心を捧げ神の旨を行う


あなたに思い起こさせるためにもう一度言っておくが、あなたはわたしの言葉についてほんの僅かでも曖昧であってはならない。また、どんな不注意も許されない。あなたはわたしの言葉に注意を払い、従い、わたしの意図に沿って事を行わなければならない。あなたは常に注意を怠らないようにしなければならない。また、傲慢で独善的な性質を決して持ってはならない。そして、あなたの中に内在する生来の古い性質を振り捨てるために、いつもわたしに拠り頼まなければならない。あなたはわたしの前で常に正常な状態を維持し、安定した性質を備えているべきである。あなたの思考は冷静かつ明晰でなければならず、どんな人間や出来事やものにも左右されたり、支配されたりすることがあってはならない。あなたはわたしの前で常に心を静め、わたしとの絶え間のない親交と交わりをいつも保つべきである。あなたは不屈の勇気を示し、わたしへの証しにおいて固く立つべきである。立ち上がってわたしのために語れ。他の人間たちが言うことを恐れるな。わたしの意図を満たすことに集中しなさい。他の者たちに支配されてはならない。わたしがあなたに啓示することは、わたしの意図に沿って遂行しなければならず、それを遅らせてはならない。


わたしはあなたの支えであり、あなたの盾であり、すべてのことはわたしの手中にあるのに、あなたは何を恐れているのか?あなたは感情的になり過ぎているのではないのか。感情は今すぐ捨て去らなければならない。わたしは感情は考慮せず、ただ義を行うのだ。信仰を持ちなさい!信仰を持ちなさい!わたしはあなたの全能の神である。あなたはこのことを何とか悟るかもしれないが、なおも注意して見張っていなければならない。教会とわたしの意志とわたしの経営のために、完全に献身しなければならない。そうすればすべての奥義と結末があなたにはっきりと示されるであろう。もう遅れることはなく、終わりの日が来ようとしている。だからあなたはどうするのか。あなたのいのちをより早く成長させるようどう求めればよいのか。どうすればあなた自身をわたしのために速やかに役立てることができるのか。あなたはどのようにしてわたしの意志が成し遂げられるようにするのだろか。そうすることには、念入りな熟考とわたしとのより深い交わりが要求される。わたしに拠り頼み、わたしを信じなさい。決して油断してはならない。そして、わたしの導きに従って事を行うことができるようになりなさい。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第九章」より編集

前へ: 真理のために良き戦いを戦いなさい

次へ: 性質が変化しない限り人は神に仕えることができない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

神の働きと言葉は あなた方の性質に変化をもたらすためにある 神の目的は働きと言葉を理解させ 知らしめるだけでは十分でなく それが全てではない 神の言葉はほとんどが人の言語で書かれているため あなたが受け入れるなら容易に理解できる 凡人であっても 神があなたに知って欲しいこと …

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索