第八十三章

あなたは、わたしが全能の神であることを知らない。あなたは、すべての事や物がわたしの支配下にあることを知らない。すべてのものがわたしによって創造され完成したということは、どういう意味なのか。すべての人間の祝福や不幸は、全部わたしによる成就、わたしの行動に依る。人間に何ができるのか。考えることによって人間に何が達成できるのか。この最後の時代、このふしだらな時代に、サタンがある程度まで堕落させたこの暗い世界で、わたしの旨にかなう者は何と少ないことだろうか。それが今日であろうと、昨日であろうと、またそれほど遠くない未来であろうと、すべての者の人生はわたしによって決定される。彼らが祝福を受けるのか、不幸に苦しむのか、また彼らがわたしによって愛されるのか、嫌われるのかは、わたしによって一気に、かつ正確に決定された。あなたがたのうち誰が、自分の歩みは自分で決定し、自分の運命は自分で支配していると敢えて主張するのか。敢えてそのように言うのは誰か。そのように反抗的でいようとするのは誰か。わたしを恐れないのは誰か。心の奥底でわたしに不従順な者は誰か。自分の好きなように行動しようとするのは誰か。わたしはその場で彼らを懲らしめ、もう決して人類を憐れむことも救うこともない。今度、つまり、あなたがたがちょうどわたしの名を受け入れたときが、人類に対してわたしが寛容さを示す最後の時である。すなわち、わたしは、その祝福が永遠でなくても、わたしの恵みを豊かに享受したことのある一部の人類を選んだ。それゆえ、あなたが永遠に祝福されることがたとえ予め定められていなくても、わたしはあなたを悪く扱ってはおらず、あなたは、直接不幸を苦しむ者よりも、はるかにましである。

実に、わたしの裁きは、前例のない領域に入り、すでに高みに達した。わたしの裁きは一人ひとりの上に下り、今それは怒りの裁きとなっている。過去には、それは威厳の裁きであり、現在とは大きく異なっていた。過去、人類は、実際に裁きが下される場面に遭遇するまでは少しの恐怖も感じ始めることがなかったが、今は一言聞いただけで、胆をつぶすほど怖がっている。ある者は、わたしが口を開くことさえ恐れている。わたしが話し始めるとき、わたしの声が出るだけで、恐ろしさのあまり、どうすればよいか分からず、地面の穴に身を潜めたいと心から願って、一番暗い方隅に隠れてしまう。この種の人間は悪霊に憑かれているので救われない。わたしが赤い大きな竜、古い蛇を裁くとき、彼は臆病になり、人々に見られることさえ恐れるだろう。実に彼は暗闇の中で生まれたサタンの子孫である。

過去にわたしは、しばしば「予め定めて選ぶ」という言葉を使用したが、それはいったいどういう意味であるのか。どのようにしてわたしは予め定めて選ぶのだろうか。なぜある人は予め定められ選ばれた者の一人ではないのか。これはどうしたら理解できるだろうか。これらはすべてわたしからの明確な説明が必要であり、わたしが直接話すことが要求される。もしわたしが、あなたがたの中でそれらのものを啓示したなら、そのような鈍い人は、それはサタンから与えられた考えだと誤って信じるだろう。そして、わたしは不公平に中傷されるだろう。今、わたしは何も隠し立てせず、率直に話そう。わたしはすべてのものを創造したとき、まず人類に役立つそれらの物を造った(花、草、木、森、山、川、湖、陸、大洋、あらゆる種類の昆虫、鳥、そして動物。あるものは人類が食べるためのものであり、またあるものは人類が見るためのものである)。地域ごとの違いに応じて、さまざまな種類の穀物が人類のために造られた。これらのものをすべて造ったあと、わたしはようやく人間を創造し始めた。人間には二つのタイプがある。一つ目はわたしが選び、予め定めた人であり、二つ目はサタンの資質を持っている。そしてこのタイプは、わたしが世界を創造する前に造られたものであるが、サタンによって完全に堕落させられてしまったので、わたしは彼らを捨てた。それから、わたしは、わたしが選び予め定めたタイプを造った。これらは、程度は異なるが、各々わたしの資質を持っている。したがって、今日わたしによって選ばれた者たちは、それぞれ程度に差はあるが、わたしの資質を持っている。彼らはサタンによって堕落させられているけれども、まだわたしに属する。各段階は、わたしの経営(救いの)計画の一部である。正直者が神の国を支配するということは、すべてわたしによって前もって計画されていたということである。曲がった偽りの者たちは、どうやっても正直になることはできない。それは、彼らがサタンの末裔であり、サタンによって所有されており、いつもその命令のもとにあるサタンのしもべであるからだ。しかし、すべてはわたしの旨を成就するためである。わたしはあなたがたが推測しないようにそれを明確にした。わたしが完全にする者を、わたしは世話し、守る。わたしが忌み嫌う者たちは、彼らの奉仕が終わった後、わたしの所から出て行かなければならない。これらの人々が言及されるとき、わたしは憤る。わたしは、彼らのことが言及されるその時、どうしても彼らをすぐに処分したいが、わたしはわたしの行動において自制している。わたしは、わたしの行動と言葉において落ち着いている。わたしは一時の怒りによって世界を制圧することができるが、それはわたしが予め定めた者たちを除いてである。落ち着いてから、わたしは手のひらに世界を持つことができる。すなわち、わたしはすべてを支配している。人々が耐えられないほど世界が堕落しているのを見て、わたしはすぐにそれを滅ぼすだろう。それには、わたしの一言だけで十分ではないだろうか。

わたしは実践の神自身である。わたしは超自然的なしるしや不思議は行わないが、わたしの素晴らしい働きはいたるところに満ちている。前途は、比類なく輝かしいものになるだろう。わたしの各段階の啓示は、わたしがあなたがたに指し示す道であり、わたしの経営(救いの)計画である。つまり、その後、啓示はますます多くなり、さらに明らかになるであろう。千年神の国において、つまり近未来においてさえ、あなたがたはわたしの啓示とわたしの歩調に従って進まなければならない。すべてが形をとり、すべてが整えられ、祝福されたあなたがたには永遠の祝福が待っている。懲らしめられる者は、永遠の刑罰が彼らを待っている。わたしの奥義はあなたがたにはあまりにも多い。わたしにとって最も簡単な言葉も、あなたがたにとっては最も難解なものになり得る。したがって、わたしは、さらに多くのことを言う。なぜなら、あなたがたは余りにも僅かしか理解しないからだ。だから、あなたがたは一言ずつわたしに説明してもらわなければならない。しかし、あまり心配しなくてもよい。わたしは、わたしの働きに従ってあなたがたに話そう。

前へ: 第八十二章

次へ: 第八十四章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の働きの過程について

外見的には、神の現在における働きの過程は完了し、すでに人間は神の言葉による裁きと刑罰、強打、精錬を受け、効力者の試練、刑罰の時代の精錬、死の試練、引き立て役の試練、そして神への愛の時代といった段階を経ているように見える。だが、各過程における非常な苦しみにもかかわらず、人は神の心意…

唯一無二の神自身 5

神の聖さ(2)兄弟姉妹の皆さん、きょうは讃美歌を歌いましょう。皆さんが好きで、よく歌っている歌を一つ選んでください。(神の御言葉の歌「汚れなき純粋な愛」を歌いたいです。)1.「愛」とは、純粋で汚れのない感情を指し、心をもって愛し、感じ、思いやりをもつということである。愛においては…

神の働き、神の性質、そして神自身 3

これまで数回の交わりは、あなたがた一人ひとりに大きな影響を与えてきました。いま、人々は神の真の存在と、実際には神が人と極めて近しいことを、ようやく実感できるようになったのです。人々は長年にわたり神を信じてきたかもしれませんが、神の思いと考えを現在ほど深く理解したことはなく、また神…

第三十二章

神の言葉は人々の頭を悩ませ続ける。まるで神は、話す時に人を避け空に向かって話しているかのようであり、人の行動にこれ以上注意を払うつもりは微塵もなく、人の能力には完全に無頓着のようである。また、神が最初に意図した通りに、神が話す言葉は人々の観念に向けられているのではなく、人を遠ざけ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索