第八十六章

人々はわたしが慈悲深い神だと言い、わたしの創造した万物に救いを実行するだろうと言う──これらのことはすべて人類の観念に基づいて語られている。わたしを慈悲深い神と呼ぶことは、わたしの長子たちに向けられており、わたしが救いをもたらすのはわたしの子らとわたしの民に対してである。わたしは知恵に満ちた神であるので、わたしの心の中では、わたしの愛する人々は誰か、憎む人々は誰かがはっきりしている。わたしが愛する人々に関しては、わたしはいつも最後まで愛するだろし、その愛は決して変わることはない。わたしが憎む人々に関しては、どんなに善人であろうともわたしの心は少しも動かない。彼らはわたしから生まれたのではなく、わたしの本質もわたしのいのちも所有していないからである。つまり、わたしは予め彼らを運命づけて選んではいないのだ。わたしには間違えがない。これは、わたしのすることは神聖で称賛に価すると言われ、わたしは決して後悔しないということだ。人々の目にはわたしがあまりにも冷酷だと映るだろう。しかし、あなたはわたしが義であり威厳のある神自身であることを知らないのか。わたしが携わることはすべて正しい。わたしが憎む人々は必ずわたしの呪いを受け、わたしの愛する人々は必ずわたしの祝福を受けるだろう。これはわたしの神聖で犯すべからざる性質であり、誰も変えてはならない。これは絶対的なものである。

今日、本当にわたしの意図と一致している人々は、必ずわたしによって完全な者とされるだろう。わたしの働きは率直かつ完全であり、やり残しはないからである。わたしが呪う人々は焼かれるだろう。ではなぜ大半の人々はわたしに呪われているのに、聖霊は未だに彼らに対して働きかけているのだろう(これはわたしが汚れた神殿に住んでいないことに関して言われる)。あなた方は諸事万端はキリストに奉仕するという真の意味がわかるだろうか。わたしが彼らの奉仕を利用する時、聖霊が彼らを通して働きを行うが、通常彼らがわたしに奉仕していない時、基本的に彼らは霊的に啓発されない。たとえ彼らがわたしを探し求めたとしても、それには熱心さによるもので、これはサタンの策略である。なぜなら、通常、彼らはわたしの働きには全然注意を払わず、わたしの重荷への配慮がまったくないからである。今や、わたしの長子たちが成長したので、わたしは、わたしが呪う人々を蹴り飛ばす。従って、わたしの霊はあらゆる場所から取り去られ、わたしの長子たちが特に重んじられる。わかるだろうか。すべてのことはわたしの行い次第であり、わたしの予定次第であり、そしてわたしの口から発せられるすべての言葉次第である。わたしの祝福を受けたすべての場所は、必ずわたしが働く場所となり、わたしの働きが実行される場所となる。中国はサタンが最も崇拝されている国なので、わたしによって呪われている。中国はわたしを最も迫害してきた国でもある。わたしは赤い大きな竜の影響下にある人々のために働く気はまったくない。あなたはわたしの言葉の本当の意味がわかるだろうか。結局、わたしの子らとわたしの民の数は少ない。間違いなく、すべてはわたしの手の内にある。わたしが選び、予め定めた人のために活力を集中し、もっと多くの努力が払われるべきである。つまり、わたしの長子である人々は、できるだけ早くわたしの肩の重荷を背負うべくすぐに実践すべきであり、わたしの働きに全力で取り組むべきである。

わたしのために心を伴わずに奉仕する人々よ、聞きなさい。あなた方はわたしに奉仕する時、わたしの恵みを多少受けることができる。つまり、あなた方はわたしの後の働きと将来生じることがらについてしばらくの間は知るだろうが、それを享受することは絶対にないだろう。これがわたしの恵みである。奉仕が完了したらすぐに離れなさい。ぐずぐずしてはいけない。わたしの長子である人々は高慢であってはならないが、誇りはもってもよい。わたしがあなた方に限りない祝福を与えたからである。滅びの標的になっている人々は自分自身に困難をもたらすべきではなく、自分の運命を哀れに思うべきではない。誰があなたをサタンの子孫にしたのか。わたしへの奉仕を終了した後、あなたは底なしの穴に戻るだろう。あなたはもはや一切わたしの役に立たないからである。こうして、わたしはあなた方を、刑罰をもって扱い始める。わたしはいったん働きを開始したら、最後までやり抜く。わたしの業は成し遂げられ、わたしが成し遂げたことは永久に続く。これはわたしの長子たち、わたしの子ら、わたしの民に当てはまり、あなた方にも同様に当てはまる──あなた方に対するわたしの刑罰は永遠に続く。あなた方には以前何回も話したことがある。わたしに抵抗する邪悪な人々は必ずわたしの罰を受けるだろう。聖霊から叱責を受けずにあなたがわたしに抵抗する時、あなたはすでに呪われており、その後わたしの手によって打ち倒されるだろう。あなたがわたしについて悪い考えを持つ時でも、聖霊から鍛錬を受けるなら、あなたはわたしの祝福を受けているのだ。しかし、あなたはいつも用心していなければならない。決して怠慢になったり、不注意になったりしてはいけない。

前へ: 第八十五章

次へ: 第八十七章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第二十章

わたしの家の富は数知れず、計り知れない。しかし、人間は誰も、それを享受しに来たことがない。人間は自分でそれらを楽しむことができないし、また、自分の力で自らを守ることもできない。その代わりに、いつでも他者を頼みとしてきた。わたしの見てきた者たちの中で、自分の意思で直接わたしを求めて…

働きと入ること(9)

凝り固まった民族的伝統と精神的姿勢が、純粋で子供のような人間の心に影を落として久しい。あたかも感情や自我の意識がまったく欠如しているかのように、それらは人間性のかけらもなく人の魂を攻撃してきた。これら悪魔のそうしたやり方は極めて残忍であり、まるで「教育」と「育成」が、魔王が人間を…

三位一体は存在するのか

イエスの受肉という真実が明るみに出た後、人は、天の父がいるだけではなく、子とさらには霊がいるということを信じた。これが、天には父と子と聖霊のすべてを一つにした三位一体の神がいるという、人の抱いている従来の観念である。すべての人間が次のような観念を持っている。神は一人だが、三つの部…

第十一章

人間は誰もみな、わたしの霊による観察を受けなければならない。自分のすべての言葉と行動を細かく調べ、さらに、わたしの驚くべき行いを見なければならない。神の国が地上に来るとき、あなたがたは、どのように感じるだろうか。わたしの子らと民がわたしの玉座に流れ込んで来るとき、わたしは大きな白…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索