第四十章

なぜあなたがたはそんなに鈍いのか。なぜあなたがたはそんなに麻痺しているのか。幾度も思い起こさせようとしたが、あなたがたはまだ目を覚まさない。このことはわたしを悩ませている。わたしは本当にこのようなわたしの子らを見るには忍びない。わたしの心がどうしてこれに耐えられよう。ああ、わたしは自分の手であなたがたを教えなければならない。わたしのペースは加速し続けている。わたしの子らよ。早く立ち上がり、わたしに協力しなさい。今心からわたしのために尽くす者は誰か。少しの不満もこぼさず、自らを完全に捧げることができるのは誰か。あなたがたはいつもとても麻痺していて鈍い。わたしの気持ちを思いやることができる者が何人いるだろうか。また、わたしの言葉の霊を本当に理解できるのは誰か。わたしができることは心配して待ち望むことだけである。あなたがたのどの行動もわたしの心を満足させることができないのを見て、わたしは何と言おうか。わたしの子らよ。今日、父が為していることは、すべてわたしの子らのためである。なぜわたしの子らはわたしの心を理解できないのか。また、わたしの子らは、なぜあなたがたの父、わたしをいつも心配させるのか。いつになったらわたしの子らは成長し、わたしを心配させなくなり、わたしが彼らに対して安心できるようにさせるのだろうか。いつになったらわたしの子らは独立して生活し、立ち上がり、父の肩の重荷を軽くすることができるのか。わたしは静かにわたしの子らのために涙を流し、神の経営(救いの)計画の完成とわたしの子ら、わたしの愛する者たちを救うために全力を注ぐ。わたしには他に選択の余地は無い。

わたしの約束は実現し、あなたがたの目の前に現れている。なぜあなたがたはわたしの心を思いやらないのか。なぜだ。なぜなのか。今まで数えたことがあるか。あなたはわたしの心を満足させること、および教会を養い、糧を与えることを何度行ったことがあるのか。慎重にこれを熟考しなさい。不注意になってはならない。真実な状況の一つでも見逃してはならない。外観にだけ焦点を当てて、本質を見過ごしてはならない。あなたの一つひとつの言葉や行動、そしてあなたのあらゆる動きがキリストの御座の前の裁きを受けたかどうか、また、あなたが新しい人の姿―模倣ではなく、むしろ、いのちの表現と共に奥深くから生じる姿──に変わったかどうかを、あなたはあらゆる時に調べなければならない。損害を被ることを避けるには、あなたのいのちを遅らせてはならない。急いでこの状況を改善し、わたしの心を満足させ、行動の原則を心に留めなさい。義と公正をもって物事を行い、わたしの心を満足させなさい。向こう見ずになってはならない。あなたはこのことを憶えておくか?

前へ: 第三十九章

次へ: 第四十一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

道……(3)

わたし自身の生活において、わたしは常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすればわたしの良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これが前提条件である。わたしは兄弟姉妹がわたしと共に「神よ、わたしの心が…

現実をどのように知るか

神は実際的な神である。神の全ての働きは現実であり、神が話す全ての言葉は現実であり、神が示す全ての真理が現実である。神の言葉でないものは全て空虚で、存在しないも同然であり、確かでない。今日、聖霊は人々を神の言葉に導いている。もし人々が現実に入ることを追求しようとするならば、彼らは現…

悪人は必ず罰を受ける

自分自身を見つめ、すべての行いにおいて義を実践しているかどうか、そしてすべての行動が神の監視を受けているかどうかを確かめなさい。これは神を信じる者が物事を行う際の原則である。神を満足させられること、神の世話と保護を受け入れることによって、あなたがたは義であるとされる。神の目から見…

七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言

わたしは異邦人の国々に働きを広めている。わたしの栄光は全宇宙に閃く。わたしの旨は星のように点々と散らばる人々の中に具現化され、皆がわたしの手によって導かれ、わたしが与えた仕事をしている。この時点からわたしは新しい時代へと入り、すべての人々を別の世界へ連れて行く。わたしは自分の「故…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索