第三十九章

目を開いて見回してみなさい。わたしの偉大な力をどこにでも見ることができるだろう。どこにいてもわたしのことを確信できるだろう。宇宙と広大な大空が、わたしの大いなる力を拡大している。わたしが語った言葉は、天候の温暖化について、気候変動について、人々の異常と社会的動態の無秩序について、そして人々の心の欺瞞について、すべて現実となった。太陽は白くなり、月は赤くなり、すべてが混乱している。あなたがたにはまだこうしたことが見えないのか。

ここでは神の大いなる力が露わにされている。疑いなく彼こそが、人々が長年追い求めてきた唯一の真の神――全能者なのだ。誰が言葉を発するだけで、物事を生じさせることができるだろうか。それは私たちの全能神だけだ。彼が語るやいなや、真実が現れる。どうして彼が真の神だと言わずにいられるだろうか。

あなたがたがみなわたしに協力したいと思っていることは、心の奥でよく知っている。わたしの選んだ者たち、わたしの愛する兄弟姉妹たちは、みなそのような志を持っているはずだが、ただどうしても入りや実際の実践を行うことができず、現実の出来事に遭遇すると冷静に落ち着いていられなくなるのだ。あなたがたは神の意図を一切尊重せず、自分の個人的な利益を優先して、待つことなく勝手に行動してしまう。あなたがたに言っておくが、それでは決してわたしの意図は満たされない。子よ、ただ心を完全にわたしに捧げなさい。はっきりと知りなさい、わたしはあなたのお金も持ち物もいらないし、あなたが熱狂的に、不正直に、または狭量にわたしの前に来て奉仕することも望んでいない。問題が起こったら、静かにして純粋な心を持ち、待ち望み、求めなさい。そうすれば答えを与えよう。疑ってはならない。なぜわたしの言葉を決して真実だと信じないのか。なぜわたしの言葉が信じられないのか。あなたはこれほどまでに頑固であり、この期に及んでもそのような態度でいる。あまりにも無知で、まったく啓かれていない。あなたは致命的な真理をどれほど覚えているのか。本当にそれを経験したのか。あなたは問題に遭遇すると混乱し、向こう見ずに慌てて行動してしまう。現在重要なのは霊に入ってもっとわたしと交わることだ、あなたがたの心がしばしば問題を深く考え込むのと同じように。わかるだろうか。それが鍵なのだ。実践の遅れは本当に問題だ。急ぎなさい、遅れてはならない。わたしの言葉を聞いて、遅れることなくただちに実践する人々は、大いに祝福されるだろう。わたしはあなたがたに倍のものを授けるだろう。思い煩ってはならない。一秒の遅れもなく、わたしが言うとおりに行動しなさい。人間の観念はしばしばかくの如しであり、物事を先延ばしにしがちで、今日すべきことをいつも明日に遅らせてしまう。何と怠惰で不器用なことか。言葉では表せないほどだ。それは過言ではなく事実なのだ。信じられないなら、慎重に自分自身を吟味し、自分の状況を確かめてみなさい。そうすればそれが事実であることに気づくだろう。

前へ: 第三十八章

次へ: 第四十章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなたは神への忠誠を保たなければならない

現在、聖霊は教会の中でどのように働きを行なっているのか。あなたはこの問いをしっかり把握しているだろうか。兄弟姉妹が抱える最大の困難は何か。何が最も欠けているのか。現在、試練を経る中で消極的な人がおり、中には不満を口にする人さえいる。他にも、神は語り終わったといって、前進するのを止…

第二十八章

わたしがシオンから来た時、あらゆるものがわたしを待っていた。そして、わたしがシオンに戻る時、すべての人間に迎えられた。わたしが往来する時、けっして敵意あるものに歩みを妨げられることがない。したがって、わたしの働きは滞りなく進んだ。今日、わたしがすべての被造物の間に来ると、すべての…

序文

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神を…

第六章

霊の内のことについては、細心の注意を払わなければならない。わたしの言葉を注意深く、慎重に聞きなさい。わたしの霊と肉の体、わたしの言葉と肉の体とを切り離すことのできない単一のものと見ることができる状態に至るように努め、わたしの前で全人類がわたしを満足させることができるようにしなけれ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索