあるか。神の霊によって頻繁に感動すると、人は祈りの中で特に進んで自分を神に捧げようとする。「神よ、私はあなたの栄光の日を見ること、あなたのために生きることを望みます。あなたのために生きること以上に価値や意義のあることはなく、サタンや肉のために生きたいという願望は少しもありません。今日あなたのために生きられるようにしてくださることで、あなたは私を引き上げてくださいます」。このように祈るとき、自分は神に心を捧げずにはいられず、神を得なければならず、生きている間に神を得ないまま死ぬのは耐えられないと感じるだろう。そのような祈りを唱えると、あなたの中には尽きせぬ力があり、あなたはその力がどこから来るのかわからない。あなたの心の中には無限の力があり、神はとても美しく、愛する価値があるという感覚をもつ。神によって感動するとこのようになる。こうした経験をした人はみな神によって感動したのである。神によって頻繁に感動する人には、いのちに変化が起こる。彼らは決意することができ、自ら進んで完全に神を得ようとする。心の中で神への愛がさらに強くなり、心は完全に神へと立ち返り、家族、世間、複雑な人間関係、そして自分の未来を顧みることがなくなり、一生の努力を神に捧げようとする。神の霊によって感動した人はみな真理を追い求める人であり、神によって完全にされる希望をもつ人である。

『言葉は肉において現れる』の「神の最新の働きを知り、神の歩みに従え」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 397

神に従う中で最も重要なのは、すべては神の現在の言葉に拠らねばならないということである。いのちへの入りを追い求めているのであれ、神の旨を成就させることを追い求めているのであれ、すべては神の現在の言葉を中心にしなければならない。あなたが交わり、そして追い求めるものが神の現在の言葉を中心にしていなければ、あなたは神の言葉を知らない人であり、聖霊の働きを完全に失っている。神が望むのは神の歩みに従う人である。あなたが以前に理解したことがどれほど素晴らしく、また純粋なものであっても、神はそれを望んでおらず、あなたがそうしたことを脇へのけられないなら、それは将来におけるあなたの入りにとって大きな障害になるだろう。聖霊の現在の光に従える人はみな祝福されている。過去の人々も神の歩みに従ったが、今日まで従うことはできなかった。これは終わりの日の人々の祝福である。神が自分をどこへ導こうともそれに付き従うほど、聖霊の現在の働きと神の歩みに従える人たちは、神に祝福される人である。聖霊の現在の働きに従わない人たちは神の言葉の働きに入っておらず、どれほど働こうとも、苦しみがどれほど大きくとも、どれほど駆け回ろうとも、そのどれも神には意味がなく、神はそうした人を賞賛しない。今日、神の現在の言葉に従う人はみな聖霊の流れの中にある。神の現在の言葉を知らない人は聖霊の流れの外にあり、そのような人は神に賞賛されない。聖霊が現在発する言葉から離れた奉仕は肉の奉仕であり、観念の奉仕であり、それが神の旨にかなうのは不可能である。宗教的観念の中で生きるなら、その人は神の旨にかなうことを何一つ行なえず、たとえ神に奉仕しても、それは想像や観念の中での奉仕であり、神の旨に従う形で奉仕することはまったくできない。聖霊の働きに従えない人は神の旨を理解せず、神の旨を理解しない人は神に奉仕できない。神は自身の旨にかなう奉仕を望んでおり、観念や肉の奉仕を望まない。聖霊の働きの歩みに従うことができないのであれば、その人は観念の中で生きている。そのような人の奉仕は妨害と混乱を引き起こし、そのような奉仕は神に真っ向から反している。そのため、神の歩みに従えない人は神に奉仕することができない。神の歩みに従えない人は間違いなく神に逆らっており、神と相容れることができない。「聖霊の働きに従う」とは、今日の神の旨を理解し、神の現在の要求に従う形で行動すること、今日の神に服従して付き従うことができ、神が発する最新の言葉に従う形でいのちに入ることを意味する。聖霊の働きに従い、聖霊の流れの中にいるのはそうした人だけである。そのような人は神の賞賛を受け、神を目の当たりにできるばかりでなく、神の最新の働きから神の性質を知ることができ、そして人の観念や不従順、人の本性と本質を神の最新の働きから知ることもできる。さらに、奉仕する中で自分の性質を徐々に変えることができる。このような人だけが神を得ることができ、真の道を本当に見つけた人である。聖霊の働きによって淘汰される人は、神の最新の働きに従うことができず、神の最新の働きに反逆する人である。そのような人が公然と神に反対するのは、神がすでに新しい働きを行ない、神の姿が彼らの観念の中にあるものと同じではないからである。その結果、公然と神に反対し、神について判断を下し、そのため神は彼らを嫌悪し、拒絶する。神の最新の働きについて認識をもつのは簡単なことではないが、神の働きに従い、神の働きを求める心構えがあれば、その人は神を見、聖霊の最新の導きを得る機会に恵まれるだろう。神の働きにわざと反対する人は、聖霊の啓きや神の導きを受けられない。そのため、神の最新の働きを受けられるか否かは、神の恵みと、その人の追求と、その人の意図にかかっている。

『言葉は肉において現れる』の「神の最新の働きを知り、神の歩みに従え」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 398

聖霊が現在発する言葉に従える人はみな祝福されている。そのような人が過去どうであったか、聖霊が人々の中でどのように働いていたかは問題ではない。神の最新の働きを得た人は最も祝福され、今日の最新の働きに従えない人は淘汰される。神は新しい光を受け入れられる人を望んでおり、神の最新の働きを受け入れ、それを知る人を求めている。貞節な乙女でなければならないと言われるのはなぜか。貞節な乙女は聖霊の働きを求め、新たな物事を理解することができ、さらには、古い観念を脇へのけて今日の神の働きに従うことができる。今日の最新の働きを受け入れるこの人々の集団は、神によってはるか昔に予定された人たちであり、人々のなかで最も祝福されている。あなたがたは神の声を直接聞き、神の出現を目の当たりにするので、天地を通じて、時代を通じて、あなたがた、つまりこの集団以上に祝福された人はいない。これはすべて神の働きの故であり、神の予定と選択の故であり、また神の恵みの故である。もしも神が語らず、言葉を発しなかったなら、あなたがたの状況は今日のようであり得ただろうか。それゆえ、神にすべての栄光と賛美あれ。これはひとえに神があなたがたを引き上げるからである。これらのことを念頭に置くなら、依然として消極的でいられるだろうか。力を奮い起こすことがいまだにできないだろうか。

神の言葉の裁き、刑罰、打撃、そして精錬を受け入れることができ、またそれ以上に、神が託す任務を受け入れられることは、はるか昔に神が予め定めたことなので、刑罰を受けるときはあまり悲嘆してはならない。あなたがたの中でなされた働き、あなたがたに授けられた祝福、そしてあなたがたに与えられたすべてのものを取り去ることは誰にもできない。宗教の人々はあなたがたとの比較に耐えられない。あなたがたには聖書に関する偉大な専門知識がなく、宗教理論もないが、神があなたがたの中で働いたので、過去の時代の誰よりも多くのものを得た。つまり、これがあなたがたの最大の祝福である。そのため、あなたがたは神に対してさらに献身的でなければならず、よりいっそう神に忠実でなければならない。神があなたを引き上げるので、あなたはますます努力せねばならず、霊的背丈を整えて神が託す任務を受け入れなければならない。神から与えられた場所にしっかり立ち、神の民の一人になることを追い求め、神の国の訓練を受け入れ、神によって得られ、最終的には神への栄光の証しとならねばならない。あなたにその決意があるのか。このような決意があれば、あなたは最後に間違いなく神によって得られ、神への栄光の証しとなるだろう。託されたおもな任務は神によって得られること、そして神への栄光の証しになることだと、あなたは理解しなければならない。それが神の旨である。

『言葉は肉において現れる』の「神の最新の働きを知り、神の歩みに従え」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 400

神は人間を完全にすると決意しており、どの視点から語るにせよ、すべては人々を完全にするためである。霊の視点から語られる言葉は人間には理解し難く、人間は理解能力が限られているため、実践のための道を見つける方法がない。神の働きはさまざまな成果を達成するものであり、神は常に目的を持って働きのそれぞれの段階を行っている。さらに神はさまざまな視点から語ることが不可欠であり、そうすることによってのみ、人間を完全にすることができる。もし神が霊の視点からのみ声を発するなら、働きのこの段階を完了することはできないであろう。神が語る口調から、神がこの人々を完全にすると決めていることがわかる。では、神に完全にされることを望む一人一人にとって、とるべき最初の一歩は何だろうか。まず何よりも、神の働きを知らなければならない。今日では新しい方法が神の働きに導入され、時代は推移し、神の働き方も変わり、神の話し方も異なっている。現在は神の働きの方法が変わっただけでなく、時代も変わっている。今は神の国の時代であり、そして神を愛する時代でもある。これは千年神の国の時代の先駆けであり、千年神の国の時代は言葉の時代でもある。言葉の時代、神は多くの方法で語って人間を完全にし、さまざまな視点から語って人間に施す。時代が千年神の国の時代に移行すると、神は言葉を用いて人間を完全にし始め、人間がいのちの現実に入れるようにするとともに、人間を正しい軌道へと導く。人間は神の働きの多くの段階を経験した結果、神の働きが不変ではなく、絶えず発展し深化することを目にしてきた。人々がこれほど長い間経験してきた働きは、繰り返し展開され、何度も変化してきた。しかしどれほど変化しようとも、人間に救いをもたらすという神の目的からその働きが逸れることは一切なく、一万回の変化を経ようとも、元来の目的から外れることは決してない。神の働きの方法がどのように変化しようと、その働きが真理やいのちから離れることは一切ない。働きが行われる方法の変化は、ただ働きの形式や神が語る視点の変化でしかなく、神の働きの中心的目的に変化があるわけではない。神の口調や働きの方法の変化は、特定の効果を得るために行われる。口調の変化は、働きの背後にある目的や原則の変化を意味するものではない。人間が神を信じるおもな目的はいのちを追い求めることであり、もし神を信じていながらいのちを求めもせず、真理や神の認識を追求もしないのなら、それは神への信仰ではない。それでも神の国に入り王になることを望むのは、現実的なことだろうか。いのちの追求を通して神への真の愛を達成する、このことのみが現実である。真理の追求と実践は、すべて現実である。神の言葉を読み、その言葉を経験することで、あなたは現実の経験の中で神の認識を得るようになる。それこそが、真に追求するということの意味なのである。

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代は言葉の時代である」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 401

今は神の国の時代である。あなたがこの新たな時代に入っているかどうかは、あなたが神の言葉の現実に入っているかどうか、そして神の言葉があなたのいのちの現実となっているかどうかによる。神の言葉がすべての人に知らされているのは、最終的にすべての人が神の言葉の世界に生きるようになり、神の言葉が一人一人を内から啓き、照らすようになるためである。もしこの期間にあなたが不注意に神の言葉を読み、神の言葉にまったく関心を持たなければ、それはあなたの状態が間違っていることを示している。あなたが言葉の時代に入れないなら、聖霊はあなたの中で働きを行わない。もしあなたがこの時代に入っているのなら、聖霊はその働きを行う。言葉の時代が始まる今、聖霊の働きを得るためには何ができるだろうか。この時代、神はあなたがたのもとで次のような事実を実現する。つまり、一人一人が神の言葉を生き、真理を実践できるようになり、誠実に神を愛するようになる。そしてすべての人々が、神の言葉を基盤かつ自身の現実として用い、神を敬い畏れる心を持つようになる。さらに神の言葉の実践をとおして、人間が神とともに王のような力を振るうようになるのである。これが、神によって達成される働きである。あなたは神の言葉を読まずに生きることができるだろうか。現在、神の言葉を読まずには一日や二日も生きられないと感じる人々が大勢いる。彼らは神の言葉を毎日読まずにはいられず、時間がないときには代わりにそれを聴く。これは聖霊が人々に与える感情であり、人々を動かし始めるときのやり方である。つまり神は言葉をとおして人間を統治し、人間が神の言葉の現実に入れるようにするのである。もし、一日だけ神の言葉を飲み食いしなかった後、闇と渇きを感じ、それに耐えられないと感じたなら、それはあなたが聖霊によって動かされており、聖霊があなたから離れていないことを意味する。そうであれば、あなたはこの流れの中にいる。しかし神の言葉を飲み食いせずに一日か二日経った後、何も感じず、渇きもなく、まったく動かされていないなら、それは聖霊があなたから離れてしまったことを意味する。そうであれば、それはあなたの内面状態の何かが間違っているということであり、あなたは言葉の時代に入っておらず、遅れをとったのである。神は言葉を用いて人間を統治する。あなたは神の言葉を飲み食いすれば気分が良くなり、それをしなければ、たどるべき道がなくなる。神の言葉は人間の食物となり、人間を動かす力となる。聖書には「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」とある。今日、神はこの働きを完成させ、あなたがたの中でこの事実を成就させる。なぜ、過去の人々は神の言葉を何日間も読まなくても普通に食べて働くことができたが、今はそうではないのだろうか。この時代、神はおもに言葉を用いてすべてを統治する。神の言葉を通して人間は裁かれ、完全にされ、そして最終的には神の国へと導かれる。神の言葉だけが人間にいのちをもたらし、神の言葉だけが人間に光と実践の道を与えることができる。これはとりわけ神の国の時代における事実である。あなたが神の言葉の現実から離れず、毎日神の言葉を飲み食いしている限り、神はあなたを完全にすることができるだろう。

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代は言葉の時代である」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 402

いのちの探求は焦って成し遂げられることではない。いのちの成長は、一日や二日で起こるものではないのである。神の働きは普通で実際的であり、たどらねばならない過程がある。受肉したイエスが十字架の働きを完了するには、三十三年半を要した。では人間を清め、人間のいのちを変化させるという、最も困難な働きはどうだろうか。これは極めて困難な働きである。神を体現する普通の人間を作るのは、容易な業ではない。これは赤い大きな竜の国で生まれた人々についてはなおさらで、彼らは素質に乏しく、長期間の神の言葉と働きを必要とする。だから、結果を見るのを急いではならない。あなたはただ積極的に神の言葉を飲み食いし、神の言葉にもっと努力を注がなければならない。神の言葉を読み終えたら、それを実践に移し、神の言葉における認識、識見、識別、知恵を増やすことができなければならない。それを通して、あなたは知らぬ間に変わっていく。神の言葉を飲み食いし、それを読み、知り、経験し、実践することを自分の原則として取り入れることができれば、あなたは知らないうちに成熟していく。中には、神の言葉を読んでもそれを実践できないと言う者もいる。何を急いでいるのか。ある程度の霊的背丈に達すれば、神の言葉を実践できるようになる。四、五歳の子供が、両親を養ったり敬ったりできないなどと言うだろうか。あなたは自分の現在の霊的背丈を知るべきだ。実践できることを実践し、神の経営を妨げる者とならないようにしなさい。ただ神の言葉を飲み食いし、それを今後の自分の原則としなさい。当面は、神があなたを完全にしてくれるかどうかと心配してはならない。まだそのことは深く考えず、ただ自分のもとに来た神の言葉を飲み食いしていれば、必ずや神はあなたを完全にしてくれるだろう。ただし神の言葉を飲み食いするときには、従うべき原則がある。それをむやみに行ってはならない。神の言葉を飲み食いするにあたっては、一方で自分が知るべき言葉、つまりビジョンに関連する言葉を探し求め、他方では実際の実践に移すべきこと、つまり自分が入っていくべきことを探し求めなさい。一方の側面は認識に関連しており、もう一つの側面は入りに関連している。ひとたびこの両面を把握すれば、つまり自分が知るべきことと実践すべきことを把握できれば、神の言葉をどのように飲み食いすべきかがわかるようになるだろう。

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代は言葉の時代である」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 403

いずれは神の言葉について語ることが、あなたが話すときの原則になる。あなたがたが集まるときは通常、神の言葉についての交わりを持ち、神の言葉を交流の内容とし、それらの言葉について知っていること、それをどのように実践するか、そして聖霊がどのように働くかについて話し合いなさい。神の言葉について交わりを持っている限り、聖霊はあなたを照らすだろう。神の言葉の世界を実現するには、人間の協力が必要になる。あなたがこれに入っていかなければ、神は働くことができない。あなたが口を閉ざしたまま、神の言葉について語らなければ、神はあなたを照らすことができない。他のことに従事していないときはいつでも、神の言葉について話し、無駄なおしゃべりをしないようにしなさい。日々の生活を神の言葉で満たしたとき、初めてあなたは敬虔な信者となる。あなたの交わりが表面的なものであっても、それは問題ではない。表面なしに深みもありえないからだ。過程というものが必要なのだ。あなたは訓練を通して、自分に対する聖霊の照らしを把握し、神の言葉を効果的に飲み食いするにはどうするべきかを知るのである。しばらくの手探りの後、あなたは神の言葉の現実に入ることになる。協力する決意をして初めて、聖霊の働きを受けることができるのだ。

神の言葉を飲み食いする原則の一つは認識に関連し、もう一つは入りに関連している。まず、どのような言葉を知るべきか。それはビジョンに関連する言葉である(神の働きが今どの時代に入ったか、神が今何を成し遂げようとしているか、受肉とは何か、その他のことに関連する言葉は、みなビジョンと関連している)。人間が入るべき道とは何を意味しているのか。それは人間が実践し、入るべき神の言葉を意味している。これが、神の言葉を飲み食いすることの二つの側面である。これからは、このように神の言葉を飲み食いしなさい。ビジョンに関する神の言葉を明確に理解しているなら、絶えずそれを読み返す必要はない。最も重要なのは、どのように心を神に向けるべきか、どのように神の前で心を静めるべきか、どのように肉に背くべきかといった、入りに関する言葉をさらに飲み食いすることである。これらはあなたが実践すべき事柄である。どのように神の言葉を飲み食いするべきかを知らなければ、真の交わりは不可能である。ひとたび神の言葉をいかに飲み食いすべきかを知り、何が鍵なのかを把握できれば、交わりは自由なものとなり、どのような問題が提起されても、それについて話し合い、現実を把握することができるようになる。神の言葉について交わりを持つとき、現実を持っていないのなら、それは何が鍵かを把握していないからであり、あなたが神の言葉をどのように飲み食いすべきかを知らないことを意味している。中には神の言葉を読んでうんざりする人もいるかもしれないが、それは正常な状態ではない。正常な状態とは、神の言葉を決して読み飽きることなく、常に神の言葉を渇望し、常にそれを良いものと感じることである。これが、真に入りを成し遂げた人が神の言葉を飲み食いするやり方である。神の言葉を非常に実際的でまさに人間が入るべきものだと感じ、その言葉を極めて役に立つ人間に有益ないのちの糧であると感じるとき、その感情を与えているのは聖霊であり、聖霊があなたを動かしているのである。これは聖霊があなたの中で働いており、神があなたから離れていないことを証明している。中には神がいつも語っているのを見て、神の言葉に飽き、それを読んでも読まなくても大したことではないと考える人もいるが、それは正常な状態ではない。彼らには現実に入ることを渇望する心がなく、このような人々は完全にされることを渇望も重要視もしていない。自分が神の言葉に渇いていないと気づいたときはいつでも、あなたが正常な状態でないことを示している。昔は神が自分から離れたかどうかは、自分の内面が穏やかであるか、喜びを感じているかどうかで判断することができた。今では、鍵となるのは神の言葉に渇きを覚えるか、神の言葉が自分の現実となっているか、自分が忠実か、そして神のためにできることをすべて行えるかということである。言い換えれば、人間は神の言葉の現実によって判断されるのだ。神はその言葉を全人類に向けている。それを読む気があるなら、神はあなたを啓いてくれるが、そうでないなら神に啓かれることはない。神は義に飢え渇く人々と、自らを探し求める人々に啓きを与える。中には、神の言葉を読んでも神からの啓きが与えられなかったという人々もいる。しかし、その言葉をどのように読んだのか。もし乗馬しながら花に目をやる人のように神の言葉を読み、現実を一切重視しなかったなら、どうやって神があなたを啓けるだろうか。神の言葉を大切にしない者が、どうして神に完全にされることができるだろうか。神の言葉を大切にしないなら、あなたは真理も現実も得ることはない。神の言葉を大切にすれば、真理を実践することができ、そうして初めて現実を得ることになる。そのため、忙しいかどうか、逆境にあるかどうか、試練の最中にあるかどうかにかかわらず、いつも神の言葉を飲み食いしなければならないのである。結局のところ、神の言葉は人間の生存の基盤である。誰一人として神の言葉から離れることはできず、三度の食事のように神の言葉を食べなければならない。神に完全にされ、神のものとされることが、そんなに簡単でありうるだろうか。現在あなたが理解しているかどうか、神の働きを見抜いているかどうかにかかわらず、できるだけ多くの神の言葉を飲み食いしなければならない。それが積極的な入りというものである。神の言葉を読んだら、自分が入っていけることを急いで実践し、入っていけないことはとりあえず脇へ置いておきなさい。当初は神の言葉の多くが理解できないかもしれないが、二、三ヶ月後、あるいは一年後には理解できるようになる。なぜそのようになるのか。それは、神が人間を一日や二日で完全にすることはできないからである。神の言葉を読んでも、多くの場合すぐには理解できないかもしれない。その時点ではただの文章にしか見えないかもしれず、理解できるようになるには、ある程度の期間それを経験する必要がある。神は非常に多くを語っているので、あなたは神の言葉の飲み食いに最大限努めるべきであり、そうすることでいつの間にか理解できるようになり、いつの間にか聖霊があなたを啓くのである。聖霊が人を啓くとき、多くの場合人はそれに気づかない。聖霊があなたを啓き導くのは、あなたが渇き探し求めているときである。聖霊の働きの原則は、あなたが飲み食いする神の言葉を中心としている。神の言葉を一切重視せず、神の言葉に対して常に態度を変え、混乱した考えをもって、神の言葉を読むか読まないかなどどうでもいいと考えている人々は皆、現実を得ていないのである。そのような人の中には、聖霊の働きも聖霊による啓きも見ることができない。そのような人々はただ惰性で生きているのであり、ちょうど寓話の南郭氏[a]のように、真の資格を持たない偽善者なのである。

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代は言葉の時代である」より引用

脚注

a. 原文に「寓話の」の語句は含まれていない。

日々の神の御言葉 抜粋 404

神の言葉が発せられたら、ただちにそれを受け取って飲み食いしなければならない。どれほど理解しているかにかかわらず、固守すべき一つの観点は、神の言葉を飲み食いし、知り、実践するということである。それが、あなたができなければならないことだ。自分の霊的背丈がどれほど立派になれるかについては気にせず、ただ神の言葉を飲み食いすることに集中しなさい。それが、人間が協力しなければならないことである。霊的生活とはおもに、神の言葉を飲み食いしそれを実践するという現実に入るよう努めることである。それ以外のことに集中する必要はない。教会の指導者はすべての兄弟姉妹を指導して、どのように神の言葉を飲み食いすべきかを伝えることができなければならない。これが一人一人の教会指導者の責任である。老若を問わず全員が神の言葉を飲み食いすることを重視し、神の言葉を心に留めなければならない。この現実に入ることは、神の国の時代に入ることを意味する。最近ではほとんどの人が、神の言葉を飲み食いせずには生きていけないと感じ、神の言葉はいつでも新鮮だと感じている。これは彼らが正しい軌道を歩み始めていることを意味する。神は言葉を使って働きを行い、人間を養う。すべての人が神の言葉を求め渇望するようになったとき、人類は神の言葉の世界に入ることになる。

神はこれまで非常に多くのことを語った。あなたはそれをどれくらい知り、どれくらい入ったのだろうか。教会指導者がその兄弟姉妹たちを神の言葉の現実へと導いていなければ、彼らはその本分をないがしろにし、責任を果たすことができなくなるのだ。あなたの理解が深かろうが浅かろうが、あるいはあなたの理解がどの程度かにかかわらず、神の言葉をどのように飲み食いすべきかは必ず知らなければならず、神の言葉に細心の注意を払い、それを飲み食いすることの重要性と必要性を理解しなければならない。神はすでに非常に多くのことを語っているので、神の言葉を飲み食いしなかったり、それを求めようとしなかったり、実践に移さなかったりするのなら、それは神の信仰とは言えない。あなたは神を信じているのだから、神の言葉を飲み食いし、神の言葉を体験し、神の言葉を生きなければならない。それだけが神への信仰と呼べるのだ。口では神を信じると言いながら、神の言葉を一つも実践できていなかったり、何の現実も生み出せていなかったりするのなら、それは神への信仰とは言えない。それは単に、「飢えを満たすためにパンを求めている」だけだ。あなたが取るに足らない証しや役に立たない事柄、表面的な物事について話すだけで、現実を少しも得ていないなら、それは神への信仰ではなく、神を信じる正しい道をまったく把握していないことになる。なぜ神の言葉をできるだけ多く飲み食いしなければならないのか。神の言葉を飲み食いせずに、ただ天に昇ることだけを求めているのなら、それは神への信仰であろうか。神を信じる人が進むべき最初の一歩は何だろうか。神はどのような道によって人間を完全にするのだろうか。神の言葉を飲み食いせずに、人が完全にされることはできるだろうか。神の言葉を現実として持つことなく、神の国の民とみなされることができるだろうか。神への信仰とは、正確には何を意味するのか。神を信じる人々は、最低限として外見上よい振る舞いをしなければならず、何よりも重要なことは、神の言葉を持っていることである。何があろうとも、神の言葉から離れることはできない。神を知ること、神の心を満たすことは、すべて神の言葉を通して達成される。将来的にはすべての国、教派、宗教、領域が神の言葉を通して征服される。神は直接語りかけ、すべての人々は神の言葉をその手に抱き、それによって人類が完全にされる。内にも外にも、神の言葉はあらゆるところに行き渡る。人類は自らの口で神の言葉を語り、神の言葉にそって実践し、神の言葉を心の中に留め、内も外も神の言葉に満たされ続ける。このようにして人は完全にされる。神の心を満たし、神の証しをすることができる人々は、神の言葉を自身の現実としている人々なのである。

言葉の時代、つまり千年神の国の時代に入ることは、今日完了されつつある働きである。これからは、神の言葉についての交わりを持つ訓練をしなさい。神の言葉を飲み食いし、神の言葉を経験することによってのみ、あなたは神の言葉を生きることができる。他の人々を説得するには、いくらかの実践的経験を生み出さねばならない。神の言葉の現実を生きることができなければ、誰も説得することなどできない。神に用いられる者たちは皆、神の言葉の現実を生きることができる。この現実を生み出して神の証しをすることができないのなら、それは聖霊があなたの中で働いておらず、あなたが完全にされていないことを意味する。これが神の言葉の重要性である。あなたには神の言葉を渇望する心があるか。神の言葉を渇望する人々は、真理を渇望しており、そのような人々だけが神に祝福されている。将来的に、神はあらゆる宗教と教派に向けてさらに多くの言葉を語る。神はまずあなたがたの間で語り、声を出し、あなたがたを完全にしてから、次に異邦人の間で語り、声を出し、彼らを征服する。神の言葉を通して、すべての人が心から完全な確信を得る。神の言葉と暴露をとおして、人間の堕落した性質は弱まり、人は人間の姿を呈するようになって、反抗的な性質も弱くなる。言葉は権威をもって人間に働き、神の光の中で人間を征服する。神が現在の時代に行う働きも、またその働きの分岐点も、すべては神の言葉の中にある。神の言葉を読まなければ、何も理解することはできない。あなた自身が神の言葉を飲み食いし、兄弟姉妹との交わりに参加し、そして実際の体験を持つことで、神の言葉についての包括的な認識を得られるようになる。そのとき初めて、あなたは神の言葉の現実を真に生きられるようになるのである。

『言葉は肉において現れる』の「神の国の時代は言葉の時代である」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 405

わたしは以前「しるしや不思議を見ることを重視する者は、見捨てられるだろう。彼らは、完全にされる人たちではない」と言った。わたしは非常に多くの言葉を話してきたが、人はこの働きについての認識を微塵も持ち合わせない。そして、ここにいたっても、人は依然として、しるしや奇跡を求めている。あなたの神への信仰はしるしと不思議を見ることの追求でしかないのであろうか。それともいのちを獲得するためなのか。イエスも多くの言葉を話したが、その一部は今日まだ達成されていない。イエスは神ではないと言うことができるであろうか。神は、彼がキリストであり、神の愛する子であることを示した。あなたにこれを否定することができるのか。今日、神は言葉を話すだけである。そしてもし、あなたがこのことを完全に知らないなら、あなたはしっかりと立つことはできない。あなたは神であるという理由で神を信じるのか。あるいは神の言葉が成就されたかどうかにもとづいて、神を信じるのか。あなたは、しるしや奇跡を信じるのか。それとも神を信じるのか。今日、神はしるしや奇跡を示さない。それでもそれは本当に神なのか。もし、神が話す言葉が成就されないなら、それは本当に神なのか。神の実質は、神が話す言葉が成就したかどうかによって決められるのか。神を信じる前に神の言葉の成就をいつも待望している人がいるのは何故なのか。このことは、彼らが神を知らないということを意味しないのであろうか。このような観念をもつ人たちは、神を否定する人たちである。彼らは、神を評価するのに、自らが持つ観念を用いる。もし、神の言葉が成就するなら、彼らは神を信じ、もし言葉が成就しないなら、彼らは神を信じない。さらに、彼らは常にしるしや不思議を見ることを追求する。このような人は現代のパリサイ人ではないであろうか。あなたが堅く立つことができるかどうかは、あなたが真の神を知っているかどうかにかかっている。これは決定的に重要である。あなたの中で神の言葉の実在性が偉大であればあるほど、神の実在性に関するあなたの認識も偉大になり、あなたは試練の中でますます堅く立つことができるようになる。しるしや不思議を見ることを重視すればするほど、堅く立つことができなくなり、試練の中で躓く。しるしや不思議は、基礎ではない。神の実在のみがいのちである。一部の人たちは、神の働きによって達成されるべき効果を知らない。彼らは、神の働きについての認識を追求せず、当惑の中で日々を送っている。彼らが求めるのは、神に彼らの欲望を満たしてもらうことだけである。そうなってはじめて、彼らは自らの信仰において真摯になる。彼らは、もし神の言葉が成就するならいのちを追求するが、神の言葉が成就しないなら、いのちを追求する可能性はないと言う。人は、神への信仰は、しるしや不思議を見ることを追求することであり天国や第三の天まで引き上げられることを追求することであると考えている。神への信仰は、神の実在性に入って行こうとすること、いのちの追求、さらに神のものとされることの追求であると言う者は一人もいない。そのような追求における意味は何であろうか。神についての認識や神の満足を追求しない者は神を信じない者である。彼らは神を冒涜する者である。

今やあなたがたは、神への信仰とは何かを理解したであろうか。神への信仰は、しるしや不思議を見ることを意味するであろうか。それは天国に昇ることを意味するであろうか。神を信じることは簡単なことでは絶対にない。あのような宗教的慣行は、一掃されるべきである。病人の癒しや悪魔の追放を求めること、しるしや不思議を重視すること、神の恵みや平和や喜びをさらに欲しがること、明るい未来や肉の快楽を求めること、これらは宗教的慣行であり、そのような宗教的慣行は、漠然とした信仰の種類である。今日の実際の神への信仰とは何なのか。それは、神の真の愛を達成するために、神の言葉をあなたのいのちの現実として受け入れることであり、神の言葉から神を知ることである。明確に言うならば、すなわち神への信仰は、あなたが神に従うこと、神を愛すること、さらに、神の被造物によって為されるべき本分を遂行することに資するものである。これが、神を信じることの目的である。あなたは、神の美しさ、神がいかに尊敬に値するか、造ったものの中で、神がいかに救いの働きを行いそして彼らを完全にしているかについての認識を達成しなければならない。これが、神への信仰における最低必要事項である。神への信仰はおもに、肉の生活から神を愛する生活への転換、堕落の中の生活から神の言葉のいのちにおける生活への転換である。そしてそれは、サタンの領域下から出て神の配慮と保護の下で生きることであり、肉への従順ではなく神への従順を達成できることであり、神があなたの心のすべてを獲得しあなたを完全にすることを可能にすることであり、さらにあなた自身を堕落したサタンのような性質から自由にすることである。神への信仰はおもに、神の力と栄光があなたの中で明らかに示されるためのものである。その結果、あなたは、神の旨を行い、神の計画を成し遂げることができ、さらに、サタンの前で神への証しとなることができるようになる。神への信仰は、しるしや不思議を見たいという願望を中心とせず、個人的な肉のためであってもいけない。それは、神を知ること、神に従うことができること、そしてペテロのように、死ぬまで神に従うことを追求することでなければならない。これが、神への信仰の主要な目的である。神の言葉を飲み食いするのは、神を知るためであり、神を満足させるためである。神の言葉を飲み食いすることは、神についてのより大きな認識をもたらす。そうなってはじめて、あなたは神に従うことができる。神についての認識があってはじめて、あなたは神を愛することができ、そしてそれが、人が神への信仰において持つべき目標である。もし、神への信仰において、いつも、しるしや不思議を見ようとするなら、そのような神への信仰の考え方は間違っている。神への信仰とは、おもに、いのちの現実として神の言葉を受け入れることである。神自身の口から出た言葉を実践し、あなた自身の内部でそれらの言葉を実行することでのみ、神の目的は達成される。神を信じることにおいて、人は神によって完全にされるように、神に服従することができるように、神に完全に従順でいられるように努力すべきである。もし不平もなく神に従うことができ、神の希望を心に留め、ペテロの霊的背丈に達し、そして神が言うところのペテロの流儀を所有するなら、それはあなたが神への信仰に成功したときであり、そしてそれは、あなたが神のものとされたことを意味するのである。

『言葉は肉において現れる』の「すべては神の言葉が達成する」より引用

前へ: 第10節 いのちへの入り

次へ: いのちへの入り(2)

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人間のいのちの源である

産声を上げてこの世に生まれてきた瞬間から、あなたは自分の責務を果たし始める。神の計画と定めの中で自分の役割を果たして、いのちの旅を始める。背景が何であれ、また前途がどうであれ、天の指揮と采配から逃れられる者はいない。また自分の運命を支配できる者もいない。なぜなら、万物を支配するそ…

完全にされた者だけが意義ある人生を生きられる

実のところ、現在なされている働きは、人々に古い祖先であるサタンを捨て去らせるためのものだ。言葉による裁きはすべて、人間の堕落した性質を明らかにし、人々に人生の本質を理解させることを目的としている。繰り返されるこれらの裁きはすべて、人々の心を貫き通す。一つ一つの裁きは人々の運命に直…

キリストと相容れない人は疑いなく神の敵である

すべての人はイエスの真の顔を見たい、イエスと共にいたいと思っている。イエスを見たいとも、イエスと共にいたいとも思わない兄弟姉妹がいるとはわたしは思わない。イエスを見る前には、つまり、受肉した神を見る前には、たとえばイエスの外観、話し方、生き方などについて、あなたがたはあらゆる考え…

受肉した神の職分と人間の本分の違い

あなたがたは神の働きのビジョンを知り、神の働きの一般的方向を把握しなければいけない。これが前向きにいのちに入ることである。ひとたびビジョンの真理を正確に理解したなら、あなたの入りは確かである。神の働きがどのように変化しようと、あなたの心は堅固で、ビジョンについて明確であり、入りと…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索