620 心を捧げ神の旨を行う

1 もう一度言っておくが、わたしの言葉についてはほんのわずかな曖昧さも不注意さも許されない。わたしの言葉には必ず注意を払い、従い、わたしの意図に沿って実践しなければならない。常に注意を怠ってはならず、決して傲慢で独善的な性質を持ってはならない。常にわたしに拠り頼み、自分に内在する生来の古い性質を振り捨てなければならないのだ。あなたはわたしの前で常に正常な状態を維持できなければならず、安定した性質を備えている必要がある。思考は冷静かつ明晰でなければならず、どんな人や出来事や物事にも支配されたり、左右されたりすることがあってはならない。わたしの前では常に心を静め、わたしとの絶え間ない親密さと交わりを保てなければならない。強さと気骨を示し、ゆるぎなくわたしを証ししなければならない。立ち上がってわたしのために語りなさい。他の人間たちが言うことを恐れてはならない。ただわたしの意図を満たし、誰にも支配されないようにしなさい。わたしが露わにしたことには、わたしの意図に沿って従わねばならず、それを遅らせてはならない。

2 わたしはあなたの支えであり、あなたの盾であり、すべてはわたしの手中にある。それなのに、あなたは何を恐れているのか。感情的になり過ぎていないか。感情はできるだけ早く捨て去らねばならない。わたしは感情から行動することはなく、ただ義を行う。信仰を持ちなさい! 信仰を持ちなさい! わたしはあなたの全能である。このことについては何らかの見識を持っているかもしれないが、なお油断せず気を配らなければならない。教会とわたしの旨とわたしの経営のために、完全に献身しなければならないのだ。そうすれば、すべての奥義と結末がはっきりと示されるだろう。もう遅れることはなく、終わりの日が来ようとしている。あなたはどうすべきなのか。いのちをどう成長させ、成熟させるよう求めればよいのか。どうすればもっと早く、あなた自身をわたしに役立てることができるのか。どうやってわたしの旨が成し遂げられるようにすればよいのか。こうした問いに答えるには、深い考察と、わたしとのもっと深い交わりが必要になる。わたしに拠り頼み、わたしを信じなさい。決して油断してはならない。わたしの導きに従って物事を行えるようになりなさい。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第九章」より編集

前へ: 619 真理のために良き戦いを戦いなさい

次へ: 621 性質が変化しない限り人は神に仕えることができない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索