第三十八章

それは、あなたの信仰が立派だとか、純粋だとかいうことではなく、むしろ、わたしの働きが不思議だということである。全てはわたしの憐れみに拠る。あなたには利己的とか傲慢といった堕落した性質がほんの少しもあってはならない。さもないと、わたしはあなたに働きを行わない。人間が倒れてしまうか、それとも堅く立つかは、彼ら自身によるのではなく、わたしの故であることを、明確に理解しなくてはならない。今日、もしあなたがこの段階をはっきりと理解しないのならば、あなたは間違いなく神の国に入れないであろう。今日行われていることが神の奇しい業であることを明確に理解しなければならない。それは人間とは無関係である。人間の行いが何になるであろうか。身勝手さ、傲慢、誇らしさを見せない時は、神の経営を邪魔し、神の計画を壊す。堕落した人間たちよ!今日、わたしにより頼まなければならない。もしそうしないのならば、今日あなたに言う。あなたは何一つ達成しないと。全ては虚しく、あなたの試みには価値がないであろう。

もたついたり、ためらったりしてはならない。今日わたしを愛する者たちの上には誰であれ、わたしの不思議な働きが行われるであろう。わたしは自らを謙虚にしない者には用がない。今日、わたしは全く謙虚になる者たちだけを用いる。心からわたしを愛し、他の者たちからは見下され、わたしに完全に心を開くことができる者たち、わたしはあなたに対して、すべてを明かそう。わたしは、あなたにわたしの意図を理解させる。そうすれば、あなたはいかなる時も、わたしの前でわたしの祝福を受けるようになる。今日わたしのために自らを費やし、自らを捧げ、わたしの為に重荷を負う者たちを、わたしは決して不公平に扱うことをせず、そのことによって、わたしの義が明らかにされる。わたしに関して不平を言ってはならない。わたしの恵みはあなたがたに十分である。その比類なき甘美さを味わえるように、ここへ来てそれを受け取ればよい。それはあなたの中に、わたしへの愛を生じさせるだけでなく、また、その愛を深めるだろう。

わたしの働きは段階を追って実行される。それは絶対に不注意なやり方でなされるものでも、混乱したものでもない。わたしに従うためには、あなたがたはそのように物事を行わなければならない。わたしの振る舞いを見て、わたしから学びなさい。そのようにして、わたしの足跡をたどるならば、あなたがたは神の国の現れの中に招き入れられるであろう。声を一つに合わせて歓呼しなさい、我が子らよ!あなたがた一団の人々の上に、神の働きが成し遂げられる。あなたがたは祝福されていると思わないか。

そのことは実に計り知れない。あなたがたがわたしの奇しい働きを目にすることができるように、わたしは今日あなたがたをここへ連れてきたのだ。

前へ: 第三十七章

次へ: 第三十九章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

現実をどのように知るか

神は実際の神である。神の働きはすべて実際的であり、神が語る言葉はすべて実際的であり、神が表す真理はすべて実際的である。神の言葉でないものはどれも空虚で、存在しないも同然であり、確かでない。今日、聖霊は人々を神の言葉に導くことになっている。人々が現実に入ることを追求しようとするなら…

神は人間のいのちの源である

産声を上げてこの世に生まれてきた瞬間から、あなたは自分の本分を尽くし始める。あなたは神の計画のため、神の定めのために自分の役割を果たして、人生の旅を始める。背景が何であれ、また前途がどうであれ、天の指揮と采配から逃れられる者はいない。また自分の運命を支配できる者もいない。なぜなら…

第十八章

稲光の中、すべての動物は真の姿を明らかにする。そして、わたしの光に照らされて、人間もまた、かつての聖さを取り戻した。ああ、過去の堕落した世界よ。それはついに汚い水の中へと崩れ去り、水面の下に沈み、溶けて泥となった。ああ、わたしの創った全人類が、ついに再び光の中でよみがえり、存在の…

宗教的な奉仕は一掃されなければならない

宇宙全体にわたる神の働きが始まって以来、神は多くの人々を神に仕えるように運命づけてきたが、そこにはあらゆる社会的地位の人々が含まれている。神の目的は、自身の旨を満たすことと、地上における自身の働きを滞りなく完了させることである。これが神に仕える人々を神が選ぶ目的である。神に仕える…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索