第八十五章

わたしは様々な人々を用いてわたしの旨を達成する。わたしの呪いはわたしが罰する人々の上に実現し、わたしの祝福はわたしが愛する人々の上に実現する。誰が今わたしの祝福にあずかり、誰がわたしの呪いを受けるかは、わたしの一言、わたしの発する言葉次第である。あなたは、わたしがいま親切にする者は誰であれ必ず、常にわたしの祝福を授けられると知っている(つまり、徐々にわたしを知るようになり、ますますわたしのことを確信し、新しい光と啓示を得て、わたしの働きと歩調を合わせることができる)。わたしが忌み嫌う者は誰でも(これは人々が外見からは判断することのできない、わたしの心の中のことであるが)必ずわたしの呪いに苦しむ者となるだろう。また、彼らは間違いなく赤い大きな竜の子孫なのだから、赤い大きな竜に対するわたしの呪いを共に受けるだろう。わたしにとって見るに耐えない人々で、資質に欠けていると思われ、わたしには完全にすることも用いることもできない人々でも、まだ救われる機会があり、わたしの子らの一人になるだろう。わたしの資質をまったく持たず、霊的なことを理解できず、わたしを知らない人でも、熱心な気持ちを持っていれば、わたしの民の一人とみなされるだろう。わたしの呪いを受ける人々は救いがたく、悪霊に取り憑かれている者と、わたしはみなす。このような人々は何としても放りだしたい。彼らは赤い大きな竜によって生まれた者であるので、わたしはもっとも嫌悪する。今後、わたしは彼らの奉仕を必要としない──要するにわたしは彼らを望まないのである。そのような者は誰も要らない。わたしの前で泣いても歯ぎしりしても無駄である。わたしは誰にも目を留めず、彼らを放り出す──あなたはいったい何者だと言うのか。あなたはわたしの前に出るに相応しいのか。あなたはそれに値するのだろうか。未だに善人のふりをし、謙遜を装っている。数えきれないほどの悪行を犯したあなたを、わたしは容赦するだろうか。しかも、あなたはわたしの前で立ちあがって、再びわたしに反抗する。あなたは良い意図など持ったことがなく、ただわたしをだましたがっている。あなたは赤い大きな竜の子孫でありながら、思い通りにできるだろうか。思い通りにできるだろうか。善人になることなどできるだろうか。不可能である。あなたはすでにわたしに呪われており、わたしは徹底的にあなたを裁く。わたしへの奉仕を心から、正直に、規律正しくやってから、あなたの底なしの穴へ戻りなさい。あなたはわたしの国に入れてもらいたいのか。あなたは夢を見ているのだ。恥を知りなさい。あなたは穢れて汚い体で、まったく堕落しているのに、未だにずうずうしくもわたしの前に立つ。どきなさい。これ以上ぐずぐずしていると、わたしはあなたを厳しく罰する。わたしの前で曲がったことや偽りにたずさわる者たちは皆、暴露されなければならない。あなたはどこに隠れられるというのか。どこに身を隠すことができるのか。どんなに身をかわしても、隠れても、わたしの支配から逃れることなどできるだろうか。わたしに十分奉仕しなければ、あなたの命はさらに短くなるだろう──あなたは直ちに滅ぼされるだろう。

わたしの長子たちとはどのような人々なのか、わたしはあなたがたにはっきり語り、正確に実証する。さもないと、あなたがたは自分に適切な位置を占めることができず、その位置がどうあるべきかを見境なく自分で決めてしまうだろう。謙遜しすぎる人もいれば、勝手気まますぎる人もいるだろう。そして、わたしの資質を持ち合わせていない人や資質があまりにも欠けている人は皆、わたしの長子になりたがるだろう。わたしの長子である者たちは、どのような表現をするのだろう。第一に、わたしの旨を把握することに重点を置き、わたしの旨に配慮し、同時に、聖霊が彼らの中に働く。第二に、彼らはたゆむことなく霊において求め、ふしだらでなく、わたしが示す境界を超えることがなく、極めて正常であり、それらの行動は決して模倣ではない(彼らは聖霊の働きを感知することに重点を置いており、彼らに対するわたしの愛に配慮し、いかなる時も注意深く、わたしを裏切ったり、抵抗したりする心を持つことに深い恐れを抱いているからである)。第三に、彼らはわたしのために心から行動し、自分の全存在を捧げることができる。そして彼らは自分自身の将来の展望、生活、何を食べ、何を着て、何を使い、どこに住むかといった考えはすでに捨てている。第四に、彼らは義に飢え、義を渇望する心を絶えず持っており、自分には欠けた部分が余りにも多くあり、自分の霊的背丈があまりにも低いと思っている。第五に、わたしが以前述べたように、彼らは世間の評判は良いが、世俗的な人々からは追放されており、男女関係においては道徳的に健全である人々である。これはすべて長子であることの実証だが、わたしの働きはまだその段階に達していないので、今それらをあなたがたに完全に明かすことはできない。長子たちよ、覚えておくがよい。あなたの心の中にある命の感覚、わたしへの畏敬の念、わたしへの愛、わたしに関する認識、わたしを求めること、あなたがたの信仰──これらのことはすべてあなたがたに対するわたしの愛であり、すべてはわたしがあなたがたに与える実証である。その結果、あなたがたは本当にわたしの愛する子となり、わたしと同じようになり、わたしと共に食し、共に住み、比類なき栄光の中で共に祝福を享受するようになる。

わたしは、誰であれ、わたしを迫害した者、わたしに関する認識のなかった人々(わたしの名が証しされる前のことも含めて)、わたしを人間だと信じていた人々、及び、過去にわたしを冒涜し中傷した人々には、慈悲を示すことはできない。たとえ彼らが今誰よりも際だった証しをしたとしても、何の役にも立たないだろう。過去にわたしを迫害したことは、わたしへの奉仕であったし、彼らが今日わたしを証しするなら、彼らはやはりわたしの道具である。今日わたし自身によってほんとうに完全にされる者だけがわたしの役に立つ。わたしは義なる神自身であり、肉から出て、地上のあらゆる関係から自らを切り離したからである。わたしは神自身であり、かつてわたしの周囲にいたすべての人々、すべての物事はわたしの手の中にある。わたしには感情がなく、すべてのことにおいて義を実行する。わたしは公正であり、ほんの少しのけがれもない。わたしの言葉の意味がわかるだろうか。あなたがたもこれを達成できるだろうか。人々はわたしも普通の人間性を持ち、家族や感情をもっていると考えている。しかしあなたがたは自分たちが完全に間違っていることがわかっているだろうか。わたしは神である。あなたがたはこのことを忘れてしまったのだろうか。あなたがたは混乱しているのだろうか。あなたがたは未だにわたしを知らない。

わたしの義はあなたがたに完全に明らかにされた。わたしがどのような人をどのように取り扱おうと、わたしの義と威厳が現される。わたしは怒りを帯びて来る神自身なので、わたしを迫害した者やわたしを罵倒した者は一人も罰を免れない。あなたがたはこのような厳しい要求のもとでも、このことがはっきりとわかるだろうか。王として支配する人々は、わたしの民になる人々よりずっと少ないはずだから、わたしが選び、予め定めた人々は、貴重な真珠か瑪瑙のように非常に少なく、極めて稀である。そしてこのことは、わたしの力とわたしの奇しい業を現す。わたしは、あなたがたに報いて、冠を授け、わたしの中には尽きることのない栄光があると何度も言う。報い、冠、栄光とわたしが言う時、それは何を意味しているのだろう。人々の観念では、報酬とは、食べるもの、着るもの、使用するものといった物質的なものであるが、これはまったく人々の古臭い考えであり、わたしの意味することではなく、誤った理解である。報いとは、今すぐに得られるもので、恵みの一部ではある。しかし、その中には肉の快楽に関連するものもあり、わたしに奉仕するが救われていない人々も、多少の物質的快楽は得ることができる(わたしに奉仕するものは、やはり物質的なものだが)。冠は役職の記章ではない。つまり、あなたがたが享受するようにわたしが与えるものは物質的なものではなく、むしろあなたがたに授ける新しい名前である。誰でもあなたの新しい名前に相応しく生きることができる者は冠を獲得した者であり、それはわたしの祝福を得ることである。報いと冠は祝福の一部であるが、恵みと比べるとずっと些細なもので、天と地ほどの違いがある。栄光は人々の観念では想像できない。栄光とは物質的なものではなく、人々が極端に抽象的なものとして心に抱くものだからである。では栄光とは一体何だろう。あなたがたがわたしと共に栄光に包まれて降りて来ると言うのは、どういう意味だろうか。わたしの全て、つまり、わたしが所有するものとわたしそのもの、(わたしの子らに対する)憐みと慈愛、(すべての人々に対する)義、威厳、裁き、怒り、呪い、そして火による焼き尽くし──わたしという存在は栄光である。なぜわたしは栄光がとこしえまでもわたしと共にあると言うのだろう。それは、わたしには終わることのない知恵と比類なき豊かさがあるからである。それ故、わたしと共に栄光に包まれて降りるとは、あなたがたがすでにわたしによって完全な者とされたこと、わたしという存在とわたしが持っているものをあなたも持っており、あなたはわたしによって完全な者とされ、わたしを敬う心を持っており、わたしに反抗しないことを意味する。あなたがたはこれで理解できたはずだ。

地上のすべての国々の緊迫した状況は頂点に達しており、それらの国は皆、着々とわたしに奉仕し、わたしによって焼き尽くされる準備をしている。わたしの怒りと焼き尽くす炎が訪れる時、予兆となるものはないが、わたしには自分が為すことが分かっており、しかもそれは非常に明瞭である。あなたはわたしの言葉に確信を持つべきであり、急いですべての準備をし、外国から探し求めてやって来る人々を牧養する用意をしなければならない。このことを覚えておきなさい。中国──つまり、中国国内のすべての人、すべての場所──はわたしの呪いを受けている。わたしの言葉の意味があなたには分かるだろうか。

前へ: 第八十四章

次へ: 第八十六章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の働きの過程について

外見的には、神の現在における働きの過程は完了し、すでに人間は神の言葉による裁きと刑罰、強打、精錬を受け、効力者の試練、刑罰の時代の精錬、死の試練、引き立て役の試練、そして神への愛の時代といった段階を経ているように見える。だが、各過程における非常な苦しみにもかかわらず、人は神の心意…

受肉の奥義(2)

ユダヤで働きを行なっていた当時、イエスは公然とそうしたが、今、わたしはあなたがたのあいだで秘かに働きを行ない、そして語る。未信者はまったくこれに気づいていない。あなたがたのあいだにおけるわたしの働きは、部外者には閉ざされている。これらの言葉、刑罰、そして裁きはあなたがただけに知ら…

適切な牧者が備えているべきもの

聖霊が人々に働きかける時にその人が置かれる多くの状態をあなたは理解しなければならない。特に、一体となって神への奉仕を行なう人は、聖霊が人々に行なう働きによってもたらされる多くの状態をさらにしっかりと把握していなければならない。単に多くの経験や、入りを成し遂げる数多くの方法について…

人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く

人は現在の働きと将来の働きを少しは理解しているが、人類が入る終着点については理解していない。被造物として、人はその本分を果たすべきである。つまり、人は神のなすことが何であれ彼に従うべきである。わたしがあなたがたにどんな道を示そうが、その道を歩むべきである。あなたには自分のために采…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索