第八十四章

わたしに関する認識の欠如のため、人間はわたしの経営(救い)を妨げ、数え切れないほどわたしの計画を損ねた。しかし、彼らは決してわたしの前進の歩調を止めることはできなかった。それはわたしが知恵の神であるからだ。わたしには無限の知恵がある。わたしには無限で計り知れない奥義がある。太古の昔から永遠に至るまで、人間はそれを推し測ることも、完全に理解することもできなかった。そうではないか。わたしが話す一つひとつの言葉の中には、知恵だけでなく、わたしの隠された奥義もある。わたしにあってはすべてが奥義であり、わたしのすべての部分は奥義である。今日、あなたがたは、ただわたしの奥義を見たのだ。つまり、わたしの本体を見たということである。しかし、あなたはまだ、この隠された奥義を解明するには至っていない。人はわたしの導きに従うことによってのみ、わたしの国に入ることができる。そうでなければ、彼らは世界と一緒に滅び、灰となるであろう。わたしは完全なる神自身であり、他でもない神そのものである。「神の現れ」というような過去の言葉はすでに時代遅れである。それらは現在は適用されない使い古されたものである。あなたがたのうち何人がこれをはっきりと理解したのか。何人がこの程度わたしのことを確信しているのか。すべてのことはわたしによって明確に説明され、教えられねばならない。

サタンの国はすでに滅ぼされた。そしてサタンの人々は間もなく、わたしへの奉仕を終了するだろう。彼らは一人ずつわたしの家から追い出されるであろう。つまり、以前偽装してさまざまな役割を演じていた人たちの本当の姿が今日すべて露わにされており、彼らは全員わたしの国から切り離されると言うことである。あなたがたは憶えていなければならない。今日から、わたしが見捨てた者たちは、過去の者たちも含め、ただ演じている、見せ掛けだけの者である。彼らは、わたしのために演技をしているだけであって、一旦演劇が終われば、舞台を去らねばならない。わたしの真の子らは、正式にわたしの国に入り、わたしの愛を受け、すでにあなたがたのために用意したわたしの祝福を享受するだろう。長子たちは何と幸いなことか。あなたがたは以前わたしの訓練を受けたので、今日わたしが用いるのに相応しい。わたしが全能の神であることを信じなさい。人々に達成できないことを、わたしは滞りなく行うことができるのであって、そこには競争の余地は全くない。あなたがたは、自分は何もできないとか、わたしの長子になるには相応しくないなどと思ってはならない。あなたがたは十分それに値する。それは、わたしがすべてのことを行い、すべてのことを達成する者だからである。なぜあなたがたは今、自分の霊的背丈がこの程度だと感じているのか。それは、わたしが本当にあなたがたを用いる時がまだ来ていないからである。偉大な賜物をささいな目的のために使うことはできない。分かるだろうか。あなたがたは、全宇宙世界の中で、ちっぽけな中国だけに制限されているのか。と言うのも、全宇宙世界のすべての人々は、あなたがたが牧養し導くために、あなたがたに与えられるからである。なぜなら、あなたがたは長子であり、兄弟を導くことはあなたがたが果たすべき義務であるからだ。これを知りなさい。わたしは全能なる神である。わたしはもう一度強調しておく。わたしはあなたがたに楽しむことを許していると。働いているのはわたしである──聖霊はあらゆるところで指揮をとりながら直接働いている。

人々は、かつてはわたしの救いを理解しなかった──あなたは今それを明確に理解しているか。わたしの救いには、いくつかの側面が含まれている。そのうちの一つは、ある人々は予め定められることがまったくないということである。それは、彼らがわたしの恵みを享受することは全くないという意味である。もう一つは、初めは予め定められ、一定の期間わたしの恵みを享受する者たちがいるが、しばらくしてから、わたしによって取り除かれるということである。その時がいつであるかは、わたしによって予め定められており、彼らの人生は完全に終焉を迎えるのである。さらにもう一つは、わたしが予め定めて選び、永遠の祝福を享受する者たちもいるということである。彼らは、わたしを受け入れる前と後に受けた苦難と、わたしを受け入れた後に受けた啓示と照らしを含め、最初から最後までわたしの恵みを享受するのである。その時から、彼らは祝福を享受し始めるのだ。すなわち、彼らこそわたしが完全に救う者たちである。これはわたしの偉大な働きの完成の最も明白な表現である。それではいったい祝福とは何を意味するのだろうか。わたしは尋ねよう。あなたがたが最もやりたいことは何か。あなたがたが最も憎むことは何か。あなたがたが最も得たいと思っているものは何か。あなたがたは、ただわたしを得るため、また、あなたがたのいのちが成長するために、過去に苦痛と困難を体験した。それらは恵みの一部である。祝福とは、あなたがたが憎むことは将来にはもう起こらないと言うことである。つまり、それらのことは、もはやあなたがたの実際の生活に存在しなくなり、あなたがたの目の前から取り除かれるということである。家族、仕事、妻、夫、子供、友人や親戚、そしてあなたがたが毎日嫌っている一日三食の食事でさえ、消えて無くなるだろう。(これは、時間に制約されなくなり、完全に肉から抜け出すという意味である。あなたの体は、霊に満たされることによってのみ維持される。ここで言及されているのは、あなたの肉ではなく、あなたの体である。あなたは完全に自由になり、超越するだろう。これは、神が世界創造以来示した中で最も大いなる、最も明白な奇跡である。)あなたがたの体から土の成分はすべて取り除かれ、あなたがたは完全に聖なる汚れなき霊体となり、宇宙と地の隅々まで旅することができるだろう。それ以降、面倒な洗い物や擦り洗いもすべてなくなり、あなたがたはただ目一杯楽しむだろう。その時から、あなたがたは、もはや結婚の概念を持たなくなるだろう(何故ならわたしは一つの時代を終わらせるのであり、世界を創造するのではないからである)。そして、女性にとって最も辛い産みの苦しみも、もはや無くなるだろう。あなたがたは将来、もう働くことも労することもない。わたしの愛の抱擁に包まれ、わたしがあなたがたに与えた祝福を楽しむのだ。このことは確かな事である。これらの祝福を楽しんでいる間も、恵みはあなたがたにずっとついて来るだろう。わたしがあなたがたのために用意したもの、つまり、世界中の稀有で貴重な宝があなたがたに与えられるのだ。あなたがたは、現時点では、それを思い浮かべることも、想像することもできない。そして、このようなことを楽しんだことがある者は一人もいない。これらの祝福があなたがたの上に臨むとき、あなたがたはいつまでも心から楽しむが、これらはすべてわたしの力、わたしの行為、わたしの義、そして何よりも、わたしの威厳であることを忘れてはならない。(わたしは、恵みを示すよう選んだ者たちに恵みを示し、憐みを示すよう選んだ者たちに憐みを示す。)その時、あなたがたは親を持つことはなく、血縁関係もない。あなたがたは皆、わたしの愛する民、わたしの最愛の子らである。それ以降は、誰もあなたがたを弾圧しようとしないだろう。それは、あなたがたが大人に成長する時となり、あなたがたが鉄の杖で国々を支配する時となるであろう。わたしの愛する息子たちを妨げようなどとするのは誰か。わたしの最愛の息子たちを敢えて攻撃しようとするのは誰か。父が栄光を受けたので、彼らはみなわたしの愛する子らを敬うだろう。誰も想像すらできなかったことがすべて、あなたがたの目の前に現れる。それらは無限で、無尽蔵で、終わることがない。もうしばらくすれば、あなたがたはもはや太陽の焼けつく暑さに耐える必要はなくなる。また、寒さに苦しむ必要もなくなり、雨も、雪も、風さえもあなたがたには及ばなくなる。それは、わたしがあなたがたを愛しているからであり、それは完全にわたしの愛の世界になる。わたしはあなたがたが望むすべてのものを与えよう。また、あなたがたが必要とするすべてのものをあなたがたのために用意しよう。わたしは義ではないなどと言う者は誰か。わたしは直ちにあなたを殺す。それは前に言ったように、わたしの怒りは(邪悪な者たちに対して)永遠に続き、わたしはほんの少しも容赦しないからである。しかし、(わたしの最愛の子らへの)わたしの愛も永遠に続くだろう。わたしは少しもそれを惜しまない。

今日、わたしの言葉を裁きとして聞く者たちは、正常な状態でない人々であるが、そのことに気づいた時には、聖霊はすでに彼らを見捨てているだろう。長子たちは、全宇宙世界で、あなたがたの中から選ばれているが、子らと民はあなたがたのうちのごく一部を成す。わたしの重点は、全宇宙世界に置かれており、それは、子らと民が世界のすべての国々から選ばれていることを意味している。分かるだろうか。なぜわたしは、長子たちがすぐに成長し、それらの外国人たちを導くべきであると強調し続けるのだろうか。わたしの言葉の背後にある本当の意味を理解できるだろうか。なぜなら、中国はわたしが呪った国であり、それはわたしを最も迫害し、わたしはそれを最も憎む国だからである。わたしの長子とわたしは天から来たのであって、わたしたちが宇宙的な人間であることをあなたがたは知らなければならない。わたしたちはどの国にも属さない。人間の観念にしがみついてはならない。それは、わたしがあなたがたにわたしの本体を示したからである。すべてはわたしの思いのままである。わたしの言葉を憶えているだろうか。なぜわたしは、あなたがたの間でますます人が少なくなり、人々はますます精錬されていると言うのだろうか。それは、わたしの救いが次第に宇宙世界に向けられているからである。淘汰された者たち、わたしの名を受け入れた者たちは皆、長子たちを完全にすべく奉仕した者である。分かるだろうか。なぜわたしは、彼らがわたしの子らのために奉仕した者であると言うのだろうか。あなたがたは今、本当に理解したことだろう。その数は実に乏しく、確かに少ないが、それらの人々は、わたしの子ら故に、かなりの恩恵を受け、わたしの多くの恵みを楽しんだのである。そして、それが、わたしが人類を救うのは、これが最後であると言った理由である。わたしの言葉の中にある本当の意味が今分かったであろう。わたしは、わたしに抵抗する者は誰でも厳しく罰する。そして、わたしを守る者は誰にでも、わたしの顔を向けるだろう。なぜなら、わたしはいつも、最初から最後まで、威厳ある義なる神であり、すべてがあなたがたに明らかにされるからである。わたしは素晴らしい方法で迅速に働く。そしてすぐに、人間の想像を絶する驚くべき事が起こるであろう。わたしは、直ちに、すぐに、と言っているのだ。分かるだろうか。遅れることなく、いのちの中に入ることを求めなさい。わたしの最愛なる子らよ。すべてのものはあなたがたのために、ここにあり、すべてのものはあなたがたのために存在する。

前へ: 第八十三章

次へ: 第八十五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

現実をどのように知るか

神は実際的な神である。神の全ての働きは現実であり、神が話す全ての言葉は現実であり、神が示す全ての真理が現実である。神の言葉でないものは全て空虚で、存在しないも同然であり、確かでない。今日、聖霊は人々を神の言葉に導いている。もし人々が現実に入ることを追求しようとするならば、彼らは現…

働きと入ること(5)

現在、あなたがたはみな、誰もがそれぞれ自由な世界で生きていけるように、神が人間を人生の正しい道へと導いていること、もう一つの時代への次なる一歩を踏み出すよう人間を導いていること、この暗く古い時代を超えるように人間を肉の外へ導き、闇の勢力の抑圧とサタンの影響から遠ざけていることを知…

神への真の愛は自発的なものである

すべての人々は、神の言葉によって精錬を受けている。神が受肉していなかったなら、人類はそのような苦しみにあずかるという祝福を受けることなどなかっただろう。言い換えれば、神の言葉による試練を受け入れることができる人々は、みな祝福されている。人々はその元来の素質、行動、そして神に対する…

唯一無二の神自身 5

神の聖さ(2)兄弟姉妹の皆さん、きょうは讃美歌を歌いましょう。皆さんが好きで、よく歌っている歌を一つ選んでください。(神の御言葉の歌「汚れなき純粋な愛」を歌いたいです。)1.「愛」とは、純粋で汚れのない感情を指し、心をもって愛し、感じ、思いやりをもつということである。愛においては…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索