第八十七章

あなたがたは仕事の速度を速め、わたしが望むことをしなければならない。これがあなたがたに対して熱望するわたしの意図である。今頃になってもあなたがたはまだわたしの言葉の意味を理解していないということだろうか。わたしの意図をまだ知らないということだろうか。わたしはますますはっきり語り、ますます多くを話しているが、あなたがたはわたしの言葉の意味を理解しようと努力していないのだろうか。サタンよ、わたしの計画を台無しにできるなどと考えてはいけない。サタンのために働く人々、つまり、サタンの子孫(サタンに取りつかれている人々のことである。サタンに取りつかれている人々は結果として必ずサタンのいのちを持っており、だから、サタンの子孫と呼ばれるのだが)は、泣いて、歯ぎしりしながらわたしの足元で慈悲を乞うが、わたしはそのような愚かなことはしない。わたしはサタンを許すことができるだろうか。わたしはサタンに救いをもたらすことができるだろうか。できるはずがない。わたしは自分が語ることを行い、決してその行いを後悔しない。

わたしが話すことはすべて実現する、そうではないか。しかし、あなたがたは未だにいつもわたしを信用せず、わたしの言葉を疑い、わたしがいつもあなたがたをからかっていると考える。それは実に馬鹿げている。わたしは神自身である。わかるだろうか。わたしは神自身なのだ。わたしに英知も力もなかったら、好きなように行動したり、語ったりすることができるだろうか。しかしあなたがたは未だにわたしを信用していない。わたしは繰り返しあなたがたに強調してきた。そして繰り返し語ってきた。なぜあなたがたの大部分は未だにわたしを信じないのか。なぜ未だに疑いを持っているのか。なぜ必死に自分の概念にしがみつくのか。あなたの概念があなたを救えるだろうか。わたしは自分の言うことを実行する。あなたがたに向かって何度も言った。わたしの言葉が真実だと思いなさい。疑ってはいけない。あなたがたはわたしの言葉を真剣に受け取っただろうか。あなたは自力では何もできないのに、わたしのすることが信じられない。そのような人に向かって何を言えばよいのだろうか。遠慮なく言えば、あなたがたを創造したのはわたしではないかのようだ。つまり、あなたはあらゆる点でわたしの効力者となる資格はない。誰もがわたしの言葉を信じなければならない。すべての人が審査を受けなければならない。それをすり抜ける者は誰も、わたしが許さない。もちろん、これはわたしの言葉を信じている人々を除いてのことである。わたしの言葉を信じる人々は間違いなくわたしの祝福を受ける。それは、あなたが何を信じるかに応じて授けられ、あなたの中で成就される。わたしの長子たちよ。今、わたしはあなたがたにわたしの祝福のすべてを与え始める。あなたがたは肉による不快な束縛を少しずつ捨て去り始めるだろう。たとえば、結婚、家族、食事、衣服、睡眠における束縛、そして、あらゆる自然災害(風、太陽、雨、身を切るような強風、惨めな降雪、あなたがたが嫌悪するその他すべてもの)による束縛も捨て去るだろう。あなたがたは空間、時間、あるいは地理的制限に影響されることなく海、陸、空を旅し、わたしの愛情あふれる抱擁に包まれて楽しみ、わたしの愛情あふれる保護に包まれてすべてを任されるだろう。

わたしが完全な者とした長子たちを誇りに思わない人がいるだろうか。わたしの長子ゆえにわたしの名前を誉めない人がいるだろうか。わたしが今、あなたがたにそれほど多くの神秘を示したいのはなぜだろう。なぜ過去ではなく今日なのだろう。このこと自体も神秘ではないか。なぜわたしは過去に、中国はわたしが呪っている国家だと言わなかったのだろう。そしてなぜわたしはわたしに奉仕する人々を明らかにしなかったのだろう。今日、わたしはあなたがたに次のことも言う。今日、わたしの考えでは、すべては達成された──わたしがこう言うのは、わたしの長子たちに関してのことである。(今日、わたしの長子たちはわたしと一緒に支配しており、それは形の上だけでなく、実際わたしと共に支配しているからである。いまや、聖霊が中に働いている人が確かにわたしと共に支配するのであって、このことは昨日でも、明日でもなく、今明らかにされる。)今日、わたしは普通の人間性の中にわたしの神秘のすべてを明らかにする。わたしが明らかにしたい人々はすでに明らかにされているからであり、これがわたしの英知だからである。わたしの働きはこの段階まで進んでいる。すなわち、現段階では、わたしが現時点に間に合わせようと決めた行政命令の計画を実施しなければならないのだ。このように、わたしは長子たち、子供たち、民、効力者に適切な証明を授けているのである。なぜならわたしは権威を有し、裁きを下し、鉄の鞭を用いて支配するからである。あえてわたしに素直に奉仕をしない者がいるだろうか。あえてわたしに不平を言う者がいるだろうか。あえてわたしは義なる神ではないと言う者がいるだろうか。わたしは知っている。あなたがたの悪魔的性質はずっと以前にわたしの前に明らかにされていることを。わたしが親切にする人が誰であれ、あなたがたはその人に対して嫉妬し、彼らを憎む。これは完全にサタンの本性である。わたしは自分の子供たち優しくする──あなたは敢えてわたしが義ではないと言うのか。わたしはあなたを完全に追い出すことができる。幸運にもあなたはわたしに奉仕をしているから、今はその時ではない。そうでなければわたしはあなたを追い出していただろう。

サタンの仲間よ!野蛮であるのはやめなさい。これ以上話してはいけない。これ以上行動してはいけない。わたしの働きはすでにわたしの選んだ子供たちや民の中で実行され始めており、すでに中国の外側のすべての国、すべての宗派、すべての教派、あらゆる職業の人々の中で広がっている。わたしに奉仕する人々がいつも霊的に遮断されるのはなぜだろう。なぜ彼らは霊的な問題を決して理解しないのだろう。なぜわたしの霊がいつもこれらの人々の中で働いていないのだろう。概して、わたしは自分が運命づけたり、選んだりしていない人々に多くの努力を費やすことはできない。わたしの過去のすべての苦しみ、わたしの骨身を惜しまない配慮と努力はすべて、わたしの長子たちやごく一部の子供たちや人々のためであり、その上、わたしの将来の働きが円滑に完了するためでもあったので、わたしの意志を妨げるものは何もない。わたしは賢い神自身なので、働きの各段階を適切に手配してきた。わたしは誰も留めようとはせず、(これはわたしが選ばず、運命づけなかった人々を指している)。わたしは誰であれ不用意に打ち倒したりしない(これはわたしが選び、運命づけた人々を指している)。これはわたしの行政命令であり、誰も変えることはできない。わたしは嫌悪する人々に対しては非情である。わたしは愛する人々に対しては、見守り、保護する。こうしてわたしはわたしの言うことを実行する(わたしが選ぶ人々は選ばれる。運命づける人々は運命づけられる。これらのことは創造以前にわたしが決めたわたしの仕事である)。

わたしの心を変えられる者などいるだろうか。わたしが自分の望み通りに作った計画に従って行動する以外に、あえて軽率に行動し、わたしの命令に従わない人などいるだろうか。これらはわたしの行政命令であり、その一つでもあえてわたしから取り除こうとする人などいるだろうか。すべてはわたしの思いのままでなければならない。「あの人はずいぶん苦しんできたし、正直で、神の心に純粋に思いやりがあるのになぜ選ばれなかったのか」と言う人たちがいる。これもわたしの行政命令である。わたしがある人のことを、わたしの心に叶っている人だと言えば、その人はわたしの心に叶っており、わたしが愛する人である。また別の人のことを、サタンの子供であると言えば、その人はわたしが嫌悪する人である。誰の顔色もうかがってはならない。あなたは本当にその人の本質を見抜くことができるだろうか。これらはすべてわたしが決めることである。子はいつも子であり、サタンはいつもサタンである。つまり、人の性質は変わらない。わたしが変えさせなければ、すべての人は自分の持って生まれた性質に従い、決して変わることはできない。

わたしは働きを進めるにつれて、わたしの神秘をあなたがたに明らかにする。今日、どの段階までわたしの働きが進展しているか、あなたがたは本当に知っているだろうか。あなたがたは本当にわたしの霊の導きに従って、わたしがすることを行い、わたしが言うことを言うだろうか。中国はわたしが呪っている国だとわたしが言うのはなぜだろう。第一に、今日の中国の人々をわたしのかたちに創造した。彼らに霊はなく、早くからサタンによって堕落させられて、救われることができなかった。そこで、わたしはこれらの人々に腹を立て、呪った。わたしはこれらの人々をもっとも嫌悪し、彼らのことが話に出ると腹が立つ。彼らは赤い大きな竜の子供たちだからだ。このことから、世界の国々が中国を併合していた時代について考えることができる。今日でも未だに同じ状況であり、すべてはわたしの呪いの対象である──赤い大きな竜に対するわたしのもっとも強力な裁きである。ついに、わたしは別の種類の人々を作り、彼らの中にわたしの長子たち、子供たち、民、わたしに奉仕する人々を運命づけた。つまり、今日わたしがすることはずっと以前に手配していたことなのである。なぜ中国の権力者たちは繰り返しあなたがたを迫害し、虐げるのだろう。赤い大きな竜がわたしの呪いに対して不満を抱き、わたしに抵抗しているからである。しかし、わたしがわたしの長子たちを完全な者とし、赤い大きな竜とその子供たちに強烈な反撃を与えるのは、まさにこの種の迫害と脅しの状況下においてなのである。後にわたしは彼らを懲らしめるだろう。あなたがたはわたしの言葉を聞いた後、あなたがたがわたしと共に支配するのをわたしが許すことの意味を本当に理解するだろうか。わたしが赤い大きな竜は完全に倒されて死んだという時、それはわたしの長子たちがわたしと共に支配する時でもある。長子たちに対する赤い大きな竜の迫害は、わたしに対する大きな奉仕となり、わたしの子供たちが成長してわたしの家の仕事を担うようになると、悪い僕たち(効力者たち)は脇へ蹴飛ばされるだろう。わたしの長子たちがわたしと共に支配を続け、わたしの意図を実行しているだろうから、わたしは効力者たちを一人ずつ燃える火と硫黄の池に投げ込むだろう。何としても彼らは火の池へ行かなければならない。サタンの同類もわたしの祝福を享受したいと望み、サタンの領地に戻りたくないことにわたしは十分気づいている。しかし、わたしには行政命令があり、それには誰もが従わなければならず、この命令は履行されなければならない。そして免除される者は誰もいない。あなたがたが背くといけないので、後でわたしはあなたがたに行政命令を次々に告げよう。

前へ: 第八十六章

次へ: 第八十八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の働きの過程について

外見的には、神の現在における働きの過程は完了し、すでに人間は神の言葉による裁きと刑罰、強打、精錬を受け、効力者の試練、刑罰の時代の精錬、死の試練、引き立て役の試練、そして神への愛の時代といった段階を経ているように見える。だが、各過程における非常な苦しみにもかかわらず、人は神の心意…

性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪くなり、神に反対する悪魔になり、神への人の反抗の歴史は「史記」に記録されるほどになり、人自身でさえその反抗的行いに完全な説明ができなくなってしまっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよい…

道……(2)

我々の兄弟姉妹たちは、中国本土における神の働きの順序、段階、方法の概要のようなものを多少把握しているかもしれないが、ここで改めてこうした点をふり返り、簡単にまとめてみたいと思う。わたしはただこの機会に自分の心中を少し語るだけであり、この働き以外の事は話さない。兄弟姉妹たちにはわた…

聖書について(4)

聖書を理解して解釈できることは、真の道を見つけるのと同じことだと多くの人が信じている。しかし、物事は本当にそれほど単純だろうか。聖書の実情を知る人はいない。つまり、聖書は神の働きに関する歴史的記録に過ぎず、神による以前の二段階の働きについての証しであること、また聖書は神の働きの目…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索