244 神に反抗すれば、その結末は懲罰だけ

1 神は数千年を費やして神の経営を完成させ、幾つかの時代を経て人類を経営してきた。神が一番見たくないのは、神が救おうとしている人類が神に逆らうことであり、以前に神の恵みを享受した人々が神を裏切るというような出来事は、なおさら見ることを望まないのである。神が為すあらゆることは、更に多くの人々を救い、神の旨を理解し、神と心を一つにして神の国に入り、神の約束を享受するもっと多くの人々を獲得するためである。

2 従って、神が最も忌み嫌うのは、人々が神の家の中で神に反抗することである。そして、これらの人々を取り扱うことへの神の姿勢において、懲罰と呪い以外に何か良い策があるだろうか。懲罰を受ける者たちには、他にどんな選択があるというのか。神を反抗し、神を冒瀆し、神を裏切ることの結果は懲罰しかない。これが神の性質であり、それは神が邪悪な人々を取り扱う最も良い方法なのだ。これを避けることができた者はかつて一人もいない。それは過去にもこのように為されたし、現在もこのように為されているし、未来にもこのように為されるのであって、これは決して変わることのない事実である。

『全能神に抵抗することによる懲罰の代表的な事例』「あとがき」より編集

前へ: 243 終わりの日のキリストを拒絶することの結果

次へ: 245 神は人がパリサイ人にならないことを望む

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索